埼玉県行田市 完全予約制の漢方相談専門店フジイ薬局ブログ

アトピー・子宝・ダイエット相談専門のクスリ屋 店主しんちゃんの今日の気づき


テーマ:


多くのアトピーの方に共通する症状の一つにあるのが、“汗”ですね。“汗をあまりかかない”という点ですね。

 

これは、どうしてもステロイドのワセリンなどの油性基剤を塗っている影響もあるのですが、それ以前にアトピーの方に、汗をかく力が弱い方も多いのも事実です。言うまでもなく、“汗をかく”というは、カラダにたまった毒素を外の排出する一つのカラダの機能です。汗をかかなければ、アトピーも悪くなりがちです。ですので、汗のこと、少し知っておいてほしいです。

 





まず、人間は、1日に約2.5Lほどの水分を排泄しています。これは、汗、尿中、便、細かいところを見ると、呼吸でも約400mlの水分が1日に排出されています。

 

 

sessyu

 

 

ということは、単純計算で考えて、2.5L分を補うぐらいの水分を、人間は体に入れないといけないってことです。でないと、どんどん、乾いてしまいます。

 

食事で、約600ml前後とすると、夏で1.5~2.0Lを目安に、冬なら1.0~2.0Lを前後に。日頃から、水分を摂取したいところです。特に、乾燥が強い方は、水分摂取を意識してもいいともいます。(逆にあまり水分を取りすぎないほうがいい人もいますので、これは人によります。特に症状が悪化しているときは)

 

 

で、ココで気を付けてほしいのが、コーヒー、お酒、普通の水道水、カフェイン含有飲料、栄養剤、ジュースなどの水分では意味がありません。

 

経口保水飲料、番茶・ほうじ茶、軟水に近い水がおススメです。

 

また、食べ物も一緒ですよね。お菓子、パン類、麺類、ジュース・・・ 生活環境も一緒、寝不足、暖房、クーラーの使いすぎ、病院のお薬の過剰摂取、サウナ、岩盤浴のやりすぎ・・・やればやるほど、カラダの水分は減少し、“乾き”ます。乾くってことは、酸化しやすくなるってことです。

 

 

カラダに良いお水を入れ、しっかり毒素を排出するよう、汗をかく・・・ 当たり前のことですが、大事ですね。

 

 

また、汗には、“見える汗”と、“見えない汗” があります。

 

これは、見える汗ですよね。っていうか、すごい汗ですね^^;

↓↓↓




 

 

見える汗は、基本、カラダの温度を冷やすためにかきます。だから、運動して汗をかく、熱くて汗をかく、サウナで汗をかく・・・ 熱を冷ますためにかくわけです。

 

大事なのは、もう一つの方、“見えない汗”。

 

目には、見えないけど、カラダからは、常に汗が出ています。この汗が大事。これがないと、毒素が出にくくなる、体臭がつよくなる、口臭もつよい、静電気をおこしやすい、風邪をひきやすくなる・・・ さまざまな症状を起こしやすくなります。

 

 

では、自分は、どのくらいこの“見せない汗”をかいているのか?

 

寝る前と起床時までの体重を測定するとわかりやすいです。トイレに行かないのを前提に、大体通常、400~600mlの体重が減ります。

 

これが、見えない汗としてぬけた水分の量ですよね。しっかり、見えない汗が出ている証拠でもあり、代謝が良い!という言葉にもつながります。

 

 

これなら、ご自宅でもできますから、一度チェックしてみるといいと思います。もし、体重の減りが少なければ、汗が少ない、代謝が悪い、解毒しにくい!ってことです。

 

汗をかける体に、体質に、自律神経をバランスを正常に!ってことが大切になります。

 

 

 


小さな町の薬屋だからこそ、できることがあります。

創業42年 埼玉県行田市の薬屋
漢方相談専門店 フジイ薬局

〒361-0044 埼玉県行田市門井町3-2-39
営業時間:9~19時 日祝休み
HPアクセス店内の様子当店の考え

★「カラダの中から変えていきませんか?」
アトピー 漢方相談 症例多数 大事なのは腸内免疫です。

★不妊・子宝漢方で妊娠しやすいカラダつくりを。
諦めないで大丈夫!まだまだ、できることありますよ!

