幸福に関する調査

テーマ:

幸せですか? と問われて、ハイと答えられる方・・・

 


どのくらいいらっしゃるんでしょうか?



別に、あたしが不幸と言っているわけではありませんよ。

 


なんとなく・・自信がないものですから・・・


75年におよぶ幸福に関する大規模調査、

 


ハーバード大学の科学者チーム。

 


1939年からハーバード大学の男子生徒268人の

 

 

追跡調査を開始し、

 


毎年、精神的および身体的健康に関する広範なデータを収集・・・



この結果、浮かび上がってきたことは、

 


「幸福は愛。これに尽きまる。」

 


拍子抜けするくらいシンプル(笑)


さらに、示唆はいくつか・・・


・幸せな幼児期の重要性

 


・トラウマを持ってしまうような幼児期を過ごしたとしても、

 


 仕事や子育てを通じて人を育てることで、

 

 

50代を過ぎたころから幸せを感じられるようになる

 


・ストレスへの対処法を学ぶと、生涯にわたり良い影響が得られる

 


・落ち込んでいる時の一番の薬は「人」


最後の示唆は、グッときますね・・・

 


心を閉ざすのではなく、人との交流を深めることが、

 

 

幸福の処方箋(笑)
 

AD

コメント(2)