グループディスカッション/面接対策の教科書 伊藤伸一

ES/面接カード★小論文対策★ES/面接カードの志望動機/長所短所/自己PR/エピソード書き方★グループディスカッション対策★集団討論対策★面接対策について採用担当者の視点を伝授します。


テーマ:
面接対策:深堀り質問とは何か?

今から60年前をイメージしてください。
ある貧乏学生がりんごの木の収穫権利を売ろうとしています。
りんごの木は田舎にあるので、買い手に見せるわけにいきません。
カメラも持っていないので写真も見せられません。

この木から採れたりんごは大きなりんごです。
とても甘くておいしいりんごです。
こんな言葉を並べても、買い手は買おうと思いませんね。

買い手は、家族のために
1本の木の収穫権利を買わなくてはいけません。
今は収穫の時期ではないので、現物を見ることもできません。

この状況の中で、売り手の言葉だけを信用しますか?

信用できませんね。

本当に大きなりんごが採れるのか?
たくさんのりんごが採れるのか?
毎年、おいしいりんごが採れるのか?

これを確認するには、
・幹は太いのか?
・土壌は良いのか?
・日当たりは良いのか?
・採れたりんごの特徴はどんな感じなのか?
・雨は適度に降る土地なのか?

おいしくてたくさんのりんごが採れる木の特徴や
甘いりんごの特徴を良く知っていれば、
買い手はその質問を重ねることで、
来年もおいしいりんごが採れるかどうか確認できます。

目利きのある買い手は、目利きを活かし、おいしいりんごが採れるりんごの木の特徴を確認します。


日当たりが良いことを確認し、
適度な降雨量があることを確認し、
枝ぶりを確認し
最終的に見えない「根っこ」
が張っていることを確認します。


面接においての深堀り質問も同じように、
その人物の本当の「根っこ」を質問を重ねて確認します。



この深堀り質問を「5Why」と言っています。
多くのシチュエーションにおいて、「本当かどうか?」
確認するために「5Why」を面接官は多用します。




<<例>>
応募者の「志望動機」を確認したいときに、
直接「志望動機」を聞くのではなく、こんな聞き方をします。


面接官:仕事を選ぶときの「こだわり」は何ですか?
面接官:なぜ、それがこだわりですか?
面接官:その「こだわり」は当社で実現しますか?
面接官:なぜ、当社で実現できると思ったのですか?
面接官:他社はどこを受けていますか?「こだわり」はその企業でも実現できますか?


質問を重ねていくと、「一貫性」や「志望理由」がみえてきます。



こんなシチュエーションでも用います。
<<例>>
「やりきったエピソード」を確認するときの深堀り質問です。
本当にやったことは、経験しているので具体的に答えられます。


応募者:やりきったことの発表

面接官:なぜ、それをやろうと思いましたか?
面接官:最初に何をしましたか?
面接官:どんな場所ですか?何人いましたか?どのくらいの時間ですか?
面接官:最初のアクション時、友達の対応はどんな感じですか?
面接官:友達に何を最初に言いましたか?


人は、やってもいないことを言い続けられません。
本当に経験したことしか回答できません。
もし、うそをついた場合、その後のつじつまが合わなくなります。

何を「やりきったのか」・・→障害を乗り越えたのか
具体的な経験を引き出し、確認します。

こんな時にも用います。
<<例>>
ある一つの回答(仕事に活かせるかどうか?)を確認するため
質問を繰りかえす場合もあります。








応募者が鉄板質問の回答を用意しても、
面接官はその回答から突っ込んで質問を重ねます。

この深堀り質問に耐えて回答するには、少し訓練が必要です。

鉄板質問回答に穴があると、とことん深堀りされます。
最初に、鉄板質問に穴のない回答を作りましょう。
この穴のことを「地雷」とよんでいます。
地雷をなくした上で、わざと質問されるような部分(これをフックと言います)を挿入すると、回答を自分の得意なテリトリーに持ち込めます。

戦略的な面接対策は、エントリーシート内の「志望動機」「自己PR」「やりきったこと」を完璧に作成した上で、「フック」を挿入することです。
この「フック」から能力証明を強化していきます。

次回も深堀り質問の事例について紹介していきます。


やり直しのきかない本番前に
深掘り面接 経験しませんか
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/1084



次の記事
【共感力について】
【行動意欲と達成意欲】
【「共感力を持っている人」はなぜ内定を獲得するのか?】 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

グループディスカッション/面接対策の教科書 伊藤伸一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります