今日は何を飲む?

二人揃ってお酒好き!の夫婦が、行った店や好きなお酒、食べたツマミ等々、
お酒に関係することなら何でも話します~。


テーマ:

0404_鶴梅レモン.JPG

最初にこちらの「すっぱい」を飲んでから、

鶴梅シリーズを色々と試しているのですが、

どれも自分達の好みに合うのか、どれも好きなんですよね。


濃厚で美味しい…梅酒『鶴梅 すっぱい』


ジューシーな旨さの梅酒…『鶴梅 完熟』


そして今回は「れもん」

国産のノーワックス檸檬を使用して、

果汁が60%とのこと。

確かにしっかり檸檬味ですが、程よく甘みもあって

飲みやすいですね。

アルコールを忘れてクイクイと飲んでしまいそう。(笑)

ちなみにアルコールは7%です。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

0326_トマトのお酒.JPG

先日、家に遊びに来てくれた後輩から戴いたお酒。


このお酒、4年位前から発売されているんですね。

実は今回口にするのが初めてでした。(苦笑)

トマトのお酒と書かれているのですが、

実際に開けてみるとどんな感じなのだろう…


口を開けてグラスに注ぐと、トマトの香り。

いや、個人的にはトマトジュースの香りかな。(笑)

味わいはフレッシュさがあり、トマトの風味を感じさせますね。


ロックで、ソーダ割でと試してみましたが、

自分としてはソーダ割の方が美味しく飲めたかな。

ちなみに度数は18度程です。


トマトが好きでこのお酒が未体験な人はお試しあれ。(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

0222_梅酒1.JPG

以前、「鶴梅 すっぱい」 という梅酒を紹介しましたが、

今回の梅酒も同じ和歌山県の平和酒造という蔵元で

造られている梅酒です。

0222_梅酒3.JPG

前回も感じましたが、ラベルも可愛らしさがあって

よいですねぇ。


0222_梅酒2.JPG


こちらを購入した酒販店さんの紹介に

「ネクターや蜂蜜のようなトロトロとした旨さ」という

言葉があるのですが、これがピッタリだなぁと

つくづく感じます。


バランスの良いジューシーな甘さは

飲み飽きせずに気がつけばグラスが2杯、3杯と

進んでいきます。


この記事を書いている今も正にその状態。(笑)



鶴梅 完熟


原材料:南高梅(紀州和歌山産)・日本酒・醸造アルコール・果糖液糖

アルコール分:10%

醸造元:平和酒造(和歌山県)

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

0906_すっぱい1.JPG

実は購入したのが1ヶ月半位前なのですが、

ついここまで口を開けずにいました。(苦笑)


今まで口にしたことがない梅酒だったので、

楽しみにして飲んでみました。


いやぁ、口にすると濃厚な梅の味わいが広がります。

酸っぱさは勿論しっかりとありますが、

酸っぱさだけでなく甘さも同時に感じますし。

バランスが良いですね


0906_すっぱい2.JPG


この写真は瓶に貼ってあるブルーに合わせて、

グラスを変えてみました。


この梅酒、通常の3~4倍の南高梅を使っているとのこと。

そして梅を漬ける日本酒も酸度を高めに設定し、

原酒のままで漬け込まれたようです。


個人的には鳳凰美田の梅酒、三井の寿の梅酒 に次いで

好きな梅酒(日本酒で漬けた)かも。

三井の寿の梅酒(梅美田)の時とは、

タイプが正反対かもしれないけど、今回のもお気に入りです。


ストレートでまずは飲んで、濃厚な梅の味わいを感じて、

その後はロックで冷たくして飲むのがよいかな。

多少氷がとけても水っぽくはならないですよ。



鶴梅 すっぱい


原材料:梅(和歌山産)・日本酒・果糖液糖

アルコール分:11%

醸造元:平和酒造(和歌山県)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

梅美田1


今年の麻布十番納涼祭り にて、はせがわ酒店で購入しました。
出店で販売されていたお酒はどれも美味しいものでしたが、
最終的に二人一致で「梅美田」ということに。


三井の寿美田などの日本酒を造っている井上合名さんが
日本酒で漬け込んだ梅酒を出しているのがこれ。

梅美田2


家に雑賀の梅酒がありましたので、二つを一緒に飲み比べ。
変な例えかも知れないですが、普段口にすることが多いタイプに
近いのが雑賀の方。

(勿論、これも美味しいです)

それに対して、梅美田の方は甘みも甘酸っぱさもややおさえ気味
甘み(旨み)のエキスが濃すぎない感じがします。
個人的にはこの位の甘みの方が、甘過ぎずに旨みが伝わってきて
美味しく感じます。

ロックで飲むか、あるいは冷やしたものをストレート
味わうのがいいと思います。
(出来れば割らずに)

ちなみにこの梅美田、山廃純米の梅酒もあるようです。
飲み比べてみたいですねぇ。

最近、二人でグラスに1杯ずつ飲むのが習慣になりつつあります。
(他のお酒を飲んだ日も)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

是空


ということで、改めて紹介します。


一般的に樫樽長期熟成酒といえば3年貯蔵酒が一般的ですが、
「是空」は、最低4年~14年まで様々な貯蔵年数の樫樽貯蔵と
甕貯蔵の原酒がブレンド
されています。


飲んだ時に正直焼酎ってよりはウイスキーに近いかな?って
感じました。これは同じ蔵で造られています「吾空」
飲んだ時にも感じていましたが、更に強く。


後、ウイスキーでもシングルモルトではなく、
ブレンディッドウイスキーにも通じる感覚があるかなと。


強い癖みたいなものを望む時には違うと思いますが、
長期熟成によるまろやかさ、味の奥深さみたいなものは強く
感じることが出来ます。


夜の食事後にじっくりと飲みたいですね。
ストレート、オンザロック、水割り、どれもお薦めです。



長期熟成麦焼酎 是空


アルコール分:37度
原材料:麦、麦麹



製造元:「喜多屋」



追伸:


基本的に限定販売をしているようなので、あまり頻繁には
見かけないのですが、先日クイーンズ伊勢丹のお酒売り場に
空シリーズ全て揃っているのを見かけました。
クイーンズ伊勢丹全店にあるかはわかりませんが、
興味を持った方は覗いてみてください。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

20050417_2103_0000.jpg

先日、芋焼酎のお気に入りを一つ紹介しましたが、
引き続き家にある焼酎から紹介をしたいと思います。

…とは言ってもこの名前はご存じの方も多いかと思います。
麦焼酎人気ランキングって類のものがあれば、
必ず上位に来る焼酎ですね。

この焼酎の特徴は、麦の香ばしさが際立っていることでしょうか。
口にする前、そして飲んだ後もしっかりと香りが感じられて、

この香ばしさが他の焼酎にない特徴になっていますね。

香ばしい麦の香りと深みある味、これが兼八を表していると
思います。
麦焼酎として、最初に凄く美味しいと感じた焼酎かもしれません。


個人的には、兼八の原酒(42度)も大好きです。


麦焼酎  焼酎屋 兼八

原材料:はだか麦・はだか麦麹
アルコール度数:25度

製造元:四ツ谷酒造
http://www.shochuya.com/



追記:
「はだか麦」は大麦の一種ですが、
モミ殻が無いので「はだか麦」と呼ばれています。
特性として、
でんぷん質等が通常の大麦よりも相当分高く、
もろみ自体の濃度が濃く、芳醇なもろみの仕上がりになる、
とのことです。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

20050414_2319_0001.jpg


初めて「これは美味しい」と思って買った焼酎です。

出会ったのは、近所の焼鳥屋さん。2年位前だったと思います。
当時、他のお店で見掛けたことのない焼酎だったので、
迷わず注文したのですが、これが自分達夫婦にとってビンゴ!

この焼酎を造っているのは、九州宮崎の渡邊酒造場です。
ここでは白麹と黒麹両方で芋焼酎を造っていて、
「白麹萬年」「黒麹萬年」として出荷されています。
黒麹の方が若干荒々しいのと、香ばしさが強いです。
人気は黒麹の方が高いようですが、
自分の好みとしては白麹の方です。

口当たりそのものは優しいと思いますが、舌触りや喉を通る時に
辛さを感じるのが特徴かもしれないです。

この焼酎、お湯割りにするとまた美味しくなります。
香りが引き立つのもあるし、芋の甘みがより伝わってくる
感じがします。最近はお湯割りで飲む方が多いです。

#実際、
#「お湯割で飲んでもおいしい焼酎を造っていきたい」と
#渡邊酒造の4代目も言ってるようです。

今ではすっかり人気焼酎の一つに数えられているようですが、
自分にとってはその後飲む焼酎の基準みたいなものに
なった気がします。

(その後は色々と買っていますね。(笑))



芋焼酎 白麹萬年


原材料      :甘藷・米麹
アルコール度数:25度

製造元      :渡邊酒造場

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日の続きです。
こちらは麦焼酎です。

このお酒、飲んだことがなくても語呂としては耳にしたことが
あるかもしれませんね。「JAL悟空」って言葉で。
(正確には漢字が違いますが…)
JALの海外正規割引航空券とかで使われますよね。

実際にこの焼酎はJALのエグゼクティブクラスに置いてあります。
このお酒を造っている「喜多屋」 によると、
JALから依頼があって、
機内用に50mlのボトルを用意したとのこと。
「空シリーズ」と銘打って熟成焼酎を販売している喜多屋と、
JAL悟空を行っているJALとの、ネーミングの妙ってところで
しょうか。

吾空は、先日仲の良い友人が贈ってくれました。
この友人は基本的にはビール党なのですが、最近は家飲みで
焼酎を飲んでいるとのことで、気に入っている焼酎として
前からこの吾空の話をしていました。
それにしても、なかなか手に入りにくいであろう焼酎を
送ってもらってありがたいです。ありがとうございます。
この焼酎、限定流通販売をしているとのことで、
どこにでも売ってるわけじゃないようです。


この日遊びに来ていた知り合いは、吾空のボトルを見た瞬間に
「あっ、こんな色の焼酎あるの?」と言いました。
そう、この焼酎は蒸留した透明度の高い焼酎の色をしていません。
ほんのり琥珀色をしています。

実は、樫樽にて4年熟成させた長期貯蔵の焼酎とのことで、
なるほどこのような色合いになるのも納得です。
味もまろやかで伸びがあり、のど越しもスッとしてます。
麦の香ばしさもストレートにガツンと伝わるよりは、
柔らかい感じで伝わってきますね。


既に想像がつく方もいるかと思いますが、
この吾空、味わいが一般的な麦焼酎というよりは
ウイスキーに近いと思います。

例えるなら、スコッチのアルコール度を下げて更にまろやかで
飲みやすい感じと言えばいいのかな。
「えっ、それって個性が取れたみたいで魅力ないな」って
思う方もいるかもしれないですが、決してそんなことはなく、
むしろ毎日食後にグラスを傾けても飽きずに飲めるタイプの
お酒だと思います。


ストレートやロックで美味しく飲めますし、
1対1の水割りでもいい感じになると思います。

先程も触れましたが、喜多屋では、「空シリーズ」と銘打っている
以下の4種類の「空」が含まれる焼酎があります。
「吾空」「是空」「皆空」「尽空」です。
それぞれ特徴が違っていて面白そうなので、
飲み比べる機会があればやってみたいと思っています。


麦焼酎 吾空

アルコール分:25度
原材料:麦、麦麹

製造元:「喜多屋」
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年の9月に沖縄旅行に行きました。
リゾートホテルでノンビリと過ごしていたので、那覇に出たのは
最終日の午後だけだったのですが、やはり沖縄に来ているのだから
美味しい沖縄料理をツマミに、美味しい泡盛を飲もうってことで
(泡盛土産も)飛行機に乗る前に国際通りに出向きました。

まず、お土産で買う泡盛の情報取得を兼ねて、午後3時から
やっている泡盛専門バー『あむりえ蔵部』に入りました。
ここは店内にある全ての泡盛をグラスで飲むことが可能です。
値段的にはそんなにお手頃とは言えないですが、
幅広く色々な種類が飲めるのがよいところでしょうか?

教わったうち、お土産で買った一本がこれです。




『濁』
使用原料米:タイ産インディア米
使用黒麹菌:石川種麹
使用酵母菌:泡盛101酵母
濾過方法:保安濾過2回
アルコール度数:35度
製造者:崎元酒造所


これは60度の泡盛「花酒(はなさき)」の初留(蒸留始めの最も濃縮した
風味のある部分)のみを取り出して加水、アルコール度数を落とした

ものです。

いわゆる古酒ではないのですが、なかなかどうして古酒に
負けていないと思います。
飲みやすいけど、甘味とコクもちゃんと感じられます。

ちなみに、酒造から許可を得た全国30店舗のみ限定で販売
されているとのことです。

知り合いに渡すのとは別にもう一本自分達用に買いました。




『古酒家(クースヤ)』久米島の久米仙古酒家オリジナル
10年古酒85%・18年古酒15%
アルコール度数:35度
製造者:久米島の久米仙

ここの泡盛は有名ですが、このお酒そのものは
お土産屋さんが甕ごと蔵から買い取っているとのことで、
恐らくここ以外では飲めないと思うと言ってました。
実際に地下倉庫に甕があって、そこから壜詰にしているのですが、
その亀から直接すくって試飲させてもらった時は、
「こんな美味しい泡盛は初めてかも」と思った位の味でした。
甘さはやや控えめで、コクやまろやかさがバランスよくて。
…と、帰ってから改めて飲んでみると感じましたが、現地で飲んだ時は
とにかく「これ旨い!」って状態でした。(笑)

土産屋さん:古酒家

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。