花の総務部がゆく!

京都にある『新経営サービス清水税理士法人』の総務部スタッフが
社内で巻き起こる出来事(ほとんどどうでもいい話)をご紹介しています。


テーマ:

ある日の午後。


「今、1階でネズミねずみ見ました~~~~。」

と、言いながら帰ってくる人が続出ガーン




総務Nさん   「きっと、エレベーターの工事してるからやなぁ。」



秘書室Kさん 「ロビーのドアが閉まってるから、外に出れないんでしょうか。」



総務M     「カナンなぁ。誰かに言うて追い払ってもらって。」




ということで

選ばれた安藤さんが、1階まで様子を見に行ってくれました。




という出来事を



その晩、総務Mの娘がお風呂でふざけて、じっとしてないので

注意を引くため話したところ



娘     「ネズミ!?お母さんの会社にネズミいたん!?お母さん見たん!?」 ←興奮




そんなに食いつくと思ってなかったので、今さら見てないとも言えず



総務M  「見た見た。」



娘     「おっきい?」



総務M  「大きかったでー。ネズミだけにネズミ色やねんで。 

       目がギラギラしてて怖かったでー。」  ←調子に乗って話を盛るタイプ



娘     「お母さん、泣いた?」



総務M  「泣いてないけど、逃げた。」



娘     「Nさん泣いてはった?」 ←娘は総務Nさん大好き



総務M  「キャーって言って逃げてはった。」 ←ウソ。Nさんも見てない



娘、腹を抱えて笑う棒人間



総務M  「最後は、安藤さんっていう男の人が、道路に追い出してくれてん。」




実際は安藤さんが見に行った時は、すでに逃げていたんですが・・・。





で、いつものパターンですが

その後延々とこの話をリピートさせられてる時に、夫帰宅。



娘    「お父さーん!今日、お母さんの会社にネズミがいたんやってー!」




何が驚くって


会社にネズミが出るという状況が、かっこ悪いというのが

三歳児ながら、なんとなく分かってるようで


クスクス笑いながら、話してるんですよ!



娘    「男の子が、シッシッてしたら、逃げて行ったんやってー。」 ←安藤さんのこと



夫    「あー、そう。」 ←困惑



娘    「今度、おばあちゃんに言うとくわ。」



夫    「そやなぁ。」



娘    「明日、先生(保育園の)にも言うとくわ。」



総務M 「言わんでよろしいむかっ





それからというもの

夕方保育園に迎えに行くと、毎日のように


「今日、お母さんの会社にネズミいた?」 ←完全にバカにしてる

と、聞かれます。




子供にはめったなこと言ってはダメですね・・・。




ちなみに、もうネズミはおりませんので

当社にご用の皆様は、安心してお越しください。