グループディスカッション/面接対策の教科書 伊藤伸一

ES/面接カード★小論文対策★ES/面接カードの志望動機/長所短所/自己PR/エピソード書き方★グループディスカッション対策★集団討論対策★面接対策について採用担当者の視点を伝授します。


テーマ:
人に何かを伝えるとき・・・・・
大枠しか伝えていないことが多々あります。

<<例>>
ハワイに行ったときの感動を多くの人に伝えようとするとき
こんな風に話したらどう感じるでしょうか?
「ハワイに行ったんだけど、ビーチがとれもきれいで
食べ物もすごくおいしくて、すごく楽しかった」

これでは、
どうきれいで
どうおいしくて
どう楽しかったのか
本人以外にはさっぱり分かりません。

同じようなことが採用面接でも起こっています。
私は、粘り強く、行動力があります。
・・・・・・・
相手に伝わらないですね。
どんなねばり強さ?
どんな行動力?

結果を出すまで行動し続けるねばり強さ
タイミングを逃さず最適な仮説行動をとる行動力

具体的にイメージできませんか?

能力をアピールするには、
「動詞」に結びつた枕詞を
付けることで具体的になります。

形容詞ではなく、「動詞」を付けるのがポイントです。

やりきったことを語るときには文字制限があります。
限られた文字制限の中で、具体的なイメージを相手に
与えるには、「動詞」がポイントです。

強み・能力をアピールする回答を現役大学講師で
元採用担当者と一緒に作りませんか

http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/1084

次の記事
【面接質問の意図を理解し、面接官が求める回答を出す】
【面接プレゼンテーションの儀式】
【能力を証明する難しさ】

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

グループディスカッション/面接対策の教科書 伊藤伸一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります