2016-02-03 08:00:00

◆2016年(平成28年)九星別の運勢 気学による年の運勢

テーマ:2016年の運勢

◆2016年(平成28年)九星別の運勢 気学による年の運勢


おはようございます。九星気学☆開運法・方位取り(祐気取り)アドバイザー東雲麻希です。


大変、大変、お待たせしました。


昨日、ブログにて2016年 九星別年の運勢をやっとアップしました。


九星気学での2016年(平成28年)は2016年2月4日~2017年2月3日になります。


さてさて、運勢を読むと、好調運・低調運という言葉に左右されがちです。


私も以前はそうでした。


確かに、好調運の時は、スムーズに物事が進みやすかったり、低調運の時だと、なんだか、むくわれてないようなことが続いたりします。


でも、好調運だからといって全てOKというわけでも、低調運だからって、何もかもだめっていうことはないです。


東洋の考え方に、陰陽説というものがあります。


陰陽説では、陰の中にも、陽の要素があり、陽の中にも陰の要素が含まれていると考えられています。


これ、運勢にも当てはまります。好調の中にも、低調の種があり、低調の中にも好調の種があります。


運勢をよんでいただき、その年の特徴にあった行動をしけば、好調・低調にかかわらず、実りある年になります。


つまり、好調運は、自ら行動しなければ、別に、これといってよいことがなく過ぎていってしまったり、低調運でも、過ごし方を間違えなければ、案外、いい年だったと感じて、1年をしめくくることもできます。


低調・好調という言葉だけに、とらわれず、その年の特徴を生かすようにしてくださいね。


その年の運勢の特徴と、過ごし方のヒントがつかめるようにという気持ちをこめて、年の運勢をお伝えしています。


このブログを読んでいる皆様が、バイオリズムを生かしていただき、それぞれの星の人にとって、ベストな年になるように、利用していただければうれしく思います。


また、気学の先生の中には、運気が悪いときの方位取りを避けるようにという方もいますが、私は、運気が悪いときこそ、方位取りをしたほうがいいと思っています。


私自身も、低調期に、方位取りを多くすることによって乗り越えてきました。


せっかくの開運法ですから、上手に取り入れるようにしてください。


上記を参考のうえ、それぞれの九星の2016年の運勢を読んでくださいね。


【2016年の九星盤】
2016年の年盤

★2016年 誰にとっても年間通しての大凶方位

五黄殺・歳破殺=北東 暗剣殺=南西


※年の大凶方位は、一年を通して引越し・長距離旅行はできません。ただし、近距離の場合は、月盤で吉方位の場合は、行くことができます。


【参考記事】2016年の引越しで絶対避けてほしい方位


★「大凶方位ってなんだ??」という方


★「自力で地図に方角線をひきたい」→ご自宅からの方角線の引き方

★ご自宅からの方位がわかる便利サイト「あちこち方位」の使い方


下記の表で自分の生まれ星をクリックして、2016年の運勢をチェックしてください。


※気学は節分が一年の始まりになります。例えば、昭和49年の1月20日生まれの方は、昭和48年生まれ(九紫火星)と判断します。


九星気学    生まれ年

一白水星昭和11、20、29、38、47、56、平成2、11、20

二黒土星昭和10、19、28、37、46、55、平成1、10、19

三碧木星昭和9、18、27、36、45、54、63、平成9、18

四緑木星昭和8、17、26、35、44、53、62、平成8、17

五黄土星昭和7、16、25、34、43、52、61、平成7、16

六白金星昭和6、15、24、33、42、51、60、平成6、15

七赤金星昭和5、14、23、32、41、50、59、平成5、14、23

八白土星昭和4、13、22、31、40、49、58、平成4、13、22

九紫火星昭和3、12、21、30、39、48、57、平成3、12、21


★メルマガ「九星気学で運を引き寄せる ~開運法・方位取りノウハウ公開中~」 発行してます!

九星気学の開運法である方位取りについてや毎月の運勢をお届けしますので、登録していただけるととってもうれしいです。

もちろん登録は無料!→こちらから登録できます。


 携帯からご覧の方は→こちらから登録できます。  

 登録ボタンをクリックするとメール作成画面になりますので、空メールを送信して下さい。


合格LINEでも、月の運勢がチェックできます。

ぜひ、友達に追加してくださいね。


友だち追加数



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

コメント投稿