昨日は比叡山炎上のPL

キャラ作成の段階では戦えるゲームかと思ったが、敵が恐ろしく強くてげんなりした。

もちろん、単純に戦闘に突入してしまった我々が悪いのだが・・・

ちなみに神行は陰陽師キャラでプレイした。

ただし、持っている術はほとんど格闘家としてのもので陰陽師っぽさは無かった。

POW18と「徹し」の組み合わせはえぐいことを認識した。

AD

全力疾走

テーマ:

今日はボーイスカウトの運動会があった。

そこでは神行は裏方組だったのだが、最後のリレーで人数合わせのために参加した。

がんばって走りましたとも、見事にボーイ隊を追い抜いて勝利した。

こんな風に全力疾走したのも久しぶりだ。


AD
昨日はダブルクロスのプレイヤー
テストプレイ週間2週目である。
神行はバロール/オルクスでFHエージェントなキャラでプレイした。
ワークスが研究者だったものだから【精神】が8もあった。
サポートキャラとしてもそこそこ動けたので満足
AD

六門世界RPG in例会

テーマ:
昨日は六門世界RPGのGM
今回は6月のコンベンションに向けてのテストプレイ第一弾として鷹栖君のアルシャードffと共に立卓
追加経験枠5枠に所持金1万5000Gというパワープレイの入り口を覗いてきた。
クロスボーンを舞台に冒険をしてきた。
シナリオは基本的に成功、いくつか付け加えるべき要素はあるが瑣末な問題なので問題なしということにしておく。
後はキャラクターガイドブックの発売を待つばかり
絶対NPCを全員作り直す羽目になるが・・・
それに加えて、……本番でもうまく回りますように
先ほど更新したのだが、失敗してしまったようだ。
昨日はMCコンに遊びに行った。
今度のコンベで六門をやる予定なので、その参考に六門卓に突入
シナリオは普通のダンジョンものだった。
神行はウィザード2/デュエリスト1から開始して、途中でデュエリスト2に成長した。
本来は土属性呪文を使いたかったのだが、パーティの構成上、泣く泣く聖属性使いに変更した。
ちなみに、パーティはウォリアー/モンク、アーチャー/サモナー、ビーストマスター/トレジャーハンター
パーティバランスやら成長のさせ方が激しく微妙だと思っていたのは秘密
楽しかったからそれでもいいのだが
今年も5月の4、5、6で毎年恒例の琵琶湖サイクリングに行ってきた。
今年は参加する気はなかったのだが、諸般の事情により強制参加だった。
体力的には5回目ということもあり、大してしんどくないのだが、日差しが強いのには閉口した。

毒蟲vs.溝鼠

テーマ:
久しぶりに書評系ブログとして更新
最近本を読んでないわけではなかったが、更新する気力が無かった。
それはともかく昨日読んだ本
まずこの本の最大の特徴を述べると、まともな人間や善人は一切出てこない。
出てこないことも無いが登場して1,2ページで死んだ。
しかも、ただ悪人が出てくるだけではなく全員が全員変態という凄まじさである。
神行が特に気に入ったのは、潔癖症でサディストという元外科医の「教授」
この手の一見まともで、丁寧な物腰の変態やキジルシが神行は大好物なので完璧にストライクだった。
グロ描写や暴力描写があまりにも酷いので、誰でもかでも勧められる作品ではないのが残念である。
                                        100点中95点
新堂 冬樹
毒蟲vs.溝鼠
昨日は就職した先々代部長の帰還に合わせたセッションが行われた。
立ったのはアルシャード(旧版)とナイトウィザード
神行はナイトウィザードに入った。
これまで、ナイトウィザードをやったときは必ずろくでもないプレイをするか、データ的にどうしようもないキャラを作ってしょんぼりしていたのだが、今回もひどかった。
データ的にも微妙な前衛系聖職者、しかも半端なロールプレイのせいで他のPCからも敵視されている状況
すべて自分が悪いとはいえ、情けなかった。

ちなみに、アルシャードの方は30レベルキャラクターを使用したようだが、グレーターサモナーが召喚可能なモンスターにかなり問題があったようだ。