吾輩はうり坊である。タイトルはまだない。

うり坊のバス釣り珍道中。
野池をメインに走り回ってます。
釣果は…あまり…期待しては…


テーマ:
どうもおこんばんわにだ★



うり坊です。



この頃あまり釣りネタも少なかった(気がする)ので

久しぶりにインプレってみようと思います。


まだ使用は少ないですが結構検索している方が多いようなので現状感じたことを書いてみようと思います。





吾輩はうり坊である。タイトルはまだない。
Daiwa HEARTLAND
         震斬 BAITCASTING EDITION


PEperformance初のベイトロッドです。

まず見た目から。

震斬譲りのグリップ。というよりカワスペⅡですねw



そしてこちら

吾輩はうり坊である。タイトルはまだない。
こちらは震斬譲りです。


さてさて、中身のほうはといいますと…


”あくまでもPEperformance”


です。

Kガイドなのでモノフィラでも楽勝だろう。

と思って買ったうり坊ですが、使えばわかります。

ロッド全体がダル重たい感じになります。

カワスペⅡにも似た印象ですがこちらの方が違和感を感じます。

レングスもあり、特にティップが柔らかいのでモノフィラの重さと伸びが相まって

操作感はお世辞にもいいとは言えません。


というより


『ん?これ震斬?』

という感じです。



が、


先日の記事でも書きましたが


その不満を克服するにはPEラインを導入してラインの伸びと重さを解消することだと思い導入してみると

すべてのフィーリングが激変します。



震斬というかハートランドらしいシャープさと程よく入るティップ&PEライン+SVFのダイレクト感のある感度。


『コレだよ!コレ!』

って感じですw

パワーも十分、悶絶カバーから30クラス抜いてますが楽勝です。
ファーストですから無理は禁物ですが40くらいならなんとかなると思います。


ただしやはりPEラインですから擦れには気を使わないといけないのも事実です。


ラインシステムはDaiwaシーバスセンサー1.5号+フロロ12lbを2ヒロ取っています。

ノットは現状はセイカイノットですが、ガイド抜けが気になる方はFGでシステムを作ったほうがいいです。

震斬ベイトは自分が思うに、遠距離爆撃機というより河川や池などで特にシャローを攻略していくロッドだと思います。もちろんレングスがありますからフッキングの面でも対岸を撃っていくのにもいいと思います。


リーダーを長く取ることでバラシも軽減でき、カバーを撃ってもメインラインがストラクチャーに接触することも防げます。

後はベイトなので着水と同時に巻き始めることも可能ですから

ファーストムービング系のルアーやたるませ方向の釣りとは対照的釣りに特化していると思います。

フワ釣りとハンハンジグで言えば柳龍はフワ方向、震斬はハンハンジグ方向といった感じです。


わかりにくいですがそんな感じです。


あくまでPEラインで使用することを前提として作られたロッドだと思います。

まだまだ浸透していないPEラインを使ったベイトキャスティングロッドで異彩を放っていますが

PEの長所を活かしながら短所を補っているロッドアクションです。


注意しなければいけない点はリールのマッチングです。

正直、PEライン使用に当たって太くても2号程度と細いPEを使用するのでトラブルへの不安が生じると思います。

ウルトラマグを使用して食い込みや巻き込みのトラブルは回避できていますが、やはり現状ではジリオンPE以上にマッチするリールはないでしょう。


ウルトラマグを選んだ理由は二つあります。

まずは先日にも書いたレベルワインダーの速度。
これは単純にクロスラップやABS等と同様にX状に巻き上げるため、食い込みトラブルを回避してくれます。
モラムシリーズはジリオンPE以上のスピードです。

そしてスプールからレベルワインダーの距離です。
この二つの距離が短くなることでコシのないPEが膨らんだときに巻き込まれるのを回避してくれます。

ジリオンPEに付いている二本のバーと同じ効果を得られるんじゃないかと思って使用してみたら予想通りでした。


ということでリールをある程度選ぶロッドで、なかなか購入に踏み切れない異端児ですが、かなりおすすめです★
PR
いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード