HSからの解放!

テーマ:

HSからの解放 ~Before & After

日々の精神状態

BEFORE→ 絶えず目標に追われているので、心が休まらない。

     たとえば、植福目標、伝道目標、書籍買い取り目標、献本目標、動員目標などあらることに各支部の目標があり、熱烈信者ほど、数字に対する責任感が強いので、プレッシャーも半端なものではない。しかもそれは、毎月のことであり、休みがない。

AFTER→ ゆったりとした気分で物事を自分のペースで考えることが出来      る。

      (こころの余裕)

経済状況

BEFORE→ 絶えず金欠状態。支部や精舎の祈願、研修、書籍購入、お布施、すべて金のかかることばかり。そして少しの余裕でもあればそれは執着として切り捨てられる。よって、熱烈信者ほど家庭の経済は破綻している。


AFTER→ 今までHSにつぎ込んでいた分を自分の生活に使えるようになる。

      その分、余裕ができ、余暇ができる。

       (こころの安定)

他の人への見かた

BEFORE→ 人を見る際、相手が神を信じる人か、そうでないか?

         伝道対象者になり得る人か、そうでないか?

          悟りのレベルが高い人か、そうでないか?

霊的な人か、そうでないか?

      すべて、区別(色分け)して見る。そして、それを固定化し、そのイメージを変えることは、よほどでない限りない。


AFTER→ 相手が神を信じていようがいまいが関係なく、この地上で生きている人すべてが一生懸命に生きているのだと実感する。無神論の人の意外な優しさに気づくようになる。

       (慈悲のまなざし)

生活パターン

BEFORE→ 自分の生活のすべてをHSが優先するので、自分の計画が立てづらい。


AFTER→ 自由に計画が立てられる。遊びに行っても支部から怒られない。

      (自由度の拡張)



新聞やニュースの見方


BEFORE→ 大川氏の言うことが正しいと思い込んでいるので、政治・経済・国際問題など、大川氏の個人  的な考え方を模倣するようになり、やがて自分の考えがなくなってくる。自分の考え方をすべて大川氏と同じくすることが信仰心であると勘違いするようになる。


AFTER→ 社会に出ると、物事を自分で考えて、自分で判断しなくてはならないということを初めて知る。

     その分、材料となる情報をしっかり取り込む努力をするようになる。その材料に基づき判断する。

     その結果をみて、少しづつ考え方が向上していく。

      (自己確立)




趣味や嗜好


BEFORE→ 活動が忙しく、趣味にあてる時間がない。それは、天国的、地獄的などと人から言われるのでは?と、本当に自分が好きなものが自分自身もわからなくなる。もし趣味があり、その人間関係ができたとしても、それも、相手が伝道対象者かどうか?という観点で人を見てしまうため、純粋な友情は生まれない。


AFTER→ お金と時間に余裕ができてくるので、趣味をたしなむという心の余裕ができる。HSからの心の縛りがなくなるので、本当に自分が好きなものがわかってくる。自分の場合は、好きな映画や、音楽のジャンルやアーティストが増えました。いや、増え続けています。今まで抑圧されていたものが堰を切るように心から喜びを伴う解放感が出てきました。

    (人生が楽しい)



幸福感

BEFORE→ 自分は幸福である。なぜならほかの人は真理を知らない。わたしは知っている。ゆえに私は幸福である。いやそうである。そうに違いない。絶対幸福である。死後の世界も知っている。死んでからも幸福が待っている。知識として、頭でそう考えていました。

AFTER→ 自分で物事を考えることが出来る幸福。信仰を持っていようが、いまいがこの地上に生きとし生けるものが、その個性のままにけなげに生きている姿が見えてくる。何と愛おしいことか!

世界が素晴らしいものに見えてくる。HSに生きていた頃がこの世の人たちとの間に壁があった気がします。今はそれがありません。世界観が広がりました。

   (真の幸福感の獲得)




私は、23年間、人生の大切なときをHSの中で過ごしてしまいました。


しかも、真剣に学び、活動を必死でやって参りました。だからこそ皆さまに伝えたいのです。


 皆さまの人生は、それぞれ一人ひとりのものです。

一日、一日が非常に大切で輝くべきものであると思います。


騙す人、騙される人、もちろん騙す人が悪いに決まっていますが、一歩踏みとどまって考えていただきたいのです。


もしあなたが騙されているとしたら?まさか自分が騙されるはずがないとお思いになっていることでしょう。


でも、オレオレ詐欺にしても、騙されている本人は、自分が今騙されているのだ、と思っている人はいないのです。


オレオレ詐欺と一緒にするなと言われるでしょうが、でも現にあなたたちは、もうすでに何百万も投資しているのですよ。


その「あの世では救われますよ。」という甘い言葉に。

そしてこれからもあなたは、投資しようとしているのです。


でも気づくのに遅いということはありません。


手遅れということもありません。


では、いつ目覚めるか?


 →「今でしょ!」 (ゴメンなさい!!)


提案があります。


 一度、騙されたと思って、「自分は騙されているのでは?」

と思ってみてください。


そして、冷静にアンチと言われる人があなたたちに必死に投げかけている言葉に耳を傾けてください。


きっと真実の声が聞こえてくるはずです。