生きづらさを変換するいきかたへ

生きづらさを変換する心理カウンセリング・セラピー。あなた色のハッピーな生きかたを・・・


テーマ:
幼い頃に 泣くと 叱られて 叩かれて
暗い所に閉じ込められて
泣くなと言われてきた そのコは
癇癪をおこすという方法で
自分の中に溢れる 悲しさ 淋しさ 怖さという身体に流れる不快な感情を
外に出すことを身につけていった。

本当は そのおもちゃやお菓子が
欲しかったわけではなく
本当に 欲しかったのは
ぎゅっと 抱きしめてもらうことだった。

途中から 本当は違うことを
気づいてはいたけど
どう伝えればいいのかわからなかった。

そのコは 大きくなっても
泣くことは ズルいことだと思い込んでいた。
そうしないと 今までの自分がなくなっていくような気がしていたから。

何年も何年も グルグルグルグルしながら
少しずつ ちょっとずつ
泣くことはズルいことではないこと
泣いていい
怒っていい
怖がっていい
さびしいって言っていい
ことを 許可していった。
一歩進んでは 二歩下がってみたり
そんな時もあるけど ちょっとずつ少しずつ。

自分の感情を出すということは
その相手に 感情を投げつけることとは
また別なんだ。

自分が自分の感情が そこにあることを許可する。

「そかぁ 悲しいんだね。」
「腹が立つんだね」
「怖いね」
「さびしいって言っていいんだよ」
自分に 自分がそう言ってあげる。



自分の思いを相手に伝えることも大切。
そして 自分の思いを伝えて
相手が どう受けとるか どう思うか は
相手のこと。
けれど だから どんな伝え方、言い方をしてもいいんだ ということでもない。

自分の感情を否定せず安全に
大切に扱える人は
人に自分の思いを伝えるときも
大切に扱っているように感じる。
それは 器用とか不器用とか
伝える手法がうまいとかヘタとかじゃなくね。



{3BAB27B1-ABCC-4110-951B-C439D6144CD4}


田代むつこ

素直に生きたい  そう 思った瞬間から
あなたは 素直になれているよ。
ちょっとずつを一緒に探してみませんか?

心理セッションでは
日々の生活の中でご自身でできるワークなどもお伝えしてます。



image 
↑サイト↑



心理セッションメニュー】
あなたのお悩みにあわせたオーダーメイド心理セッション

●初回カウンセリング対面(60分)

●心理セッション(90分)

●心理セッション3回セット(90分×3)

●心理セッション5回セット(90分×5)



★お問合せ・お申込み→こちらから

★直近のご予約スケジュール→こちらから

プロフィール→こちらへ

★メニュー→こちらへ

原始反射統合についてこちらへ




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

心理カウンセラー・セラピスト田代むつこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。