企業経営理論 第8問

テーマ:

第8問(1) 実用的な自動車と、移動組立ラインによる自動車の大量生産技術の発明者に関する問題


a アルフレッド・スローン


b カール・ベンツ  ・・・ 近代的実用に耐えうるガソリン車を1985年初めて発明


c ジョヴァンニ・アニェッリ


d ヘンリー・フォード  ・・・移動組立ライン「フォーデズム」 大量生産システムの創出


e ルイ・ルノー



b,dの組み合わせが正解。

有名どころは、おさえてかないといけないか。

AD

企業経営理論 第7問~

テーマ:

第7問 企業はヒット商品を連続して生み出そうと努力するが、なかなか期待したような成果をあげることができないでいることが多い。そのような困難と関連する事情について説明する記述として最も適切なものはどれか。


ア 主力商品を生み出した技術分野に経営資源が重点的に配分されるほど、企業はその技術分野に磨きをかけることができるが、技術の幅が狭くなるので、製品開発は消失する。


イ 製品開発チームに部門をまたいで社内能力を動員しそれらを統合する権限を与えることができれば、自社の固有技術を活かした製品開発を推し進めるうえで有効である。


ウ 他社がまねのできない独自技術を開発するには、概して特定技術への成長的な投資が必要であるため、市場の短期的な変化に柔軟に対応するための商品開発ができなくなる。


エ 独自な技術で生み出された商品が後発製品と価格競争をしつつ市場を拡大するようになると、顧客ニーズが硬直化するので、その市場への新商品投入はすべて無効になる。



企業が連続してヒット商品を生み出す困難

イが適切 どのような企業でも、一定の規模になれば、それぞれの部門ごとにセクショナリズムが発生して、時部門の利益を最優先として発送しがちであるが、こうしたことを打破して企業全体の利益の視点で考え、行動することができる。

AD

企業経営理論

テーマ:

過去問見直し「企業経営理論」に入ります。


第1問(1) 「市場の失敗」に関する問題


市場の失敗・・・自由な経済活動によって、つねに最適な資源配分が実現できるとは限らない状況、市場メカニズムがうまく働かない状況。


ア 情報の非対称性・・・医師と患者では、医療情報に顕著な差がある。

イ 非排除性・・・フリーライダーを排除できない。

ウ 「企業から発生した公害」は、市場の失敗。政府の介入により解決が図られていれば市場の失敗ではない。

エ 非排除性



(3)企業に対するクレームやトラブルの発生する可能性に関する問題

a 「発売から半年を過ぎた以降は営業部門のみでクレームに対応する」→技術的なクレームへの対応ができない。

b 「消費生活用の製品安全法に基づく支持命令が出るまで企業からの積極的な対応を控える」→企業活動姿勢として受動的で、消費者の期待水準とギャップが生じる。

c 「各工場段階で対応措置がとられるようにしており、本社へはその措置のめどが立った段階で報告される」→本社へクレームを言っても、情報を把握できず、クレームの悪循環が発生する。


a,b,c全て問題が発生する可能性が高い。



(4)企業の社会的責任への対応に関する問題


ア 「コンプライアンス」の実施だけでは、実行するすることはできず、「リスクマネジメント」が必要。

イ 「コーポレートコミュニケーション」・・・積極的に顧客に情報発信を行うこと。企業の良好なイメージ形成に役立つ。

ウ 「人命かかわるトラブル」・・・トップの強力なリーダーシップによって従業員に最重要であることを徹底する。

エ 品質管理に問題のある企業→長期的に顧客の忠誠心を低下させてしまうリスク。

オ 不祥事が発生して時は、ステークホルダーに情報提供することは必要。




次回第7問 企業が連続してヒット送品を生み出す困難に関する問題


AD