大阪発!心理カウンセラーの「自分で自分を癒すヒント」

うつ、不安、不登校など、様々な神経症やお悩みを少しでも軽くする為の
ヒントを開業カウンセラーがお伝えしてゆきます。


テーマ:

皆さんこんにちは。「みんなのカウンセラー」こと、
のぶさわです。

 

「何で言われた通りにできないんだ!」

等と上司に怒鳴られ、


「す、すみません・・・」と委縮したら


「いつも、すみませんばっかりで
  本当に反省してるのか?!」
 机を叩かれて増々委縮してしまう。

 


「こうなったのもあなたのせいよ!」等と
妻に睨まれ


「・・・」と黙り込んでしまうと


「あなたは都合が悪くなるとすぐそうやって
 黙る!何とか言いなさいよ!」

 と増々妻がキレる。

 


そういう”パターン”を繰り返し、

行き詰まっておられる方もいらっしゃると思います。


もしあなたや周りの方に少しでも当てはまる
様でしたら、その”パターン”から逃れる為の
ヒントをお伝えしたいと思います。

 


 
①あなたが本当に相手を怒らせたのでしょうか?

 

「もし私が相手の立場だったら、

 同じ様に激昂するだろうか?」

 

と自問してみませんか?


そして、もしその答えが「否」だったら
あなたが相手を怒らしたのではなく、


相手が何かの”目的”を持って怒りを利用した

と考えられるのではないでしょうか?


例えば、


相手が誰か他の人や何かの出来事に対して
腹が立っていて、その怒りをぶつける相手
としてあなたをターゲットにした・・・。


→これを八つ当たりと言います。


また例えば、


あなたに怒りをぶつける事によって、
相手自身の劣等感を埋め合わせたり、


支配欲自己顕示欲を満たしたり、
優越感を得ようとしているのかも知れません。


或いは、

相手は周囲の人へ力を誇示する事で
承認欲求を満たそうとしたり、
更なる支配を目論んでいるのかも知れません。


つまり、そう思われる場合は相手は
それらの目的を果たす為に怒りを使った
と考えられるのではないでしょうか?


※奥さんや彼女さん等、女性の場合は
 「わかって欲しいのにわかってくれない」
 「大切にして欲しいのにそう思えない」

 

 等といった欲求不満が怒りとして表出してしまう場合

 もあると思いますが、 

 

 これも「自分の欲求を充足させて欲しい」

 といった目的があると言えるでしょう。

 

 

②相手はあなたを支配・コントロール

 したいのかも知れません。

「①」の様に

「何でそこまで怒るのだろう?」と思える場合は、

 

相手の目的を果たす為にあなたが必要なので、

あなたを支配・コントロールし続ける必要があります。


少しだけ話が逸れますが、


この「自分の欲求充足」の為に

相手を支配・コントロールし続ける方法としては、

 

「怒りによって恐怖を与える」以外にも、


「相手の同情を喚起させる」
「相手に罪悪感を抱かせる」
「相手を脅す」


等といった”上級テクニック”(笑)もあります。


→例えば、

 「おもちゃを買って欲しい」という目的を

 達成しようとしている駄々っ子が母親に


「何で買ってくれないんだよ!」と暴れる

                     (怒り)


「友達はみんな持ってるのに・・・

 僕だけ仲間外れになっちゃうよ(涙)」

               (同情・罪悪感)


「お母さんなんて嫌いだ!死んでやる!」

                             (脅し)


さて本題に戻りますが、


ここでは
「怒りによって相手を支配しようとしている人」
を取り上げていますので、

 

支配・コントロールパターンが固定化された相手

という事になります。


そういった固定化されたパターンを動かすのは
非常に難しくなると思います。


ですからあなた側のパターンを変えてゆく方が
労力が少なくて済むでしょう。


それでは、

どうすれば自分側のパターンを

変えてゆく事ができるのでしょうか?


次回はその事について書きたいと思います。


次回「相手(の怒り)に支配される人②」へ続く

 


 

それでは今日も良い変化を


★お問い合わせ・ご相談は下記の私のホームページを
  
ご覧ください。

     新大阪駅 徒歩1分!
「心の相談ルーム」オアシス大阪
(超短期解決、全額返金保証制度有り)
//////////////////////////////////////////////////////////
↓ 今回の記事に共感して頂いたら、お手数ですが
  クリック応援をお願い致します。とても励みになります。

心理カウンセラー ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さんこんにちは。「みんなのカウンセラー」こと、
のぶさわです。

 

 

うちのルームにも


「お母さんの面倒を見なきゃ」
浪費壁が強い母親の借金を背負ったり


しんどくて動けない親の代わりに
家事やお世話を献身的になさって来られ、


「いつまで続けなきゃいけないんだろう?」
と思いながらも、自分の時間を持てず、


気が付けば婚期のタイムリミット?
迎えてしまってる方もいらっしゃいます。

 


中には親から
「俺たち親を助ける為にお前を産んだんだ」
と言われ続けて育った方もいらっしゃいます。

 


とても素晴らしい親への愛情だと思って
頭が下がります。

 


ただ、自分の幸せを犠牲にして
しんどくなってしまうのであれば、
こんな事を少し考えてみるのもいいかも知れません。

 


まず、

人間の「自由」とは「何でも選択できる自由」
だと思います。

 


発言や行為や人生をどう生きるか?に至るまで、
何を選択しても自由だと思います。


但し、選択したからにはその結果には
「責任」が生じます。

 


だから、ある人に腹が立って「殴りたい」と思っても、

「怪我をさせた責任」や「逮捕される責任」を

負いたくないから

 

”殴らない”という選択をする訳です。

 


では、親と子についてはどうでしょうか?

 


親は「この人と結婚しよう」「子を産もう」
選択した訳です。


そして自分で選択したからには
子を養育・扶養する義務が生じます。


ですから、親がそれを怠ると「ネグレクト」
として罪に問われる場合もあるでしょう。

 


なのに中には
「誰のお蔭で生きて来れたんだ!?」
等と義務なのに恩着せがましく言う親も
います。


(自分の選択で「幸せにします」と誓って結婚したクセに

 「誰のお蔭で喰っていけてるんだ!?」 と

 恩着せがましく言ってる一部の旦那さんと同じです(笑))

 


つまり、親がちゃんと面倒を見るのは「義務」
当たり前の事だと思います。

 


一方子供は、

自分の選択で生まれて来た訳ではないので、

本来は親の介護の義務は無い筈です。

 


でも、

子が親の介護を放棄しちゃうと

国の財政が破綻するでしょうから(笑)、
民法では子が親を扶養する義務が謳われています。

 


ただ、

この法律もそこまでの拘束力は無い様で
親が年金等、十分な収入がある場合や、


子が精神的に、或いは経済的に親の扶養が
困難な場合は免責される様です。


(だから殊更「親を大切にしよう!」「親に感謝しよう!」 

等のスローガンが定着してるのかも知れません)

 


僕が思うに、

親としての義務の範囲の事(子の衣食住の世話をする、

義務教育を受けさせる等)に関しては、


子はそこまで恩に感じる事は無いと思います。


(なんせ、当たり前の「義務」ですから(笑))

 


ただそれ以上の事、

例えば情緒面で愛情を受けたと感じていたり、

大学まで出してもらった、


成人になった後も金銭面や精神的なサポートを頂いた

と感じるのであれば、


義務ではなく、「情」の部分でお返ししていけば良い

と思います。

 


但し、それも自分の負担にならない程度で。


(親からネグレクトや虐待、モラハラを受けて来たのであれば、

 当然恩返しする必要も無いと思います)

 


親の面倒ををどこまで看たいか?看たくないか?
は自分で自由に選択していいと思います。

 


でも、

 

間違っても自分の人生を犠牲にせず、

 

自分の人生(選択)を優先し、

 

自分が幸せになる事が第一だと思います。

 


ですから、

もし親の介護を負担に感じるのであれば
どこまで恩があって、どこまで返したいか?

をよく考え、

 

負担になる所はヘルパーやデイサービス、
介護施設や他の兄弟等のサポートを受ける事も
考えてみてはいかがでしょうか?


(因みに僕も認知症が入ってきた母親のお世話は
 極力公的なサービスを使わせてもらい、 

 週1回、僕と妻が交代でお世話に行っています。 

 

 これ以上僕に負担がかかる様でしたら、

 施設に入れる事も考えています。

 

 色々事情があって、兄は親と絶縁し、

 妹は沖縄へ行ったっきりで 

 

 「お前達には”情”ってものがないのか!?」

 とイライラする時もありますが・・・。(笑) 

 ま、何事もバランス、ほどほどに。)

 

 

 

 

 

それでは今日も良い変化を


★お問い合わせ・ご相談は下記の私のホームページを
  
ご覧ください。

     新大阪駅 徒歩1分!
「心の相談ルーム」オアシス大阪
(超短期解決、全額返金保証制度有り)
//////////////////////////////////////////////////////////
↓ 今回の記事に共感して頂いたら、お手数ですが
  クリック応援をお願い致します。とても励みになります。

心理カウンセラー ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(2)

テーマ:

皆さんこんにちは。「みんなのカウンセラー」こと、
のぶさわです。

 

 

 

「自己中だと思われたくないから友達の前では
 自分の思っている事は言えません」

 


「私の我儘な性格を知られると彼が離れて行きそうで
 本音を言わず、いつも彼に合わせてしまって疲れます」

 


最近は子供同士の間でも「ジコチュー!」と言う言葉が
かなり否定的に使われ、

 

その様に目された人は嫌われたり、
イジメの対象になったりしている様です。


(「K・Y」等もそうですね)

 


そういった時代の風潮もあって、
自分の本音どころか言いたい事も言えず、したい事もできず
に悩んでおられる方も多いと思います。

 


では、そもそも「自己中」や「我儘」はそんなにいけない事
なのでしょうか?

 


まずその前に、「自己中」と「我儘」の意味を理解して
みたいと思います。(辞書等に依ります)

 


自己中(自己中心性)とは、

 

事象を自分の立場あるいは一つの視点からしか

分析・認識できない事。


だから相手の視点には立てず、また自分を客観視
できない為、自らを反省する事もない。


⇒元々は心理学者のピアジェが唱えた
 児童の発達段階理論から来る言葉で、2~7歳児に
 特徴的な認知の仕方です。(乳幼児は自己中ですから(笑))

 


一方

「我儘」とは、


自分の都合を中心に物事を考え、行動するさま。

他人の都合を顧みないさま。とあります。


⇒つまり、(他人の視点に立ったり、自分を客観視できるといった
 発達段階はクリアーしてるけれど)他人の都合よりも自分の都合
 を優先する、といった所でしょうか。

 


もしそうだとすれば、あなたは「自己中」ですか?「我儘」ですか?

 


中には、発達段階をクリアーできていない「自己中」の人も
いるかも知れませんが、

(尤も、発達していないのであれば遅まきながら

 発達させればいいだけだと思いますが)


そんな方はその事で悩んだりはしない筈です。

 


ですから、悩んでおられる方の殆どは

 

「自己中」ではなく「我儘」である

と言えるでしょう。

 


では、あなたが「我儘」に分類されるとして、


それは、そんなに忌み嫌う事、正すべき事
なのでしょうか?

 

 


もしあなたが「我儘をやめよう」と、いつも自分の都合より
他人の都合を優先させたとしたらどうなるでしょう?


例えば、

 

「世界人類が平和になって欲しい」と思っている
人がいるとします。

 

(良い悪いの判断を抜きにすればこの考えも

 自分が勝手に願っている事ですから

 立派な”自分の都合”だと思います)


でも、

 

その人が「戦争によって巨額の富を得ている人達
に申し訳ない(笑)」と、

 

その人達の都合を優先すれば

「平和主義者」が戦争に賛成する人になっちゃう訳です。


また例えば、

 

「地球の環境問題を何とかしたい」と思ってる人がいる

とします。

 

でもその人は車に乗ったり、原発で作られた電力を

使ってるとすれば、

 

自分の信念である人類の都合を優先する事
よりも自分の都合を優先している事になります。

 


そういった意味では、

 

人は誰もが本来自分の都合を優先する、
つまり「我儘」なものだと言えると思います。

 


そうでない限りは自分のしたい事、好きな事ができなくなり
自由が奪われてしまうでしょう。

 


僕が感じるに公共の場では「我儘」であるのに、


親密な関係の人(恋人、友人、職場等)にだけ
「我儘を我慢する」傾向がある人が増えて来ている
様に感じます。

 


例えば、

 

チケットを入手する列で、相手の都合を考えず
われ先にと後から押して来たり、


「隣に誰も座って欲しくない」とばかりに
混んで来た電車の2列掛けシートで自分の横に荷物を
置いたり、奥に詰めない人。


車内で騒いだり、携帯で通話したりする人・・・。


そんな人の中でも、恋人や友人の前では、

自分の気持ちや欲求を素直に表現できない人もいる

と思います。

 


では、何故そうなってしまうのでしょうか?

 


それは恐らく、

 

自分と関係の無い他人には自分の都合を
優先しても嫌われない、攻撃されない、

 

或いは嫌われても平気という意識が働き

自分の都合を優先し、


自分と親密な関係の人には、

 

自分の都合を優先しちゃうと「嫌われるかも?」

「攻撃されるかも?」と不安に感じ、


「我儘になっちゃいけない」と相手の都合を優先してしまう
のではないでしょうか?

 


もしそうだとすれば、


相手がその人を嫌うか嫌わないか?は相手の都合なのに


「嫌われたくない」という自分の都合を優先する事こそ
「我儘」だと思います。


(公共の場では相手の都合も優先するので気疲れするけど
親密な人には気を使わなくてホッとする、気が抜ける(笑)

というのが僕の感覚ですが


もしかしたら、それが真逆になっている人が増えて
来ているから、公共の場で気が抜けて、マナーの乱れ
が増えているのかも知れません)

 


ただ、こんな事を書くと


「でも、やっぱり親友に嫌われたくないから

自分の気持ちを出せない!」という人もいるでしょう。

 


そんな方は試しに「嫌われる勇気(笑)」を出して
思い切って気持ちを出してみませんか?

 


もし、その”親友”や彼氏が、あなたの気持ちや欲求を
受け留めてくれなかったとしたら・・・。

 


もしかしたら、その人は自分の気持ちを出さず
何でも合わせてくれるあなたを支配・コントロールする
だけの人だったのかも知れません。

 


だとするとそれで嫌ったり、怒ったりする人と

 

ずっと親密な関係を保ち、支配・コントロールされ続けたい

でしょうか?

 


親しい人に対してこそ「我儘」になって、

 

自分の欲求や気持ちをぶつけてみてこそ、

 

自分にとって相手が大切な人になり得るか否か?

が初めてわかると思います。


ですから、僕は「我儘大反対」だった人が苦しんでいる

とすれば、


その人が「我儘」になる事には大賛成です。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは今年も良い変化を


★お問い合わせ・ご相談は下記の私のホームページを
  
ご覧ください。

     新大阪駅 徒歩1分!
「心の相談ルーム」オアシス大阪
(超短期解決、全額返金保証制度有り)
//////////////////////////////////////////////////////////
↓ 今回の記事に共感して頂いたら、お手数ですが
  クリック応援をお願い致します。とても励みになります。

心理カウンセラー ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。