2016-03-08 06:56:03

「世界に通用する日本人の育成」を!!

テーマ:PR

ブログ読者の皆様、こんにちは!

株式会社新規開拓 スタッフの本吉善弘です。

この度、私共の大切なお客様である、
株式会社イーオンの代表取締役社長 三宅 義和様より
朝倉に書籍をお送り頂きましたのでご紹介させて頂きます。


 

『プレジデントオンライン』好評連載を単行本化 ! 

イーオンの三宅義和社長が各界一流のパートナーと英語を語り合う
『日本の英語教育が変わる日』

「英語が重要と誰もが認識しながら、何を目標にどのような学習が望ましい
かについて語られた書物が、今まであまり見あたりませんでした。
英語は世界中の人たちとコミュニケーションをとるために不可欠なツール。
お互いに認め合い、尊重し合うために言葉はあります」と三宅社長。
今、激変のさなかにある日本の英語教育。企業人、英語ボランティア団体、
前参議院議員、落語家……様々な分野で活躍している人物たちと、
熱い想いで対談した内容を収録しました。


本書の一部をご紹介させて頂きます。

「コミュニケーションを深めることを目的に、英語力により磨きをかけたいと
思うのは当然のことです。」

(実は私もそう思って海外に飛び出したことがありました)

「しかし、英語によるコミュニケーションは学校のテスト勉強ではありません。
教科として英語を学んできた日本人は、間違えることを極端に恐れる傾向
があります。」

「ですが、母国語でさえ間違えることはありますし、拙いからといって意思
疎通ができないということはありません。」

「街を歩いていて、突然、外国人観光客と思われる方から、たどたどしい
日本語で道を尋ねられても、おそらく笑う日本人はごく少数派だと思います。」

「むしろ、日本語で語りかける一生懸命さに好感を持ち、親切に、英語や
ジェスチャーまじりで対応すると思います。」

「私(三宅社長)は、そこに、温かい交流があると考えます。それなのに学校で、
会社で、ちょっと発音が変だとか、そんな言い回しはしないとか、
同じ日本人の英語には厳しく指摘をする。
おそらく日本人の英語を笑うのは日本人だけです。」

「本書をお読みいただき、英語の重要性が高まるほどに、「何のために英語を
学ぶのか」を一考いただく機会となりましたら嬉しく思います。」


書籍の冒頭を読んで、まさにそうだなと深く頷きながら読ませて頂きました。

実はこの私も、世界の方々とコミュニケーションをととりたくて、その手段に
英語を選び、どうせ学ぶならその世界にどっぷりつかってしまおうと海外留学
をしたことがあります。

小学生では英語塾で、そして中学校、高校、大学と英語は勉強してきては
いましたが、お恥ずかしながら英会話となると聞き取ることも、話すことも
まったくといっていいほどでした。

ですが、現地に3カ月もいるとようやく耳も慣れてくるのか少しずつ聞き取りや
会話も出来るようになってきました。

ですが、
やはり日本人の前で話すことを少し恥ずかしく感じていた時期もありました。

そんな留学期間中、

あるアメリカ人の友人と話している時に、「ごめん、英語が上手じゃないんだ」
なんてニュアンスのことを言うと、彼はすかさずこう返してくれました。

「何を言ってるんだよ、気にするなよ!十分、素晴らしい英語だよ」

「アメリカなんて移民の国だろ、上手な英語を話せる人なんて、
実はそう多くないんだよ!意外とみんな間違った英語ばかりだよ」
と言ってくれたんです。

三宅社長の書籍の冒頭に書かれている外国人観光客のお話しを読んで、
そっか!と思いました。

「何のために英語を学ぶのか」、皆様それぞれに様々な目的や思いがある
と思いますが、本書を読んで、「英語を学びたい!」と思って頂ける方々が
益々増えることを私も心より願っております。


英会話イーオンは、「世界に通用する日本人の育成」をミッションとして、
43年間という長きにわたり日本の英語指導をリードして下さっている会社様
です。

近年の外国人観光客の急増や2020年の東京オリンピック・パラリンピック
を前に、「英語を話せるようになりたい!」、「自身の英語力に磨きをかけたい」
と考えていらっしゃる方も多いかと思いますが、

その際には、ぜひお近くの
「英会話イーオン」に足をお運びくださいませ!
http://www.aeonet.co.jp/ 


三宅社長様、この度も本書をお送り頂きましてありがとうございます。
この場をお借りして御礼申し上げます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

朝倉千恵子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

メールマガジン

姓 ※(例)日本
名 ※(例)太郎
メールアドレス ※
(例)nihon@example.co.jp

Chieko Asakura

バナーを作成

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み