★8年間で865人以上の方が成功!
埼玉県で噂の薬局ダイエット!運動なしでも10キロ減!

アトピー、不妊、自律神経失調症、ひざ痛、腰痛、神経痛、ガン、喘息、アレルギー、たくさんの症例・実績がございます。お1人で悩まず、お気軽にご相談ください。

お問合せ・ご予約はこちらへ
電話0120-143-144

メールでも大丈夫です。
fujiiyakkyoku-kadoi@kind.ocn.ne.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ちょっとご質問を受けたので、よかったらご参考にしていただければ幸いです。

 

「8ヶ月前から顔に湿疹ができ、ロコイドをぬっているのですが、大丈夫でしょうか?」

 

 

よくある話かもしれませんが、病院にいき、お薬をもらい、塗ると落ち着く・・・ そして、やめるとまた出てくるから、塗る・・・ その繰り返し・・・

 

気が付いたら、それを半年以上やっていて、そんなに塗っても大丈夫なのか、心配になられたそうです。

 

「大丈夫でしょうか?」と言われると、薬剤師の立場からすると、正直困ってしまうのですが・・・^^;

 

ここら辺は、実際にステロイドを作られているメーカーさんの意見をまず見ましょうか。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一方、アトピー性皮膚炎に代表される慢性湿疹は、一時的に症状が良くなっても完治することはありません。そのため長期間、広範囲に薬物治療を続けることになります。ステロイド外用剤を何ヶ月も長期連用すると、副腎機能の低下により体内で作られる副腎皮質ホルモン(抗炎症作用を持つ、天然のステロイド成分)が減少してしまい、従来身体が備えていた抗炎症作用を発揮できない状態になっています。その状態でステロイド外用剤を止めると、炎症が増強されて症状が悪化します。皮膚科専門医は、そうならないように薬物治療を行います。例えば、ステロイド外用剤を1週間使って症状が良くなったら、1週間は保湿剤と抗ヒスタミン剤でコントロールする、あるいは、ステロイド外用剤の使用回数を徐々に減らしていくなど、副腎機能に影響がでないようなステロイド外用剤の使い方をします。

 

田辺製薬 薬局でよく聞く!ステロイド外用剤の誤解 から抜粋

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

上手に使うのは大事ですが、結局は、あまり長期の使用はさけるように書いてあります。また、ステロイドの説明書・・・ 添付文書というのですが、そこには、「長期連用はしないこと」と書いてあります。この長期連用というのは、約2週間ぐらいと考えて頂いた方がいいです。

 

 

また、使うお薬の強さ、場所も、とても大事ですので、知っておいた方が良いと思います。

 

使っているステロイドのは、どのくらいの強さですか?

 

Image011

 

 

使う場所によって、吸収率も変わります。

 

ph_necessities09_01

 

 

つまり・・・ まずは、ステロイドを塗って、炎症が落ち着いたら、使うのをやめる。それを繰り返しても、治らないようなら、塗り薬や、抗アレルギー薬での治療だけではなく、違う原因を見つけたほうがいいです。2週間単位ぐらいで。

 

ストレスが原因なら、ストレスを。食事が原因なら、お食事を。

 

根本的な原因を改善しない限り、いくらステロイドを塗っても、イタチごっこになってしまいますからね。

 

皮膚は、皮膚表面だけのトラブルではなく、カラダの中から、心の状態からも影響するものです。総合的なケアが必要なときもあるんですよ。



☆関連記事 こちらも参考にしてみてください

◆ 最低限、変えてみてほしい食べるもの 
  まずは、食事を意識してみましょう!

◆ 洗いすぎ、塗り過ぎ、キレイにしすぎ!
  お肌が乾燥する原因とは?

◆ 自己流の脱ステは、やめましょう。
  やり方がありますよ。まずは、アトピーを

◆ 冷えにもご注意を。
  カラダを冷やす物、知っておいてね。

◆ アトピーという言葉に振り回されないでね
  大事なのは、まずは原因をみつけること



小さな町の薬屋だからこそ、できることがあります。

創業42年 埼玉県行田市の薬屋
漢方相談専門店 フジイ薬局

〒361-0044 埼玉県行田市門井町3-2-39
営業時間:9~19時 日祝休み
HPアクセス店内の様子当店の考え

★「カラダの中から変えていきませんか?」
アトピー 漢方相談 症例多数 大事なのは腸内免疫です。

★不妊・子宝漢方で妊娠しやすいカラダつくりを。
諦めないで大丈夫!まだまだ、できることありますよ!

★8年間で865人以上の方が成功!
埼玉県で噂の薬局ダイエット!運動なしでも10キロ減!

アトピー、不妊、自律神経失調症、ひざ痛、腰痛、神経痛、ガン、喘息、アレルギー、たくさんの症例・実績がございます。お1人で悩まず、お気軽にご相談ください。

お問合せ・ご予約はこちらへ
電話0120-143-144

メールでも大丈夫です。
fujiiyakkyoku-kadoi@kind.ocn.ne.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


お正月明けると、とにかくアトピーが悪化する人が実に多いです。いくつか原因があるかと思うのですが、大きく分けて3つあります。

 

一番目は、“食事の乱れ”でしょう。

 

 

859baea430791b2b1c9052069efac6be

 

 

食べますからね・・・^^; ですので、まずは、お食事を整えることです。

 

① 甘いものは、なるべく避ける

② 質の悪い油は避ける

③ 乳製品も避ける

 

詳しくは、こちらをご参考にしてください。 まずは意識してほしい食事のこと

断食とかが有効なのは、このタイプです。

 

 

2番目が、自律神経トラブルです。会社や学校が始まり、一気に悪化するパターンも多いです。

 

ここら辺は、慣れたら落ち着く方もいらっしゃえば、長引く方も多いです。あまりにも状態が変わらない方は、一度ご相談ください。

 

この場合、他のアトピーと違って、一気に悪化するパターンが多いです。昨日までは大丈夫だったのに、今朝になって、急に悪化した・・・ みたいな。

 

波が大きい!というのも、一つの特徴だと思ってください。自律神経・ストレス、不安感、焦りをとるのが一番の治療法です。

 

 

3番目は、“免疫トラブル”

お正月、風邪をひいたり、寝込んだりして、免疫がくるってしまった方です。どうしても風邪などのウイルスが体内に入ると、今まで落ち着いていた免疫が一気に乱れ、悪化します。

 

こちらも、風邪が治ると同時に、お肌も落ち着いてくる方もいらっしゃいますが、そのまま、悪化状態が続く方もいらっしゃいます。そういう時は、すぐにご相談ください。

 

とにかく、休み、風邪を治すことが大事なのですが、それでも治りきらない人も多いです。皮膚の方も絡みますので、しつこいです。また、風邪薬での抗生剤で悪化してしまう方もいらっしゃいますので、要注意です。

 



小さな町の薬屋だからこそ、できることがあります。

創業42年 埼玉県行田市の薬屋
漢方相談専門店 フジイ薬局

〒361-0044 埼玉県行田市門井町3-2-39
営業時間:9~19時 日祝休み
HPアクセス店内の様子当店の考え

★「カラダの中から変えていきませんか?」
アトピー 漢方相談 症例多数 大事なのは腸内免疫です。

★不妊・子宝漢方で妊娠しやすいカラダつくりを。
諦めないで大丈夫!まだまだ、できることありますよ!

★8年間で865人以上の方が成功!
埼玉県で噂の薬局ダイエット!運動なしでも10キロ減!

アトピー、不妊、自律神経失調症、ひざ痛、腰痛、神経痛、ガン、喘息、アレルギー、たくさんの症例・実績がございます。お1人で悩まず、お気軽にご相談ください。

お問合せ・ご予約はこちらへ
電話0120-143-144

メールでも大丈夫です。
fujiiyakkyoku-kadoi@kind.ocn.ne.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。