グループディスカッション/面接対策の教科書 伊藤伸一

ES/面接カード★小論文対策★ES/面接カードの志望動機/長所短所/自己PR/エピソード書き方★グループディスカッション対策★集団討論対策★面接対策について採用担当者の視点を伝授します。


テーマ:
面接官をやっていて・・・エピソードに思わず感動してしまうときがあります。

私は映画が大好きです。

映画のストーリーには、ある法則があります。

それは、こんなストーリーです。

・私は本当にダメな人間だった。

・あるきっかけから、そして気づきから、自分の中に「何か」が芽生え始めた。

・そして、誰もがやり遂げられないような目標を自ら立て、行動を起こし始めた。

・知識もスキルもなく、失敗の連続。

・うまくいき始めると「敵対者、悪者」が自分の進むべき道に立ち塞がった。

・彼の妨害により窮地に立たされた。

・「もうだめだ」というところで「師匠、協力者」が現れた。

・この師匠から多くのことを学び、成長した。

・成長し、「敵対者、悪者」を打ち負かした。

・多くの協力者が現れ、協力もあり先に進む。

・最後にゴールを達成する。


ロードオブザリング、ベストキッドなどこのストーリーに順じています。


「やりきったこと」を説明するとき、ストーリー性を考えてみませんか!

このストーリーには一貫性が必要です。

この「やりきったこと」以外のことも(長所・短所、自己アピール、志望動機)

一貫してストーリーをバックアップしていると

最強の「やりきったこと」のエピソードになります。


面接自己紹介時、このストーリーのフックになるようなことを

15秒くらい話すと・・・・後のエピソードが効いていきます。

ブログパーツ

面接対策、更に詳しく知りたい方へ
http://nagoya-naitei.com/

模擬面接

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

グループディスカッション/面接対策の教科書 伊藤伸一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります