ここ最近、急にランキングが上がってきて怖くなってきている。
以前急にランキングが上がったときは、その後にランキングが急落したのでそれを思い出してしまった。
理由がさっぱり判らないのも怖い。
特に一般受けするような話を書いた覚えもないのだが・・・
どこかで晒されているのだろうか?

AD
昨日読んだ本
グループSNEの怪奇アクションシリーズ妖魔夜行・百鬼夜翔の後継
“ユウレイ”(幽霊には非ず)が存在する現代の神戸で「操霊者」(アーティストとも呼称)達の活躍を描く
アーティストは自身の得意とする芸術を示すことでユウレイの能力を自在に操る。
ユウレイとは言っても死者の魂ばかりではないらしい、というのがみそのようだ。
GURPS 4thのサプリメントとしてこの世界が採用されるらしいが、どうやって再現するのだろう?と思うような場面も多々あったが、これから楽しみにしていこう。
                           100点中95点
友野 詳, 諸星 崇, 北沢 慶
リボーンリバース ゴースト・コンタクト
AD
昨日買った漫画
終にメルクーリオ編完結
主人公に重大な選択をさせる重要な回だった。
次はライバル登場の気配があるホクト編なので楽しみにしたいと思う
                                     100点中90点


河内 和泉
機工魔術士-enchanter 9 (9)
AD

驚いた

テーマ:
昨日の記事のどこが魅力的だったのだろうか。
一昨日より来た人が189人も多く、書評系内でのランキングが127位も上がっていた。
特に普段の木曜日と違うことをした覚えはないのに
神行の知らないところで何かが動いているのだろうか?
昨日はサークルの某氏のオリジナルTRPGで遊んだ。
F.E.A.Rに投稿する予定なのだそうだ。
システムは所謂F.E.A.Rゲー、少しアルシャードに似ていた。
コンセプトは海賊として大活躍
神行は今回は船を動かすのに必要そうな技能が使える船長系のクラスを選択
というか、他のPCの持っていないスキルの穴埋め(笑)
今回はまだ完成していなかったが、面白かったので完成する日を楽しみにしよう。
今日読んだ本
神行は以前から著者の本田透氏のHPしろはた をたまに覗いていて、どういう人物かはある程度知っていたのだが、予備知識なくこれを読むと窓に鉄格子が嵌った病院に氏を放り込むことを考えるかもしれない。
帯にもあるが「やりすぎ」
以前からショタが新たなる萌えのムーヴメントだと主張してきた人らしい内容である。
妄想と性癖の暴露が行き過ぎている。
でもまあ、楽しめる人には楽しめると思う・・・たぶん
                 100点中85点(分かる人には)/40点(分からない人には)

本田 透
アストロ!乙女塾!
昨日、一昨日とボーイスカウトのオールナイトハイクと新入隊員歓迎会に連続で参加したためにタイトルのような状態になっている。
神行は徹夜や睡眠不足などといった状態に非常に弱いので危険域に達しつつある。
今も頭が回らない。

今日ぐらいは早寝したい

昨日読んだ本

このシリーズ付録として六門世界RPGで使えるモンスターのデータが付録として付いてくるのだが、作中の描写と能力がかみ合わないことが多々あるような気がする。

今回の描写から察するにマリアの属性は火/魔らしい。だからどうというわけでもないが、メモ代わりに記しておく

それにしても六門世界RPGで再現できないキャラクターが多い。どういうことだろう?

                                      100点中90点

北沢 慶, 安田 均
召喚士マリア(4) 眼差しに切なさを、沈黙に優しさを。

昨日読んだ本

EOSが何かということが遂に分かり、色恋にもかたが一応着き、完結

他の谷川流作品とはかなり毛色が違うので賛否両論あるようだが、神行はこれはこれでいいと思う。

といっても、神行の何でもありすぎる性格のせいもあるとは思うが

                               100点中85点

谷川 流, 後藤 なお
電撃!!イージス5〈Act.2〉

昨日はダブルクロスをプレイ

世界中がレネゲイドウイルスというレトロウイルスに冒され、数多くの超人が生まれている世界で、超人として自らの日常を守るゲームである。

シンドロームはピュアサラマンダー

やりたかったのは「ぶわぁく熱ゴッドフィンガー」(笑)

ダイスをあんなにガラガラ振れるというだけでも楽しいゲームである。