ここにしか書かん

気が向いたときのみ更新します。
頻度はとても低めです。


テーマ:

卒論で完全にそんな状態でゲス。


こんな時は、妄想に耽るのが、一番でしょう。





以前、僕は友達と精子について熱く語ったことがあります。


あ。ちなみにそんな下ネタじゃないんで。





具体的には、 「精子の凄さについて」です。


まず、なにが凄いかといいますと、飛ぶわけです。彼らは勢い良くこの世界に出てくるんです。


それは、マジでチアリーダーみたいなテンションで出てきます。ポンッ!!みたいな。














話は、なぜそんなに飛ぶのか?内部構造は一体全体どないなってるのか?ということになりました。


僕達の見解では、性器の内部にはきっと発射台みたいな物が存在するということが濃厚であるということになりました。


各々の精子達が発射台にスタンバイするわけです。


まぁ、こんな感じで。ちなみにこれは飯島愛。











んで、「一号行きます!!」、「二号行きます!!」ってな具合で飛び出るわけです。


うん。これでなぜ飛び出るか解決しましたね。


内部構造は、おそらく、



男性器内にウォータースライダー的なアミューズメントパークが存在するか、



もしくは、




































NASAが開発した精子用の発射台が、設置されているかです。






さぁ、内部構造についても解決しましたね。こんな感じでひとつひとつの問題点を潰していきましょう。












次に、その凄さは数にあり。ということです。


一気に億単位で出てくる精子です。


もしも、全ての精子が強固で、空気に触れても死なないとすれば、男性一人で世の女性を孕ますことができるわけです。




もしも、そうなったとしたらその男性の子供で日本中は埋め尽くされるわけです。









そうなると、養育費が大変です。


すると、国が重い腰を上げます。そうです。国のお金を運用せざるを得ないようになります。


世論もやむをえないという態度をとるでしょう。












そう。一国を動かす力が精子にはあるのです。


いや、というよりむしろ地球を動かすことができます。


そんな精子はほんまに凄いんです。









小学校で「僕の(私の)お父さん」って言う題名で作文を書かせると、


多くの小学生達が、苦悩します。


母親がしっかりしていないと非行に走ります。


また、そんな子供達を不憫に思ってか国の将来を案じてか大人達がその子供達を殺すということが起きるでしょう。



治安の悪化は免れません。







ここまで、妄想が走ると恐ろしくなるので、僕達はこの話は終わりにしました。


最終的にわかったこと。



それは、精子はほんまに凄い ってこと。




そして、

















































結局下ネタやったということです。



ごめんなさい。


さて、卒論卒論。






もしよかったらクリックしてください!!





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

という質問が僕に寄せられてきました。(ウソ。自分で思いついた。)


それについて考えてみましょう。





①走るより速く歩く


カッコいい。モーリス・グリーンが本気で走ってる横で、先にゴールテープ切るんです。歩いてるのに。カッコ良過ぎ。




②歩数を数えながら歩く


カッコいい。だって、万歩計を全く当てにしてないわけですからね。数字が増えると、「9百8十7億5千4万3千2百9十7」って感じで、1歩数える間に5歩くらいいきますね。

むしろマイナスにサバを読むところがカッコいい。




③アルタ前でアルク


カッコいい。言葉が掛かりそうでかかってないところがカッコいい。モード系の服に古着を取り入れた着くずしみたいにパーフェクトなとこまであとちょっと足りないところが、カッコいい。




④車を押しながら歩く


カッコいい。だって、『ビーチボーイズ』のワンシーンですもん。カッコいいに決まってるでしょ。




⑤くさや片手に歩く


カッコいい。ワックスを髪の毛につけたり、オシャレな服を着なくても他を寄せつけなく、誰よりも目立てるところがカッコいい。一匹狼のような存在になれる。



⑥4本足で歩く


カッコいい。レトロな感じがカッコいい。まるで新車を敢えて買わずに、クラシックカーを買うかの如くカッコいい。昔のスタイルを大切にするその姿がカッコいい。




⑦歩くべき時に歩かず、歩かないべき時に歩く


カッコいい。人と同じことをしないところがフランス人みたいでカッコいい。歩く歩道で、歩かない姿。そして、赤信号の横断歩道を車を避けながら歩く姿。それぞれがカッコいい。




⑧道にある白線だけ歩く


カッコいい。「白でもない黒でもない俺たちはグレイ」ってゆーてる人達よりカッコいい。そのハッキリとして、綺麗な心を表しているかのようである。







皆さん是非試してください。きっとカッコいいはずですからね。




今回から新しいテーマを設けました。


シュールリアリズムの挑戦です。たまにやっていくんで見てくださいね。







もしよかったらクリックしてください☆




AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。