グループディスカッション/面接対策の教科書 伊藤伸一

ES/面接カード★小論文対策★ES/面接カードの志望動機/長所短所/自己PR/エピソード書き方★グループディスカッション対策★集団討論対策★面接対策について採用担当者の視点を伝授します。


テーマ:
面接で緊張すると瞬きが多くなるのは何故か?

瞬きは普通3秒に1回くらいですが、弱気になっていたり、隠し事をしていたり、緊張していると回数が多くなります。

準備が足りなく、弱気になり、「何を質問されるのか・・・不安」なだけであれば、準備をしっかりと行い自信をつければ解決します。
しかし、慢性的な場合は「対人恐怖症」も考えられ、円滑なコミュニケーションができないと判断できます。
面接の場合、準備が足りないだけなのか、対人恐怖症なのか、見極めがつかないため「NG」にする場合も多くあります。

この場合、十分な準備を行い、事前に想定される質問の回答を準備し、模擬面接を繰り返せば「自信」がつき、緊張しなくなります。
多くの学生は、最初の3分間にこの緊張度が高く出て、瞬きが多くなります。
メラビアンの法則の「態度」「しぐさ」「言い方」「表情」などを確認する最初の「3分間」に瞬きが多くなるのは、残念です。

メラビアンの法則の記事
【面接のポイント メラビアンの法則】

性格もあると思いますが、練習により大きく改善できます。
なぜ瞬きが多くなるのか・・・・
ある本で読んだ事があります。
それは、少しでも相手と目を合わす時間を減らそうとする心理が働くからだそうです。

目を見て話すから・・どうしても相手の視線が気になります。

模擬面接では相手の鼻を見て話すようにススメています。
実際にやってみると、
①目を見て話す 
②眉間を見て話す 
③鼻を見て話す
この3つをやって模擬面接をしても相手は同じだと感じていました。

最初から鼻(鼻の中間くらい)を見て話をすれば、緊張しないと思います。
やってみてください。
気が楽になります。

友達に2mくらい離れたところから話しかけ
①目を見て話す
②眉間を見て話す
③鼻の中間を見て話す
変化があったのか確認してみてください。

多くの人が「分からなかった」と言っています。

「ネクタイを見ます」という学生もいましたが、さすがに分かりました。

緊張の度合いが安らげば、次は論理的な回答方法を学べば、なんとかなります。


次の記事
【志望動機にきちんと答えていますか?】
【なぜ、面接プレゼンテーションスキルが必要なのか?
【思わず面接官が感動してしまうエピソードの話し方】

ブログパーツ

面接対策、更に詳しく知りたい方へ
http://nagoya-naitei.com/

模擬面接

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

グループディスカッション/面接対策の教科書 伊藤伸一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります