心の扉を開けて

好きなものは手相、神社、スピリチュアル、そして小説創作! 放置状態だったけど復活。

ようこそ。廿日草(はつかぐさ)がパワースポット、スピリチュアルについてお話していきます。小説創作もボチボチやってます。


勝手ながら明らかに宣伝目的のコメはスルーしています。


追記;2015年8月ブログ名を「心の扉を開けて」に変更。


うちのお奨め記事は「幸せになりたければテレビを見るな」です。ニュースは心にネガティブ思考の種をまくので見ません。


すみません。アメブロの機能をよく把握していないので、返信等が遅れる場合があります。

現在web公開中の自作小説は……(古いものから順に)


一緒に暮らそう
」(完結) 203P 一流大学卒のエリート理系君と高卒のワケあり彼女の、年の差&格差ラブストーリー。作品情報はこちら


スノーフレークス」(完結) 83P 都会からやってきた転校生が遭遇する不思議な出来事。雪んこファンタジー 作品情報はこちら


ロング・ディスタンス」(完結) 283P 20代後半OLの不倫と友情の物語。作品情報はこちら


叶わぬ恋の叶え方
」(完結) 121P 二十代後半の工員咲子は入院先で年上の医師坂井に出会う。二人の境遇の違いを考えれば、恋になんか発展するはずのない関係なのだが……。


その男、傲岸不遜につき 」(連載中) 女子大学を卒業したばかりの絵梨香と不動産投資会社の若きイケメン経営者、礼の契約関係から始まる恋。某フィフティシェイズ・オブグレイのファンフィクです。作品情報はこちら


テーマ:

自作の小説「その男、傲岸不遜につき」の10章を更新しました。

 

人気の海外ロマンス小説「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」のファンフィクションです。

 

今回は吉永の同級生の佳歩が主人公にちょっかいを出しにきます。

 

この佳歩さん、相当なビッチです。おっと言葉が汚くて失礼。

 

リンクはこちら

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自作の小説「その男、傲岸不遜につき」の9章を、いつもお世話になっているベリーズカフェさんにアップしました。このサイト、本当編集しやすくて便利です。

 

リンクはこちら

 

いつも言ってるけど、この小説はELジェイムズ作の「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」好きで始めた二次創作です。二次創作って標ぼうしていいのかどうかわからないので、ベリーズさんの方には書いてないけど。(^^ゞ

 

「フィフティ」を知らない人にはわからないけど、キャラクターの解説はこんな感じです。

 

絵梨香: アナ

吉永: クリスチャン

有紗: ケイト

晴人: ホセ

パパ: レイ

佳歩: エレナ

マドモアゼルA: 内なる女神

マドモアゼルB: 潜在意識

 

今回は南関東在住者ならおなじみのあの場所が出てきます。あそこは確かに雰囲気いいですよね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

熊野速玉大社を後にした後、和歌山県新宮市から一路県境を越えて奈良県十津川村に向かいました。

 

十津川村は関西の秘境とも言うべき山あいの村で、私が目指していたのは玉置神社でした。この神社は熊野三社の一つではないけど、とてもパワーのある神社なので行きました。スピリチュアル文筆家の桜井識子さんもお勧めしている場所です。

 

この神社は不思議な社で、神様に呼ばれていない者は参拝できないと言われている。神様に呼ばれていないと、何か邪魔になるような出来事、例えば天候不良とか用事が入っていけなくなってしまうのです。

そのことは、その日泊まった宿の人にも言われました。実際、その宿に予約した人で「玉置神社に参拝したい」と言っていた人が、何件か土壇場キャンセルをしたという話を聞きました。

 

お店には振られまくるし、車はこすっちゃうし、私もやっぱり神様に呼ばれてないのかな~~と思いつつ。車を奈良県方面に走らせました。

 

県境から玉置神社に至るルートが、私が今まで通った道路の中で怖い道ナンバー1なのでした。\(゜□゜)/ 

色んな意味で怖い。山の中は細い道がくねくね蛇行しているし、車一台しか通れない部分がいくつもありました。「どうか対向車と出会いませんように」と願いながら運しました。

 

途中、恐ろしいトンネルを抜けました。電灯のない真っ暗な狭いトンネルで、中に入ると何も見えません。しかも白い霧が立ち込めてきて、ひえ~~~と思いました。まっすぐな道のようなだからハンドル操作を誤らずにすむけど、こわい。

途中、横からプシューッと水が噴き出している箇所を通って、ぎょえ~~~っと思いました。

異様に長いトンネルでした。お化けが出そうなトンネルでしたよ。後から、宿の人と話していると、「本当に出るトンネルあるんですよね」と言ってました。

 

なんとか、玉置神社のパーキングに着いた時は疲れ切っていました。夏場の三時台だというのに、空は曇り空で山はガスってきました。「やばい。これ、帰れるかな?」と不安になってきました。

 

玉置神社の境内までは、山の中の長い参道を歩いていかねばなりません。林道を歩きながら「ああ、ここに来るのはこれが最後かも。道路が怖すぎる~~」と思っていました。「ああ、どうか無事に今夜の宿までたどり着けますように」と祈念してました。

 

私はこの神社に来るといつも畏敬の念を感じるんですよ(今回二回目でした)。温かく包み込むような雰囲気の神社もあるけど、こちらには威厳を感じます。だから、社殿の写真を撮る気にはなれなくて、参道の写真だけ撮りました。まあ、気分がビビッてたんですけどね。

 

境内がガスってきたので、心細い気持ちで社務所に到着しました。時刻は4時。私は神職の方にご祈祷を受けたいとお願いすると、宮司の方と思しき年配の神職さんを呼んできてくれました。

彼は本来なら祈祷の受付は終わってるけど、今回は特別に時間外で引き受けようと言ってくださいました。「ああ、そうなの。はからってくださるとは遠くからわざわざ来た甲斐があった」と思いました。神職さんありがとうございました。

 

私が受けたのはお祓いでした。祝詞を聞き、シャラシャラとなる鈴の音を聞いていると、確かに邪まな気が離れていくような気がしました。神職さんがおっしゃるには、本当は朝に来るのが一番いいそうです。

 

この神社のお守りは魔除けに絶大な効果があると伺っていました。もちろん、お祓いにも効果があるだろうと期待したので、ご祈祷を受けました。お守りも一つ買いましたよ。

 

霧が立ち込めてきたので、早く帰らないと運転が危ない~と思い、敷地の奥までは行かずに引き返しました。

 

駐車場に戻った時、そこにあるカフェのおじさんに十津川村の集落へ行く道をたずねました。ここでは4時を過ぎたら店じまいの時間でした。私が「霧が出ているから怖いですね」と言うと、彼は笑っていました。毎日通っている彼からしたらどうもないことなのでしょう。

 

私が車を発進させようとすると、おじさんが自分も同じ方角に帰る自分の車の後についてこいと言うではないですか。宿の名前も聞いてくれるので、答えると「ああ、あそこね」と言いました。

 

おじさん曰く、この付近はナビも効かないそうですので(おいおい、なんちゅう秘境なんや)、私はありがたい思いでおじさんのワゴン車の後について山を下りました。彼はなんと、私の宿の前まで先導してくれたんです! おじさんのお家からは離れているはずなのに。なんと親切な!

 

今思えば、このタイミングでおじさんに会ったのって神様の配剤だと思うんですよね。私があまりにも運転をびびっているもんだから、神様は「しゃーないなぁ、もう。こいつに案内役をつけたろか」って思ってくださったんですよ。

 

ああ、私、また玉置神社に参拝しまっせ~~。どんなに山道がワインディングでも、また気張って運転したろやないの!

前述した識子さんも十津川へ向かう道では不思議な体験をしたそうなので、ここを関西のトワイライトゾーンと私は呼んでいます。でも、良いところですよ。

 

アクシデントもあったけど、地元の人の優しさに触れた旅でした。(^O^)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。