グループディスカッション/面接対策の教科書 伊藤伸一

ES/面接カード★小論文対策★ES/面接カードの志望動機/長所短所/自己PR/エピソード書き方★グループディスカッション対策★集団討論対策★面接対策について採用担当者の視点を伝授します。


テーマ:
グループディスカッションから何を見極めるか?

何を見極めるのか?


コンセプチュアルスキル・・・って何?

下記の表は「マネージャーに求められる能力」をロバート・カッツ氏がまとめた非常にわかりやすいモデルを表しています。

社会人に求められる能力は大きく3つに分けられます。

①テクニカルスキル

 業務遂行能力、つまり業務を遂行する上で必要な知識やスキルという能力です。


②ヒューマンスキル

 対人関係能力、つまり人対人のコミュニケーションや葛藤処理などを行う能力です。


③コンセプチュアルスキル

 概念化能力、つまり周囲で起こっている事柄や状況を構造的、概念的に捉え、事柄や問題の本質を見極めていく能力です。


経営層(トップマネジメント)に近づくほど、③のコンセプチュアルスキルが求められ、新入社員(ローワーマネジメント)であるほど①のテクニカルスキル(業務遂行能力)が求められるというものです。

新入社員に求められるものは、業務遂行能力と対人関係能力。

中間管理職に求められるものが、対人関係能力をベースとして、業務遂行能力と概念化能力の両方であって、中間管理職の中でも上位になればなるほど、概念化能力が求められます。


新卒採用では、将来の幹部候補生を採ろうとしています。
ということは、③コンセプチュアルスキルを持っている学生をグループディスカッションで確認したいと思っています。


多くの学生は、就労経験が少ないので③コンセプチュアルスキルの発揮経験があまりありません。

採用担当者は、何からこの③コンセプチュアルスキルを確認するのかというと???
論理的な思考力からです。
採用担当者は、この基本的な論理的思考力を「ポテンシャル」として把握しようとしています。


「ポテンシャル」として能力を証明するには、基本的な「論理的思考力=ロジカルシンキング」を発揮すれば良いのです。
↓↓↓
1ヶ月程度の訓練によって誰でも身につきます。

下記ツイッターにて定期的に「GDお題」をツイートしています。
一人グループディスカッションしてみてください。


社会人基礎力の発揮状況が確認できます。

残念な参加者の評価コメント



何をすればいいのか?

次回から、具体的に
・グループディスカッションのタイプ別攻略法
・論理的な発言攻略法
・合格者に共通する行動規範
・グループディスカッション進め方
・グループディスカッションテクニック
 事実の収集・絞込み:ブレインストーミング・KJ法
 MECE・ロジックツリー・SWOT分析・4P・3C
 プロダクトライフサイクル・需要と供給関係
 優先順位のつけ方
上記について説明していきます。

よろしくお願いします。

グループディスカッション点数とるには
経験を積むこと
グループディスカッション練習会

http://www.reservestock.jp/page/event_series/2711



次の記事
【グループディスカッション対策4つのポイント】
【グループディスカッション5つの評価基準】
【グループディスカッション基本スキル】

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

グループディスカッション/面接対策の教科書 伊藤伸一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります