最近友人に借りて読んだ本
神行はクトゥルフはガンガン探索者が殺されていくぐらいのノリが好きなのだが、これは逆で邪神達がガンガン死んでいく。
伝奇小説としてみるならばこれは正しい判断なのだろうが、どうも何か違うと考えてしまう。
これは神行のハック&スラッシュ好きという嗜好のためかもしれない。
                                         100点中85点
ブライアン・ラムレイ, 夏来 健次
地を穿つ魔 <タイタス・クロウ・サーガ>
AD

ナイトウォッチ

テーマ:
昨日読んだ本
神行の好きなイラストレーターの一人、速見螺旋人氏お勧めの作品である。
螺旋人氏と言えばロシアだが(そんなの知るかと言わないで欲しい)、この作品は著者名を見れば分かるとおり、ロシアの小説だ。
ロシアではハリー・ポッター以上の大ヒットらしい。
児童書のコーナーに置いてあって少し買うのが恥かしかった。
しかし、読んでみればこれは明らかに幼い子供向けではない。
ハリー・ポッターのように悪は完全な悪ではなく、妥協可能な相手であり、善と悪は現在休戦し、奇妙な共存を行っている、そういう世界のモスクワが舞台となっている。
ちなみに主人公は善の側の魔法使いだが仲の良いご近所さんはヴァンパイアという、この世界のねじれを体現するような生活を送っている。
100点中95点

追記:日本での全国ロードショーが決定しているので、かなり楽しみ。

セルゲイ・ルキヤネンコ, 法木 綾子
ナイトウォッチ
AD

クトゥルー〈1〉

テーマ:
友人から借りた本
神行ホラーは大の苦手なのだが、これは怖いもの見たさで読んでしまった。
怖すぎる、本能に直接くる怖さがある。
やはりホラーはラブクラフトに限る。
                         100点中80点
H.P. ラヴクラフト, 大滝 啓裕
クトゥルー〈1〉
AD
半年ぐらい前に読んだ本
感想はなぜ、まだ売れ筋ランキングで上位に入っているのか良く分からないの一言に尽きる。
フリーメーソン陰謀論などなぜ今更と言いたくなるような話が満載だった。
                           100点中50点 著者: ダン・ブラウン, 越前 敏弥
タイトル: ダ・ヴィンチ・コード (上)
著者: ダン・ブラウン, 越前 敏弥
タイトル: ダ・ヴィンチ・コード (下)