高橋大輔☆Stars were always shining bright

大ちゃんのこと、書いてます。
アメンバー申請はピグコミュニティ「大ちゃん部屋」の部員さんのみ受け付けております。




★髙橋大輔選手は2014年10月14日に現役選手を引退いたしました★
関連記事を下記にまとめました。

髙橋大輔選手引退①
http://ameblo.jp/shiningsubaru/entry-11939831413.html

髙橋大輔選手引退②
http://ameblo.jp/shiningsubaru/entry-11939940279.html


◆◇アメンバー申請、読者登録に関するお願い◇◆



アメンバーはピグコミュニティ「大ちゃん部屋」のメンバーさんのみ受け付けております。

マイページやプロフィールに高橋大輔ファンであることが書かれていて、
実際にわたしと会ったことがある方に「大ちゃん部屋」に参加申請をしていただき、
「大ちゃん部屋」の部員さんになった方をアメンバーに承認させていただいております。

読者登録は一度メッセージを送ってください。
メッセージからプロフィールへ飛んで、プロフィールに高橋大輔ファンであることが
書かれている方を承認させていただいております。
プロフィールを確認させていただき、ファンであることが書かれていない方や
営業目的の方は削除させていただきますのでご了承ください。


NEW !
テーマ:
【追加あれこれありまあす!】

高橋大輔ピンクマンボTBSさんから

明日は『高橋大輔さん』にピンスポ!!
7:40頃からです!!お楽しみに♪




高橋大輔ピンクマンボくるみ割りその後の動画












高橋大輔ピンクマンボくるみ割り写真
http://www.cinematoday.jp/gallery/E0006391



高橋大輔ピンクマンボ倉敷のニュース

倉敷市、高橋大輔氏に特別功労章 フィギュアで3大会連続入賞

http://www.sanyonews.jp/article/100450/1/

倉敷市は26日、フィギュアスケート男子のエースとして活躍し、10月に現役引退を表明した同市出身の高橋大輔氏(28)=関大大学院、翠松高出=に「市スポーツ特別功労章」を贈ると発表した。同章はプロ野球東北楽天イーグルス前監督の星野仙一氏(67)に次いで2人目。

伊東香織市長が記者会見で明らかにした。市長は高橋氏について「市民に夢と希望を与え、市の情報発信にも大きな貢献があった。感謝の気持ちを表したい」と述べた。

高橋氏は倉敷市立連島西浦小2年で競技を始め、翠松高1年の2002年に世界ジュニア選手権を初制覇。冬季五輪は06年のトリノ8位、10年のバンクーバー銅メダル、今年2月のソチ6位と3大会連続入賞を果たした。

同市からは、これまでに市民栄誉賞、市長特別賞、スポーツ栄誉章が贈られている。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




おはようございます。


今、めざましでアフレコ大ちゃん観れました~。
めっちゃ恥ずかしがってた!^0^

昨日はネット画面がワイン色の大ちゃんであふれていましたね。


そして、KENJIの部屋を観終えてからもうねむさがMAXでした~。
寝てる間にいろいろアップされていたんですね。

ありがたいです~~~。


こちらはその2も観たいです。





いつもありがとうございます。





数日限定、ありがとうございます。






引退会見後初イベントに緊張 「やっぱり僕にはスケートしか…」

http://mantan-web.jp/2014/11/25/20141125dog00m200034000c.html?mode=pc

プロフィギュアスケーターの高橋大輔さんが25日、東京都内で行われた劇場版人形アニメ「くるみ割り人形」(増田セバスチャン監督、29日公開)の女性限定試写会イベントにサプライズで出演。10月14日に行った引退会見後、初のイベント出演となった高橋さんは「すごく緊張しました」と振り返ると、「僕にはやっぱりスケートしかないのかな……」と本音をもらした。

 高橋さんは、この日がお披露目となった映画の主人公「クララ」のエスコート役としてサプライズ登場。フィギュアスケートでもおなじみのチャイコスキー作「くるみ割り人形」に合わせて華麗な舞も披露し、会場を魅了した。また、同作に声優として出演しているお笑いタレントの藤井隆さんとのアフレコ対決にも挑戦し、高橋さんは、会場からより大きな拍手を集め、見事に勝利を収めた。

 イベント後に取材に応じた高橋さんは「氷上よりもずっと緊張した。陸の上だと恥ずかしい」と照れ笑い。アフレコについても「恥ずかしかった」と振り返ったが、「でもやってみると気持ちよかった。恥ずかしながら気持ちよくやらせていただきました」と笑顔も見せた。

 高橋さんは今後について、結婚など“おめでたい話”は現在「ない」といい「当分はスケート中心に活動していく」と話した。また、28日に開幕するフィギュアスケート「NHK杯」に出場予定の羽生結弦選手については「出場が決まっていたら、体が大丈夫だということ。(出場したら)応援しますし、頑張ってほしい」とエールを送った。









【オリコン】高橋大輔、引退後発売DVDで“金”

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141125-00000338-oric-ent

バンクーバー五輪フィギュアスケート男子銅メダリストで10月に現役を引退した高橋大輔さん(28)の最新DVD『誰も知らない高橋大輔』(11月19日発売)が初週1.0万枚を売り上げ、12/1付オリコン週間総合DVDランキング1位に初登場。自身初のDVD首位を獲得した。

スポーツ関連DVDの総合1位は、同じくフィギュア男子のソチ五輪金メダリスト・羽生結弦選手(19)の『羽生結弦「覚醒の時」』(今年7/28付)に続き2作目となった。

 今作の週間売上枚数は、『高橋大輔 D1SK』(今年2/10付)の7582枚を上回り、自己最高記録を更新。高橋さん関連DVDの過去最高位は、2011年1/17付で『高橋大輔 Plus』が記録した5位だった。

 本作は、今年4月に関西テレビで放送されたドキュメンタリー番組『誰も知らない高橋大輔』に加え、昨年の全日本選手権演技終了後やソチ五輪代表発表前後のインタビューを収録。特典映像として、現役引退発表会見の模様も収められている。




newscomのサイトにしゅう君の写真がいっぱい。^0^

http://www.newscom.com/nc/clearOpenSearch.action?dispOutput


これとかすごく好きでーす。






本当は手袋なしの衣装なんだけど、この日手袋していたのは
ショートの壁ドンのときに手をちょっと切ってしまったからだそうです。








今日も日中の番組をいくつか録画設定して、
仕事がんばって行ってきまーす。






$高橋大輔☆Stars were always shining bright


にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(2)
NEW !
テーマ:
フィギュアスケーターのオアシス♪ KENJIの部屋【髙橋大輔 エピソード4】

http://www.jsports.co.jp/press/article/N2014112513310606.html

振付師の宮本賢二さん(KENJI)が、日本を代表するトップスケーターを毎月1名、ゲストに迎えてお送りする30分のトーク番組「KENJIの部屋」。今月のゲストは、髙橋大輔さんです。第4回の今聞きたい質問!では、髙橋さんに最近の趣味などについて語っていただきました!





プリンスアイスワールド2014東京公演

髙橋:プログラム(I'm kissing you)で一番緊張するのは一番最初です。

――一番最初?なんで?

髙橋:意外にゆっくりじゃないですか。滑りたてで体が若干緊張してるから、後半はけっこう動き慣れてる感じなんですけど。

――まだ体がちょっと固まった状態で柔らかくは動かない感じ?

髙橋:実は意外に。そこがうまくいけたらあとは全然大丈夫と思っていつも滑ってたんだけど、そこで失敗すると最後まで緊張を引きずる(笑)。

――いろいろ今まで振付けさせてもらったんやけど、一番印象に残ってるプログラムは?

髙橋:「バチェラレット」。印象に残ってるというか、好きなプログラム。ああいう曲ってみんなあんまりやってなくないですか。

――みんなやってないね。なんというか気持ち悪いといったら変だけど、ちょっと幻想的な

髙橋:キレイな幻想的なのはけっこうやってたり、中近東っぽいのは多かったんですけど、陰の部分的なのって見たことないから。僕は大好きな世界だし、あれはもう1回今の時点で自分がやったらどういう風に見えるのかな、とか思いますね。

――また違うやろね

髙橋:あの時よりはもうちょっと優雅に大きくできるかもしれない。

――今だからよくできる部分と、今だからちょっとできない部分もあるかもしれないね

髙橋:ありますね。ヒップホップのやつとかあったじゃないですか。あれとか全然できない。ちょっとしなやかになった分、全然追いつかなかったり。バチェラレットも、全然違うと思います。

――昔は氷の上ではちょっと尖ってたやん。だからそれの良い部分が出てた所もあるし、そうじゃない所もあるし。また全然違うやろね

髙橋:そういう場所を与えてもらえれば、1回ガチで練習してやってみたいですね。あれはけっこうダークな感じですね。自分らしいなと。

フリーレッグ

――俺が振り付ける時に一応こだわってるのが、まずスケーティングの美しさ、フリーレッグの使い方の美しさ。ていうのを出そうとはしてる。スローな曲の時は特に

髙橋:フリーレッグは、いつも厳しいなと思って。フリーレッグの使い方厳しいランキングTOP3だった気がする、振付師の中で。

――ちなみに1位は誰?

髙橋:1位はローリーさんです。2位は、最近うるさかったのがニコライでした。昔はそんなことなかったんですよ。だからそれを合わせると先生が2位かもしれないです。

――言ってできるものだから、それは厳しく言うよ。できないものはまた形を変えればいい話だけど

髙橋:KENJI先生がTOP2だと思います。ニコちゃんはコーチって部分も入ってるから。振付けだけでいうと先生は僕の中のTOP2でした。

――ローリーさんも厳しいもんね。あかんかったらずっとやらすもんね

髙橋:一番最初に、バッククロスの時の蹴った足が「なんでそんな汚いの?」って言ったの覚えてます?「汚いっていうかはねるよね」って。それを言われてそこからめっちゃ気にするようになって、今は地味に足ピンッてなる人がめっちゃ気になる。好きな所はよくテレビで言ってるんですけど。遊び心やアイデアがある人っていっぱいいると思うんですけど、その中に遊び心があるというか。

――俺はまじめにやってるで!

髙橋:まじめじゃないから遊び心が入るとかじゃなくて、入れなくていいもの入れる、みたいな。入れなくてもいいんだけど、入れるとちょっと色が出るし、それもわざわざ見せつけてるんじゃなくて、ちょっと入れといたろかな、みたいな。

――確かにそれはちょっとやってるかも

髙橋:そういうのがおもしろいなと思って。


今聞きたい質問!






髙橋:「最近の趣味」ですね。時間もできたので、日曜大工をちょっとしようかなと。そこまで大げさにはやらないけど。

――できひんやん!

髙橋:ごめんなさい、じゃあ日曜大工はウソ。

――ウソついてたん?

髙橋:スプレーとか絵の具とかを買って。

――センスないやん!

髙橋:あるってあるって、今度見せるけど。そういうのを始めようかなと。まだスタートしたてですよ。スプレーで色付けしてとか。

――部屋めっちゃかっこいいもんな

髙橋:そんなことないですよ。今まで買ってた物を、買うんじゃなくて手作り感を出してアレンジしていこうかなと。最近はカーテンの付ける所をホームセンターで買ってきて、スプレーしてかわいく作った。

――え?

髙橋:カーテンのリボンを掛けるやつ。飽きたし変えよかなと思って。

――楽しい?

髙橋:楽しかった。自分で「これええやんええやん、ちょっとビンテージ風」とか言いながら(笑)。

――大ちゃん、良かったな

髙橋:今度は本棚作ろうかなと思って。木と釘とスプレーと絵の具で。

――おお、スプレー好きやな

髙橋:スプレー好きやねん。

――カーテン以外は他に何かやった?

髙橋:やってない、これからです。ベランダに板とか敷いてるんですけど、1枚くらい変えてみようかなと思ったり。

――それはやっぱり、スプレーで?

髙橋:スプレーで(笑)。でもスプレーだと散るから、それは絵の具で。

――荷物は少なくするの?多いんですよ。もうすごいんですよ、家の中が。

髙橋:そんなすごくないです。そんな広くないです、何もないです。

――物がいっぱい

髙橋:寂しかったんですよ。キレイすぎて寂しかったから、いろんな雑貨を置いたら今度掃除が大変で、すごい嫌になってっていうね。


――「今年の秋・冬のスタイルは?」。俺ね、ストールは巻いてたけどこういう秋っぽい色って使ったことなかった。いつも寒色系だから、今年は暖色を入れていきたいなと思って

髙橋:暖色系。今年は暖かい感じですね。

――いつも服のことは相談してるやん。またちょっと買い物付き合って

髙橋:名古屋で行きましたね。

――俺はどんなのが良いと思う?






髙橋:ロンドンスーツみたいな、おしゃれなイギリス系とかをちょっとやってもらいたいな。じゃあ、僕の「女性のタイプ」。

――明子ちゃんの時も聞いたんやけど、どういう方がタイプなのかなと。これだけこだわりの強い細かい男が

髙橋:まあルックスでいうと目がちょっと離れてるか、ちょっと鼻のあたりが"モッ"てなってるか。

――面食いですか?

髙橋:いや面食いじゃないと思います。どっちかというとB専て言われますね。でもその人達に失礼なんですけど(笑)。

――そうやで

髙橋:でも言われるんですもん。俺はBだと思ってないから、めちゃめちゃかわいいと思って。だけど、合コン行ったことないけど、もし合コンで4人中3人がかわいいって言ってる子には絶対に行かない。だから面食いではない気がします。パーツでいうと、一歩まちがえたらって人じゃないですか。

――だからそういうのやめて。中身は?性格

髙橋:性格は、挨拶する、おじいちゃんおばあちゃんに優しい、気が利く。なかなか自分でも意外にできないから。あと、あの人嫌いとか言わない人。テレビ見て、会ったこともないのに嫌いって言う人があんまり好きじゃない。

――大ちゃん自身があんまりあの人嫌いって言わへんもんね。あんまりっていうか聞いたことがない

髙橋:気をつけてる。苦手って言う。

――文句も言わへんし悪口も絶対言わへんもんね

髙橋:文句は言いますよ。悪口も言ってるかもしれないですけど。でも自分が嫌だなと思うんで。しゃべって嫌いだったら嫌いでいいと思います。それまでは嫌いって判断するのはあんまり聞きたくない。っていう感じなんで、それをしない人。

――探しときます。じゃあ俺の「今シーズンの目標」?毎年一緒。その選手がよりうまくなるように全部の生活をかけてその人にがんばってもらう

髙橋:じゃあ、何十年後かの目標は?

――おおまかに言うと、今いる周りの人達がすばらしい人ばっかりでありがたいから、その人達と何十年後かにも仲良く話して昔の笑い話をしたいなと思う

髙橋:そういうのが返ってくるとは思わなかったですけど。

――60センチのブラックバスを釣るとかそういうのが返ってくると思った?

髙橋:それはいいですわ。

KENJIの部屋はどうでしたか?

髙橋:スケーターがリラックスして、気心が知れた仲で話すっていうのはなかなかないじゃないですか。いろんなことを一緒に経験した、特にゲストで来てる方は親密な関係で選手だった人だから、そういった意味ではすごくリラックスした。あとはKENJI先生が若干緊張してる姿がおもしろいです。ついポロッと本音が出ちゃうんじゃないかな、という所が見どころだと思います。









$高橋大輔☆Stars were always shining bright


にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
【ネットニュースにもたくさん】


高橋大輔、王子の甘いセリフに大照れ!「次の仕事につながればと」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141125-00000024-mvwalk-movi

サンリオが贈るミュージカル・ファンタジー『くるみ割り人形』(11月29日公開)の女性限定3D試写会が、11月25日にユナイテッドシネマ豊洲で開催され、本作のアフレコに参加した藤井隆、増田セバスチャン監督、ハローキティが登壇した。サプライズゲストとして、10月に競技会からの引退宣言をしたフィギュアスケーターの高橋大輔が、本作のヒロイン、クララをエスコートして登場。藤井と高橋は、「くるみ割り人形」をイメージした華麗なダンスも披露した。





高橋は、「くるみ割り人形」の曲について「僕は滑ったことはないんですが、若い子やたくさんの選手が使っています。また、今回の映画を見させていただいたんですが、曲もアレンジが加わっていて、すごく格好いい曲がいっぱいあったので、いつか是非、挑戦したい」と、本作の音楽を気に入った様子だった。

トークの後、まずは藤井が軽やかに「くるみ割り人形」を口ずさんでステップを踏んだ後、キメポーズを披露。藤井は「最後に撃ち抜くぞ!という思いを込めてみました」と気合十分。増田監督は「クララ、キュンときてるみたい」と笑顔でコメント。続いて高橋は、華麗なターンと決めポーズを見せた後「いやあ、恥ずかしいです」と大照れ。藤井は「すごい!」と絶賛した。

