花の総務部がゆく!

京都にある『新経営サービス清水税理士法人』の総務部スタッフが
社内で巻き起こる出来事(ほとんどどうでもいい話)をご紹介しています。


テーマ:

『トップセミナー2011』まで、あと2週間となりました。



お客様からのお申し込みも順調!当日の段取りもバッチリ!

「もうやることないわ~♪」と、鼻歌を歌ってたら



「なに言ってるんですか!まだまだこれからですよパンチ!

と、Hマネージャーに怒られた総務Mです。




なにかと要求の高いHマネージャーは

会場となるホテルの担当者の方との打合せにも同席。



懇親会でお出しするメニューの内容を1品ずつ確認し


「前後のバランスを考えると、この魚料理はもう少しあっさりめで

なおかつ、旬のエッセンスがギュッと詰まったものに変更してください。」


と、またわけのわからんリクエストをしてました。




メニューにまで口を挟んでくるとは

さすが、出身大学のOB会で終身幹事をまかされてるだけあるなー。


この際、トップセミナー委員も終身でお願いできないでしょうか。





そういえば先日、来期の中期経営計画の骨子が発表され


来年のトップセミナーの委員長には

現委員会メンバーから、木下さんが順当に選ばれていたのですが



同じく副委員長に選ばれた川部さんから

「あたたかく見守るわパー」と言われたそうです。←傍観の姿勢を表明




ちなみに、今年の重岡委員長からも

「来年は高みの見物といくわパー」と、言われておられました。




木下次期委員長、前途多難の予感暗雲