遊ぶように勉強する子供に変わる♪
楽しい家庭学習法「親勉」

一般社団法人 親勉アカデミー協会
【京都】親勉インストラクター

おくの志野です。

 

 

今日の京都の気温は30度!

帽子とサングラス必須の暑さ!

 

 

今日は下弦の月☆

降園後の娘と、空を探してみました。

見えた見えた〜!

 

 

 

 

月が沈む時間に弓の弦が下に向く形になるので

下弦の月

と呼ばれているんですよ。

別名 半月・弓張り月。

 

 

満月や半月、三日月という名前については馴染みがありますよね。


でも下弦の月や上弦の月となると

???

どんな状態の月かよく分からない方が多いのでは⁈

 

 

 

 

 

 

私には下弦の月で思い出すエピソードがあるんですよー!


我が家の長男、実は小学校受験を経験しています。


受験前、志望校の前年度テストに

「下弦の月はどれですか?」

という選択問題が出ました。

5・6歳児にですよ!!

 

 

その校長先生のお話では

 

 

「お子さんと外を歩いている時に話しませんか⁇

ほら、お空に下弦の月が見えるよ〜って」

 

 

シーン・・・

「幼児にそんな話するかーい!!」

会場にいたお母さん達の心の声が聞こえてきそうでした(笑)

 

 

 

難問が出される事で有名な小学校だったので、らしい問題だよね、というのが大方の感想。

 

 

 

その当時の校長先生、ご本人の経験から子どもの学力はお母さんと子どもの日常会話で決まるとおっしゃっていました。

 

 

 

 

今なら分かるんですよねー。その校長先生のお母様は本当に日常会話の中で「下弦の月」についてお話し出来る方だったのでしょう。だから決して難問を出したつもりはなかったはず。

 

 

 

 

親勉と出会い、難しいと思い込んでいた月の満ち欠けだって小さな子どもにも楽しく語りかける事の出来る母親になれました。



今はあの校長先生の話していた意図がよーく分かるのです。


そう、学力はお母さんが子どもに何を語りかけるかで決まる!絶対に!

 

  

そもそもお母さんが勉強好きだから出来るんでしょ⁇


ノンノーン!


親勉は、私のようなフツーのお母さんでもトランプを使って子供と遊んでいる内に自然に!マスター出来るようになっているんですよ!


{19327FD2-E483-4F20-80C3-19516526E8F2}



親勉のおかげで子どもとの日常会話の質がグッと上がりました!


皆さんにもそんな親勉のことを知って欲しいな〜。強引な売り込みでなく、ね!

本心でそう思っていますよ!

 

 

難しいと思っていた事がこんなに簡単に!中学受験必須項目、中学校でも出てくる月の満ち欠け、星座のことお話ししています☆

 


子どもに楽しく知的な会話の出来るお母さんを目指しませんか⁇



 すぐ知りたい!そんな方には

親勉体験会をすっ飛ばして、こちらがオススメ↓↓↓


○おくの志野の初級講座のご案内○

http://ameblo.jp/shinookuno/entry-12261487422.html

 

□おくの志野の中級講座のご案内□

http://ameblo.jp/shinookuno/entry-12261480900.html

 

 

 

ちなみに、小学校の受験日2ヶ月前に我が家は志望校を変えるという判断をしました。そんな我が家の小学校受験奮闘記はまた改めて。

 

 

 

 

 

一般社団法人 親勉アカデミー協会
http://oyaben.com/