心の扉を開けて

好きなものは手相、神社、スピリチュアル、そして小説創作! 放置状態だったけど復活。

ようこそ。廿日草(はつかぐさ)がパワースポット、スピリチュアルについてお話していきます。小説創作もボチボチやってます。


勝手ながら明らかに宣伝目的のコメはスルーしています。


追記;2015年8月ブログ名を「心の扉を開けて」に変更。


うちのお奨め記事は「幸せになりたければテレビを見るな」です。ニュースは心にネガティブ思考の種をまくので見ません。


すみません。アメブロの機能をよく把握していないので、返信等が遅れる場合があります。

現在web公開中の自作小説は……(古いものから順に)


一緒に暮らそう
」(完結) 203P 一流大学卒のエリート理系君と高卒のワケあり彼女の、年の差&格差ラブストーリー。作品情報はこちら


スノーフレークス」(完結) 83P 都会からやってきた転校生が遭遇する不思議な出来事。雪んこファンタジー 作品情報はこちら


ロング・ディスタンス」(完結) 283P 20代後半OLの不倫と友情の物語。作品情報はこちら


叶わぬ恋の叶え方
」(完結) 121P 二十代後半の工員咲子は入院先で年上の医師坂井に出会う。二人の境遇の違いを考えれば、恋になんか発展するはずのない関係なのだが……。


その男、傲岸不遜につき 」(連載中) 女子大学を卒業したばかりの絵梨香と不動産投資会社の若きイケメン経営者、礼の契約関係から始まる恋。某フィフティシェイズ・オブグレイのファンフィクです。作品情報はこちら


テーマ:

「悟り」をテーマにした本です。

 

「悟り」というと、修行を積んだ僧侶とか行者しか行きつかない境地だと思っていたけど、著者によるとどうもその限りではないようです。アセンションの本も説いているけど、普通の人がその境地に至ることがあるそうです。

 

この本がまた、2CHの「引き寄せ」カテに現れたマスターたちと同じことを言っているもんだから驚きました。「悟り」と「引き寄せ」って共通項があったんだって。

 

中野氏の言ってることはエックハルト・トールと共通しています。ご本人もこの本でトールの言葉を引用しています。それから、引き寄せ界のマスター、108さんが「ザ・チケット」で説いていることと共通してます。

 

トールの本も読みました。「ザ・チケット」も買って二回は読んだけど、腑に落ちなかったな~~~。賛成できないというよりも理解が至っていないんだと思います。

 

「引き寄せ」の流派には大きく二種類があって、一つはエイブラハム・ヒックスや奥平亜美衣が提唱するように、良い思考を選択することを心掛けて、気分も運命も少しずつポジティブ世界にスライドさせていく方法です。これは理屈としては腑に落ちるんですよ。

 

もう一方は、上記で挙げた108さんのように悟りによって一瞬で、「本来の私の世界」に行くことです。認識を一気に変えてしまうことです。これは私は聞くからに難しそうだなと思うわけです。

 

中野氏が説く「非二元論(ワンネス)」も、「ザ・チケット」で読みました。「自=他、他=自」なので、他人の悪口を言うことは自分を傷つけることになるとのこと。全ては一つでつながってるんです。

 

あと、引き寄せカテに彗星のごとく出現した自己観察や自愛とも同じことを言っていました。

 

自己が今現在感じている感情を、逐一客観的に認識すれば、雑念を取り払える境地につながってくるというのが「自己観察」です。また、自分のありのままの様を受け入れることを「自愛」とスピ界では言います。

 

私は「引き寄せ」関連のブログや本を読み漁りました。結局、どのメソッドもかじるはいいけど面倒くさくなってやめました。(;^_^A これっていわゆる引き寄せ難民なのかなぁ?

 

今は引き寄せよりも悟りの方に惹かれています。だって、いくら引き寄せで大金や豪邸を引き寄せても、心が常に渇望していたら、さらにもっと欲しくなるでしょう。

 

それよりも心が平安な方が、乱されない分幸せだと言えます。願望実現より心の平穏を求めているので、今はメソッドではなく瞑想を実践しています。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

遅まきながら熊野詣での最終回をアップします。参拝したのは先月の上旬です。

 

前日は十津川村の宿に泊まりました。

夕食はこんな感じ。川魚の刺身やお豆腐が出てきました。天然温泉のお風呂が気持ち良かったです。

 

翌朝はいざ、熊野本宮大社へGO!

 

桜井識子さんのアドバイスでは、大社前の駐車場に車と停めて、市バスで発心門王子に行きます。そこは古道と呼ばれる参詣道の中継地点なのですが、そこから大社を目指して一時間半ほど歩きます。歩きながら神様に祈願すると良いということです。周りに人がいなかったので、私は声に出して神様に語りかけました。

 

途中にこんなかわいい木彫りのコーナーもありました。

 

本宮大社に着きました。さすがにここは世界遺産だけあって、平日でも参拝客が大勢いました。

 

ここにお参りした後、大斎原という神社の跡地に行きました。

 

 

小雨がポツリポツリと降っていました。

先月は天気が崩れがちでした。全ての目的地を見終わった後、雨脚が強くなりました。

レンタカーで移動中は視界も悪くなるほどのザーザーぶり。見終わった後で良かったです。

 

ところで、自作小説「その男、傲岸不遜につき」ですが、更新が滞ってます。今週末は無理かも~~。m(_ _ )m 今月は休日出勤とかあったし。今度の祝日を目指します。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

洋楽の方が好きな私ですけど、日本のアーチストでも宇多田は好きなんです。彼女は別格。

 

彼女が10代の頃に大々的にデビューした頃はそんなに関心がなかったけど、後から彼女の良さがわかってきました。アメリカ進出でこけたアルバム"Exodus"も好きです。You Tubeに海外のリスナーのコメントがあるけど、「最も過小評価されているアルバムだ」なんて書き込まれていて、私も同感です。欧米市場ではアイコンとしての東洋人は売れないから、向こうのシンガーをプロデュースすればいいんじゃないかなって思ってる。

 

「花束を君に」は、ご存知朝の連ドラの主題歌です。これはメロディーもいいけど、歌詞もいいんです。特に次の一節。

 

「毎日の人知れぬ苦労や苦しみもなく

ただ楽しいことばかりだったら

愛なんて知らずに済んだのかな」

 

巷には宇多田は悟ってるなんて言う人がいるけど、私はこの歌詞を聞いてハッとしました。確かに悟ってますねえ。

 

この考えはまさに、引き寄せの法則のエイブラハム・ヒックスらが説いていることですよ。

 

愛を知るためにはその逆の経験(悲しいこと、辛いこと)をしないとわからない。豊かさのありがたみを知るためにはその逆の経験(貧しさ)を体感しないといけない。マイナスな経験をすることで人は自分が何を望んでいるのかわかるのだと、彼は言っています。

 

10代の頃と違って、色々な経験をしてきて、出産も経験した今だからこそ書ける歌があるんでしょう。

 

 

FantômeFantôme
3,240円
Amazon

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。