その後、藤井と高橋は、フリッツのセリフを言って、どちらが“王子度”が高いかを判定することに。まずは藤井が情熱的にセリフを語ると会場から拍手が上がる。続いて高橋は「頑張りたい。初めての経験なので、次の仕事につながればと」と意気込みを語った後、無事にセリフを言い切った。それを聞いた増田監督は「低音が素晴らしい。今後、そういう役があれば」と賛辞を述べると、高橋は「恥ずかしながらやって良かったです」と笑顔を見せた。対決の結果は、高橋に軍配が上がった。

世界三大バレエのひとつであるチャイコフスキーの「くるみ割り人形」を、 “Kawaiiカルチャー”の火付け役、増田セバスチャンが、極彩色の3D映画に仕上げた『くるみ割り人形』。大切なくるみ割り人形をネズミにさらわれ、人形の国に迷い込んだ少女の冒険が描かれる。
【取材・文/山崎伸子】



高橋大輔さん 初映画イベント出演で王子に「次の仕事につながれば」

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/11/25/kiji/K20141125009351280.html






現役引退を表明した「フィギュアスケートの高橋大輔さん(28)が25日、都内で行われたアニメ映画「くるみ割り人形」(監督増田セバスチャン、今月29日公開)の女性限定試写会のサプライズゲストとして舞台あいさつに立った。

 高橋さんが王子様をイメージした衣装で、映画の主人公クララをエスコートして登場すると、会場からはどよめきが起こった。スケート以外のイベントに出演するのは初めてで、「このような場所に招いていただいて光栄です」と笑顔で話した。

 「くるみ割り人形」のテーマ音楽は、「僕自身、滑ったことはないけれど、女子の選手は幅広く使っていて、思い入れはありますね」という。そして、映画を見たうえで「曲のアレンジが変わっていて、男子でも使えるなと思った。他にも格好いい曲がいっぱいあったので、機会があればぜひ挑戦したい」と意欲を見せた。

 しかし、テーマ曲に合わせた振り付けとポーズをリクエストされると苦笑い。それでも、声優を務めた藤井隆(42)が先に“お手本”を示した後に見事なターンを交えたポーズを決め、「いやあ、恥ずかしい。でもやってみると、意外に気持ち良かった。アニメを見てマネしたりもしているので」とまんざらでもない様子だ。

 さらに、「次の仕事につながれば」とフリッツ王子のセリフにも挑戦。増田監督から「低音がよく響いて素晴らしい。そういう役があったら、ぜひお願いしたい」とお墨付きをもらい、「氷上の方が楽だけれど、いい機会に恵まれました」と話した。



高橋大輔、引退後初イベントに緊張「陸の上は恥ずかしい」

http://www.oricon.co.jp/news/2044997/full/

フィギュアスケーターの高橋大輔が25日、都内で映画『くるみ割り人形』(29日公開)女性限定3D試写会に出席。10月の引退会見後初の芸能イベントに登場した高橋は「氷上より緊張しました。陸の上は恥ずかしい」と照れ笑いを浮かべた。

 イベントでは「くるみ割り人形」をイメージしたポーズを披露したほか、劇中のせりふのアフレコにも挑戦。緊張した様子で臨んだポーズ披露を終えると「バレリーナなら気持ちを強くできたと思いますが、僕にはスケートしかないんだなと思いました」と実感していた。

 今後の活動については「まだ自分のなかで決まっていないです。本当にやりたいことをやりたい。1年くらいゆっくりと(スケートから)離れて生活したい」と“休養”を切望した。恋人の存在を聞かれると「いないです。特に募集はしていません」と打ち明け、「残念ながらいい話がなくて申し訳ない」と頭をかいていた。

 同作は、チャイコフスキー作曲の名作バレエを基にサンリオが1979年に製作・公開した人形アニメーションにCGや3D加工、色彩処理を施し新たに作り上げたファンタジー。そのほか、声優を務める藤井隆、増田セバスチャン監督、ハローキティ、同作の主人公・クララが出席した。

















高橋大輔さん負傷した羽生結弦にエール

http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20141125-1400891.html

フィギュアスケート男子で10年バンクーバー五輪銅メダルの高橋大輔さん(28)が、グランプリ(GP)シリーズ第3戦中国杯で負傷したソチ五輪金メダリスト羽生結弦(19=ANA)にエールを送った。

 都内で25日、映画「くるみ割り人形」の公開前イベントに出席。羽生のNHK杯(28日開幕)出場について問われると、「無理して出るのはどうかと思うが、きちんとした状態で出られるのなら、応援したいと思う。ぜひ頑張って」とやさしい言葉をかけた。

 イベントでは、「くるみ割り-」の音楽に合わせて踊りを披露。「僕自身はこの曲で滑ったことはないけれど、女性の若い子、たくさんの選手が使っている曲。すごくかっこいい曲がいっぱいあったので、挑戦してみたい」と、新境地への挑戦に意欲を見せていた。





高橋 羽生の出場に「無理して出るなら止めた方がいい」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141125-00000075-dal-spo

フィギュアスケーターの高橋大輔(28)が25日、GPシリーズ第6戦・NHK杯(28日開幕、大阪・なみはやドーム)の出場を目指す羽生結弦(19)=ANA=についてコメントした。羽生の出場については、日本スケート連盟が25日、26日の非公式練習の状態を見て判断すると発表している。

 高橋はこの日、都内で行われた映画「くるみ割り人形」の試写会イベントに出演。映画の全国公開日にあたる29日と日程が重なっているNHK杯の話題を振られた。

 高橋は「出場できるということは体の方も大丈夫ということだと思う。できるのであれば、その心配がなかったことは良かったなあと思っています」と回復が順調である前提で、知らせを喜んだ。

 「無理して出るのであれば、とめた方がいいのかなと思いますけど、そうではなく、ちゃんとした状態で出ることができるのであれば応援したいと思います。ぜひ頑張ってほしいです」とエールを送った。

