こんにちは~。

お盆真っ盛りですね!

皆さんは夏休みを満喫されてますか~?

 

ちょっと、ブログの本題に入る前に。

いつもご支援くださっています友人知人またはこのブログを見てくれている皆様へ。

とても多くの人に見てもらったお陰で「メンタルヘルスランキング」上位にランクインできることができました!

この場をお借りして「ありがとう!」をお伝えしたいです!

隠れ家は変わらず予約が取りずらい状況ですが・・・

これからも多くの人に出会い、素敵な笑顔をたくさん見れればいいなと願っています!

これからも「真眼 池袋」をヨロシクお願いします!!!

 

さて、皆さんはお墓参りに行きましたか?

ご先祖様が眠るお墓の周りをキレイに掃除して手を合わせる。

日本の古き良き風習ですね。

亡くなったご先祖様と心で会話することによってオーラは落ち着き浄化されます。

故人に祈りをささげ謙虚にそして静かに向かい合うこと。

次の時代にも残したい日本人の姿ですね。

 

亡くなった人の魂に願いを込める、ということも多くの人が経験することですね。

身内に病気があれば、ご先祖様に「病気が治りますように」と願いを込める。

ここ一番の勝負というときに、やはりお仏壇に正座して手を合わせる。

日本では亡くなった人の魂が「仏様」となって現世の人間を守ってくれているという思想があります。

または「神様」となって土地や個人を守ってくれるといったケースもあります。

戦争で亡くなった英霊は靖国神社で合祀されていますね。

亡くなった方々の英霊は靖国神社で「神様」となり日本を守っているという仕組みです。

 

神道では時代の権力者や功績を残した人の魂は「神様」に祀り上げられます。

代表的なのは徳川家康が日光東照宮に祀られているケースで、徳川家康は「大権現」という神様になってしまいました。

また、非業の死を遂げた魂が「神様」となったパターンもありますね。

代表的なのが学問の神様となって天神様と呼ばれている菅原道真です。

このように古くから仏教と神道の信仰心から、多くの魂が時には仏様となり時には神様となり今を生きる人を見守り続けているといことなんですね。

 

このように時代の偉人たちは姿かたちを変えて現在に至るわけなんですが、数ある御霊の中でも最強の御霊といいますか、神様と言いますか凄いパワーを秘めた御霊をピックアップしました。

ズバリ平将門です。

東京大手町。東京駅からすぐの大都会のど真ん中に「将門の首塚」という場所があります。

本当に平将門に所縁のある場所かと尋ねられると自信はありませんが(汗)

まあ、パワーは半端ないですね!

高度経済成長期に区画整理など検討されていたようですが、説明のつかない事故やイワクで現在もその場所だけがひっそり残っています。

 

この場所のオーラは、例えるならば間欠泉のように地下からとめどなく噴き出しているような状態で、その熱量や鋭さは類を見ないオーラです。

ある依頼者の人に頼まれて絶対に成功したい案件があるから水晶玉に力の強いオーラを吸収させて、それを肌身離さず持っていたいということで将門の首塚で収集を試みたことがあったのですが、その時は大変苦労をした経験があります。

「神の領域」というのが存在するとしたならば、まさしく将門の首塚はその領域ですね。

本当に日本を代表するパワースポットの一つに間違いはありません。

多くの芸能人や業界人が願掛けやお参りに訪れるのも納得ですね。

 

もしも占いで悪いことを言われても大丈夫!

そんな時にはパワースポットへ行ってオーラを浄化&活性化してもらえば未来はきっと変わります。

お盆です。ぜひお試しあれ!

 

学生さん限定、割引サービス残り少ないですよ。

ご予約はお早めに!

真眼 池袋

https://r.goope.jp/shinganikebukuro

 

 

 

AD