埼玉県行田市 完全予約制の漢方相談専門店フジイ薬局ブログ

アトピー・子宝・ダイエット相談専門のクスリ屋 店主しんちゃんの今日の気づき


テーマ:

 

これも、昔から言われていることですが、まずは、ヒートテックの原理から。

 

ヒートテックは、そのものが温かい生地!ということではなく、人間から出る汗、熱を吸湿して発熱を起こす素材になります。

 

 

 

 

なので・・・ 基本、お肌は乾燥しやすくなってしまいます。当たり前ですが・・・^^;

 

化学繊維だから!というのも、もちろんありますが、それ以上に、こちらの方が肌にとっては反応しやすいのではないでしょうか。

 

 

 

また、これは、もちろんヒートテックだけじゃなく、すべての化学繊維の洋服に当てはまりますが、ここら辺の洋服で一番気を付けたいのが、“静電気”です。

 

 

 

 

衣類の繊維にはプラスを帯びやすいものマイナスを帯びやすいものがあります。

 

そして、静電気は、図のように、左右との距離が離れれば、離れるほど電気が起きます

 

 

 

ヒートテックの素材は、ポリエステル35%、レーヨン33%、アクリル27%、ポリウレタン5%ですので、静電気が生じやすい洋服!ってことなんですよね。

 

もっと言うと、たとえば、ヒートテックを着て、ウールのセーターを着たら、静電気まみれってことです^^; フリースの服をきて、ウールのマフラーを使うっていうのも一緒ですね。

 

 

逆をいうと、昔から良いと言われる綿、麻、絹などは、帯電しにくい素材。だから、ベースはこちらの素材を使い、うまく組みあわせて洋服を選んだ方が良いです。

 

 

 

そして、その体内静電気が過剰になると、結局、カラダは交感神経優位な状態になりやすいのです。

 

アトピーなら、神経過敏になりますから、余計かゆみを強く感じるでしょう。また、夜の寝にくくなります。夜が寝れないってことは、皮膚の再生も、免疫の正常化も、しっかり修復しにくくなる!っていうことです。

 

 

 

今は、ヒートテックじゃなくても、ホットコットン、メリーウールなど、静電気を発生しにくい絹、麻、などの「天然繊維100%の素材」を使った暖かインナーもありますので、そちらを使いましょう!

 

 

 

 

小さな町の薬屋だからこそ、できることがあります。

創業42年 埼玉県行田市の薬屋
漢方相談専門店 フジイ薬局

〒361-0044 埼玉県行田市門井町3-2-39
営業時間:9~19時 日祝休み
HPアクセス店内の様子当店の考え

★「カラダの中から変えていきませんか?」
アトピー 漢方相談 症例多数 大事なのは腸内免疫です。

★不妊・子宝漢方で妊娠しやすいカラダつくりを。
諦めないで大丈夫!まだまだ、できることありますよ!

★8年間で865人以上の方が成功!
埼玉県で噂の薬局ダイエット!運動なしでも10キロ減!

アトピー、不妊、自律神経失調症、ひざ痛、腰痛、神経痛、ガン、喘息、アレルギー、たくさんの症例・実績がございます。お1人で悩まず、お気軽にご相談ください。

お問合せ・ご予約はこちらへ
電話0120-143-144


メールでも大丈夫です。
fujiiyakkyoku-kadoi@kind.ocn.ne.jp

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

これから、ピークになりますね。イヤな時期です^^;

 

花粉もアレルギー源の大元なので、これからの時期、アトピーが悪化する方はやはり多いです。

 

 

 

が・・・ 意外と、アトピーの方で、花粉症を患っている方って少ない気がします。もちろん、まったくいないってことはないですが。

 

 

 

そして、不思議なことに、アトピーの方が治っていくと、

 

 

 

「先生、はじめて花粉症になりました!」「先生、最近、ニキビが急に・・・」

 

 

 

など、アトピーの皮膚炎が出ない代わりに、他のアレルギー症状が出始める方が多いです。不思議なものです。免疫が正常化されたからなのか、ちょっとわかりませんが、治っていく過程でそういう体験される方が多いです。

 

 

話がそれましたが、花粉症を悪化させる生活習慣。こちらもご参考にしてみてね。→

 

 

 

小さな町の薬屋だからこそ、できることがあります。

創業42年 埼玉県行田市の薬屋
漢方相談専門店 フジイ薬局

〒361-0044 埼玉県行田市門井町3-2-39
営業時間:9~19時 日祝休み
HPアクセス店内の様子当店の考え

★「カラダの中から変えていきませんか?」
アトピー 漢方相談 症例多数 大事なのは腸内免疫です。

★不妊・子宝漢方で妊娠しやすいカラダつくりを。
諦めないで大丈夫!まだまだ、できることありますよ!

★8年間で865人以上の方が成功!
埼玉県で噂の薬局ダイエット!運動なしでも10キロ減!

アトピー、不妊、自律神経失調症、ひざ痛、腰痛、神経痛、ガン、喘息、アレルギー、たくさんの症例・実績がございます。お1人で悩まず、お気軽にご相談ください。

お問合せ・ご予約はこちらへ
電話0120-143-144


メールでも大丈夫です。
fujiiyakkyoku-kadoi@kind.ocn.ne.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

アトピーを治療するうえで、イソジンなどの消毒剤を使うことがあります。

 

 

400x300

 

 

 

特に、患部がジュクジュクしている方、脱ステをして二次感染している方・・・ 要は、菌が繁殖している状態には、イソジンなどで一度殺菌することは、大事かと思います。

 

 

ただ、気を付けてほしいのは、それを、応急処置的にやるのと、ずーっと使い続けるってことは、異なるっていうことです。

 

 

皮膚には、良い菌もいれば、悪い菌もいます。そして、そのバランスが大事なんです。

 

 

確かに、二次感染などで、ジュクジュクして、膿もでて・・・ っていうときは、イソジンなどの消毒剤は、選択肢に入りますが、逆に、皮膚が乾燥して、皮膚のバリアーが弱いときに、消毒剤は、逆効果です。

 

 

 

イソジンなどの消毒剤は、悪い菌だけではなく、良い菌も殺してしまいます。患部が落ち着いているのに、ずーっとつかっていたら、今度は良い菌も増えず、ずーっと肌が荒れっぱなしになります。

 

 

これは、イソジンだけの話ではなく、酸性水などの水も一緒です。何でもかんでも酸性水が良いってことはないです。アルカリ水の方が良いときも多いです。だから、温泉で治る方もいらっしゃるでしょう。

 

 

何が良いかは、その方の、その時の状態によって異なるんです。なかなか、自分自身では判断しにくい部分だと思いますが、特に医薬品などのお薬は、基本的に使い続けるものではなく、応急処置として使うものというのは、意識しておくといいと思います。

 

 

 

小さな町の薬屋だからこそ、できることがあります。

創業42年 埼玉県行田市の薬屋
漢方相談専門店 フジイ薬局

〒361-0044 埼玉県行田市門井町3-2-39
営業時間:9~19時 日祝休み
HPアクセス店内の様子当店の考え

★「カラダの中から変えていきませんか?」
アトピー 漢方相談 症例多数 大事なのは腸内免疫です。

★不妊・子宝漢方で妊娠しやすいカラダつくりを。
諦めないで大丈夫!まだまだ、できることありますよ!

★8年間で865人以上の方が成功!
埼玉県で噂の薬局ダイエット!運動なしでも10キロ減!

アトピー、不妊、自律神経失調症、ひざ痛、腰痛、神経痛、ガン、喘息、アレルギー、たくさんの症例・実績がございます。お1人で悩まず、お気軽にご相談ください。

お問合せ・ご予約はこちらへ
電話0120-143-144


メールでも大丈夫です。
fujiiyakkyoku-kadoi@kind.ocn.ne.jp

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。