 羽生は今月8日、中国杯の練習中に中国選手と激突し負傷。直後の演技はやり遂げたものの、帰国後に頭部挫創、下顎挫創、腹部挫傷、左大腿挫傷、右足関節捻挫により、全治2~3週間と診断された。その後は地元の仙台でリハビリしていた。







【大ちゃんが映画の試写会に!】

ツイッターから。





映画サイト

http://kurumiwari-movie.com/


突然なんという話題。^^
そして、「あまり仕事は入れずにじっくり考えていきたい」って言ってので、
しばらくアイスショーくらいかな~と思っていましたけど。^^;



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



高橋大輔ピンクマンボKENJIの部屋の「年末スペシャル」の情報

フィギュアスケーターのオアシス♪ KENJIの部屋 【年末スペシャル!】

http://www.jsports.co.jp/program_guide/54073.html

12月30日(火)午後10:00~午後10:30
12月31日(水)午後00:30~午後01:00 深夜00:00~深夜00:30



高橋大輔ピンクマンボこちら、しょーま君と草太君の特集ですけど、
表彰式でチラしゅう君。
お借りしまーす。

http://www.dailymotion.com/video/x2az5pf_141125-d_sport



高橋大輔ピンクマンボドコモでこういう投票が。

印象的なフィギュアスケート選手は?

http://vote.smt.docomo.ne.jp/result/tpV7JAA-qHm8/?ans=6



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



おはようございます。

今朝、横浜に着きました。
小雨が降っていた~。

今日はKENJI&DAISUKE's ROOMの最終回だ~~~~。
(タイトル詐称確信犯。笑)

JSPORTS4 22:00~


そして、本屋さんから入荷案内まだかな・・・。

「感動をありがとう高橋大輔」

電話来たら取りに行ってきまーす。


そして、ジュニアのハイライト!の中に一瞬表彰台のしゅう君が。











わ、ちょっと眠くなってきました~。
のちほどまた~。






$高橋大輔☆Stars were always shining bright


にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
新潟全日本ジュニア
男子フリー終了。

しゅうが初!台乗り!
3位キープで表彰台~~~!!

こっちが緊張MAXでしたー。

おめでとーございます!!!



deep-egge.netさんからお借りいたします。


{AD3ED347-2AEB-440B-ADFA-E911228E8C5C:01}

{69C5980D-7A10-4FDF-9437-863FD4052BFF:01}



いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
おはようございます。
今日はもう半日くらい経った感じ。
朝5時台から動いてますから。( ´ ▽ ` )


{0ECEBF4A-3DEE-4D51-A924-3A2C9CCBACB3:01}



{71273F18-FFC2-43F4-B2A4-6C4B3DC10305:01}



新潟アサヒアレックスアイスアリーナの上空を
白鳥がV字飛行で飛んで行きました。



{8A2A8379-6BC2-4461-8512-E5B76A6C8D2A:01}




朝の公式練習。
しゅう君のフリーの衣装、生で見れて嬉しかったですわー。
綺麗な濃い青、群青色みたいなシャツに
シースルーが重ねられていて素敵でした。


 今日のフリーもがんばって欲しいな。


昨日の夜は、新潟名物「へぎそば」をいただきました。
美味しかったー。
冷たいのとあったかいのを。
天丼まで。
この辺でいう野菜のたきものもついて。


{5020A998-BF8E-4930-9ECA-ABEAA34AE4A5:01}



{C72282B5-BC25-4EF9-A3FC-08538240E6C7:01}



{7F09365F-ED9B-48DD-9BCF-6EB644EFCBDE:01}


{70D78D41-D9AD-4FAE-A822-935613E9C2A5:01}



会場内で冷えた身体に美味しいご飯は沁みました~。^_^






いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
しゅう君が3Aをあたしの前で決めてくれたあ~。
。・゜・(ノД`)・゜・。

練習では跳てなかったんです。
身体も硬くてすごく緊張してるように見えましたし。
今回は跳べないかな~って思ってたら!

跳んだ!降りた!

わーーーーー!!!
パチパチパチ!!!


って喜んでたら、次のコンビネーションが、
フェンスにぶつかっちゃって…。^_^;

これ、JOで4回転跳んだことにびっくりして次の3A抜けちゃった大ちゃんみたいだ
(°_°)   って思っちゃいました。笑


あとで本人に聞いたら
「壁ドン!やっちゃいました!笑」
だって。笑笑


3位でフリーに望む!
頑張れー!!
長野全日本目指して!!



deep-egge.netさんからお借りいたします。

{E52412C9-5DE5-4E4D-B6D2-16D7CAB0575B:01}

{E534D7D2-8FAF-4589-BF2A-DA9969D95EE0:01}



高志郎君もジャンプひとつだけ転倒だったけど、
踊って魅せてくれたし、
せな君、ジャンプ決まらなかったの悔しいだろうな…。
でもこれを経験に次に繋げてほしい。

あと、今日のハプニングは星くんがラストのポーズを取ったときに、天井の七色ライトがチカチカ!

会場もびっくりだけど本人がいちばん
ポカーンってしてましたわ。
^_^;

なんだったんだー?
誰かがミスった??

ざわざわしたけど、寒い会場が一瞬あったかくなりましたわ。( ´ ▽ ` )


新潟の食べたかったもの。
大ちゃんが3年前の新潟FaOIのときに食べたって言ってましたよね、
クルミの入った太巻き。
クルミの佃煮みたいなのが入ってました。



{62FF45FF-F273-4E73-92AC-E87994F38079:01}



そして、新潟県民のソウルフード
「イタリアン」
焼きそばの上にミートソースと白しょうが。

{5543A96E-7C20-42B9-9F91-9072DB0B49F8:01}



あーれー!これおいしいわー!!


{291BC5D0-A8AF-4563-B869-BC2CE3E8F789:01}



そして、本当はヨーグルトソフトクリームが美味しいらしい、安田のヨーグルト。

濃厚で美味しい。


{1CA57FA3-86C4-4348-B839-FC7D711AF3A1:01}



まずは夕方までこんなところです。




いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
20代の頃に一回だけ新潟には来たことがあるけど、
記憶が薄れてしまっています。^_^;


着いたときはまだ暗かったので、看板も暗いでーす。笑


{6AA195A9-2498-4FF5-8B9A-D43FFDD74BBD:01}




{AF75A252-E5DB-4F67-B33C-CF32D82FCFF0:01}



{CD15886E-5FB0-4695-9FE2-7DFD785075B4:01}



{8FB48E8E-8610-4E7D-A1E4-0888A245E47F:01}





せなくんに会いました!
バッグがあの番組の中でもらってた
大ちゃんのサイン入り!


{6F5007FE-E63A-42E0-9475-5F6CBEFA1622:01}



しゅう君の練習も見れました。
3A今日は降りれるかな~。



いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
おはようございます。

今日はプーマのシューズ発売の日ですね。
並んでいるD友さんから、プーマショップの方からカイロの差し入れがあったと画像が送られてきました。
やさしいですね~~~。







高橋大輔ピンクマンボJspoのコラム

【髙橋大輔時代から引退まで】を佐野稔先生と振り返る

http://www.jsports.co.jp/press/article/N2014112118432906.html

J SPORTSがお送りするフィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋11月のゲストは髙橋大輔さんです。11月25日のエピソード4放送の前に、【髙橋大輔時代】を佐野稔先生と振り返ります。


男子シングル『第一次四回転時代(6.0ポイント制時代)』
2006年トリノ五輪前


技術を駆使して芸術を魅せる「表現力」の総帥である髙橋大輔さんは、アスリートの中のアスリートでもあります。
ロベルト・カルロス並に弾む、全身バネのような恵まれた体躯から、右膝前十字靭帯断裂後の奇跡の肉体改造を経て、23歳から、バネは鋼鉄と化しました。一方で、筋肉ではなく関節に柔軟性を持たせ四肢の可動域を増すことで、しなやかさは力強い華となりました。
165cmと小さな体で大きな怪我を乗り越え、弾性とパワーという相反する肉体を身一つで極めたそのフィジカルは、「小さい頃から突出していた」と佐野先生は回想されます。

【佐野先生が見た髙橋大輔時代(1)】
僕は大輔が中学生の頃に教えたことがある。その時に「まあ、なんと素晴らしい感覚だ!」と。『ジャンプを飛ぶ能力』!「これは凄いものを持ってるぞ!」っていう子だったんだね。

確かトリプルループだったと思うんだけど、「やったことない」って言うから「こうやってこうやってみ。」って口で説明したらポンッと飛んだの!合宿の4日間の内に出来ちゃった。「そんな奴が世の中にいるのか」ってビックリしましたね。(その後、佐野先生の手引きで長久保裕先生の指導も受ける。)
トリノ五輪前の男子シングル界にはプルシェンコをはじめ、日本には本田武史・(当時指導されていた)田村岳斗もいた。その日本男子の後を継ぐ存在で、ジャンプやステップで物凄い素質を持っていながら力を出し切れない、「精神面が弱い」という印象がありましたね。……だからなんて言うかなー、その頃はいまひとつ、僕も褒めていなかったと思う(笑)大輔が本当に良くなったのは……これから後の話だね(笑)

……と癒し系な佐野先生が語る「物凄い素質」は、19歳のトリノ五輪シーズンに世界で開花します。
2005年スケートアメリカでISUグランプリシリーズ初優勝・グランプリファイナル初出場3位・全日本選手権初優勝・2006年トリノ五輪8位入賞と、シニアの階段を一気に駆け上りました。
SP(ショートプログラム)『ロクサーヌのタンゴ』FS(フリースケーティング)『ピアノ協奏曲第2番(ラフマニノフ)』の演技では、四回転は決めていないものの、リズムの裏を刻む踊り、陸のダンサーに敗北感を与えるクラスの頭のアクセント(首を動かして、頭と体の動きを違えることで踊りに表情を出す)、動きで音楽にアレンジを加えるレイバックスピン、情念を発する一挙手一投足、とおなじみの髙橋大輔さんの姿があります。
怪我をする前の、制すことのないスピードと弾けるジャンプには、触れることの出来ないような19歳のアツさがありました。

男子シングル『冬・四回転時代』
トリノ五輪後~バンクーバー五輪


新採点システム(ISU Judging System)対応型の「得点を積算していくプログラム」が奏効したこの時代は、髙橋大輔さんにとって飛躍と(怪我による)挫折と栄光のステージでした。

【佐野先生が見た髙橋大輔時代(2)】
僕が最初に大輔を見た頃は「ジャンプのすげぇ子」という印象だった。でも次第に、この頃になると「表現したい」という本人が持っていた気持ちが出て来たんでしょうね。同時に「弱っちぃ大輔」はいなくなった。
それでも、2007年の世界選手権銀メダルは驚いたね!僕が初めて銅メダルを取って(1977年・東京)、本田武史が銅メダルを取る(2002年・長野、2003年・ワシントン)まで四半世紀かかってるんだから!そこから4年で銀メダルを取った。バンクーバー五輪の銅メダル(2010年)、世界選手権金メダル(2010年・トリノ)……結局、髙橋大輔という男は、『日本男子の歴史を全て塗り替えた男』なんですよ。

僕はアイスショーで「フィギュアスケートは、音を表現すれば成立する」と思ってやって来た。演歌を使ったこともある。「雨だれ」でも、音を表現出来ればフィギュアスケートは成立するんですよ。「音楽のジャンルは問わない」、それがフィギュアスケートだと考えていた。だからあのヒップホップの『白鳥の湖』(2007-2008SP)は「出来るじゃんーーーー、ここまで!」って。髙橋大輔だから表現出来た。「こういうフィギュアスケートを待ってたよ!」というものでしたね。

男子シングル界は6.0ポイント制と新採点システム(ISU Judging System)の端境期だったんだけど、四回転に挑戦しても「6.0のスケート」から抜けられない選手がいた中で、大輔は四回転も入れながら非常にうまく乗り切った。6.0時代から持っていたエッジワーク(スケーティング、ステップ)の正確さが活きたんじゃないかなと思いますね。(2008年四大陸選手権のフリーで2回四回転を決め総合得点「264.41」の当時のワールドレコードを打ち立てる。)

バンクーバー五輪の前のシーズンに怪我(右膝前十字靭帯断裂)をして、そこから大輔は「一選手」から、「日本の大黒柱」一家で言えば「親父」的な存在になったんじゃないかな。髙橋大輔を皆頼りにして、日本スケート界が大輔を中心に回っていたと思うんですがね、私は。あの怪我を乗り越えたことで、精神的支柱、『皆を支える強さを持った男』になった。

【冬・四回転時代の名演技】
・佐野先生も「待ってました!」の『白鳥の湖』(飛躍を遂げた2005-2008シーズンに師事したニコライ・モロゾフコーチの振付)や2007-2008EX(エキシビション)KENJI先生振付の『Bachelorette』の革命的な演技
・バンクーバー五輪シーズンの集大成的な演技で、得意のタンゴをスタッカートにもレガートにも魅せたKENJI先生振付のSP『Eye』、怪我から立ち上がれたその希望と強さを、笑いと優しさで描いていったFS『道』(パスカーレ・カメレンゴさん振付)……

と全部振り返りたいところですが、フィギュアスケートの醍醐味をもたらしたのが日本人初の銀メダルに輝いた2007年世界選手権FS『オペラ座の怪人』の演技です。

*2007年世界選手権FS『オペラ座の怪人』(ニコライ・モロゾフコーチ振付、フリー1位)*
ショートを終えて3位で迎えた最終グループの5番滑走。上位を争う選手達の好演技が続き、会場の東京体育館は髙橋大輔さんの登場で最高潮を迎えます。
スタート位置に着き『Masquerade』のオルゴールが流れる間、息を整え緊張を鎮める21歳のファントム。ファントムのテーマが始まると1回転して気高く両手を広げ開演を告げます。冒頭の四回転こそ片手を付きますが、様々な曲に合わせて移り変わるシーンのように、2本のトリプルアクセル・スピン・ステップでオペラ座の怪人の舞台が目くるめく展開していきます。
情感を送りながら烈火のごとくジャンプを決めていく「泣き」のメロディーの『Point of No Return』に続く魅せ場。ラストのステップの始まりに正体(醜い顔)を暴かれるファントム。憎しみや哀しみ、抗えない愛に苦しむファントムの演技に、東京体育館が一つになります。手拍子でファントムを支える会場。応援が物語を盛り上げるというフィギュアスケートの他にはない得難い瞬間が訪れた後、仮面を外したファントム、髙橋大輔さんの目から涙がこぼれました。

男子シングル『鬼・四回転時代(第二次四回転時代)』
2011年世界選手権~


パトリック・チャン選手が髙橋大輔さんのワールドレコードを16.57点押し上げ総合得点「280.98」をマークした2011年世界選手権から、男子シングルは再び四回転時代に突入します。
2010年全日本選手権で、心技体が揃わない中FS『ブエノスアイレスの冬』でショーマンシップを燃やしショート4位から総合3位となり、その世界選手権に出場。
御本人が「惨敗(フリー本番で靴の故障があり総合5位に)」と評した2011年世界選手権は「これからの3シーズンは、みじめなものになるかもしれない。でも、ソチまで続ける。」と決起した試合でもあります。

新シーズンに入った2011年秋のインタビューの、その決意の言葉です。
「昨シーズンのモスクワ世界選手権で惨敗して、すごく新しい気持ちになって!若手も伸びて来て、実力のある選手も台頭して、ソチに行けるかどうかも分からない今、『これから3年間、どうやって自分は戦っていこうかな?』というのが新たなモチベーションになっています。若い子に、はじっこに追いやられるかもしれないけど(笑)『3年後、自分はどこのポジションにいるのかな?』と楽しみにして。新しいことに取り組んで、自分に対する期待感で一杯です!……みじめになっても、やるだけのことはやって。だめだったら『……だめだった!』で、すっきりすると思います。これからソチまでの3年間は、今まで以上に大事な3年間になります。そう意識出来ているからこそ取り組めるのかなと思います。」

期待通り、自己ベストも12点以上更新し、3シーズンをかけ「ショートとフリーで四回転3回」のトップクラスの構成を完成した矢先、競技人生の大詰めで襲った怪我。右膝の古傷に受けた痛みを負いながら、全日本選手権、ソチ五輪と演じ切りました。
「自分の人生の中でもきっとおもしろいシーズン」。それが最後の【髙橋大輔時代】でした。

【佐野先生が見た髙橋大輔時代(3)】
大輔のスケーティングはテクニック。年齢的に若くて「馬力(筋力)」が上のパトリックとはイメージが違うけど、伸びがある。2012年のグランプリファイナルでもパトリックに勝った。この時点で僕は、オリンピック銅メダル、世界選手権金メダル、ファイナル金メダルを取った大輔は「本当によく頑張った」と思ってたんだ。 そこからソチ五輪シーズンに入って、NHK杯の「すげぇーーー演技」で五輪代表選考基準で優位に立った(ワールドランキング日本人2位・シーズンベスト世界3位)後に怪我をして……全日本もオリンピックもよく頑張った。怪我のない状態で花道を飾らせてやりたかった。

……逆に言えば、それが「大輔らしい」のかもしれない。

誰しも選手としての「辞め時」がある。髙橋大輔が選んだ辞め時は、(バンクーバー五輪シーズン後やグランプリファイナルで優勝した)「自分が一番上にいる時」じゃなかった。「もぅーーーーだめだ!」っていう限界まで頑張った。
ソチ五輪でも日本人が大輔を乗り越えて行った。
「もう俺がいなくても日本男子は大丈夫だな」と、それは物凄く「カッコイイ辞め方」だと僕は思うんだよね。
男が一番華々しい時に栄光を掴んでスパッと辞める、それも一つの辞め方だけど。
ここまで引っ張って来た自分自身を後輩達の土台にして「あとは頼むぜ!」って辞めていく、それは男としてカッコイイやり方でしょうね。……僕は一番良い時に辞めたから(笑)今とはアマチュア競技を取り巻く環境が違ったんだけど。
引退の発表も(地元)岡山で発表して、そういうところも「大輔らしい」のかもしれない。
これからもずっとそんな「髙橋大輔」を演じてほしいっていうかなー、そのまんま今まで通り出して生きていってほしいと思いますね。「もし悩むことがあったらいつでも連絡して来い!」

(髙橋大輔さんの一番好きなところ)「優しい」ところかな!(笑)人に対して優しいんだよ、アイツ。……俺もそうだけどね(笑)男は人に優しくなきゃね!

【鬼・四回転時代の名演技】
マンボ、タンゴ、コンテンポラリー、ブルース(陸のダンサーにも至難の「抜け」感を表現)、ロックンロール、クラシック、オペラ、ビートルズ……
と多様な音楽と多彩な踊りを一つ一つ見比べて味わいたいところですが、2012年全日本選手権FS『道化師』の演技にはまたもうひとつのフィギュアスケートの醍醐味がありました。

*2012年全日本選手権FS『道化師』(シェイリーン・ボーンさん振付、フリー1位)*
ショートで四回転にミスがあり、1位羽生結弦選手に9.64点離されて臨んだ最終グループの1番滑走。演目は道化師の性や苦悩を描くオペラ。
何があってもショーを続ける道化師の壮絶な生き様を歌う『Vesti la giubba』。怪我をしてから決まっていなかった冒頭2回の四回転を降りると、会場は一気にオペラ『道化師』の「夢とも現実ともつかない世界」に入り込みます。
ポージングを連続させる激情的な振付を、無重力のようなスケーティングで止まることなく流れるように魅せていく、26歳となった道化師。陸では不可能な踊りと成功を重ねるエレメンツに会場は昂ります。愛を失った道化師の絶望がフィナーレの『No! Pagliaccio non son!』のコレオシークエンスで放たれ(情熱のあまり振り付けたタイミングより早まり、1歩目が楽器を率いる形になった髙橋大輔さん)、道化師と会場はカタルシスを迎えます。
スポーツが生み出す勝負、心技体を鍛錬し尽くしたトップアスリートによるフィギュアスケートならではの演舞。最後のスピンで舞い落ちた(1ポイント減点となる)衣装の手先の彩りのひとひらは、「このショーを忘れないように」という運命の計らいにも見えました。

テキスト・インタビュー:島津愛子 Aiko Shimazu












$高橋大輔☆Stars were always shining bright


にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
【2000days更新】

いやはや、おもろいですわ、著者D様。
でも、実に大ちゃんらしい。
あれも書きたいこれも書きたい、でもいいわけがましくなるのもいややし!
って悩んでいるんでしょうね~。


https://www.facebook.com/2000days.beSOUL3


チェックしてま~す。
疲れてま~す。
でも、気になる。。

気になる、気になる。。。

みんなは!
読み終わった後に!
疲れた!
とか!
言っちゃアカンで!!

頼むでな!!

ほなっよろしくっ??

(著者D)








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



仕事おわって帰ってきました~。

動画貼り付けに差し替えさせていただきまーす。

ままさん、ありがとうございます。


















そして、2010年によ~いドン!に出演したときのもアップしてくださいました。
懐かしいですね~~~。






高橋大輔ピンクマンボそして日曜日版もあるんですね!

よーいドン!サンデー 2014年 11月 23日(日)

http://www.ktv.jp/yo-idon/sunday/index.html

特別企画
11月21日(金)「よ~いドン!」スタジオゲスト・髙橋大輔さんが、「よ~いドン!サンデー」にも出演して下さいます。
金曜日のスタジオで聞ききれなかった内容を、円 広志&ロザンはじめメンバーが聞き出します!お楽しみに!

※11月19日発売 DVD「誰も知らない髙橋大輔」
髙橋大輔さんの直筆サイン入りで5名様にプレゼント!
・詳しくは、放送をご確認ください!




高橋大輔ピンクマンボそして、日刊スポーツの大ちゃん特集号の表紙が出ました。

http://nikkansportspublishing.wordpress.com/





感動をありがとう!高橋大輔
日刊スポーツグラフ
2014/11/25発売予定
本体1204円+税

次のステップへ
引退会見 詳報

SPECIAL ISSUE
希代なる表現者
高橋大輔が歩んだ道のりと未来

DAISUKE TAKAHASHI HISTORY
2005-2006 初めての五輪
2006-2007 少年から大人へ
2007-2008 新たなる挑戦
2008-2009 予期せぬアクシデント
2009-2010 奇跡の復活と栄光
2010-2011 現役続行宣言
2011-2012 ステップアップ
2012-2013 それでも戦いは続く
2013-2014 ラストシーズン

アイスショーグラビア

高橋大輔
CHRONOLOGY
1986-2014








$高橋大輔☆Stars were always shining bright


にほんブログ村 その他スポーツブログ 男性アスリート応援へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード