テーマ:

本日は、ヤン様の寄稿コラム【ヤンの字雷】をお届けします!

 

日本を破壊することには長けている自民と維新が連立を組んだら、日本即死でしょうね・・・。

 

日本国民はヤン様コラムでそのことを学ぶべし!
 

 それではヤン様のコラムをどうぞ! 

 

↓忘れずにクリックをお願いいたします<(_ _)>
人気ブログランキング


森友学園疑獄で維新も討て!大阪都構想再チャレンジの恐怖 【ヤンの字雷】
 
 

 

再び大阪都構想

大阪市のローカルな話なのであまりご存じの方はいないかもしれませんが、維新と公明党が大阪都構想に再チャレンジ!という動きがあります。

大阪都構想に強硬に反対し、渦中にあった一人として振り返ってみますと2015年1月末~5月17日までは本当に大阪市にとって「大変な時期」でした。

なぜならば大阪都構想という「大阪市解体構想」が、公明党のわけの分からない動きから住民投票が決定し、そして僅か1万票の差で「否決された」という劇的な時期だったからです。

 

この時期に繰り広げられたのは、大阪都構想賛成派および維新による「詐欺的な印象操作」「プロパガンダ」でして、私は人の名前はたいてい○○氏だとか○○役職(大臣とか)と書くのですが、橋下徹だけは呼び捨てで書きます。

詐欺師に敬称は必要ないとの思いからです。

再び住民投票?勘弁してくれ

一度住民投票という「直接的な投票」で決めた事柄というのは、おいそれと気軽に「ちょっと修正したからもう一回」といかないのは常識中の常識です。

だからこそ私は2015年の1月末~5月17日まで、自分のプライベートを殆ど犠牲にしながらブログやBLOGOSでの都構想への反論をし続けたのです。

 

しかし大阪市の「政治を軽く扱う、不真面目で常識のない維新」は「住民投票という重大な決定」を覆し、ふたたび住民投票に持ち込もうとしているようです。

そして公明党はそれにどうも加担している節があり、正直な感想を言いますと「ふざけるな!勘弁してくれ!」です。

森友学園と松井知事

森友学園問題が当初持ち上がった時、松井知事は「俺は関係あれへん」というスタンスでしたが、問題が大きくなるに連れて「悪いのは籠池氏、あと政府の行政」というスタンスに変更してなんとか「自分は被害者ヅラ」という姑息なスタンスが目立ちます。

しかし私学審の決定も、最終的には府知事が認めないと手続きが完了しないわけで、つまり責任逃れは許されないはずです。

 

あまり他県の方には理解されにくいのですが、大阪では維新が「与党」でして、その維新が過去に「森友学園に好意的であった」のは間違いがありません。

安倍政権”も”大阪維新”も”討て

安倍政権が数々進めてきた「新自由主義的な」「日本を破壊する政策」と、維新が進めようとしている「大阪市を消滅させる構想」、実によく似ていると思いませんか?

いわゆる保守、似非保守、戦前回帰の時代錯誤な思想を是とする連中は、何故か本当に守らなければならない”日本”を直視しようとしません。

移民の推進、小さな政府という名の地方切り捨て、緊縮財政、こういった「売国活動」を止めるためにも、今回のスキャンダラスな「森友学園騒動」、そしてこれから精査されるであろう「加計学園問題」で流れが変わることを、一大阪市民として、そして日本国民として切に願っております。

 

(了)

 

ヤン様の記事をもっと読みたい方は下記ブログへ! ↓  ↓  ↓ 

コテヤン基地 http://ameblo.jp/yangh-wenly/

 

↑↑↑クリック♪クリック♪

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(1)

進撃の庶民さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります