グループディスカッション/面接対策の教科書 伊藤伸一

ES/面接カード★小論文対策★ES/面接カードの志望動機/長所短所/自己PR/エピソード書き方★グループディスカッション対策★集団討論対策★面接対策について採用担当者の視点を伝授します。


テーマ:
面接対策:面接官選考思考 その⑭
 企業が求めるコンピテンシー「戦略と計画性」

戦略とは?
「限られた資源を最適化して配分すること」です。
5月末までにやりたいことを見つけ、
できることを抽出し、
やりたいことが実現でき、できることが貢献できる企業に応募する。
自分の能力を100%証明できる
・適正検査
・自己分析
・エントリーシートの作成
・面接スキルアップ
これらのスキルアップを行う。
そして100%証明を行うこと。


5月末という限られた時間の中で
限られた「時間」という資産配分を最大限に
効率良く行う必要があります。

就活スケジュールをリスク回避とともに
作成できる人。⇒戦略性があります。

就職活動において、
事実を集め、
・何をするのが一番効果的なのか?・・・What
・いつまでにするのが一番良いのか?・・When
・誰に相談するのが良いのか?・・・・・・・Who
・なぜそれをするのか・・・・・・・・・・・Why
・どこで働く予定?・・・・・・・・・Where
・どうやって?・・・・・・・・・・・・・How
・いくらくらいかけるのか?・・・・How much
整理していきます。
この戦略を立てる時のポイントは、
「どうあるべきか?」です。

就活生にとって「あるべき姿」とは?
・自分のやりたいことが実現する会社で働く
・自己成長している
・できることを増やして活躍している
・社内の人間関係が良く、働いていいて楽しい
・常に大きな目標に向かっている
・多くの人に影響を与えている
こんな「あるべき姿」が明確にイメージできていれば
戦略は立てやすくなります。

戦略でないもの
①ビジョン、理念、スローガンは戦略ではない。
②環境を考えない計画は戦略でない。
③優先順位のないものは戦略でない。
④指標の羅列は戦略でない。

戦略を立てる時の方法


参考URL:http://www.tensuite.jp/ts/column/cost/005/

外部環境の機会と脅威をピックアップする。
自分の強みと弱みを抽出する。

自分の「強み」をどのように武器にし、戦うのか?
自分の「弱み」をどのようにカバーするのか?

機会は何か?
・高偏差値大学でなくても戦える
・多くの企業に応募できる環境がある

脅威は何か?
・採用人数を絞っている
・選考プロセスの多様化
・SPI-3の登場


機会、脅威を知るためには
「先を読む力」が必要です。

・10年後社会はどうなっているのか?
・人口が減るとどんな業種が伸びるのか?
              衰退するのか?
・テクノロジーの進化により無くなる業種は?
・テクノロジーの進化により新たに生まれる業種は?
・グローバル化が進むと日本の企業はどうなるのか?
・単純生産労働者は国内で必要か?
・日本の平均賃金は上がるか下がるか?
企業研究がものを言いますね。

就活戦略の軸は
「他の学生ではなく、あなたを採用しなければいけない
 根拠は何なのか?」
この質問にきっちり面接で答えていくことです。

<<戦略性確認の質問>>
・あなたの就職活動戦略は何ですか?
戦略をもっている学生はリスク回避まで考えています。
持論を熱く語っています。

限られた時間をお金で買うのも必要かもしれません。
 ⇒キャリアコンサルタントからのアドバイス
 ⇒有料エントリーシート
 ⇒有料模擬面接

客観的なアドバイスをもらうことにより
自己学習により4時間かけて身につくことが
30分で終わるかもしれません。

企業に専属コンサルタントがいるように
就職活動にも専属キャリアコンサルタントを持ちませんか?
1ヶ月50分のスカイプコンサルティング2回=7000円

私の担当している学生で
二次面接まで進んでいる学生がいます。
負け知らずの彼の内定がいつ出るか・・・
マンツーマンコンサルティングもうまくいっている要因と思っています。

次の記事
面接対策:面接官選考思考 その⑮コンピテンシー結果出す行動】
 面接対策:面接官選考思考 その⑯コンピテンシー多様性チームワーク
面接対策:面接官選考思考 その⑰コンピテンシーリーダーシップ

面接対策、更に詳しく知りたい方へ
http://nagoya-naitei.com/

模擬面接

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

グループディスカッション/面接対策の教科書 伊藤伸一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります