埼玉県行田市 完全予約制の漢方相談専門店フジイ薬局ブログ

アトピー・子宝・ダイエット相談専門のクスリ屋 店主しんちゃんの今日の気づき


テーマ:

特に大事!っていう

わけでもありませんが、


予備知識として。。。



検査法としては

大きくわけて3つ!


①血液検査・・・IgE値や白血球数、アレルゲンを調べる

②皮膚検査・・・スクラッチテストやパッチテスト(特定のアレルゲンを調べる)

③負荷検査・・・アレルゲンを実際摂取して検査する方法(ほぼ入院時のみ)


とありますが、アトピーの場合

主は、血液検査の結果が診断の主となりますね。



というわけで

実際見てみましょう!


『1歩づつ進もうっと!』 ~埼玉県行田市にあるフジイ薬局店主のブログ~


まずチェックしたいのが

IgE値になりますね。


IgE値の基準値は 『170以下』

・1才未満・・・20以下

・1~3才・・・30以下

・4~6才・・・110以下

・7才~成人・・・170以下


って感じです。


基本、この数値が

高ければ高いほど、


“アレルギーが強い!”

ってことになるのですが


アトピーの場合は

高くても症状のない人、

低くても症状がある人も

いらっしゃるので、

一概に言えません。


あとステロイド使っているから

一時的にIgE値が下がっているっていう

こともありますから。


なので、大事なのですが

あくまでも参考レベルにして

おいた方がいいです。


あとは、その他で

見ておきたいのは


・LDH値(基準値115~245)・・・炎症の度合を測る一つの判断材料

・好塩基球(基準値0.0~3.0)・・この2つは白血球の値ですね。

・好酸球(基準値0.0~10.0)・・・病院としては抗生剤が必要かどうか

                   判断する材料となります。


以上ですかね。


あとは、細かい項目


ハウスダスト

ヤケヒョウダニ

スギ

ヒノキ


みたいなのは

それぞれのアレルギーの度合を

調べるものです。


だいたい

スコア0・1・2・3・4・5・6

の6段階で強さを表します。


「0~2」なら、異常なし。

「3~6」なら、症状にでることもある!


ちなみに、花粉症なら

スコア3ででますね。



アトピーの検査は

こんなぐらいです。


検査で大事なのは、

何か「特定のアレルゲン」があるかどうか?を

調べることが大事です!!


たとえば、ソバがダメ! みたいに。


でも、その調べるにも

実際、180項目ぐらいしかありません。


基本、アレルゲンを特定する

ということは、ほぼ不可能に近いことです。


特に、アトピーの場合は。


それに、すでに特定できる方法があれば

もうアトピーは簡単に完治しています。



ですので、検査、検査で

そちらの方に力を入れると

悪循環、病院めぐりの旅が始まります。


検査値は、あくまでも参考レベルに

してくださいね!


アトピーの原因・状態を

数字化することは不可能です。


機械ではなく、

生き物である人間を検査するわけですから。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アトピーのことな ご相談ください!


漢方薬・皮膚病・アトピー相談専門
 相談専門薬局フジイ薬局
  〒361-0044
  埼玉県行田市門井町3-2-39
  営業時間:9:00~19:00
  定休日:日曜日・祝日
  
 ご相談・ご予約はこちらへ
 電話0120-143-144

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

しんちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。