最近読んだマンガ

白刃煌めく東京編が終了

銃弾切りが非常に熱かった。

やっぱり日本刀対拳銃は男のロマンだ。

                            100点中95点

広江 礼威
ブラック・ラグーン 5 (5)
AD
一昨日読んだマンガ
神行の行動範囲にある本屋ではまったく売っていなかった。
おかげで高校時代にはよく行ったが最近行っていない本屋まで探しに行く羽目になった。
それにしてもえらく急な展開なので酷く驚いた。
まぁ、アニメの展開などの都合もあるのだろう。
冒頭のはずむと、とまりのむず痒いようなふれあいが、とまり派の神行には堪らない。
                                        100点中95点
あかほり さとる, 桂 遊生丸
かしまし~ガール・ミーツ・ガール 3 (3) 電撃コミックス
AD
昨日読んだマンガ
ホクト編ついに本格始動
主人公と年が近く、性格が正反対なライバルの登場ということで色々と期待させる。
カラー絵ではエンチャンターの目が、左右で色が違うオッドアイのように塗られていることが気になっていたのだが、どうやら公式設定として色が違うという特徴があるらしい。
そういう妙な設定があるとは意外だ。
                               100点中95点
河内 和泉
機工魔術士-enchanter 10 (10)
AD

Rozen Maiden

テーマ:
蒼空氏 (ブログが現在サーバーの不調で逝っちゃってるのがあれだが・・・)に借りて読んだ。
アニメの方は毎回欠かさず見ていたのだが、原作は入手困難だったので非常にうれしい。
展開は違うものの、原作もアニメもそれぞれに持ち味があり面白い。
いや、じつに素晴らしい。
                              100点中95点
PEACH-PIT
Rozen Maiden 1 (1)
PEACH-PIT
Rozen Maiden 2 (2)
PEACH-PIT
Rozen Maiden(3)

PEACH-PIT

Rozen Maiden(4)

PEACH-PIT

Rozen Maiden 5 (5)

PEACH-PIT
Rozen Maiden 6 (6)

囚愛玩少女 2&3

テーマ:
続きを買って読んでみた。
だんだんメインヒロインである真珠の顔の書き方の手抜きが酷くなっていく。
しかも、それに反比例して男性陣は絵が綺麗になっていくw
前回のときに華族と書いたが、作中では貴族となっている。何か勘違いがあるようだ。
その上、作中に出てきた狼がニホンオオカミではなくタイリクオオカミにしか見えない。
というか(おそらく)明治時代後半を舞台にしているのに狼が出てくる時点でおかしいのだが(笑い)
内容も雑になっていくばかりなのでもう読まないことにしようかと思う。
それと、たまに思うのだが少女漫画家には自分の漢字や教養に対するコンプレックスを自身の作中でさらけ出す人が多いような気がするが、なぜなのだろう?
                                     100点中80点
刑部 真芯
囚愛玩少女 2 (2)
刑部 真芯
囚愛玩少女 3 (3)

僕は妹に恋をする

テーマ:
今月と来月は少女マンガ強化月間
男女の双子が禁断の恋に落ち、右往左往(主に妹の方が)
ヒロインである郁の純情さ、健気さ、可愛らしさはどれも素晴らしいが、頼の一途さ、腹黒さも捨てがたい。
神行は男だが、なんと言うか頼の方が可愛らしく思えてきた。
後、アマゾンのカスタマーレビューにはエロマンガなどと罵倒するかのように書いてあるものもあるが、たぶんエロマンガ(特に男性向け)を読んだことがない人なのだろう。
この作品にあるエロがらみのシーンはストーリーの要請に従って存在しているが、エロマンガの方は逆で、エロのためにストーリーがある。その辺を誤解してはいけない。
                             100点中95点
青木 琴美
僕は妹に恋をする 1 (1)
青木 琴美
僕は妹に恋をする 2 (2)
青木 琴美
僕は妹に恋をする 3 (3)
青木 琴美
僕は妹に恋をする 4 (4)

囚~愛玩少女~(1)

テーマ:
昨日読んだマンガ
一応舞台設定は明治時代らしい
・・・登場人物の設定を見るとそうは思えないが深く気にしないことにした。
一人の孤独な青年華族(生活はどう見ても英国もしくはフランス貴族)が一人の少女を買ってマイフェアレディだとか源氏物語な調子で育てていくというストーリー
登場人物のトラウマや人格のドロドロ加減が実にいい。
続きはそのうち読もうと思う。
                                    100点中85点
刑部 真芯
囚~愛玩少女~(1)
昨日読んだマンガ
先日否定的な発言を行ったが、間違いだった。
素晴らしい、スパシーバ
なんと言うかあまやかな感じが伝わってくる。
この微妙な三角関係というのがいいのだろう。
                          100点中95点
あかほり さとる, 桂 遊生丸
かしまし~ガール・ミーツ・ガール 1 (1)
あかほり さとる, 桂 遊生丸
かしまし~ガール・ミーツ・ガール 2 (2)
最近読んだマンガ
もし超能力が実在したら、という思考実験の結果としても面白いと思う。
椎名高志は大雑把でギャグよりに見えることもあるが、基本は抑えているのがはっきり分かる。
                                  100点中90点
椎名 高志
絶対可憐チルドレン 3 (3)

すずめすずなり

テーマ:
昨日読んだ漫画
本屋でたまたま見かけてたまたま手に取ったのだが、大当たり
入居条件が「朝6時半の朝食に必ず出席すること」という奇妙なアパートを舞台に平凡な日常を描く
大きな騒ぎというものはほとんどなく、主人公(26歳男、職業SE)の片思いと主人公に恋する大家の娘(14歳)
を軸に話は進んでいく。
なんと言うか、こう、恋に恋するお年頃っていいなぁ、と思ってしまう。
                                100点中95点

秋山 はる
すずめすずなり 1 (1)
秋山 はる
すずめすずなり 2 (2)