2017年01月13日 08時50分28秒

新たな延長申請をした場合のImplied Statusについて

テーマ:カナダ移民・ビザ

現在のカナダ一時滞在資格の有効期限が切れる前に、現在と同じ一時滞在資格の延長申請を行った場合、保有している一時滞在資格の有効期限が切れた後も延長申請の結果が出るまでは同じ一時滞在資格を保有することができます。

 

つまり、学生であれば継続して学校に通うことができますし、就労されている方であれば継続して勤務することができます。

 

保有している一時滞在資格の有効期限が切れた後から延長申請の結果が出るまでの期間の滞在資格は「Implied Status」と呼ばれています。

 

● 延長申請が認可された場合:

新しく発行された一時滞在資格証明書(Visitor Record/Study Permit/Work Permit)に記載されている発行年月日が延長申請結果が出た日です。

● 延長申請が拒否(refused)された場合:

延長申請結果が出るまでは一時滞在資格を保有していたとみなされます。

● 延長申請が却下(rejected)された場合:

延長申請書類に不備があり、申請書類の審査が行われずに申請が却下された場合、保有していた一時滞在資格の有効期限が切れた日まで一時滞在資格を保有していたとみなされます

 

延長申請を行った後に、何らかの理由で別の一時滞在資格延長申請を行うケースもあります。

延長申請した後にまた更に別の延長申請を行った場合、最初の延長申請の結果が;

● 認可された場合は、新しい一時滞在資格を保有することになります。

● 拒否(refused)されたが、別の延長申請が受理された時点で保有している一時滞在資格がまだ有効である場合は、その延長申請結果が出るまでは一時滞在資格を保有している(Implied Status)とみなされます。ただし、その2回目の延長申請が拒否された場合は一時滞在資格が失効(Out of Status)となります。

● 拒否(refused)され、別の延長申請が受理された時点で保有していた一時滞在資格の有効期限が切れていた場合は、Implied StatusではなくOut of Statusとみなされます。2回目の延長申請はRestoration申請費($200)が含まれていないため書類不備として審査は行われません。

● 書類不備のため却下(rejected)された場合は、申請書類が申請者のもとへ返送されてきます。この場合、延長申請書類は受理されたとみなされませんので、Implied Statusを得ることはできません。保有している一時滞在資格の有効期限までが一時滞在資格となります。

 

*異なる滞在資格の延長申請をした場合

現在のWork Permitの有効期限が切れる前にWork Permit延長申請を行えば、同じ就労環境・条件のもと就労を継続することができますが、Work PermitではなくStudy Permitへの切り替え申請を行った場合は、現在のWork Permitの有効期限が切れた後は就労をストップする必要があり、且つStudy Permit申請結果が出るまでは学校に通うことはできません。

 

「Implied Status」はカナダを出国されると失効になりますので、この点もご注意ください。

 

 

カナダ移民・各種ビザ申請サポートサービスへのお問い合わせ:info@shinecanada.ca

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Yuri from Shine Canadaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。