電波男

テーマ:
今日は少し立ち読みしただけなのでブログとして書こう。
はっきり言うと、面白い所とそうでないところの違いが大きい。
しかし、世間一般の分類ではおたくに入る人間としては共感できるところも多かった。
でも、神行は3次元にちゃんと興味がありますよ(笑い)
続きは買って読もうかなと思う。
著者: 本田 透
タイトル: 電波男
AD
読んだのにずっと忘れていた。
連載をまとめた物なので目新しさは無いが、大幅に加筆修正されていた。
収録されていたMMORPGの話は微妙なリアリティがあって笑えた。
                                100点中85点
賀東 招二
フルメタル・パニック! 悩んでられない八方塞がり?
AD

中国語と漢字

テーマ:

本日、中国語入力ソフトと異字体などのフォントに対応した無料ソフトをダウンロードした。

実は神行は辞書と漢字が大好きなので、こういう行為は楽しい。

ただ、フォントをダウンロードする時には、なぜか33のファイルを一つずつダウンロードすることになっていたのが面倒だった。

どうせ全てダウンロードしなければ使えないのだから、一括ダウンロードに変えて欲しい。


関係ないことだが、ついでに言うと顎関節症が痛くてたまらない。

AD
新装版を買ったので久しぶりに読んでみた。
8巻と比べると変わってしまった設定が多いということに気がついた。
それでもパワーは恐ろしくあるし、田中魔王が死を覚悟して突撃を行うシーンでは通学の電車の中であるにもかかわらず、泣きそうになってしまった。
氏のこれからの作品にも期待したい。

                            100点中80点

著者: 豪屋 大介, 玲衣
タイトル: 新装版A君(17)の戦争1 まもるべきもの

宗教学の参考書として購入

神はいるか、いないかを論理的に証明しようとしている。

神行は変則的な不可知論者(神はいるか、いないかは分からないし、おそらく認識できないがいたら面白いと考えている)なので興味深かった。

やや難解だが、どうにか理解できた。

                       100点中70点

著者: 上枝 美典
タイトル: 「神」という謎―宗教哲学入門

武装錬金が・・・

テーマ:

大好きな漫画、「武装錬金」が打ち切られてしまった。

悲しい、これからいくらでも盛り上がれる漫画だったのに・・・

まぁ、連載当初からジャンプ読者向けでないことが解っていたので覚悟は出来ていたが・・・

悲しいことには変わりない。

次回作に期待しよう。

 

東京観光

テーマ:

昨日はジンガロ以外には、上野の国立博物館でベルリンの至宝展を見学後、精養軒で昼食を摂りました。

その後は予告の通り、秋葉原と神田に行きました。

秋葉原では、探していたA君(17)の戦争の新装版を全巻と、武器と防具中国編を購入

神田では時間が無かったので、掘り出し物は見つからず。

秋葉原にはじめて行った感想は、日曜ということもあってかいわゆるオタクの姿が少ないと感じられた。

それと、某全国展開を行っているアナログゲームチェーンの秋葉原店の品揃えは、日本橋店とさほど変わらないか、小説類でやや勝っているかという印象だった。ただひとつ言えるのが、全体的に中古品の値段が高いということである。日本橋店ではまだR&Rの2,3号はまだプレミアが付いていないが、秋葉原では付いていた、どういう違いだろうか?

ジンガロ報告

テーマ:

昨日はジンガロを観てきた。

素晴らしいとしか言いようがない。

馬も人も恐ろしいまでの演技力だ。特に馬は普通の馬なら動けなくなるような騒音やストレスの中動き回り。

中には、他の馬に演技の指示をする馬までいた。

今回の演目はチベット仏教の儀式を参考にした、ルンタ(風の馬)という演目だったが、これ以外の演目も観たくなった。

5月3日までやっているので、見ていない人は見に行くことをお勧めする。

                              100点満点(初)