母娘の境界線に気づくには?

テーマ:

 

母娘関係改善カウンセラーの横山真香です。

 

母娘問題のカウンセリングでよく聞かれるのが「境界線」という言葉です。母と娘の間に境界線を引く。そして、お互いの間に支配や依存といった傾向があることに気づき、バランスのとれた心地よいものに変えていく、というのが理想かもしれません。

 

でも、この境界線はとても抽象的なものです。カウンセラーの側でもつい、母親(あるいは娘)との間に境界線をひいて入って来られたらそれに「NO」と言う、などアドバイスのつもりで言ってしまいがちです。

 

しかし、クライアントの方からすれば、「境界線って何?」とまずそこから疑問に思われる方もおられるでしょう。

 

まさか、母親と娘の足元に綱引きのように一本、ひもを置いてみることなどできません。

 

けれども、境界線の存在を感じることはできるのです。

 

たとえば、母親から何か頼まれたとき、娘が別段嫌な気もせず、引き受ける。

 

けれども、毎回、母親から頼み事をされるたび、何かわからない嫌な気持ちが生じている。それでも断れないのは、親に向かってそんなことをしてはいけない、といった思いがあるかもしれません。

 

または断ったら、母親に何か言われる、されるといった怖い気持ちがあるのかも。

 

いずれにせよ、そこには母親に対するマイナスの気持ち、感情が存在していることは確かです。

 

この母と娘の関係を客観的に眺めてみると、そこには境界線が存在していて、断れない娘の領域に、明らかに母親が入ってきてしまっているのです。

 

こうしてみると、母親との(あるいは娘との)日常生活において、何かやり取りがあった時、それについて自分がどう感じたか、または相手がどう感じているのか、これは想像になりますが、そこをチェックすることが大事なのです。

 

これって娘の問題に母である自分が立ち入りすぎていないか。または必要以上に母親に助言を求めていないか。本当なら自分で解決できる問題なのに。とセルフチェックをすることで、お互いの関係性のバランスが取れるようになります。

 

「ちょっと入り込み過ぎたら一歩引く」これをつねに心がけることで、目に見えなかった境界線の存在が意識できるようになるのです。

 

母娘の境界線がわかるようになると、今度は他人との関係においても、いつもこちらが遠慮ばかりしている、あるいはその人に頼ってばかりいるといったことがわかるようになります。

 

心の境界線をつねに意識してみてくださいね。

 

母娘関係改善カウンセラー 横山真香 横浜元町&東京広尾ルーム

「母娘問題 カウンセリング 真香」で検索、私のhpにアクセスできます。

 

 

 

 

 

 

 

AD

 

母娘関係改善カウンセラーの横山真香です。

 

先週11月11日土曜日、横浜市のアートフォーラムあざみ野で

「嫌と言える人になるためのワークショップ」開催いたしました。

お忙しい中ご参加頂きました皆様、心から感謝いたします。

 

日常生活の中でなかなか「嫌」と言えない、断ることができない、ついつい引き受けてしまい後で後悔するも負担が増える、同じような悩みを抱えている人は多いと思います。

 

カウンセリングの現場でも、お話しを伺っているときに、こういったケースはよくあるのです。

 

母娘の間で、職場で、友人知人の間で、「嫌」とは言えない性格。

 

こうした状況が続くと、本人にとっては相当な心の負担となります。また、そのひずみからさらに弱い人へしわ寄せや、苛立ちの矛先が向かったりと、このテーマは決して見過ごす事のできないものだとつねづね感じていました。

 

そこで、ロールプレイという手法を使い、実際にケースを再現し登場人物になってもらって、自身の気持ちや相手の心理状態を理解するといったワークショップを今までにも何回か企画してきました。

 

今回は、まず参加者の緊張をとくために、シンデレラのロールプレイをしました。シンデレラは本当はお城のパーティに行きたい。けれども、義母から次から次と命令され、なかなか言い出せない。そんな設定です。

 

ロールプレイをすると、不思議な事に、自分よりも相手の気持ちや心情が見えてきます。参加者の方にとっては、前に出て来て行うので、恥ずかしい、緊張するといった思いはあるでしょう。それは当然なのですが、ぜひ自分が相手役を演じることで体感、実感して頂きたいのです。

 

言葉では言い表せないけれど、「腑に落ちる」、ああ、そうなのね。ということが理解できるのです。それを今回の参加者の方も感想で書いて下さいました。

 

というのは、ロールプレイでは、断れない自分ではなく、相手方を担当してもらいます。そこで、実際に演じて頂くと、「相手は自分をこうやって見ているんだ」ということがわかってきます。

 

そうすると、自分は断ったら相手に嫌われるとか、相手が怒るとばかり思っていたのが、案外、他の考え方や捉え方もあると思えるようになります。

さらに、「嫌」と言ってもいい自分にOKが出せるようになります。

 

もちろん、すぐに人が変わるわけではありません。今まで数十年人生やってきてずっと嫌と言えなかったのに、ある時、突然言えるようになるわけではないのです。

 

しかし、嫌と言ったときの相手の気持ち、心理を様々に想像していくうちに、自分が思い込んでいた、「相手から嫌われる」「仕返しされる」といった考えにもっと幅広いバリエーションができてくるのです。

 

そうなると、「嫌」と言ってもいいのではないか、といった気持ちの余裕が出てきます。

 

最終的には自分は「断ってもいい」と思えるように。「自分なんか嫌と言える資格なんかないのだ」ではなく、「嫌」と言っていい。

 

その意識をロールプレイを通して認識して頂きたいのです。

 

相手から見た自分は、おどおどしていて、「この人はどうせ断れないだろう」と見られている。

そのように見られると、毎回、相手は強気に出てくるでしょう。

 

相手の、自分への見方を変えるには、自分自身の意識、態度を変える必要があるのです。

 

そのために、ロールプレイは、頭で理解するより身体で実感することができるツールなのです。

 

私は、ロールプレイを取り入れたワークショップを重ねる程に、参加者の方達の感想を伺い、このプログラムの効果を確信するようになりました。

もちろん、つねに改良し、練り直すことはしていますが、今後、さらにこのワークショップを広げていきたいと思っています。

 

もし興味のある方、ワークショップの企画ご担当者、お声をかけて頂ければ、どこへでも出張いたします。

 

お問い合わせは私のホームページからどうぞ。

 

「母娘関係改善カウンセラー 横山真香」 で検索してみてくださね。

 

 横浜元町&東京広尾回ルーム

 

 

AD

母娘関係改善カウンセラーの横山真香です。

 

先週28日土曜日、渋谷ウィメンズにて「相手の反応をいつも気にしすぎていませんか? 人間関係がスムーズになるコミュニケーション上達法」を開催いたしました。

 

お天気が悪い中、またお忙しい中、お越しくださった参加者の皆様、心からお礼申し上げます。

 

私は母娘問題に特化したカウンセリングを行っていますが、子供の頃から母親の表情、また大人になっても相手の反応を気にしすぎてしまい、なかなか自分の意見が言えないというケースをよく伺います。

 

そういった方達のお悩みを伺っているうちに、そもそも相手が母親だから、相手が上司だから、相手が強気な知人だから、という事情もありますが、ご本人自身が「自分は相手に対して言えない」と強く思っていらっしゃる傾向があることに気づいていました。

 

今回、言えない自分ってどんな人? というそこからまず客観的にご覧になって頂き、では相手はどのような気持ちでいるのだろうか、そういった点も参加者の方達、さまざまな角度からあげて頂きました。

 

そして、自分だけでなく、ほかの方の視点、見方を感じ取っていただくことができました。

 

今回の講座では、初めてレジリエンスの栄田ちはるさんとコラボで講座を開く事ができたのも、私にとってとてもとても幸運なことでした。

 

来月は横浜市フォーラムあざみ野にて「嫌と言える人になるためのワークショップ」を開催いたします。

 

こちらもロールプレイなどを盛り込みながら、なぜ相手に対して嫌と言えないのだろうと自分を振り返って頂くことを体感して頂きます。

 

お申込み現在も受け付けております。お時間のある方はぜひお越しくださいませ。

 

開催日 11月11日土曜日

時間   14時~16時

場所 横浜アートフォーラムあざみ野 セミナールーム1・2 2階

参加費500円

講師 横山真香

 

お申込みは私のホームページ、または直接お電話で受け付けております。

「真香 母娘関係改善カウンセリング」で検索してみてくださいね。

 

 

AD