グループディスカッション/面接対策の教科書 伊藤伸一

ES/面接カード★小論文対策★ES/面接カードの志望動機/長所短所/自己PR/エピソード書き方★グループディスカッション対策★集団討論対策★面接対策について採用担当者の視点を伝授します。


テーマ:
グループディスカッション基本スキル

グループディスカッション時、
100%用いるスキルがあります。

①ブレインストーミング
②KJ法


この3つのタイプに共通して
①ブレインストーミング 
②KJ法は用いられます。

難易度の低い、「グループディスカッション」を例に説明します。

・プロフェッショナルとは?
・良い社会人とは?
・理想の上司とは?

このお題は、多くの意見を収集し、まとめるものです。

意見の収集に「ブレインストーミング」が用いられ、
意見の収束に「KJ法」が用いられます。


①意見の拡散収集:ブレインストーミング


企業内のミーティングでは、付箋紙を用います。




<<例>>良い社会人とは


こんな意見をたくさん集めるのがポイントです。
重複してもかまいません。

<<例>>
グループディスカッションでは、議長が、
「それでは、お題の「良い社会人」について皆さんから意見を集めます。できるだけ多くの意見を集めたいのでブレインストーミングという手法を使います。
 今から皆さんに3分差し上げます。その間に、自分の考える「良い社会人とはどんな人か?」5つ以上考えてください。仕事だけではなく、人間関係、人として・・・・考えられるだけ出してください。3分後に書記の人にホワイトボードに書いてもらいます。」

集まったところでまとめていきます。

②意見のまとめ収束:KJ法
集まった意見をグループ分けしていきます。



議長
「皆さんから多くの意見が集まりました。これをこれからチームの意見としてまとめていきます。
同じ意見やグループ分けできる意見も多いので、グループ化してまとめていきます。活発な意見を出し合い、出た意見をまとめていきましょう。
何か、グループ分けできる「枠」はありそうですか」
メンバー
仕事の成果、プライベートや人間関係、・・・について意見が出ています。一つ一つ「仕事」という枠からまとめてみませんか?」

議長
「この中で、仕事に関するものは・・・・」

こんな感じでディスカッションは進んできます。


ここでポイント
関連性のあるグループ分けをどうやってやるのか?
  ↓
センスが必要です。
回数を重ねると、関連性が見えてきます。

グループディスカッションのポイントは、経験値です。



良い社会人の関連性を
・仕事
・育成
・個人の性格・行動特性
・個人ブランド
のカテゴリーでまとめると、上記のようになります。
どんどんまとまっていきます。




まとめ終わった次のポイントは、
大枠でまとまった意見を要約する文章力です。
どんな感じでまとめるのが良いのか、
⇒「だから何?」⇒どういうこと?
・期日を守るとは?⇒会社に貢献
・仕事が早いとは?⇒会社に貢献
・・・・・・
仕事において「良い社会人」とはどんな人か?
に答える感じでまとめていきます。


具体的な「良い社会人」の特徴が4つあります。
一つ目は・・・・・
こんな形で発表できます。

メンバーから意見を集め、まとめていく方法が理解できたでしょうか?
次回は、中級スキルを説明します。

グループディスカッションの練習をしたい方へ
http://www.reservestock.jp/page/event_series/2711



次の記事
【グループディスカッション中級スキル】
【グループディスカッションの3タイプお題】
【グループディスカッション「自由討論型」の進め方】

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

グループディスカッション/面接対策の教科書 伊藤伸一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります