• 18 Sep
    • 深大寺

      そろそろ秋ですね。 ということでこの3連休比較的ヒマだったこともあり、 深大寺までチャリで行ってやろうじゃないの。と思い立ち、 早速Googleトランジットにて場所をチェック! ふむふむ。方南町から深大寺まで10㎞そこそこだな。。 ということは平均時速20㎞で行けば30分で着くじゃないか! まぁ方向音痴のおれでも1時間あれば十分! と思い、涼しくなった夕方の5時に家をスタート。 まず方南通りから井の頭通りに出て、久我山を目指す。 久我山まで20分ぐらいかな。 その後、連雀通りを通って予想通り約1時間で到着! しかし・・・どうやら今まで見たことのない場所で、 あれ?あれ???とさ迷い続けること30分。 気がつくと陽はとっぷりとくれてしまい、なんとも心細い。。 そんなときに力になってくれるのがやっぱ消防署! なんとも親切に深大寺を教えてくれました。 すると驚くべき言葉が消防隊員の口から。 「深大寺って地名は二ヶ所あるんだよ。」 !!? (なんですと!!?) どうやら、私は深大寺のお寺ではない方の深大寺にいたようだ。。 僕が行きたかった深大寺は正確には「深大寺元町」という地名らしく、 事前に調べていたGoogleトランジット君は丁寧にも、 正確な「深大寺」を教えてくれていたのである。 なんともがっかりしそうな結果を元に、深大寺を目指し、 見事深大寺温泉にたどり着いたときにはなんと既に7時。 2時間も自転車に乗ってるとさすがにおしりが割れそうになる。 残暑の深大寺を愛でることはできなかったが、 深大寺温泉のまっ茶色なお湯で汗を流し、 今はまっている本、Google誕生を読破し、帰路につきました。 深大寺元町は甲州街道からすぐだったため、 まっすぐ帰ると約45分で帰れましたとさ。。

      テーマ:
  • 04 Sep
    • English

      最近英語が愛おしい。 なぜか今年は英語に触れる機会が非常に多い。 先述のフランスしかり、2月に行った海南島しかり。 さらに、今年の夏コートニーという女の子(15歳)が 実家にホームステイをしに来た。 これがコートニー。 非常に可愛らしい笑顔を見せる女の子で、 ぱっと見完全な日本人だが、日系4世のバリバリのアメリカ人。 この写真は箱根の芦ノ湖で海賊船に乗ったときの写真で、 まだ会って数時間の時。 彼女はほとんど英語しか喋れないのでコミュニケーションはもちろん英語。 僕のつたない英語できちんとコミュニケーションが取れたかどうかは疑問だけど。。 彼女は約1週間実家に滞在して大阪、京都に旅立って行った。 サヨナラパーティーに顔を出したときに、やっぱり友達と英語で コミュニケーション取ってるときの方が楽しそうだなぁ。。と 自分の英語力のなさを痛感。 更に時は8月中旬。 姉に連れられて外資系企業のサマーパーティーに参加。 そこで仲良くなったイタリア人とバングラディッシュ人と飲み会。 メールも会話も全て英語! そのときの飲み会の様子がこちら。 左からマッシモ、僕、マンズール。 これは茅場町の「うまげな」という居酒屋で激安!!! 3人で食べて飲んで@6,000円という驚愕のお値段。 遠いけどこれなら通ってもいいかも(笑) 話した内容は日本に来て「これおかしくね??」とか 「ここが素晴らしい」とかそんな内容。 あと全員既婚者ということもあり、奥さんのこととか。 やっぱイタリア人は情熱的だった★ 奥さんのことをすごく大事に思っている。 ちなみにマッシモはイタリアのフィレンツェの近くの街で オリーブ農園を営んでいて、日本ではオリーブオイルの 通販をやっている。彼曰く、僕のオイルはフェラーリだ!と。 そしてマンズールはもっとすごい。 バングラディッシュで大学を出てインドでMBAともう一つ 修士課程を就学していて、その後バングラディッシュで少々働き、 ただ今33歳で日本の転職支援会社で働いているという。 世の中すごいヤツっていっぱいいるなー。かなわんなー。と 素直に思った瞬間。まだまだぐずぐずしていられません。 今後も定期的に飲もうぜ!と約束してお別れ。 やはり英語力をもう少し付けたい。 ヒアリング能力はだいぶ上がったものの、まだ 自分の喋りたいことをキレイに喋れない。 週末はCD付き英語教材を漁りに行こう。

      1
      テーマ:
  • 03 Sep
    • パリ最終回

      だいぶサボったなー(笑) 楽しみにしていた方、すみません。 パリはだいぶ遠くに感じるので今回で最終回にします。 最終日はクリニャンクールという蚤の市があるパリでも 北部に位置している街に朝からお出かけ。 こんな感じのアンティークキーホルダーのお店があったり、 画商のお店があったり、アンティーク家具のお店があったり。 そんな中見つけたイタリアチョイ悪オヤジ! おそらくこのおじさん、画商ですね。 後ろのお店には高そうな絵がずらり。 それにしてもこの配色センス、素晴らしい。 オレンジの靴にオレンジの短パンなんて、 日本人じゃそうそう着こなせないからね★ そんなこんなでクリニャンクールの街を満喫した後、 夜は7月14日のフランス革命記念日ということで、 セーヌ川クルージングへ☆ そこに行く途中でエッフェル塔の前を通り・・・ はい、ネタですね。 中に着ている黄色のTシャツはシャンゼリゼ通りの アディダスで購入したもので気に入り過ぎてすぐ着ちゃいました♪ これはセーヌ川沿いの建物。 なぜか壁一面があらゆる植物に覆われていてかっこいい。 東京にある建物も全部これにしたらいいのに。。 なんて思いつつ一行はクルーザー乗り場に到着。 座るや否やご飯が出てきて・・・ これはメインかな。結構ガッツリ。 それにしても夕暮れ時のセーヌ川は本当にキレイ。 よく映画とかで「私、パリが好き!」とか言ってて 何言ってんだお前は。。とか思ってたけど、これなら納得(笑) 男の僕でさえ少しうっとりしてしまうような美しさ。 そして本日最大のイベント、お父さんの退職?祝いということで、 娘と息子、おまけに僕でミツオ風の絵をプレゼント。 思い出に残るといいなぁ。 その後、セーヌ川は花火をエッフェル塔の横でボンボン! 打ち上げていました。 ブレてて残念ですがこれまたとってもとってもキレイでした。 日本のような打ち上げ花火ではないんだけど、 色はやはりフランスらしく、白、赤、青が多かったかな。 うっとりとしながら宴はあっという間に終わり、 最後は船のオベーション代わりの汽笛と観衆の スタンディングオベーションで幕を閉じ最終日を締めくくりました。 今日本に戻ってフランスを振り返ってみると、 徹底して観光大国を貫いてるなー。と実感。 経済のケの字も感じさせないぐらい観光ずくめで、 歴史的建造物も徹底して保護して観光地にしてしまう。 それに比べて日本は中途半端だなー、と。 かと思えば、先週末ペニシュランホテルがOPEN. 内装は日本風にこだわって伝統の技を生かしているらしい。 島国日本人よりも外国人の方が日本文化の尊さ、素晴らしさを 理解しているのかもしれない。 でもそれってとってもさびしいなーと思った週末でした。

      テーマ:

プロフィール

shingorilla09

自己紹介:
ども。気ままに書いてるのでよろしければたまに覗いてね♪

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

旧ランキング

このブログは旧ランキングに参加していません。

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。