罪悪感を持たず頑張らない生き方をしたい
人の目を気にせず好きなことだけして生きていきたい
  
そんなあなたに…
寄り添いと導きを通じて
「あなたらしく輝ける自由な生き方」のお手伝いを
させていただきます。


あなただけにブレンドした香りと
あなたへの書をしたためてお渡しします。


「決められない、あなたから
幸せを自分でつくりだすあなたへ。」

まずは一歩踏み出してみませんか?
あなたを輝かせるサポートをいたします。

ファシリテ―タ― kasumi のセッション、詳しくはこちらをクリックダウン
☆☆☆

テーマ:
{FE02A70C-7E7F-43DB-AC09-BBA9C1BC7BA8}



『ふたり』
誰にとってのふたり…?
言葉を超えて今回は
文字を入れませんでした




次の約束がとても安心するのだと

話してくれた彼女。



「次 いつにする?」



は、単に次に逢う約束のやりとりかもしれませんが



わたしには



「大好きだよ いつも一緒にいたいんだ。」



に聴こえる



と言うと、



そんなことないよ~



と彼女は照れて笑いました。




恋愛に於いては



お互いのことが理解できて

ふたりの関係が築かれるまで



女性は不安を生産するのが得意であるように思います。



好きなひとに嫌われたくはないし

もちろんうまくやっていきたいので




寂しかったり 不安になったとしても我慢して



できるだけ平気そうにしてしまうのは



相手を好きであればあるほど
なおさらそうなってしまうのだと思います。



それを、その女性の自尊心が低いからなどと
片付けてしまうのはどうなのかという気もします。



深い想いをたかが言葉なんかで表現できないことは沢山あります。



ですが女性の不安を大きく揺るがすのも言葉ひとつであるとも言えます。



言葉が足りないのです。




なんとなく聴きづらい彼女
いちいち説明しない彼




聴きそびれた疑問の答えは




彼がこないだ話していた内容の部分をつなぎ合わせ



あとは彼女が想像を膨らませて

彼女にとっての真実を創ります。




それも、もっともあってはならない妄想が臨場感を持って

彼女を苦しめることもあります。




恋愛感情がうみ出す不安は

重さを持った低い場所の強い欲求を

満たしたいためでもあるかと思います。





それは誰しも当たり前のことであり

ちっともおかしなことではないと思います。






できるだけ具体性を持った沢山の言葉を交わすのを

億劫がらずにいられたらよいのかもしれません。





誰かと逢った別れ際に



「次 いつにする?」



とは あまり言わないなぁと思ったわたしは




離れがたくて
なんなら片時も離れていたくないほど一緒にいたい




それを別の言葉にしたのが




「次 いつにする?」




という気がして
ちょっとひやかしてしまいました。



嬉しそうにはにかんで笑う彼女が
とても可愛くて



恋愛っていいものだなぁ
なんて思ってしまいました。




母と子… 父と子…


兄弟… 友達…


夫婦… 愛し合う恋人同士…




互いのことが大切でしかたないふたり

いつまでも一緒にいようと誓い合うふたり

そして誰しもいつかは

もう二度と逢えないふたり…





どんな関係でも


どんな約束を交わしても


末来永劫に続くことなどないと知っているふたり…



























いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
{AE86880A-B5C0-4701-8B03-23297BE02CC9}



『蓮』
浮きたつのちに
ふわっと自分に降りる
気がとおくなるほど高貴な芳香を放つ花






咲き乱れる蓮の花の芳香に出逢ったのは初めてでした。



埼玉県県民活動総合センター講師の会の定例会が

行田市古代蓮の観れる現地で行われました。


開花したもの、開花中の花、蕾など

色とりどりに咲く蓮の花は見事なものでした。



瞬時にその芳香を感じたわたしは

その高貴なまでの芳しさにクラクラしてしまいました。



花だけでなく葉からも揮発された芳香が漂いました。




モノテルペンアルコール類テルピネン-4-オールが主成分であることから鎮静作用が働いているのも頷けます。


{A769945D-6B04-4F25-A9F0-F4EE8381D257}



種の保存のため底知れぬ叡智を含む植物の芳香

成分分析では語れない力を感じます。




環境・昆虫・歴史・古代史、それぞれの専門家の先生による解説付きで



水田域の農道のウオーキング 古墳の眺望 農道・畦道の景観植物 ウシガエル 外来カメ




そして絶滅危惧種となってしまったメダカなどを視察しました。



植物ばかりではなく 虫や動物も外来種の多いことを改めて学びました。




本来ならどれとして不必要な生命などどこにもないことを観る現場

多様な生命がある営みを保って心地好く生息できる世の中




それは わたしたち人間も同じことが言えるかと思います。





多様な個性を持つわたしたち

誰として不必要な存在など無く

各々が本来の個性のまま

心地好く自分の人生を生きられる世の中とは…




酷く漠然としたものしか未だみえてきません。






現地での定例会は


いつもの会議室で行われるものとは違って


各々の持つ専門分野がシナジー効果を発揮した瞬間に遭遇するなど

 

参加したことで得られたものは表現の枠を超えるものでした。





木々や草花が放つ芳香成分は心地好いリラグゼーションをもたらしながら


わたしたちの嗅覚から瞬時に脳に届き


前頭前野を楽しませてくれたことで起こる


専門知識の常識を超えたひとつの新しい解を掴む瞬間の


輝きのようなものがみられました。



まさに好きなことをして生きている大人の時間・空間に携わらせていただいた一日でしたが

 

こうした皆様の在り方が今後を担うお子さん達やお若い方々に希望を与えることと思います。


会員の新井さん、中村さんの手厚いガイドがあったことで

当日を滞りなく体験できましたこと感謝致します。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

{CB38B600-5E7B-4142-B98E-747FC8E64E76}



『chocolat garden』
美味しいお菓子が食べられる
可愛い可愛いCaféのなまえ






心の中を自由に表現してみよう


ここでは誰も見張っていたりしないから。




たとえそれがどんなことであったとしても


そのまま表現してしまおう。





可愛い部屋で

丁寧につくられた美味しいお菓子は

楽しもう!って決めたわたしたちを

いっそうしあわせにしてくれる。





さあ 今の気分はどんな色?

それはどんな言葉になるんだろう?





次から次へと溢れ出てくる楽しさで彩られる言葉たち。



さっきまで小さな世界にいることが窮屈だなんて言ってたあなたは何処へやら




こんなにたくさんやってみたいことがあるなんて!


こんなにたくさん好きなものがあるなんて!




わたしなんてまだまだ遠慮深く生きてい過ぎるんじゃないか

もっと欲張ってみようかしらと気付かされたほど。





あなたの持つ反論や言い訳はもっともだと思う。



わたしだって 他人の都合を押し付けられた

他人の言う通りの人生なんて嫌だし



そうしなくて済む理由を100も200も考えて

一歩も動けなくなってしまうもの。






可愛い部屋で 美味しいお菓子を食べて心から笑うように生きていこう


誰かの決まりがあなたをしあわせにはしないことを


あなたは一番よくわかっているのだもの。





じゃあどうすればいい?


正しい答えは他の誰かが持ってるわけでもないし 何処かにもない。





だから こんなふうにしてみようかな ああしてみたらどうかなって


わたしだって試してみながら毎日を過ごしているの。





間違っちゃった!!ってこともいっぱいある。


だけど それは誰かの言う通りに生きた毎日なんかじゃなくて


自分のしたいことだらけの毎日になるのだから自分で責任をとるだけなの。


だから自信もついてくるの、例えうまくいかなかった時でもね。



ショコラガーデンというCaféで
かわいいお客様が描いてくれました

{4D416A0A-949E-487F-928F-7CCA170A296A}

{6E1B2AE9-E20B-4676-88DD-C78DFA4EF610}

{E23496AE-DE1C-4AFF-BCE0-BF7372945612}


たくさん描いてくれて
ありがとう^^



そんなふうに心を自由にアートして生きよう



そして、また逢おうね!














いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

{4415F1DB-CAC9-4073-9A24-BCCB8E77C169}




『隠』
見ぃつけた
こんなところに隠れてた
わたしも知らなかった
素敵なわたし





日常のなかに しあわせをみつけて生きていけたら


とても素晴らしい人生になるのでしょう。




それでも


どうしても我慢できないことだってあります。





これだけは絶対に嫌!ということ。






日常のなかに


こんなの嫌だっ!てことを


みつけてしまってもよいと思います。




それを我慢して前向きに生きるなんてこと


わたしも気付いたらやめるようにしています。






我慢をやめたところで大きなトラブルに遭遇したりなどしませんし


嫌なことをやり続ける必要もなくなりました。






こんな人、絶対イヤ! 

こんな場所、絶対イヤ! 

こんな服、絶対イヤ!

こういう状態は 我慢できないの!!








そういうのを我慢するのをやめたかわりに


とっても素敵なものを見つけることができたんです。






こんな人、絶対イヤ!


なんでそれをこんなにイヤだと思うのだろう…

じゃあ自分はどんな人で在りたいのかな…?

どういう人に囲まれて生きていきたいのかな…?





こんな場所、絶対イヤ!


なんでそれをこんなにイヤだと思うのだろう…

じゃあ自分はどういう場所にいつも身を置きたいのかな…?

その為に今できることはなんだろう…?





こんな服、絶対イヤ!


なんでそれをこんなにイヤだと思うのだろう…

じゃあどんな服を着ていると自分は嬉しいのかな…?

あれこれ試してみようかな…?





こういう状態は 我慢できないの!!


なんでそれをこんなにイヤだと思うのだろう…

じゃあどういう状態だと心地好くいられるのかな…?

今 心地好くいられる為にどんな音楽かけようか?
すぐできることはまだありそう!





こうして自分の好きなものも

どういう状態だと自分はしあわせなのかも





次々 みつかっていくんです。


次々 みつけたものを集めると





けっこう壮大な夢になります。







気が付くとそこに向かって


どの瞬間もそのことだけで埋め尽くされはじめました。






壮大な夢へと向かっているようで


それは 本来あるべき自分自身でもあるので


もう 今がまるでそのものでもあります。








嫌だ!と思っていたものはいつの間に影を潜めて

わたしの日常から消えてしまいました。

重要ではないので見えなくなったんです。





どうしても嫌なことには

自分の好きなものが必ず隠れているので

それをみつけるのが楽しくて仕方なくなります。






どんな出来事が起こっても

どんな気持ちになっても

以前より安心して味わえるようになったと思います。





それは 我慢ばかりして問題を隠してしまうより


ずっと健全なことかもしれません。




隠れていたのは

素敵なわたし。



見つけたものは

わたしも知らなかった

自分で思うよりもっと素敵なわたしだったのです。







いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
{5CE95307-2836-46F6-9D0C-716791711F79}


『上機嫌』
どんなときでもなにがあっても
いつも静かな上機嫌



あのひとがいつも上機嫌なのは


あのひとが特別で


人より恵まれているからなんだと


時々 不機嫌になってしまうというあなたは







もちろん なにも起こらない人生なんてないのはわかっていたのでしょうけど



もっともっと



たくさんの出来事があのひとには起こっているのを知ったのですね。



いまだって これまでだって



あのひとにはたくさんの出来事が起こっているのですよね。





それでもあのひとが上機嫌な


いつもと変わらぬ笑顔で


誰にでも優しくできるのは


きっと とても強いからなのでしょう。





痛みを感じないから強いのではなく


傷つかないから強いのでもなく


ちゃんと悲しむことができる強さを持っているからなのだと思うのです。




もし、 あなたが



悲しいことが起らないように生きてきた



なるべく傷つかないように生きてきた



ふさぎ込んでどうにもならない気持ちになるなんて



凄くいけないことなんだと思っていたんじゃないかと



まだ躊躇していることがあるような気がしてきたのなら



なにかとてもやってみたいことがあるからなのかもしれませんよ。






いつも上機嫌でいる



毎日はしゃぐほどの良いことが起こらなくても



どんなときでも なにがあっても



そう、 静かな上機嫌でいられたら



先送りしていたままになった



あなたのための素敵なイベントを



少し前倒ししてみてもいいのかもしれません。







































いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{7E90C91A-4896-4EC4-B8AB-DCCE786ED30F}


『紫陽花』
雨がこんなにも似合うあなたが
すこし羨ましくて





厚い雲に覆われた空からは


朝から雨のおちる一日でした。



雨は嫌いではありません。



傘をさしながらみた紫陽花は


いろとりどりに


わぁ~っと眼に飛び込んできました。



{8BFE5EAA-A527-4A66-B6FE-34FEE239A853}





雨の似合うひと。。。


まるでそんな感じです。


華やかな静寂を漂わせる紫陽花のはな。



わたしもそんなひとになりたいとおもうのでした。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{AC646D83-63FE-4DD4-A81E-E20702CE0A75}


『水』
質の良い
美味しいお水を飲んで

流してしまおう
キレイだけを残して






美味しいお水をひとくちのんで

ちょっと深呼吸しながら




そういえばすっかり忘れてしまっていた


あの大好きだったことを


またやってみようと思うのかもしれません。



今度は 


これまでで一番ステキになったあなたで


これまでにないやり方で


大好きだったことで毎日


自分を楽しませてゆけるのでしょう。







だって 

あなたが全身全霊で取り組んできたことたちは


どれもこれも

その時のあなたには必要なことだったはずですもの。





あなたの笑顔がこんなに魅力的なのは

だからなんだと思います。




それで

要らないものが何なのかも

わかったのですから

それは素晴らしいことです。




新しいことをはじめなければと

今はそんなに慌てなくても良いと思います。





それより


あなたを重く苦しめている


背負い過ぎてしまった荷物を


ひとつひとつおろすことを先にしてはどうでしょう。







それで何かを失うことにはなりませんし


その時は苦しいと思っていた出来事も


ちゃんとキレイなものだけ残って


この先もあなたを輝かせ続けるでしょうから。





今までで 一番ステキなあなたで



大好きだったことを



これまでにないやり方で楽しむ毎日が



わたしにもちゃんとみえるようです。


































いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{558C5EE3-A04F-459B-931E-BA723CD72A84}


『日傘』
梅雨の晴れ間のギラギラ太陽
日傘をさして出掛けよう




よい匂いのするところがあります。

短い期間ではありましたが

そこの匂いが好きでそこで暮らすということをしてみたことがありました。





その土地に降り立つと




その地域在来の豊富な木々 草花

それらから揮発された芳香物質や浄化作用の働きもあってか

どこまでも青い空 毎日変わる美しい雲のかたち

そよぐ風は わたしの皮ふや鼻先に

芳しく届いて良い気分にさせてくれました。




食べることがとても好きなわたしを満たし尽くすほど

何を食べても美味しいのにも驚きました。








映画マザーウォーターは 


疲れてしまっていて しかも外出しなくて良い日に

観たくなる映画のひとつなのですが




そこの景色が好きでそこに住みはじめた





という台詞がどこかにありました。

そんな生き方をしてみたいと思っていました。



そしてわたしは必ずそれを叶えたいとも思っていたのです。


それが






そこの匂いが好きでそこに住みはじめた






というかたちで叶い そこでの毎日はとてもしあわせでした。






その土地でかかわりのあったひと 親しくなったお友達に

よい匂いがすることや 空や草花 食べものの美味しさを話しても

誰かと同じ感動を最初から共有することはできませんでした。




この匂いも 空の青さも 木々や草花の美しさも

見えていないということなのだと思うのです。





毎日の繰り返しの中に

当たり前のように存在するものたちを



わざわざ自分にとって重要だと認識する必要などないわけですから




同じ場所で同じ風景を見ていても


誰一人としてそれらをそのまま認識しているひとはいないのだと思いました。





わたしにとっては 今生において

どうしても実現させたかったほど重要なことでしたので





そこの匂いも 空も風も

五感を伝わって感じとれた素晴らしいものであったのです。





わたしの日常においても言えることですが





同じ毎日の繰り返しの中で


見えなくなっているものは沢山あるのだと思います。




そしてそれは日々強化され続け


これまでの記憶だけを貼り付けて済ませてしまい


やがて見ることすら怠ってしまいかねないのだと。




常に最新のものを世に産出する役割を担う方や


芸術家の方などが非凡の中に閃きを掴むのも





わたしたちの日々の問題が


いくつも選択肢を持った解決策と一緒に存在しているのに


答えが見えないのはその為だということもよくわかるような気がします。





























いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
{8AB70B21-B01E-4E6C-95FC-6986D10A5232}



『叶』
わたしの あなたの
それぞれの願いが叶う
ほんとうのしあわせを想う





自分ひとりの ちいさくて

だけども強く重い欲求を叶えたいと思う。




最初はそれでいいと思います。





なにをおいても自分が満たされるのを願うのは


とても健全なことです。





本気でそれを欲しいと望むなら

得られる方法などわからなくても




今の自分にとって

最も重要だとするものなら



追い求める道の途中


得られる方法を発明していくほどの力を誰しも持っているのだと思うのです。






過去の誰かがうまくやったやり方や


これまでの自分が得意とするパターンなどではなく





全く予想だにしていなかった斬新な方法が発明できたりすることを


いつでも信じていて良いと思います。





わたしもあるときから


早急に自分を満たそうと願いました。




そしてそれらは案外あっけないほど思う通りになってゆきました。






なので誰しも自分で自分を満たすことにもっと貪欲になっても良いと思います。




「こんな欲求があるなんて…!」




と恥ずかしがったり

ましてや罪悪感など持つ必要もなく




遠慮なく もっと欲張って大丈夫なんです。





自分で自分を満たすことで




自分への評価を下げる機会はやがてなくなっていきますし



自分も他人も同じように大切に思う気持ちも



他人の弱点ほど愛おしめるようにもなるのだと思います。




願いが叶い欲しいものもつぎつぎ得られるということと


なにもかも思いどおりになるというのは少し違うようで




得たいものには


そうまでして欲しかった魅力的な部分もあれば


自分を煩わせる部分もちゃんと在りますが


それも含めて手にする責任感も育つように思います。





だから わたしたちは




自分以外の人のしあわせも願い

いつまでも成長を止めることがないのだと考えます。















いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)