バイトっぽいこと

テーマ:

最近祖母の手伝いをしている。

何の手伝いかというと、祖母の書いている本の編集の前段階の原稿チェックなどだ。

正直な話、神行には専門外なことばかり書かれている。

が、文章としての破綻などを調べたり、一般論としておかしいことが書かれているかどうかのチェックが仕事なので、特に問題は無い。

しかし、原稿を依頼した某I書店の忍耐には感心する。

神行の知る限り2年以上前からやりかけている仕事のはずなのに、いまだに原稿を待っているのだから。

ちなみに、バイトっぽいこととタイトルに書いたが、無給の仕事である。

AD

昨日はサークルの宣伝のためのためにあたりんぼう に行って来た。

最初はダブルクロス2ndを希望したのだが、抽選に漏れたのでウィザードリィRPG復刻版をプレイ

神行はハーフリングの盗賊でプレイ

パーティ構成は戦士×1、僧侶×1、魔術師×2、神行の計5人

魔術師と盗賊の3人は計4回も死んだのに、前衛は一度も死なずに終わった。

今回で旧D&Dで盗賊はNPC専用と呼ばれていた訳がよく分かった。

ACは上手く下げられず、攻撃力は低く、HPも低いという3重苦

もちろん罠解除だけはがんばって上げたが、いまいち活躍の場が無かった。

しかし、これもまたよい経験だった。

AD
最近友人に借りて読んだ本
神行はクトゥルフはガンガン探索者が殺されていくぐらいのノリが好きなのだが、これは逆で邪神達がガンガン死んでいく。
伝奇小説としてみるならばこれは正しい判断なのだろうが、どうも何か違うと考えてしまう。
これは神行のハック&スラッシュ好きという嗜好のためかもしれない。
                                         100点中85点
ブライアン・ラムレイ, 夏来 健次
地を穿つ魔 <タイタス・クロウ・サーガ>
AD
最近読んだ本
六門世界RPGファンとして、リプレイという形であってもサポートが続くのは喜ばしい。
マスタリングも上手いし2巻以降も期待できるだろう。
もっとも、パーティー構成が歪過ぎるのが難だ。
                          100点中85点
篠谷 志乃, グループSNE, 安田 均
六門世界PRGリプレイW〈1〉迷宮に巨人誕生を見た!?

昨日はゲヘナアナスタシス(以下ゲヘナAn)をプレイ

R&R vol.18のシナリオでGM
初期作成キャラで、草食愧拳獣甲闘士と、人間邪眼妖霊使い、天使神語炎術士、 銀糸邪眼幻鏡座空鷹匠という構成

自由に作成してもいいとは言ったけれど、4術技マルチはすごいと感心した。

ボスのデータが壊れているのでかなり危険だった。

あのダメージは初期作成キャラに与えていいものでは断じてない。


これからもゲヘナAnの布教をがんばろうと決意した。

形見分けと称した何か

テーマ:

昨日は例会で今年卒業する先輩から、形見分けと称して要らないルルブのプレゼントがあった。

体が弱い人なので形見分けという言葉は洒落にならないので止めて欲しい。

神行は央華封神の第一版とD&Dの電撃文庫版プレイヤーズガイドを貰った。

他にも色々とあったが皆で無事分配し、売れ残りはサークルのロッカーに入れて資料とすることに決まった。ちなみに倉庫行きは、フォーチュンクエストとイースTRPG、TRPGオールカタログ辺り


コンベンションが一段落したら供養と称したセッションをやる予定

火目の巫女

テーマ:
最近読んだ本
平安時代の日本に似た異世界で、火目と呼ばれる存在になるべく努力する主人公を中心に描いている。
どちらかと言うと救いが無い結末で、ぼくと魔女式アポカリプス と同じく、ハッピーエンドが好きな人にはあまりお勧めできない。
神行はバッドエンドでも妥当な結末なら構わないのだが、そうではない人も多いということは知っているつもりなので、一応注意
                                          100点中95点
杉井 光
火目の巫女
最近読んだ本
サタスペRemix+のデッドマンウォーキングと終わりのクロニクルとレンタルマギカを足して割って救いを無くした様な印象を受けた。
いや、マニアックな例えなのは分かっていますが
ちなみに神行はいつもハッピーエンドというのは嫌いなので別にいいのだが、拒否感がある人はいそう。
                                     100点中95点
水瀬 葉月
ぼくと魔女式アポカリプス
最近読んだ本
このジャンルでは珍しいエブリデイマジック系の作品
ヴァンパイアに仕えるバンシーを主人公として科学に魔物達の住む闇が駆逐されつつある時代を描いている。
主眼は城に迫り来る教会のクルセイダーを交えてのどたばた劇だが、これもここの魔物たちの特性が良く描けている。もっとも、魔物としては劣等生の様なものたちばかりだが・・・
これからどのような作品を描いていくのか楽しみな新人の登場である。
                                     100点中95点
小河 正岳
お留守バンシー

Rozen Maiden

テーマ:
蒼空氏 (ブログが現在サーバーの不調で逝っちゃってるのがあれだが・・・)に借りて読んだ。
アニメの方は毎回欠かさず見ていたのだが、原作は入手困難だったので非常にうれしい。
展開は違うものの、原作もアニメもそれぞれに持ち味があり面白い。
いや、じつに素晴らしい。
                              100点中95点
PEACH-PIT
Rozen Maiden 1 (1)
PEACH-PIT
Rozen Maiden 2 (2)
PEACH-PIT
Rozen Maiden(3)

PEACH-PIT

Rozen Maiden(4)

PEACH-PIT

Rozen Maiden 5 (5)

PEACH-PIT
Rozen Maiden 6 (6)