• 31 Oct
    • 24モバイル

      皆様、24モバイルたるものをご存知だろうか?それがこちら。ボーダフォンとのコラボレーションらしき企画なんだけど、これがまた良くできていて、3話ずつぐらい毎週月曜日に見れる仕組みになっている。内容は24シーズン4と同時進行でのストーリー展開。内容は1分×24回分なので、そこそこのコンテンツだが、やはり映画までとは行かない。でも画像とか音声とかは素晴らしい!「おーおー時代は進化しているのぅ。」と思う今日この頃。もともとなぜかJフォンを愛用していた私だが、今となっては凹み気味。ふと思うのだが、なぜかおれはいつもNO1の組織に所属することがない。いつもTOPを追う立場にいることが多い。会社のポジションも然り、高校、大学のラグビーも然り。でもそっちの方がいいと思う。おれがNO1になったらきっと傲慢になるんだろうなぁ。。と思う。追っているからこそ本気になる。抜きたくなる。でもいつかはきっと日本一!

      1
      テーマ:
  • 27 Oct
    • 包丁購入

      本日包丁を購入した。仕事柄フリーペーパーを見る機会が多く、どこかのフリーペーパーで見たのがきっかけ。それがこちら!なんでも種子島の職人が作っているらしく、鹿児島県の指定伝統工芸品らしい。種子島はもともと銃を作っていたので、こういった刃物も伝統として根付いたとのこと。なんでも1本1本鋼から叩いて作っているらしい。つくっているのは池浪刃物製作所。多分男ってこうゆうこだわりの一品!みたいのに弱い。おれなんてとにかく早く帰ってねぎのみじん切りしてみたいからね(笑)でもネックなのは錆びやすいこと。濡れた常態で置いておくとすぐに錆びてしまう。錆びてしまったら砥がなければならない。でも砥げない・・・。ま、やってみるしかないわなー♪

      テーマ:
  • 24 Oct
    • 湯河原。そして実家。

      土日で湯河原に旅行に行ってきた。理由はさておき、とてもきれいな空気を吸ってきた。まだ紅葉はしていなかったものの、空気は清み、温泉は良し。もうおっさんですな。これ旅館の一こま。そして夜はどんちゃん騒いで疲れて眠り、朝は寝ぼけ眼をこすりながら大浴場へ。ぼーっと湯につかっているとだんだん血が巡り、昨日の夜の出来事を思い出す。ついつい調子に乗って歌った長渕剛の乾杯。なかなかいい歌だなぁと再び口ずさむ。悪くない♪と頭に乗ってなぜか朝から風呂にて熱唱。一汗どころか十分汗を流し、朝食の席に着く。ごく普通の朝ごはんだが、またそれがいい。静岡だけに鯵の干物が出て、温泉卵が出て。粗食で控えめなところがまた憎らしい。せっかく近くまで来たからと帰りに実家に帰ることにした。ここでも頭に乗って家のバジルを使ってトマトパスタを両親に振舞う。完璧に自己満ですな。ふぉっふぉ♪そしてデザートは母上のお手製パウンドケーキに、恒例の食後のコーヒー。たまらなくいい気分になり、秋の陽気に誘われるがまま、窓際にてお昼寝。そりゃ太るわな(笑)目が覚めるともう夕方。母親はせこせこと夕飯の準備に励む。僕は暇そうな愛犬を誘い、トレーニングがてら散歩に出かける。ちょっと早めの焼き芋屋を捕まえ、手土産を購入し夕焼けの見える高台へと急ぐ。あぁなんて素晴らしい実家。そして静岡。散歩を終えて家に戻るとなんだか煙臭い。ワッツ!?と庭を覗くと親父が火を熾している。「いきなりどしたの??」「かあちゃんが熾せって」うん、そりゃしょうがないよね。。と、そこに秋刀魚登場。もうやめてよね、これ以上誘惑しないで。炭で焼いた魚はガスとは比べ物にならないくらい美味。食べたことがある人はわかると思うが、その味はもう絶品☆その後焼き鳥、ばら肉と炭火焼きを満喫した後、最後は静岡茶で〆。あぁ、もうどうにでもして頂戴。と、言いつつもまた雑踏の中に帰る私。きっといつかはおれも田舎暮らし。VIVA!田舎っぺ☆

      テーマ:
  • 21 Oct
    • マルシェ

      今日丸の内で長谷川京子を見た。JAのイベントでトークショーをしていた。なんかフッツーな感じではあったものの、イベント自体に興味津々♪田舎の特産物を屋台で売っていたのだ。肉から野菜、米、果物、味噌など秋の味覚がたくさん☆もともと農学部だった僕はこうゆうのが大好き♪お祭りをも思い出させる雰囲気がさらに好き。昔は小さいお財布の中身と相談しながら、何を買おうか三島の大通りを何往復もしたもんだ(笑)とゆうことでいろんな味覚を食べまくっていたらおいしいみかんに遭遇。速攻箱で購入♪意外と高かったけど、これでビタミンC捕りまくり☆もうカゼひきません。秋の味覚と言えばフランスのマルシェを思い出す。大学2年のときに行ったフランスでは、食べ物がとても美味しいことにたまげた。(前の国がイギリスってこともあって★)フランスでは朝一が毎日出ていて、美味しい果物とか野菜が気軽に買える。僕はホテルの朝ごはんは高いので、毎日マルシェにて適当にフルーツを買い部屋に戻って食べていた。特に印象深い街はモンブランのふもと街のシャモニー。トレモントホテルというどこにでもありそうな名前のホテルに泊まったのだが、その街が気に入ったため急遽追加でもう1泊することにした。なんとかフロントのお姉ちゃんに交渉して通してもらった部屋は、なんと屋根裏部屋。とは言ってもねずみが走るような陰気な部屋ではなく、天窓があって大きいベッドもある素晴らしい部屋だった。ただカギが昔の古い鉄でできてるカギで、(これでカギかけれるのかなぁ。。)と思ったっけ(笑)そこでは学生のカルテットが街の真ん中で急に演奏を始めたりしちゃう街で、こーゆーときに彼女と愛犬がいたらすっげー楽しいんだろーなぁーと思った記憶がある。もしフランスに行くときはぜひ足を運んでみてはいかが??

      テーマ:
  • 19 Oct
    • モーニングセット

      今日初めて Tully’s のモーニングセットを食した。トースト2枚 + ホットコーヒーで@400円ぐらいだったかなぁ。そのトーストが意外に美味しい♪追加でジャムとかも頼めたりしてなかなか気も利いている。パン自体はほんのり甘くて食パンっぽくないのがまたいい。 さらに2年前からお気に入りのマロンラテもついに登場。早速飲んだけれどもなかなかのお手前で♪イタリアのバール(カフェ&バー)ではみんなエスプレッソを飲みながら甘栗を食べているらしい。なんておしゃれなんでしょう☆僕はもともと朝が苦手で、朝ごはんも食べれない。食べてもバナナとか飲むヨーグルトとか100%のフレッシュジュース。最近飲んでいるのはもっぱらポンジュースのオレンジかアップル。大学生のときはよくヤマヤの安いドン・シモンのオレンジジュースを愛飲していたのを思い出す。 100%なんだけど、なんだか怪しい味がするのが特徴で、でもそれがスペイン流なのかなぁ。。と思いを馳せていた気がする。話はずれたけど、モーニングっていろいろ需要がある気がする。名古屋のモーニングはあまりにも有名で、おぐらトーストなんかもあり非常に興味深い。こんなんだからね。なまこも最初に食べた人はすごいと思うけど、おぐらトーストを最初に試した人もすごいと思うなぁ。。朝ごはんってそもそも食べないといけないんだけど、食べれていない人っていっぱいいると思う。それって専門的に見ると健康維持とかにつながったり、成人病予防なんかにもつながるっぽい。そこにビジネスチャンスがある気がしなくもないかなぁ。。と、思った今日この頃。

      1
      テーマ:
  • 17 Oct
    • ロッテ優勝!

      ついに!ロッテが優勝しました。クローザーの小林雅が打たれてから2日。彼はきっと眠れなかったことだろう。あと3人まで迫っての押し出し。悪夢で眠れやしないでしょ。でも今日の彼は少し違って見えた。最初から腹をくくったような、今にも泣きそうにおれには見えた。もう一度チャンスをもらえた奇跡を喜ぶかのように。これでロッテ-阪神戦も見れるのでもう万々歳ですね☆これに関連して。今日後輩の嶋田がリゲインから大型受注をした。リゲインはおれが育て上げたビッグクライアント。その思いは一入(ヒトシオ)。担当者からもありえないぐらい評価されていただけに、今回の受験生企画も成功させたかった。そこでの受注だったので非常に嬉しかった☆さらに!限定キャンペーンのリゲインファイテンネックストラップも嶋田がもらってきたのだ!そして喜びの写真。我ながらひどい顔してるわね。でも本当に嬉しそう(笑)阪神と同じカラーだし大事にしまっす☆

      1
      テーマ:
  • 15 Oct
    • ついに秋がやってきた。僕は今まで秋はそんなに好きではなかった。秋になるとラグビーシーズンが本格化し、練習も遅くまで厳しいものになる。自分が15(フィフティーン)に入っていれば別だが、僕はレギュラーでなかったため、非常に憂鬱な思いで練習に参加した苦い思い出だ。またこの時期は決まって金木犀の香りが漂う。 この香りは先日ご紹介した沈丁花と同じぐらい好きな香り。トイレの匂いに似てる、とか言う人もいるけど、トイレの香りを作った人がこの香りにしたの!そこ勘違いしないように。。この香りとともに冷たい空気を吸い込むと身が引き締まる。きっと一年目のときの緊張感を思い出すのだろう。きっとこれぐらいの時期に新宿御苑とか井の頭公園とかにピクニックにいくと気持ちいいんだろーなぁー・・・。

      テーマ:
  • 13 Oct
    • ☆天使のメール☆

      今我が部では☆天使のメール☆たるものを実施している。イメージはこんな天使☆内容は以下の通り。各メンバーに以下のメールを匿名で送る。******************************クロスメディア☆エンジェル達ご多忙の中いかがお過ごしでしょうか?そこで私《エンジェル☆クロス》より新しい試みです。方法はいたって簡単!あなたの周りにいる人を褒めちぎってください!日々ツメられているあなた!チャンスですよ!以下各人について記入後エンジェル☆クロスまでレスしてください。全てのメールが集まった時点で各エンジェルに賞賛の声をまとめてメールにて返信いたします。ex:X氏:いつもミーティングルームの清掃に取り組んでくれ     ているあなたはとってもエライ。↓どうぞ(50音順)☆柄本様☆☆丸林様☆☆新井様☆☆嶋田様☆☆原様☆☆荒井様☆☆岩崎様☆以上迅速にお願いいたします!☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆   エンジェル☆クロス  好物はマシュマロです。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆******************************といった形。ちなみにこれは独創的なマネジメントで一世を風靡した「サウスウエスト航空」の手法を参考にしていて、人事部長が考え出したマネージメント方法。とにかく褒めまくっていい部分を伸ばそうというマネージメント手法。9月にビッグクライアントを1年目に振り、売り上げが相当凹み部内に雰囲気が悪くなってしまったことを配慮して僕が単独で行動した。正直言うとこうゆうのってトップがやるべきでしょ?って思う。自分のメンバーなんだったらもっと大事にしてほしい。結果は大成功☆みんな褒められたいんだな、って思った。おれもだけど褒められると誰だって嬉しい。でもなかなか褒めれないのは褒め方を知らないから。良くマネージメントで言われているのは、「9叱って1褒めろ」まさにあめとムチですね。松下電器の創業者松下幸之助は、部下を烈火のごとく叱ったという。叱られた部下は恐ろしすぎて失神してしまったという伝説さえ残っている。しかし彼は非常に部下思いで、叱った後は部下の奥さんに電話をして気遣っていたらしい。松下幸之助の時代とは時が違えど、そういった精神は非常に大事だと思う。普段厳しい人に褒められるとそれはまた別格に嬉しい。そんな思いを部下にも味わってほしい今日この頃でした。

      1
      テーマ:
  • 11 Oct
    • 入れ食い♪

      日曜日の午後一で沼津から釣りに行ってきた。面子はいつもと変わらず、ボス、福、それから大ボスの早房氏。この面子楽しいときはいいけど酔っ払ったりすると相当めんどくさい。みんな「おれがおれが」タイプなので全く統制が取れないのだ。船もいつも通りの幸松丸。これが船頭のまっつん。本物はもっと悪そうな顔してるんだけど、すごい面倒見が良くっていつ乗っても釣らせてくれる。今回はブリの子供のイナダが釣れるらしく、珍しい仕掛けの道楽仕掛けという釣り方でチャレンジ。コマセをかごの中に詰めて、その下に針を5つ程つける。針は大きい針と小さい針がセットになっていて、小さいはりにイワシが付くようになっている。そのイワシにイナダが食いつくといったなんとも残酷な仕掛けである。実際これで試してみると釣れる釣れる!もうかなりの入れ食い状態で、糸をたらせば釣れちゃいまいした。結局1人10匹ほど釣って(ちなみにおれは9匹)みんな満足でフィニッシュ!早速家に帰ってイナダをサバき、刺身に鍋、照り焼き、アラ汁と、かなり豪華な魚祭りが催された。さすが新鮮な魚だけあって、どう料理しても美味い!これぞ秋の味覚☆でも刺身は1日置いてから食べた方が油が回って美味しいらしい。ということで昨日もイナダ三昧でしたが全く飽きませんでした。次は鮭行きたいんだよなぁー。。いくらも鮭も楽しめちゃう☆みたいな??それでは皆様次回お楽しみに☆

      テーマ:
  • 06 Oct
    • 寿司屋 後編

      まず頑固一徹親父から出された握りはイカ。「塩を振ってありますのでそのままお食べください」なるほどね。塩ね。おもむろに口に寿司を運ぶ。!!!うまい!!!イカってこんなやわらかかったっけ?さらに店主の攻撃は続く。「続いて東京湾のあなごになります。」あなごは大の好物。期待に胸を膨らませつつ寿司を口に運ぶ。ふんわりと柚子の香りが口の中に広がる。店主が出す前に柚子をだおろし機で削って寿司に振りかけていたのだ。思わず昇天寸前。と、そこへ何気ない会話が生まれる。店主:「いつもこんなに遅いんですか?」私:「ええ、これでも早い方でして。。」店主:「そうなんですか!若いのに大変ですね。」私:「ええ。。」若いのに大変。若いから大変?若くても大変じゃないやつもいる。大変なおれは幸せ者か??と妄想を膨らませていると店主よりとどめの一撃が。「最後に青森産のマグロになります。」青森産のマグロといえば、テレビで特集を見たことがある。1匹捕れば車1台買えちゃうらしい。どんなお味だろうか。。とろける、と良くトロを表現する人がいるが、そんな4文字では表現できない。「とろける」はなんか生暖かいイメージだが、このマグロは何か品を感じさせるやわらかさ。最後の方は酔いも回ってきてかなり気持ちよくなって、気持ちよく帰路についた私でございます。

      2
      テーマ:
  • 03 Oct
    • 寿司屋

      金曜日に少し落ちていたこともあり、一人で飲みに行くことにした。時計はすでに11時を回っていた。愛車の「ラビット号」にまたがり夜の闇の中中野坂上方面に。末日の忙しさが堪えたのか、少し小腹が減った。(お寿司でも食べたいなぁ。。)僕は疲れていると酸っぱいものが食べたくなる。(でもこんな時間じゃ開いてないよな・・・。)落ちているときは思考もマイナス。適当に静かなところ一人寂しく酒でも煽ろうかと思っていた矢先のこと。 青梅街道には似つかわしくなく、店から優しい光がぼぅっとこぼれていた。暖簾の字は微妙にひしゃげているものの、店の雰囲気がそれを正当化させているほど高貴な作りだった。僕は迷わず愛車を道端に止め、暖簾をくぐった。「・・・いらっしゃい!」微妙に間が開いてからの掛け声。それもそのはず、客は誰もいない。きっと休んでいただろうことが窺える。それにしてもカウンターはきれいな木目造りだ。 安い寿司しか食べたことがない僕は、ふと値段表がないことに気づく。そういえば、高級寿司屋は値段表を出さないって聞いたことがある。心臓がドキドキしているのが自分でもわかる。(落ち着け落ち着け、とりあえずビールだろ??)ということで、生ビールを頼む。と、「すみません、生ビールは置いてなくて。瓶でもいいですか?」おいおい、生魚は置いてても生ビールは置いてないってか??瓶ビールはあまり好きじゃない。生ビールの方が飲みやすいし、瓶は少し親父臭いイメージだから。でも“郷に入れば郷に従え。”ということで、「じゃあエビスで。」キンキンに冷えた瓶ビールとコップが出てくる。なんとも普通のコップ。アウェー感満点ね。まぁそれも今となっては気持ちがいい。と、おもむろに奥から店主らしき人物登場。ねじりハチマキみたいのを短く刈られた頭にきちっと巻いた彼は、まさに頑固一徹、寿司職人に見えた。かれは手際よく魚が入った箱を冷蔵庫から取り出し、カウンターの目の前に置かれた氷塊の上に設置した。まるで、「何から握ります?お坊ちゃん」とでも言わんばかりに。そう、僕は明らかに若く、若すぎ、その場に似合ってるとはお世辞にも言えなかった。そして僕は口を開いた。「5,000円ぐらいで適当ににぎってもらえますか?」我ながらなんとも上手い注文の仕方。店主も(それがいいよ。)と言わんばかりの顔で作業に入る。気持ちいいほどの手際よさで。。【つづく】

      テーマ:

プロフィール

shingorilla09

自己紹介:
ども。気ままに書いてるのでよろしければたまに覗いてね♪

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。