日本人の宗教観は・・・

テーマ:

正月は、神社やお寺に参拝された方も多いじゃないかと思います。

 


でも、その神社やお寺の信徒・・・というわけでは、無いはずです。

 


世界的に見て、日本人は・・・何を信仰していると思われているのでしょう。

 


日本人の宗教心のなさは、昔から世界的に有名。

 


1976年アメリカ版「リーダーズ・ダイジェスト」は、

 


日本のことを「唯一の独自の神を認めず、霊的価値を尊ばぬ」、

 


「金と成功と享受」を「人生目的とする国であり国民である」と散々な言われよう。



でも・・・本質は突かれているかもしれません(汗)

 


Which religion do Japanese people believe in?


(日本人は何の宗教を信じているの)

 


統計的には・・・神道だそうです。

 


文化庁の調査によると、

 


日本人の48.0%は神道系、45.7%は仏教系、1.6%はキリスト教系の信者

 


半分近くは・・・神道?

 


あたしには、実感があまりありません。



・・・というより、無宗教と言った方が正確でしょうね。

 


結局は・・・困ったときの・・・神頼みということかも(笑)
 

AD

アイアンマン

テーマ:

マーベル・コミックの『アイアンマン』の実写映画化の作品。

 


主演はロバート・ダウニー・Jr。

 


皆様、ご覧になったことありますか。



トニー・スターク(アイアンマンの主人公)のモデルと言われる方をご存知ですか?



イーロン・マスクを・・・



スペースX


テスラモータース


PayPaL


ソーラーシティ、などの経営者。

 


人類を火星に移住させる詳細なプランを公表して、世間を賑わす。

 


言動は度肝を抜かれますが、

 


その先見性は21世紀のキィマンかもしれません。

 


去年は、彼にとって試練の年。

 


5月には、自動運転の試験中にテスラのドライバーが死亡し、

 


同社のソフトウェアの安全性に疑問を。

 


9月にはスペースXのロケットが爆発し、

 


マーク・ザッカーバーグ氏が率いるNPO「Internet.org」の人工衛星を巻き添えに。

 


ソーラーシティは今だに赤字続き

 


こんな、追い詰められた中・・

 


10月末に、テスラで2度目となる四半期黒字を発表、

 


損失を予測していたアナリストたちを大いに驚かせたこと

 


今年も、アイアンマンの動きには目が離せません。



壮大な夢に終わるか・・・それとも?
 

AD

倹約

テーマ:

今の社会は、倹約を美徳だとは言わないかもしれません。

 


大量消費に支えられ、膨大なエネルギーを消費する社会・・・

 


これが、今、私たちが生きる社会。

 


いまさら、昔の生活に戻りたいとは思わないかもしれませんね。

 


だからこそ、倹約することって、難しいのかもしれません。

 


倹約生活・・・

 


無理をして・・・我慢をして・・・惨めな思い・・・

 


負の感情が、そこにもたらされては、長続きはしません。

 


それでは、どうしたらよいのか?


いくつかのヒントを・・・

 


・こだわりのないところで倹約する


・外食の代わりに自炊をする


・食べ物を無駄にしない


・好きでも惰性になっていることをやめる


・事前に考え、計画してからお金を使う


・まとまった趣味の時間を設ける


・買い物する時は必ず自問する


・仕事はチャンスだと


・変化を新しい普通として受け入れる



コツは、変化を受け入れる・・・楽しむことかもしれませんね(;^_^A

 

AD