グループディスカッション/面接対策の教科書 伊藤伸一

ES/面接カード★小論文対策★ES/面接カードの志望動機/長所短所/自己PR/エピソード書き方★グループディスカッション対策★集団討論対策★面接対策について採用担当者の視点を伝授します。


テーマ:
適性検査対策 番外 PDCAサイクル

前回、PDCAサイクルについて話をしました。

補足説明いたします。

なぜ、PDCAサイクルが必要なのか?

企業で働く上で、トレーナー、コーチがいつも付いている訳ではありません。

マニュアルを通して、基本的な知識を教室形式で学びます。

同じ講義を受けても、

すぐに知識を飲み込み、行動を起こし、成果を出せる人と

なかなか出せない人がいます。


この「わずかな差」がPDCAサイクルを持っているかどうか・・・・です。


すぐに成果を出せる人は、

・どうすれば、早く知識を学習できるのか?

・どうすれば、早くスキルが身に付くのか?

・どうすれば、簡単に身に付くのか?

目標を持って始めています。


企業では、一通りのトレーニング機会を提供しますが

つきっきりでフォローするわけではありません。

成果を残すかどうかは、本人次第です。

この「本人次第」のところにPDCAサイクルが必要となります。

「上司がトレーニングしてくれない」・・部下に持ちたくない人材です。

「自分から試行錯誤し、行動を起こす」・・・欲しい人材です。



一通りの基本を学んだら、自分で考え、自分で行動を起こし、

工夫を重ね、新しい知識、スキルを身に付けていく人材。

この人材を企業は欲しがっています。

PDCAサイクルを回す機会はたくさんあります。

・趣味

・クラブ活動

・勉強、資格試験

・アルバイト・・・・・・・・・

「やりきったこと」からPDCAサイクルを読み取っています。

そして、性格検査はそのPDCAサイクルを回す

思考意欲、行動意欲があるのか・・・の補助データです。

補助データでも、思考意欲、行動意欲がある・・・・と出ていれば、

「やりきったこと」のPDCAサイクル証明は強化されます。



PDCAサイクルとは、「はてなキーワード」より

Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(見直し)
という政策サイクル。


最もシンプルなマネジメントシステム。

Plan(計画)           :従来の実績や将来の予測などをもとに業務計画の作成
Do(実施,実行)     :計画に沿って業務を遂行
Check(点検,評価):業務の遂行が計画に沿っているかどうかの確認,評価
Action(処置,改善):計画に沿って遂行されていない部分の処置,改善



具体的にPDCAサイクルを説明します。

①最初に目標を持ちます。

 ・簡単にやりたい

 ・すばやく結果を残したい

 ・お金をかけたくない

 この3つを「前提」に考えながら、

 SMARTな目標を立てます。


■Specific=テーマ・表現は具体的か?
■Measurable=第三者が定量的に測定可能か?
■Achievable=現実的に達成可能か?
■Realistic=現実的かどうか?
■Time-bound=期限がついているか?


PLAN

①SMARTな目標・ゴールを立てる

S:TOEIC600点目標

M:TOEIC600点

A:現在450点⇒半年で+150点実現可能

R:がんばれば達成可能

T:半年後


②どうすれば、効果的に点数がとれるか「事実」を集めます。

・どの教材が良いのか

・1日にどれくらいの学習時間が必要なのか

・暗記するにはどうすれば良いか

・学習効果をどのように測るのか


③この集めた「事実」から「仮説」を立てます。

・模擬試験を実施し、強みと弱みを知る。

・少ない時間で点数の稼げる問題から勉強を始める。


DO

④最も優位性のある「仮説」行動をとります。


Check

⑤途中成果を確認し、進捗と問題点を洗い出しします。

定期模擬試験では・・・思った結果が得られません。

問題は、勉強時間が足りないこと・・・

デスクの勉強以外に通学中のヒアリング勉強方法も考える。

  ⇒事実を集める。

  ⇒「仮説」の中から最も優位性のある改善策を出す。

Action

⑤改善策を行う。


この事実⇒仮説⇒検証⇒結論サイクルを基本とし、

PDCAサイクルを回します。

このPDCAサイクル証明方法は、エントリシート「やりきったこと」の書き方で

説明します。



このPDCAサイクルを持っているかどうかの

基本的な行動スタイル、意欲スタイルは性格検査から分かります。


どうやって、それを読み取るのか・・・・

続けて説明していきます。


次の記事
【適性検査対策その②結果の読み方】
【適性検査対策その③行動的側面:社会的内向性】
【適性検査対策その④行動的側面:内省性】
ブログパーツ

採用担当者が適性検査から見極めている3つのこと
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

グループディスカッション/面接対策の教科書 伊藤伸一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります