調味料バトン

テーマ:

なんかこんなものがgenkiさん から回ってきたんですよ。

それでは回答させていただきましょう。


【次のメニューにどんな調味料をかけますか?薬味は含みません。】

目玉焼き→ケチャップ

納豆→からしと醤油

冷奴→醤油と生姜、茗荷

餃子→醤油、酢、ラー油

カレーライス→そのまま

ナポリタン→そのまま

ピザ→そのまま

生キャベツ→そのまま

トマト→そのまま

サラダ→シーザーズドレッシングが好き

カキフライ→あればタルタル。無かったらレモンとソース

メンチカツ→ソース

コロッケ→ソース

天ぷら→塩か天つゆ

とんかつ→ソース

ご飯(おかず無し)→海苔

【周囲に意外だと驚かれる好きな組み合せはありますか?】

目玉焼きにケチャップ

【それが一般的なのだとは知っているが苦手な組み合せはありますか?】

特になし

【バトンを渡す五人】

こんなもの回せるのは

鷹栖左京  君以外いないっ!

AD

容疑者室井慎次

テーマ:

踊る大捜査線シリーズ最新作だが、あまり他の作品との共通点は感じられなかった。

しかし、面白い映画なので見ることをお勧めする。

一つ疑問に思ったのは、映画館に行ったらなぜかどう見ても60歳以上にしか見えない人たちがたくさんいたことだ。この映画の何に惹かれたのだろう?

一言注文を付けさせてもらうなら、パンフレットに書く文章はもう少しまともなものにして欲しい。

あれでは文章ではなく、単なる設定の羅列にしか見えない。

AD

名前:ケルレイン

Lv4 シーフ/レンジャー

スキル(自動取得は除く)コンバットマスタリー、オーバーパス、サプライザル、バタフライダンス、ディスアピア、ボウマスタリー、スピードショット、インベナム、シャドウストーク、アローシャワー、トレーニング(敏捷力)

ディサピア→サプライザルが基本コンボだが、インベナム→アローシャワーで雑魚掃討も可能


作成段階ではギルドに不足していた打撃力を補うために攻撃力重視だったが、他にも打撃力が高いメンバーが加入し始めたため偵察能力を向上させ始めた。

初期の打撃力はギルド内では上の上だったが、現在は相対位置が下がり上の下か中の上


今後の成長予定:まずサムライにクラスチェンジしてパワーブレイク、プレッシャーを取得、バッドステータスのバリエーションを増やす。

次にサモナーにクラスチェンジ、アラクネとハイサモナーを取得、順次シームルグ、アニマルエンパシーなどを取得して偵察、戦闘、防御、回復全てを一人で賄えるようにする。

まあ、そこまで成長するほど生き残れるかは疑問だが・・・

AD

昨日は久々の例会だった。

そこで、アリアンロッドのキャンペーンのGMを勤めたのだが、失敗だった。

失敗の理由は貨幣偽造というPC達に扱わせるには大きすぎる題材を扱ったことと、話に絡みやすい衛兵を普段の職にしているPCに話を振りすぎて他のPCのやることを奪ったことと、情報を出す順番を間違えたことだ。

反省したい。

言い訳がましいが、他の失敗の要因はサークル内で最も濃いメンバーが集まったことと、時間があったはずなのに無くなったこと。

時間が無くなった理由は、キャンペーンのはずなのになぜか初参加のメンバー以外もキャラクターシートを忘れたと言って、キャラクターを一から作り直していたから。

昨日読んだ本

以前R&Rに掲載された物をまとめた物なのだが、少しぐらいおまけが欲しかった。

                             100点中75点


清松 みゆき, 秋田 みやび, 藤澤 さなえ, グループSNE
ソード・ワールドRPGリプレイ・アンソロジー デーモン・アゲイン
ついに完結
大いに笑わせてもらった。
PCの一人が本当にNPCに対してプロポーズするとは思わなかった。
ただ残念なのは、せっかく愛称がついたのにこのシリーズが完結してしまったこと
そのうち続編を出して欲しい
                           100点中95点
北沢 慶, グループSNE, 安田 均
新六門世界RPGリプレイ (3) やりすぎ射手と燃える森

被差別の食卓

テーマ:
昨日読んだ本
なんというか凄い本である。
筆者がこれほどまでに被差別部落出身であることを活かし、それを前面に押し出している本はこれまで無かったのではないだろうか?
神行はあまり気にならない性質だが、人によっては食前には読まない方が良いかもしれない。
                           100点中80点
上原 善広
被差別の食卓

昨日読んだ本

サークルでクトゥルフネタ関連で名前が出たので、読んでみた。

面白い、これは番外編らしいがこの世界観ならば原作ゲームもやってみたいと思った。

難を言えば、あまりにもクトゥルフっぽくないことが難点だが全くの別物と考えればあまり気にもならない。

                              100点中90点

鋼屋 ジン, 古橋 秀之
斬魔大聖デモンベイン―機神胎動

ドラマ「電車男」

テーマ:

最近ドラマの電車男を見ているのだが、つまらないとは言わないが見ていて気持ち悪くなる時がある。

特に主人公やその友人がおたくである事を強調するシーンには嫌悪感を覚える。

今時あんな傍から見てぱっとおたくであることが分かる人間などそうはいない。

もちろんあれはドラマとしての記号化の結果なのだろうが、おたくの中でもマニアックな世界に住んでいるとはいえおたくの一人として気分が悪い。

しかし、ドラマとしての作りは丁寧なのでその点は大いに評価したい。