{45E2D622-D6E9-4000-BF15-D5608447B94A}

20年前のぼくと
今の慎吾くんがコラボしてる瞬間は

たまらなくキラキラしていて
太陽を浴びて
しっかりボロボロになった車体から
しっかり年月と昔を背負った
新しいキャンバス鉄道完成に
涙が出ました



一緒に描いた子もとなりにいたね
このときこの世をさった
おばあちゃんもきっといてくれたと
感じます


慎吾くんがキラキラとした笑顔で
これからを語ってくれたこと

すごく嬉しくて


ひとつひとつの描かれた星が

『あのころのみらいに 
ぼくらはたっているのかな』


たくさんの想いがかさなり
20年前と感じることも
考えることも違います 

この一年で感じた思いも

『ぼくらは いつだって  ひとりじゃないんだよ』



流れてくる音楽にただただ共感





きみはきみだよ
こころがきめた
あしたならば
それがほんとだから…






慎吾くんだけでなく
みんなそうなの
って泣けてきた

今この時に夢のキャンバス鉄道を
塗り直しに行けたことは
とても大きなことだったんだと
感じるよ


朽ちてきても 触らず
大切に守ってきてくれた
津軽鉄道のみなさん
ちいきのみなさんの暖かさに
感謝しています



これからのみらいが
みえてるからこその

あのキラキラの顔
こころのおまもりに頑張ります





きっと
お友達も 親友も お兄ちゃん達も
たーくさんのひとが見守ってくれてた日だった



ね♡

AD