ローザンヌといえば、ローザンヌ国際バレエコンクール。
バレエを志す若者にとっては、まさに聖地。

バレエを愛し、日々密接に関わっている私にとっても、やっぱり聖地なのです。

そんなわけで聖地巡礼の旅、行って参ります。
ローザンヌに着く前から、胸の高まりを抑えられません。
しかし、ふと気づく。
そういえば、コンクールの正式名称が分からない。劇場の名前も忘れた…
なんせ行き当たりばったりの旅の為、

何の下調べもできず、現地入りしてしまいましたよ。大丈夫でしょうかね??

とりあえず、ローザンヌ駅に到着。
オリンピック委員会の本部があるんですよね。

こころの音色

そして、駅の案内所でバレエコンクールの劇場の場所を聞く。
しかし「Laussane international ballet competition」とか言ってみても、全く通じず。。

え?住人にとっては、マイナーなの!?

しばらくかみ合わない会話を続けて、

やっとこさ「prix de Laussane」という正式名称と劇場名を教えてもらう。
タクシーでボーリュー劇場へ。


ボーリュー劇場到着!


こころの音色

しかしここ、東京ビッグサイトや幕張メッセのような、だだっ広い展示会場(?)でして…

案内もないし、どこがそのホールか全く分からず迷う。

母とウロウロしていると、なんと!そこには、モーリスベジャールバレエ団が!!!

バレエ団はボーリュー劇場に隣接されていたのですね・・・知らなかった。。

下調べをしないで旅するのは今に始まったことではないけれど、

下調べをしない方が、「導かれる」ときがあるのですよねぇ・・・。


そして、ついに!ボーリュー劇場へ。
(扉が開いていたので、そうっと入ってしまいましたあせる

こころの音色

この舞台で、数え切れないほどのドラマが繰り広げられ、

ここから何人ものスターが生まれて、世界へ羽ばたいていったのですよね。

多くの人の人生の転機になった場所という重みが、のしかかってくるようでした。
来世、ここでジゼルを踊れますよう、バレエの神様に願いをかけて(笑)劇場を後に。


バレエダンサーの卵をそっと見つめる、バラたち。

こころの音色


無事に聖地巡礼を終わらせて、ローザンヌの街を少し歩くことに。
まず向ったのはローザンヌ大聖堂。スイス一美しい教会といわれています。

こころの音色


中はひんやり。ヨーロッパの街を歩いていると、至るところに教会があります。

末席に佇み無心になる時間は、私にとってとても癒される時間でした。

いくつの教会を訪れたかな。

こころの音色


そして、街にでてみる。
ローザンヌは旧市街がそのまま残っていて、こじんまりした、とても素敵な街でしたよ。

教会のある丘からレマン湖を見渡す。

こころの音色



とても可愛い、お店の看板たち


こころの音色



街角のアコーディオン奏者。

モーツァルトのピアノソナタを演奏中。

こころの音色



気温は暑かったけれど、噴水の水は冷たかった。

噴水も可愛いでしょ?

こころの音色


ローザンヌの街、私はとても気に入りました。
(大都市はどこも似たり寄ったりに感じてしまう私は、

地下鉄のないような、小さな歴史のある街に魅力を感じてしまうのです。)

ローザンヌに訪れることができたのは、私にとってとても幸せなことでした。

今思えば、この一ヶ月半の旅が転機となったのでしょうか。

帰国してからというもの、思いがけずバレエのお仕事がたくさん舞い込んできて、

以来、たくさんの素晴らしいバレエダンサー(世界中の!)とご一緒させて頂いています。

(この旅にでる為に、バレエの仕事を辞めていったにもかかわらず!

不思議なものですね…。)


バレエの神様、本当にローザンヌにいたのかもしれませんねラブラブ


AD

【2007年フランス・スイス旅日記】



4泊したシャモニーに別れを告げ、今日はスイスに向います。

アルプスの朝、月が輝いています。

目が覚めたらこの光景。

ベッドでまどろみながら、アルプスに昇る月を愛でるなんて、

なんだか夢の続きみたい。

こころの音色


大好きなシャモニーとお別れするのが辛かったので、早朝から散歩に。


こころの音色


あぁ、この柔らかい水・・・

こころの音色

実は私、1年ほど前から手荒れに悩まされていまして、
イギリスの硬水に触れて更に悪化したのですが(笑)
シャモニーの5日間ですっかり治ってしまったのですよ!
さすがはアルプスのお膝元(エビアンやアヴェンヌも近くなのです)
水って大事ですよね。嗚呼シャモニー・・離れがたい!
旅ってやっぱり切ないものだな。
すべてが一期一会。


でも別れがあるから出会いもあるはず。
今日は大好きなスイスへ行く日。
鉄道での国境越えって、どんな感じでしょう?
モンブランエクスプレスに乗ってシャモニーからマルティニーへGO!
こころの音色


車内は窓が大きく、景色が存分に楽しめるようになっています。
アルプスの壮大な自然が迫ってきます。
こころの音色


国境のシャトラールフロンティエール駅で電車を乗り換え。
と言っても向かいの電車に乗り換えるだけ。
国境越えの手続きは何もナシ。

(ジュネーブからシャモニーに行くバスでは、国境でパスポート確認があったのだけど…)
とりあえず、スイスです。6歳の時に訪れて以来の、大好きなスイス!

スーイースー!(笑)

どんどん標高が高くなってきます。すごい駅・・・
こころの音色

そして、急な勾配をブレーキをかけながらゆっくりと下ります。
(歩く方が早いのではないか?というスピードで)
こころの音色



スイス・ヴァレー州マルティニーに到着。
ここで両替(ユーロ→スイスフラン)などを済ませ、次はジュネーブゆきの電車に乗り換えます。
マルティニーまでは登山鉄道でしたが、ここからはひたすらレマン湖畔を走ります。

三日月形のレマン湖の半周(スイス側)を周るのです。

もう気分は「おおブレネリ」
♪おぉブレネリ、あなたのお家はどこ?
私のお家はスイッツランドよー、きれいな湖水のほとーりなのよー。
ヤーッホォー、ホートラララ、ヤッホホートラララーーー・・・

・・・テンション高くて、壊れ気味。



モントルー駅通過。シヨン城には、子どもの頃訪れた記憶があります。

こころの音色
モントルーは世界的ジャズフェスティバルが開催される街でもあります。

そしてブヴェイ駅にて途中下車。
特に観光地というわけでもないこの街に何の用かというと。
このブヴェイという街、チャップリンが晩年を過ごした街であるのです。
こんな素敵な場所に、チャップリンはいました。
ロンドン・レスタースクエアのチャップリン像と全く同じ像!
こころの音色


チャップリンの家はこの丘の上。
こころの音色


レマン湖畔にはたくさんのバラが咲き誇っていました。
きっと幸せな晩年だったのではないでしょうか…

こころの音色

それにしても、スイスは暑い!!!
シャモニーとの気温の差は一体何?
熱中症になりそうでふらふらしつつ、ブベイの街を歩きました。


さて、次に向うのは隣駅のローザンヌ。
そう、あのバレエの聖地、ローザンヌです!!!
まさか、ローザンヌに行くことになるとは思ってもみなかったので、

何も下調べをしてきていないのですが、聖地にたどり着くことができるのでしょうか。

続く

AD

今日は、いつもお世話になっているバレエスタジオ創立記念パーティーだったのに、

昨夜から、ひどい嘔吐・・・。

きっと、晩ご飯にさばいた刺身にあたってしまったのだろう。

残念だけれど、今日はおうちでおとなしくしていることに汗


ということで、ものすごーく暇なので、

過去に書いた旅日記を、ご紹介したいと思う。


2007年、イギリスに住んでいた両親と共に、フランス&スイスへ旅した時の記録。

ちなみに、この日以前のフランス・イギリス日記は、2007ヨーロッパ旅行 のタグへどうぞ。


いざモンブランへ。

フランスはシャモニーへ来て4日目。

いよいよ、ヨーロッパ最高峰モンブラン(4807m)を見に行くことに。
モンブランは、もちろん私ごときが登れる山ではありませんが、
世界最標高まで登るケーブルカーが、エイギュ・ドゥ・ミディ(3842m)の山頂に連れて行ってくれ、そこから間近にモンブランを眺めることができるのです。

エイギュ・ドゥ・ミディは、その名の通り鋭く尖った岩の山。
そんなところにケーブルカーで行くことができるなんて。科学って凄い。


こころの音色

今日は快晴。モンブラン見えるかな?


ケーブルカー乗り場。2本のケーブルカーを乗り継ぎ、山頂へ。

こころの音色


10分後、2317mの途中駅に到着。既に下界が遠い!
こころの音色

気圧に慣れるため、ここで一休み。

15分ほど休んでから、第二区間のケーブルカーに乗り、3842mの山頂へ。

これがエイギュ・ドゥ・ミディの山頂。

写真を撮った場所はケーブルカーの到着地で、

ここから岸壁の中を貫くエレベーターに乗って山頂へ。

こころの音色



スイスアルプスを天空から眺める。空を飛んでいる気分~。

こころの音色



アルピニストが!

こころの音色



氷点下の雲のなか。寒すぎ!
こころの音色


つらららら

こころの音色


母は急な気圧の変化で体調不良に。
1時間ほど休んで復活した母と父とモンブランを見にバルコニーへ。
去年の父の誕生日、両親はイタリアのグランドジョラスにモンブランを見にいったそう。

今度はフランス側!とやたら陽気なお二人さん。


モンブランは写真下左上の雲のなか。

一瞬だけ、顔を出してくれました!
こころの音色

一瞬だけでも、ここまで登ってきた甲斐がありました!(ケーブルカーだけど笑)
これが地球の屋根、アルプスかぁ。
素晴らしさのあまり、イギリスの記憶が全てなくなりそうに(笑)
それくらいのインパクトがありました。
シャモニー、いつかまた来たい!

そして、いつでもどこでも乾杯している父と娘。
3842mでの気圧も何のその。もはやアル中?(笑)

こころの音色

AD

氷河鉄道

【シャモニ旅行3日目晴れ

登山鉄道に乗って、フランス最大の氷河メール・ド・グラスを見に行く。
標高1035mのシャモニから標高1913mの氷河には、歩いて登ることもできるのだけれど、前日足を痛めた私は迷わず登山鉄道へ。

ガタゴトガタゴト、赤い電車に揺られて登ります。


こころの音色
 

ぶつかるぅ


こころの音色


車内はこんな感じ


こころの音色


自分の足で登って味わう絶景もたまらないけれど、
楽して味わう絶景も、苦しゅうない(笑)

こころの音色


そして、氷河のあるモンタンヴェール駅に到着。

こころの音色
大自然を前に、見惚れるばかり。


そして、更にロープウェイで氷河の近くまで下ります。

こころの音色


こんなに間近に!とても寒いです。

こころの音色


耳を澄ますと、時折「バキバキっ」と氷が崩れる音が。
氷河が解けているのですよね。
そうです、それは地球温暖化による現象。
危機感を覚える音でした。
このままでは、この美しい氷河もなくなってしまうそうです。
美しい風景を守るために、今私達にできることは?


そんなことを思いながら下山。本日の宿に向います。
今日の宿は、シャモニモンブラン駅の隣駅にあるプチホテル。
清潔で、インテリアがシャレていて、とても素敵なホテル。
部屋に入ってしばらく、大はしゃぎしていました。

こころの音色

こころの音色
ちなみに、ホテルの若女将(?)のセーラさん、
大の日本好きで来日回数8回!三重県で暮らしたこともあるらしく、
流暢な日本語でお話してくださいました。
ホテルエデンのサイトはこちら↓
http://www.hoteleden-chamonix.com/

窓を開けたら、見渡す限りの絶景。
今夜はこの景色をサカナに、部屋でワインパーティーです。
(経費削減の為、お部屋で食事(笑))

こころの音色

こころの音色
暮れゆく山々を眺めつつ、ずいぶん永いことお酒を飲んでいました。
ちなみに、ヨーロッパに来てからというもの、毎日毎日父と晩酌。
このせいで相当太りました。そしてお酒もかなり強くなりました。
一体何の合宿よ?(笑)

さて、明日はいよいよモンブランを見に、エイギュ・ドゥ・ミディへ。

シャモニ2日目

心の準備をする暇もなく、さっそく山登り。
イギリスでは毎日7~8Kmお散歩していたけれど、それは平坦な道。
イギリスに山はない。山登りはとっっても久しぶりなのである。

意外だろうけれど、私は昔、よく山に登っていた。
小学生の頃の夏休みというと、体育会系の両親に連れられ、日本アルプスに登りに行き、高校時代はワンゲル部に籍を置いて関西の山を縦走していました。(そんな高い山は登っておりませんがw)
え?想像がつかない?確かに。
今は隠居して、めっきりインドア派になっているものね(笑)

登山は苦しい。体力のない私にとっては苦行そのものだ。
頭が真っ白になり、心が折れそうになりながらも、歩き続けるしかない。
もう限界、あと一歩で限界だと思いつつ、無理やり次の一歩を出す。

限界を超えたところで掴む達成感、雲の上から眺めるパノラマ。
やはり、それらの魅力は筆舌に尽くしがたいものがある。
あれ?私はMなのだろうか?・・(実はマラソンも好きなのだ。。)


「人はなぜ山に登るか?」

「そこに山があるからだ」と、とある登山家が答えたそうですが。

山でしか得られない経験がある。経験は宝だから。
私はそんな風に思います。

しかし、辛かった。
約10年ぶり(!)に登ったら、案の定足を痛めてしまいましたよ。。
山をなめちゃイカンですな。

こころの音色

でもこの絶景、自分の足で歩いたからこそ感動ひとしおだったのでしょう。


こころの音色



今年の夏は、どこか日本の山を登ってみようかな。