1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年03月17日 14時23分44秒

BC州キャリア協会年次イベントに参加

テーマ:キャリア

先週の木曜日&金曜日は2日間連続でBC州キャリア協会主催のワークショップに参加しました。

 

 

毎年3月に行われる年次イベントで、BC州でキャリアに携わるお仕事をされている方が一斉に集まります。

 

 

色々なワークショップが2日間に渡り開催され、興味があるものに自由に参加できる形式なのですが、私は仕事のスケジュールで参加できたワークショップは僅か3つのみ。

 

全部参加したかったのですが、なかなかそうもいきませんね...

 

参加したワークショップなので、特に興味深かったのが移民コンサルタントのお仕事とも関わりのあるスキルドワーカー移民の資格取得に関するもの。

 

 

 

このワークショップでは弁護士、医師、会計士、歯科医、看護師などの免許をカナダへ移行する方法がレクチャーされました。

 

 

 

医師免許の移行については弊社でもよくお問い合わせがあるので、私も熟知しているのですが、英語圏の医大を卒業した医師(イギリス、オーストラリアなど)は第一関門の多肢選択式試験さえパスすればカナダ医師免許資格が与えられとは知りませんでした...

 

 

 

日本人の方は筆記問題、パファーマンス試験などをパスして、そしてインターンを経てやっとカナダ医師免許取得可能となる長い道のりなだけに、その差に驚いてしまいました。

 

イベントでは大学でのキャリア指導をされている方、HRマネジャーの方、私のようにキャリアトレーニングを行っている方など様々なかたちでキャリアに携わる人たちと意見交換ができ有意義な時間を過ごすことができ良き刺激ももらいました。

 

弊社でのキャリアワークショップも長らく行っていないので、そろそろ企画しないとダメですね...

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年03月10日 03時02分45秒

Randy Lewis氏「障害者雇用」ワークショップに参加して

テーマ:キャリア
昨日は前Walgreens副社長Randy Lewis氏のワークショップに参加しました。

テーマは「障害者雇用」。

Walgreensは全米で8,000以上の店舗を展開している米国最大手のドラッグストアー。

大企業Walgreensのディストリビューションセンターで働く3人に一人は何らかの障害を抱えています。

この障害者雇用プロジェクトを率先して行ったのが当時のサプライチェーン副社長のRandy Lewis氏。

周囲からの反対・不安の声は凄かったそうです。

米国における障害者の失業率は44%、能力はあってもなかなか雇用機会に恵まれないのが現実です。

その壁を打破すべく、健常者と全く同じ作業、そして同じ賃金にて障害者雇用を始めたRandy Lewis氏は、「何か始める時には、まず自分自身がどうして(Why)それを行うのか、そして上司(Lewis氏の場合はCEOと取締役会)、次に同僚、部下に納得してもらわなければならない」と。

会場からの「これは慈善事業なのでは?」という問いかけに対して、「いや、全く違う。ビジネスを行う以上、損益を生むプロジェクトは導入できない。私達は彼らを同様に面接し採用を行い、特別扱いはしていない。これはビジネスであり、ファイナンシャルを見据えた決断だ。」

ダウン症候群、アスペルガー症候群、自閉症などの従業員がWalgreensのディストリビューションセンターで働く姿のビデオをまず見てからワークショップが始まったのですが、とても活気のある職場で誰が障害者で健常者かわからないほど皆が一つのチームとして働いています。



Walgreensのディストリビューションセンターの効率はこのプロジェクト導入後上がったというのですから、P&G、Safeway、HP、Dellなど大企業がこぞってLewis氏に「どうやって実現したんだ?」と質問したのも納得です。

ワークショップでは彼は一言も家族について話さなかったのですが、彼の著書を少し読んでみると彼の息子さん自身が自閉症であることがわかりました。

ワークショップ中に何度も彼は「You can change the world」と言っていたのが印象に残っています。

固定観念のメガネをかけたままでは、本来ならば見えるもの見えなくなってしまっているのかもしれませんね...
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年08月12日 04時09分48秒

6回連載記事「キャリアチェンジ」 @ Oops Magazine

テーマ:キャリア

Oops Magazineへの6回連載記事も今回が最後。

昨日は原稿締め切りだったのですが、当日ギリギリでの投稿。

連載開始から3回目の記事までは締め切り数日前には編集者の方にお渡しできていたのですが、仕事との両立が回が重なるごとに難しくなってきましたが、やはり”書ける”機会を与えてもらえるのは貴重なことなので、毎回時間をきちんと割いて記事を書かせて頂きました。

今回の連載テーマは「キャリアチェンジ」についてだったのですが、私自身もカナダでキャリアチェンジをした一人ですので、伝えたいことは多くあり、字数に限りのあるスペースにどう納めていくかも毎回の課題の一つでした。

カナダでキャリアを築こうとされていらっしゃる方々の少しでもお役に立てれば幸いです(^^)







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。