花の総務部がゆく!

京都にある『新経営サービス清水税理士法人』の総務部スタッフが
社内で巻き起こる出来事(ほとんどどうでもいい話)をご紹介しています。


テーマ:

当社が定期的に発行している

女性向け季刊誌『はんなり通信』 発行の季節が近づいてきたある日



「なんかおもしろい企画考えてくださいよー。」


と、田中マネージャーが言うので



総務M 「わが社のイケメンくんキラキラとかやったら、なんぼでも書くでーマッチョ 」




ということで、昼休み・・・。



総務M  「記念すべき1回目のイケメンくん、誰がいい?」



Nさん  「万人受けするのは江原さんですかねー。シュッとしてるし。」←関西のオバチャンの言い方



総務M  「確かに。まーそやけど、もう旬は過ぎてる感じやな。」



Nさん  「そしたら、藤田くんなんかいいんとちゃいます?」



総務M  「そやなー、いいんやけど惜しむらくは、もうちょい背が高ければ。」



秘書室Kさん 「え~?そこがいいような気もしますが。」



Nさん  「私もそんなん思ったことないですわ。」



Kさん  「そしたら、田中社長なんかどうです?男前ちゃいます?」



総務M  「20年前の中村雅俊似の頃ならね。」



Nさん  「ほんなら、木下くんちゃいます!?」



みんな  「そうですよ!木下くんですよ!」



総務M 「いやいやみんな。よーく見てごらん。

      木下くんは身長とオシャレな雰囲気に惑わされてるだけであって、顔はフツーやで。」




「え~~!そんなことないですよ!」 ←全員からクレーム 




総務M 「いーや、小栗旬みてみ。

      背高くて、雰囲気かっこいいだけで顔はたいしたことないって。」 ←全国からクレーム




Nさん  「そうかなぁ、木下くん、韓流っぽいから私は好きですけどねー。」



Kさん  「韓流ということなら、イ・ビョンホン似の岩谷くんちゃいます?」



総務M 「そやな、まーちょっと線の細さは否めんけど、フレッシュなところで岩谷くんにキマリやな!」






おことわり


上記会話の一部始終を聞いていた『はんなり通信』発行責任者のY子先生により

この企画はボツとなりました。




なお、総務Mは常々

「福山雅治のどこがかっこいいかわからん。」と発言して



秘書室Tさんに「アンタは女じゃない。」と言われるぐらい

美的感覚がおかしいみたいなので



木下くん、気にしないでください。(気にしてないと思うけど)