シノザキ奮闘記のブログ

ちょっとひと息♨
いろんな小話をアップしていきたいと思います(*^_^*)


テーマ:
どうも広告資材部『タイムマシンがあったら、とりあえず来年に行って、自分の再来年の抱負を聞きたい』福永です。今から準備出来てたら、来年以降の未来に後悔しないかもしれないので。

さて、今月もサッシ部から恒例のneighborが届きました。neighborは当社取引先のYKKさんが出してる月刊誌で、毎号楽しみにしてる読み物です。知らない人は是非一度サッシ部に相談を。

今月号のneighborもすごく面白い内容でした。大まかにいえば、テーマは未来。ロボット工学や最近話題の電子マネーやそのトレンド。研究者育成にみる男女同権社会の達成など。どれも興味深い内容でした。それでいて、最終稿に人類がなかなか足を踏み入れられない南極大陸についてのお話もあって、変わりゆく世界と変えてはいけない環境を上手くまとめた最新号だったと思います。内容に興味のある人は是非一度サッシ部に相談を。

特に興味を引いたのは14ページの電子マネーの活用法についてです。海外旅行を経験した人は誰しもが経験あると思いますが、余ったコインはどうするか問題。金額の大きい紙幣なら当然、自国通貨に交換するだろうけど、微妙な金額はどうするか?手数料と手間を考えるとわざわざ替えに行くのも面倒だし、放ったらかしにする人も多いと思います。その余ったお金を電子マネー化する事により、何かに利用するというのをフィーチャーしたのが今ページでした。国が発行する通貨とは違い、コインの電子マネー化は割と簡単で、記事によると専用の端末にコインを入れるだけ。それで、ネットなんかで利用できる電子マネーに変わります。残念ながら、その国でどこでも使える通貨には替えられないけど、電子マネーが使える場所であれば普通にお金と変わらず決済できるわけです。利用者からしてみたら、国内で使えない他国のコインが割と少ない手間で簡単に使えるお金になって、サービス提供側からしてみたら、塵も積もれば山となる、の恩恵を受けられる良い取り組みだと思います。しかも、それが使えるってだけで良い宣伝効果が期待できます。詳しくは今月号のneighborに載ってますので、知りたい人は是非一度サッシ部に相談を。


今号は未来がテーマだったので、その先っす。
先日、ベネゼイラが各国に先駆けて仮想通貨を国の主導で発行しました。その担保は世界一と言われる油源です。そもそも、国が発行するなら自国通貨で良いはずなのに、仮想通貨を発行したのには訳があって、政治不信からくる急激なインフラが原因だったと思います。もはや彼の国では、現物通貨より仮想通貨の方が国が認める公用通貨となった訳です。自国には信頼ないけど、原油は信頼できると国政で打ち出した気がします。なかなかの悪政にも見えますが、確かに埋蔵原油の算出量は世界一だと思いますし、しかも、いちいちレートに左右されない仮想通貨は経済安定に向けて打ち出した策としては秀逸かもしれません。一方で、国の信頼性が無い分、日本のようにバシバシ国債発行できないというデメリットがありますが。それが何故かを知りたい方は是非一度サッシ部に相談を。

そこで、なんとなく私が思う未来へのビジョン。国債をアホのように発行できる日本の地方都市である栃木県。栃木県共通で使える電子マネーを作りましょう。県内での消費については、その税率を5%くらい差し引いて利用者に還元する。利用者は年間スーパーやコンビニで50万買い物するとしたら、2万5,000円くらい出費が浮く計算です。管理は栃木県庁に新規で作る財務マネ課で略してザネ課。ザネ課は換金された日本円を歳入扱いとし、独自予算でやり繰りします。ザネ課の職員は公務員ではなく、選挙で選ばれた公人とします。日本円→栃木電子マネーに変える方法は県内の一般店舗や自販機です。栃木電子マネーの信頼性は日本国としてのそもそもの流通する円の確かさと、宇都宮や足利・小山を中心とした経済性の大きさでしょうか。資産全てを電子マネー化したら、相続に関わる税からも逃げられる的にすれば、もっと大きな市場になるかもしれません。

まぁ、詳しくは是非一度サッシ部に相談を(笑)。



真面目な話。
当社で1番若い世代が集まってるのはサッシ部です。我が広告資材部はただ優秀な人財が集まってるだけで若さはサッシ部に敵いません。当然、若いのでサッシ部は動き良く、がむしゃらでひたむきに皆さまの要望に応えます。だから、当社サッシ部にどうかご愛顧を。
サッシ部無くなったら、大好きなneighborが届かなくなるので、皆さま是非よろしくです。サッシ部いつもありがとうっす。

そして、今までサッシ部を支えてくれた先立達がいます。neighborを私が今、楽しんでるのはそうした人たちのおかげです。今を楽しめる事に感謝して、未来をつくっていく所存です。

未来って言葉簡単だけど、重くて考えないといけない言葉だとおもいました。

ではでわ。

シノザキ奮闘記さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。