グループディスカッション/面接対策の教科書 伊藤伸一

ES/面接カード★小論文対策★ES/面接カードの志望動機/長所短所/自己PR/エピソード書き方★グループディスカッション対策★集団討論対策★面接対策について採用担当者の視点を伝授します。


テーマ:

面接で採用担当者は何を見極めるのか?


採用担当者が面接を通して見極めたいのは?
「活躍し貢献するか?」になります。

どんな人物なのか?
個人的な見解ですが理想の人物像を箇条書きにします。
・仕事に対する情熱を持っている
・一緒に仕事をして楽しい
・礼儀正しい
・正直
・誠実
・真摯な態度
・積極的な態度
・約束を守る
・仕事の期限を守る
・お客様を大切にする
・主体的な行動力がある
・専門的知識を持つ
・迅速な学習能力
・リスク管理を持つ計画性がある
・時間コスト管理意識を持つ
・創造的行動力を持つ
・完遂能力がある
・クレーム処理能力がある
・論理的思考力を持っている
・第一印象が良い
・チームワーク力を持つ
・リーダーシップ力がある
・ファシリテーション力ろ持つ
・問題点発見能力がある
・分析能力がある
・問題解決能力がある
・論理的説得力を持つ
・影響力で相手をリードできる

・・・・・・・・・・

大きく3つのことを面接で確認します。
「能力」=活躍するためには必須です。
     筆記試験
     適性検査
     エントリーシート
     小論文
     グループディスカッション
     面接
     上記の選考プロセスを通して
     効果的に、「事実」⇒「仮説」⇒「検証」⇒「結論」を
     導き出します。

「相性」が合わないチームで数十年仕事をすると考えると
気が重くなります。
仕事を変えることが簡単にできる「アルバイトの仕事」では、
退職理由の一番は「人間関係」です。
この「人間関係」は、正社員の仕事でも「モチベーション」に
影響を与える「重要なポイント」です。

仕事に対する「情熱」は大事です。
大卒新入社員の3割が3年以内に退職しています。
・自分のやりたいことではなかった。
・思っていた仕事ではなかった。
「本当にやりたい仕事」であればこうならないはずです。
トレーニングが終わる3年で退職されると
1500万くらいの損失になります。
毎年100人採用する企業であれば、
30名退職すると、毎年4億5000万の損失を
繰り返し出し続けることになります。
この早期退職のリスク回避を行うために、
「情熱」を確認します。

参考ブログ記事

基本的な面接理論学習

採用担当者視点を持つ何をすべきか明確になります。
ブログ記事を通して「採用担当者視点」を持ちませんか!

次の記事
【面接官として感じること】
【面接で緊張すると瞬きが多くなるのは何故か?】
【志望動機にきちんと答えていますか?】

ブログパーツ

面接対策、更に詳しく知りたい方へ
http://nagoya-naitei.com/

模擬面接

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

グループディスカッション/面接対策の教科書 伊藤伸一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります