グループディスカッション/面接対策の教科書 伊藤伸一

ES/面接カード★小論文対策★ES/面接カードの志望動機/長所短所/自己PR/エピソード書き方★グループディスカッション対策★集団討論対策★面接対策について採用担当者の視点を伝授します。


テーマ:
面接対策:面接官選考思考 その⑯
 企業が求めるコンピテンシー
 「多様性チームワークを活かす」

⑮までのコンピテンシーは
主に「自分自身のコンピテンシー」でした。


これまでにも、対人間関係のスキルとして
「コミュニケーション力」
「人間性」
「お客様を大切にする」
基本的なコンピテンシーが必要だと説明してきました。

ここからは
・社会人として

・チームのメンバーとして
円滑に仕事を進めていく上で必要なコンピテンシーです。

社会人は
ひとりで成果をあげているわけではありません。
企業内のメンバーと協力し合い、
助けてあげたり、
助けられたり、
チームワークを発揮して成果を残しています。


多くの学生はこれまでの間
自分の似たような人と付き合ってきました。
・家族
・同じ趣味、同じ好みを持った人
・高校、大学では同じレベルの人達
・気の合う友達

社会人になると、
これまで会ったことがない人達と関わりを持ちます。
・頭脳明晰な人
・自己中心的な人
・小さなことにクレームをつける人
・すぐに怒る人

この人たちが
・唯一の自分のお客様かもしれない
・自分の上司かもしれない
・自分の部下かもしれない
・自分の同僚かもしれない

この「会ったことがない人達」とうまく付き合っていく必要があります。

ここに多様性を認めることが必要です。

グローバルでは、「ダイバーシティ」の考え方とも言えます。

参考記事
http://www.peoplefocus.co.jp/OD/divercity2.html

■■■ ダイバーシティとは ■■■
ダイバーシティ(diversity)とは「多様性」の意味である。現在、多くの企業が多様性問題の啓蒙活動や、多様性の推進に取り組んでいる。

比較文化学者によると「日本は同質を重んじる文化」であるという。現に日本社会で働く米国人は、日本語の「違う」という言葉は、different(異なる)の意味とwrong(正しくない)の両方の意味があり、すなわち「異なるのは悪いことだ」という価値観が根底にあると主張する。とすれば、種々雑多なものを受け入れるというダイバーシティを、日本人が真に理解、賛同し、推進するのは簡単ではないといえよう。

■■■ ダイバーシティの種類 ■■■
多民族国家であった米国においては、当初、ダイバーシティは、人種、性別といった、その違いが目に見えてわかる分野に限定されていた。しかし、現在はもっと幅広い視野で捉えられており、今日では、ダイバーシティを道徳や倫理からの視点だけでなく「企業戦略の一環」と考えている。つまり、「多様な人材を取り込み、その人材が実力を十二分に発揮できて、正当な評価を受ける」という企業文化を構築することが、経営上の優先課題になったのである。

相手を認めること。
その上で、チームワークを発揮することがポイントです。


なぜチームワークが必要なのか?

お互いの違いを認め合い、
それぞれが持つ最高の能力・スキルを集めることで
企業は競争力を持ちます。


7人のプロジェクトメンバーがいます。
それぞれのメンバーは、10のカテゴリーにおいて
知識・スキルを持っています。

チームワークが発揮されなく
Aさんの強いリーダーシップが働くと
アウトプットは68になる可能性が大きくなります。

お互いの「強み」を認め合う多様性のあるチームワークが発揮されると、それぞれのカテゴリーの「強み」が抽出され、


93のアプトプットが期待されます。

このコンピテンシーは
グループディスカッション上の
・コミュニケーションスキル
・リーダーシップスキル
・ファシリテーションスキル
・協調性
などのヒューマンスキルから見極めることができます。

参考記事
【グループディスカッションから何を見極めるか?】
【グループディスカッション対策4つのポイント】
【グループディスカッション5つの評価基準】
【グループディスカッション基本スキル】
【グループディスカッション中級スキル】
【グループディスカッションの3タイプお題】
【グループディスカッション「自由討論型」の進め方】
【グループディスカッション「是か非かタイプ」進め方】
【グループディスカッション「問題解決型」進め方】
【グループディスカッションの具体的評価方法】
【グルーディスカッションではやってはいけない4つのこと】


グループディスカッション上では、
グループメンバーは敵対者ではなく、
チームメンバーです。

全員がグループディスカッションを通過する姿勢を
全員が持つと通過率が高くなります。
なぜなら、「チームワーク力」が発揮されているからです。



面接対策、更に詳しく知りたい方へ
http://nagoya-naitei.com/

模擬面接

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

グループディスカッション/面接対策の教科書 伊藤伸一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります