• 31 May
    • 氣功師・魚食普及師として次のステップへ~札幌かさこ塾1期生打ち上げにおじゃまして感じたこと~

      昨日は、根室出張のため札幌に前泊だったので、 「かさこ塾~札幌かさこ塾1期」の打ち上げにお邪魔してきました。 最終プレゼンの日だったこの日、受講している塾生が自身の好きなこと、やろうとしていることを発表する日。 約1年前、私もプレゼンをしましたが、ついこの前のような、もっと前のことのような気持です。 札幌の皆さんのプレゼンを聞いて感じたこと。 それぞれが好きなこと、やりたいこと、やろうとしていることがとても明確だなということです 私がプレゼンした時は、自分が何が好きで、何をしていこうとしているのかが不透明で、 右往左往していた様な気がします。 それに対し札幌塾生の皆さんは、その辺が明確なのがスゴイと感じると共に、 羨ましくもありました。 私自身はかさこ塾を受講したことで、最初の一歩を踏み出せたと思っているので、 結果オーライではありますが、 受講生だったあの時に、今くらいの考えや経験があったら、 講義の理解度や納得感、その後の動きももっと違ったかもと思います。 ま、そう言ったところで何も始まらず、「隣の青芝」に過ぎませんが。 その一方で、先日のかさこ塾フェスタや、これまでの自分の活動があったことで、 今日は札幌の塾生の皆さんに対し、自分がどんなことをしていて、 どんなことを目指しているかをはっきりと言い切ることが出来た自分がいました。 自分でいうのもなんですが、少しは成長しました。 実績が自信を生むというのはこういうことなのでしょう。 私は、世界有数の氣功師・治療家を目指し、健康でありたい、健康になりたいという人たちの力になりたい。 また、そういう人たちが集う健康道場を開きたいです。 さらに、魚食普及師として、もっと魚を美味しく食べる場、機会を増やしたいです。 氣功師として、魚食普及師として第一歩を踏み出し始めてそろそろ1年。 次のステップに踏み出します! HP:http://hari-ku-indah.wix.com/shoku-kenkoh 気功 ブログランキングへ

      NEW!

      2
      テーマ:
  • 30 May
    • まずやってみてなんぼ~かさこ塾フェスタを終えて~

      昨日は「好きなことを仕事に」をテーマにした人が集った大人の文化祭「かさこ塾フェスタ」でした。 好きなことを趣味として発信している、副業としている、本業としている人たちが集まって展示やワークショップ等をするお祭り。 私も、氣功師として「健康相談・氣功体験」ブースを出展。 こうした公(?)の場でやるのは人生初! 想えば、去年6月のかさこ塾を受講し、ブログをほぼ毎日更新し、初めてホームページを立ち上げ、 塾生仲間が健康相談・氣功体験会に来てくれ、セルフマガジンを作り・・・ と、かさこ塾に参加したことをきっかけに、「氣功師として、治療家としての活動をちゃんと始めよう!」と心が決まりました。 また、おさかなワークショップを始めとした魚食普及の取組みも並行して、どんどん発信していこう!という心持になりました。 かさこ塾に参加して良かったと思うことは多々ありますが、 その一つは、実践するためのエンジンが半強制的にかかること。 あくまでも、やるかどうかは個人の自由というのが「かさこ塾流」ですが、 実際に動き出す人が多いため、「乗り遅れまい!」という心理が働くという面もあるように思います。 「環境が人を育てる」とは良く言ったもので、 塾生の多くは、多かれ少なかれ、何かしらのアクションをし始めます。 そのアクションの大小は問題ではなく、「動き出す」ことが大事。 情報は溢れかえっている現代社会。 なんとなく分かった気、やった気になりがちですが、 実際に自分の手足や頭を動かしているかというと、実はそうでもなかったり。 「こうなったら良いな~」 「あれやりたいな~」とただ空想するばかり。 動いてみて、やってみてなんぼ! 「やってみてなんぼ」が比較的気軽に出来る場というのも「かさこ塾」の特徴かもしれません。 かくいう私も、 「ブログで定期的に情報発信することが大事だろうな」とか、 「ホームページって必要だよね」、 「名刺は必須だな!」、 「セルフマガジン?何それ???」 っと、頭で分かっていたことも、実践は伴っていなかったというのが現実でした。 この1年、スピード感は他の人より遅かったのは否めませんが、 ブログを更新し続け、 ホームページも無料版で見すぼらしいながらも作り、 名刺やセルフマガジンも迷走しながらも作りました。 そして、公(?)の場での出展。 自分が個人的にやっている分には、友人・知人に対して、説明や体感をしてもらいますが、 こうした場では、全くの初対面だし、そもそも相手が何に興味を持って自分のブースに興味を持ってくれたのかも分からない。 もちろん、今後、操体法や氣功による治療、おさかなワークショップをしてく上で、 こうしたこれまで縁のなかった方々を対象としてやっていくわけです。 今回のブースでの反響は正直分かりません。 良かったのか、悪かったのか、どこがどう良かったのか悪かったのか・・・ しかし、こうした場に出ること、経験することが第一歩。 自分自身も少し覚悟が決まったし、対外的にも少し、「氣功師のぐち」として認知してもらえるようになったのではないかなと。 「まずやってみてなんぼ!」 そんな場が「かさこ塾」です。 HP:http://hari-ku-indah.wix.com/shoku-kenkoh 気功 ブログランキングへ

      2
      テーマ:
  • 27 May
    • 健康問題を先延ばしする人はいつまでも健康になれない

      「私、頭痛持ちなんです。」 「私、風邪をひきやすいんです。」 「私、寝られなくて、いつも疲れてるんです。」 Facebookやツイッター等の投稿で、たまにこうした人を見かけます。 原因が分からず、解決も出来ず、慢性化して辛い想いをされてることだと思います。 さて、こうした人は何かしらの対応をしているのでしょうか。 何かしら対応していても良くならない人と、 私はこういう体質だからと、半ば諦めて何もしていない人がいるように思います。 最初の人のパターンは、手段を変える必要があります。 いつまで経っても良くならないということは、やり方が間違っているからです。 今の社会では、いろんな解決手段があります。 必ずしも氣功等の手段である必要はありませんが、 「辛いのが当たり前」と思わず、解決策を求め続けましょう。 後者のパターンの人は、正に「辛いのが当たり前」と既に自分の中で固定概念化してしまっていますね。 こうなると、西洋医学だろうが東洋医学だろうが手段の問題ではありません。 本人の良くなりたいという意思があるかどうかです。 最近では、友人・知人から健康相談を頂くようになりました。 その際、一般的な所見から、氣功的な考えまで、分かり易く説明することを心がけています。 また、誰でも日常的に出来るケアの方法だったり、 時には、相談会・体験会を開いているので、それに誘ったりと。 ここで大きく2つのパターンに別れます。 「これをやった方が良いよ」と伝え、それを実践する。 もしくは、相談会・体験会に来る人。 こうした人は、東洋医学的な価値観や手段が合うかどうかは別として、 心身の状態が良い方向に向き始めます。 結果として、西洋医学の手段に頼ったとしても、健康でありたいという想いが大事です。 かたや、自分から質問したり、アドバイスを求めておいて、 実践しない、相談会・体験会にも来ない。 「興味はあるんだけど、都合が・・・」と言って、日程を自ら積極的に合わせようとしない人は、 いつまで経っても、心身の健康のベクトルが良い方向に向きません。 他の都合を優先して、自分の健康問題を後回しにしている人は、 いつまで経っても健康にはならないのです。 「仕事が・・・」 「家族が・・・」 「友達と遊ぶ予定が・・・」 それって、あなたが「健康であること」が前提なのでは???と思ってしまう。 はっきり言いましょう。 健康じゃなかったら、仕事も、家族との時間も、友人との時間も、なんもないですよ。 「今度、ハワイに行きたいな!」 おぉ!良いですね、海外旅行。 でも、あなたの心身の状態で、本当に行けますか? 行ったとしても、現地で楽しめますか? 旅行先で頭痛やら、風邪やらでは、嫌な思い出しか残りませんよ。 一緒に同行する人にも迷惑がかかりますしね。 私の価値観からすると、自身の健康を後回しにするのが全く理解できません。 良く、「人生は一度きりだから、時間を無駄にせず、いろいろやりましょう!」という趣旨のコラムや著名人の言葉があります。 そう、人生は一度きりです。 そして、いろいろやりたければ、健康でなければなりません。 今一度、ご自身がしたいことと同時に、自分の健康に対する姿勢や考え方を見直してみてはいかがでしょうか。 今週末の5月29日(日)に都内で健康相談ブースを出展します。 ぜひ遊びにきてください。 HP:http://hari-ku-indah.wix.com/shoku-kenkoh ※5月29日のかさこ塾フェスタ2016に出展します。そこで体験をやるので、ぜひご来場ください。※ 「好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ2016」 HP:http://festa.kasako.jp/2016/ 日程:2016.5.29(日) 11:00~18:30(※一部ブースは18:00) 会場:CST飯田橋(〒102-0071 東京都千代田区富士見2-3-14 CSTビル) ※3Fと4Fが会場となります ※会場はJR飯田橋駅西口(神楽坂寄りの出口)下車徒歩1分の場所です 概要: 「好きを仕事に」をコンセプトに自ら培ったブログ術を啓蒙・伝授しているカメライターでありブロガーのかさこ氏が塾長として開講している「かさこ塾」の卒業生達が、 各々の「好きなこと」を様々なジャンルで、そしてそれぞれのスタイルで表現していく「好きをチカラに人と出会い、そして繋がっていく市場」です。 入場料:無料 気功 ブログランキングへ

      5
      テーマ:
  • 26 May
    • 地方での「おさかなワークショップ」に向けて!

      今年の2月13日に「富山&おさかなワークショップ」を開催しました。 (富山&おさかなワークショップ~誰でも魚を三枚に卸せるワークショップ~) 富山市漁協や富山市は、ブリやホタルイカ、白エビ等は単価が上がってきたのに対し、 アジやサバ等の大衆魚の単価が低迷していることを課題としていました。 そこで、私たちが開催している「おさかなワークショップ」と連携し、 都市部での富山産の魚の認知度向上と、魚食普及を兼ねたワークショップを開催しました。 内容は、初心者向けに、アジを三枚に卸し、お刺身となめろうを作ろうというものです。 この日は富山市漁協の組合長にも参加して頂き、ワークショップはもちろん、 参加者同士の交流会では、富山や富山産の魚について、いろいろと紹介してもらいました。 このワークショップの内容を組合長に気に入ってもらえ、今年度も連携してやりたいというお言葉を頂きました。 そこで昨日、魚食普及活動の営業の一環として、 富山市漁協にお邪魔をし、組合長にご挨拶。 すると、現在、富山市と計画中の地域振興施設で、「おさかなワークショップ」をやりたいとのこと。 とんとん拍子で話が次の段階へ。 詳細までは詰めていませんが、私が企画案を書いて、それを参考にこの7月以降、 富山駅までの魚食普及の取組みをしていきます。 魚食普及は地味で地道な取り組みですが、少しずつでも水産関係者はもちろん、 広く一般の人に知ってもらいたいと思います。 スピード感を持って、今年はさらに「おさかなワークショップ」を全国的に広めていきたいです。 県や市町村の水産課の職員研修として、小中高校の総合学習として、塾の講義の一環として、会社の福利厚生として等、 「おさかなワークショップ」は食から働き方を見直すとても良い機会になります。 全国で開催しますので、お気軽にお声かけください。 全都道府県・市町村の水産課の職員研修を請け負うのが一つの目標です。 (実は、魚を触ったこともないという水産課職員の方も珍しくないのです。) 毎年、水産課に異動した人に向けた研修は、面白いし、必ず業務に役に立つものになります。 何故ならば、魚を捌くだけでなく、生産現場から流通、消費まで一連の流れが分かるし、 また講師として私のいろんな小話がワークショップで聞けます。 水産大国ニッポンを支えるには、まず現場である地方行政から! HP:http://hari-ku-indah.wix.com/shoku-kenkoh ※5月29日のかさこ塾フェスタ2016に出展します※ 「好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ2016」 HP:http://festa.kasako.jp/2016/ 日程:2016.5.29(日) 11:00~18:30(※一部ブースは18:00) 会場:CST飯田橋(〒102-0071 東京都千代田区富士見2-3-14 CSTビル) ※3Fと4Fが会場となります ※会場はJR飯田橋駅西口(神楽坂寄りの出口)下車徒歩1分の場所です 概要: 「好きを仕事に」をコンセプトに自ら培ったブログ術を啓蒙・伝授しているカメライターでありブロガーのかさこ氏が塾長として開講している「かさこ塾」の卒業生達が、 各々の「好きなこと」を様々なジャンルで、そしてそれぞれのスタイルで表現していく「好きをチカラに人と出会い、そして繋がっていく市場」です。 入場料:無料 気功 ブログランキングへ

      4
      テーマ:
  • 24 May
    • コンブというワイロをダシにしてネタを取る~かさこ塾はネタになったもの勝ち~

      今週末の5月29日にある「かさこ塾フェスタ」という大人の文化祭に合わせて、 セルフマガジン大賞をする!とかさこ塾長。 しかも大賞受賞者には、かさこ塾の受講料をキャッシュバックという人参付き。 ちょうどセルフマガジンを作らねばと思っていた矢先のこととだったので、 これはエントリーするしかない! と、試行錯誤して自分で作成。 そう、以前もご紹介しましたように、 デザイン力が乏しいという自覚のある私。 しかし、一度は自分でやってみることが大事だと考えているので、 他の人のセルフマガジン等を参考に作りました。 でも、デザイン力、構成力が他の塾生(一般の方も応募可)からしたら見劣りするのは明白。 そこで私の取った行動とは・・・ ワイロ♪♪ 北海道の高級コンブを、エントリー用のセルフマガジン1冊と共に忍ばせた! しかし、忍ばせたはずが、塾長自ら暴露?! 「わいろを贈ってきたやつがいるぞ!」と。 ネタだ!! これはネタだ!! コンブというワイロをダシにして、ネタを取るのだ!! 勝った! ネタになったもの勝ちなのが「かさこ塾」流!(笑) あえて、解説しよう(笑) 中身で勝てないなら、まず印象に残ることだ! 就職活動と一緒。 エントリーシートで切られるのはもったいない。 一次面接で切られるのはもったいない。 まずは、印象付けが大事なのだ~~~! 通り一辺倒なエントリーシートではスルーされるのがオチ。 面接官の目に留まることが大事。 ワイロによって、印象付けられたことはまず間違いない。 土俵に立ち、フライングしてでも、最終的に誰がゴールテープを切るかなのだ!笑 後ろから追い上げてて来る猛者がいるのは確実。 ならば、フライングして先行すれば良いのだ!!笑 さて、そんな私のセルフマガジンの中身の構成は、 1)治:健康について 2)食:魚食普及について 3)人:プロフィール紹介 の3部構成です。 私は、氣功師であり、魚食普及師です。 食と健康を自身のテーマとしており、 そこに人(場)も加えて、 治・食・人を軸に考えています。 セルフマガジンの内容もそれに沿った形で作ってみました。 内容は、 誰でも出来る簡単健康法の紹介や「おさかなワークショップ」の案内、プロフィール紹介です。 5月29日(日)の「かさこ塾フェスタ」では、セルフマガジンコーナーにも並べてありますし、 会場3階のブースでは、健康相談・氣功体験ブースを設置すると共に、セルフマガジンも置いてあります。 ぜひ手に取って見てみてください。 (プリントパックに注文した300部が27日に届くはず・・・!) またブースでは、体験だけでなく、天然ハチミツや天然石鹸、電磁波対策シール等の物販もあります。 興味のある方はこの機会にぜひお買い求めください。 (後日郵送も可です。送料はご負担ください。) ※5月29日のかさこ塾フェスタ2016に出展します。そこで体験をやるので、ぜひご来場ください。※ 「好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ2016」 HP:http://festa.kasako.jp/2016/ 日程:2016.5.29(日) 11:00~18:30(※一部ブースは18:00) 会場:CST飯田橋(〒102-0071 東京都千代田区富士見2-3-14 CSTビル) ※3Fと4Fが会場となります ※会場はJR飯田橋駅西口(神楽坂寄りの出口)下車徒歩1分の場所です 概要: 「好きを仕事に」をコンセプトに自ら培ったブログ術を啓蒙・伝授しているカメライターでありブロガーのかさこ氏が塾長として開講している「かさこ塾」の卒業生達が、 各々の「好きなこと」を様々なジャンルで、そしてそれぞれのスタイルで表現していく「好きをチカラに人と出会い、そして繋がっていく市場」です。 入場料:無料 気功 ブログランキングへ

      2
      テーマ:
  • 21 May
    • 口だけ出す星人にはなりたくない~経験していないと語れない・相談出来ない~

      学生の時から個人用名刺を作っています。 学生の時は単に自分の名前を知ってもらうための物でしたが、 今は、自分と自分の活動(食と健康)について知ってもらうためのツールです。 今週末にある大人の大運動会や来週末に行われる大人の文化祭「かさこ塾フェスタ」、 6月に予定している九州応援フェス()等に向け、名刺を一新しようと、 この数日、試行錯誤していました。 Facebook上でも、作った名刺案を投稿し、友人からのアドバイスをもらいながら修正。 修正を重ねるごとに迷走している感も否めない今日この頃です。 自分でデザイン関係のセンスは乏しいことは自覚しています。 「だったらプロに頼んだ方が早くね?」 「その考えたり、作業している時間ももったいないし」 「自分で仕事をするには、時間を大事にする、管理する意識大事だよ!」 っと、自他共にツッコミが。 その通りです。 ちゃんと出来る人に頼んだ方が、いろんな面で良いのです。 幸いなことに、そうしたデザインが得意な友人、そうした友人を紹介出来るよと言ってくれる人がいて、 大変恵まれています。 ホンマに有難いです。 この場を借りて、そうした友人に感謝を述べたいです。 じゃ、なんでまだ自分で作業して迷走してるねん?! それは、「とりあえず、自分で一通りやってみる」ことが大事だと考えているからです。 その作業の大変さや自分の出来なさ具合を知っているのと知らないのでは、 人に頼んだ時の対応が変わるからです。 実はつい先日こんなことが。 出向先の上司が作った資料を見ると、「!?」となった私。 何かというと、昨年私が作った資料に中で、 「この表記はダメだろ。修正しておいて!」 と言われたことに関して、 その当人が、その「修正が必要だと言った表記」で資料を作っていたのです。 さらに、もし私が作っていたら、絶対にツッコミ入っているだろうなと思う雑な図面。 おいおい、あんた去年これあかん言うたやん・・・ わし、、、去年それで資料作り直したんやけど・・・ 当事者にならないと分からない、感じないことは沢山あります。 残念ながらこの人は、指示型タイプ。 人が作った資料に関しては、いろんな細かいところに気が付き、 そこは素直にスゴイなと感心します。 しかし、普段、手を動かすのは周りの人ため、いざ自分で作業をすると、 そうしたところには気が付かないのでしょう。 自分で作業をしないと、その作業がどれくらいの時間がかかるか、 どれくらいの手間がかかるかが分からくなります。 「これを、こんな風にしといて!」 と、その人はさも簡単そうに指示を出しますが、 いやいや、それあんた言うほど簡単にいかないよ。 なんか、「5~10分くらいで出来るっしょ?」くらいな軽い感じで言ってるけど・・・ それ1時間くらいかかるよ。 で、いざその指示通りにやって提出すると、 「けっこう時間かかったね。うーん、ちょっとやっぱりイメージ違ったわ。」 っとボツになることはざら。 さて、没頭の私の名刺に話を戻すと、 さすがにそろそろ私も自分のセンスでは、たかが知れていることは認識しています。 しかし、この認識することが大事かなと。 相手にどんなイメージを与えたいかで変わるデザインや色。 フォントによって変わる印象。 そうしたことは、私にとっては、自分で作って、 いろんな人にツッコんでもらわないと気がつけなかったことです。 今後、名刺やホームページ作成等、人に頼むことが出てくると思います。 そうした時に、自分のイメージをどう伝えるか、また作り手の大変さを知っているかどうかで、 頼んだ相手との関係性や出来上がったものの完成度が変わってくると思います。 「口だけ出す星人」にはなりたくない。 そのためには、まず出来る範囲で自分で経験をしてみる。 HP:http://hari-ku-indah.wix.com/shoku-kenkoh ※5月29日のかさこ塾フェスタ2016に出展します。そこで体験をやるので、ぜひご来場ください。※ 「好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ2016」 HP:http://festa.kasako.jp/2016/ 日程:2016.5.29(日) 11:00~18:30(※一部ブースは18:00) 会場:CST飯田橋(〒102-0071 東京都千代田区富士見2-3-14 CSTビル) ※3Fと4Fが会場となります ※会場はJR飯田橋駅西口(神楽坂寄りの出口)下車徒歩1分の場所です 概要: 「好きを仕事に」をコンセプトに自ら培ったブログ術を啓蒙・伝授しているカメライターでありブロガーのかさこ氏が塾長として開講している「かさこ塾」の卒業生達が、 各々の「好きなこと」を様々なジャンルで、そしてそれぞれのスタイルで表現していく「好きをチカラに人と出会い、そして繋がっていく市場」です。 入場料:無料 気功 ブログランキングへ

      5
      テーマ:
  • 20 May
    • 自分の好きなことは、やりたいことは何か?~億万長者になったとしても続けたいこと~

      こどもとな学園レポート第5弾。 「夢」について。 一般社団法人日本ゆめ教育協会(http://www.yumemap.com/)のJamesさんこと菅野さんによる講座。 自分の好きなことを見つけ、ブラッシュアップして、具体化していくという内容。 固定概念に捉われず、また、金銭的なことはまずおいといて、 自分が好きなことは何か? やりたいことは何か? ひたすら書き出してみるという作業。 固定概念に捉われないとは、「空を自由に飛んでみたい」、「魔法を使ってみたい」等もOKということ。 また、「旅行をしたい」や「宇宙に行きたい」等は、大人になると金銭的なことが頭にちらつき、 ついつい選択肢から外してしまいがちですが、そうしたブロックもなし。 自由に想いふけってみるという作業。 実は、かさこ塾(http://kasako.jp/)でも同じようなワークをします。 「100億円あっても、あなたが続けたいことは何か?」というテーマで。 つまり「金銭に関わらず、続けたいと思うことが好きなこと」ということ。 今回は更に、なんでそう思ったか等、理由や動機についても考え、紐づけしていくワーク。 徐々に好きなことから、やりたいことに落とし込み、 3つまで絞り、最後は1つに絞ってみて、色紙に宣言をするといった具合でした。 幼稚園児から大人まで、「夢」について向き合う時間。 大人になるとどうしても、「世間の流れ」があり、それに乗っかることが人生のようになりがち。 もちろん、それも人生。 しかし、それが唯一の正解ではない。 特にこれからの日本社会は、「企業に定年まで勤めあげて」というライフプランは現実的ではなくなります。 これまでの日本社会で、好景気だった頃が、今の物事の基準や考え方になっている感がありますが、 正に「時代は変わる」のです。 「10年後、20年後になくなる職業」もよくネットコラムで見かけます。 システム化できる業務はどんどん機械化し、人間が行う仕事の幅や内容は変わっていくのはもはや明確でしょう。 (もちろん、中にはあえて機械化してはいけない分野もあると思いますが。) そうした社会が目の前にある中で、この先どんな人生を送っていくのか。 30代の私たちは40、50歳とまだまだ働き盛りにそうした社会になっています。 10代、20代の人たちは、その最前線で四苦八苦しているかもしれません。 「10年後、20年後になくなる職業」というコラムを頻繁に目にするということは、 それだけすぐ目の前に迫っているということ。 かつて私たちが幼少期に、未来のドラえもんの世界を思い描いたのとは訳が違うのです。 バック・トゥ・ザ・フューチャーの世界感を、 「あぁ、未来ってスゴイな~!」って思っているのとは訳が違うのです。 今こそ、自分の好きなこと、やりたいことに目を向けてみる必要があるのでは。 それは必ずしも今の仕事を辞めることとは直結しません。 今の仕事を続けながらでも、出来ることは沢山あります。 仕事=人生ではありません。 仕事はあくまでも人生を構成する要素の一つです。 話が少々堅くなりましたが、好きなこと、やりたいことに目を向けてみたいな~っという人は、 一度、に参加してみたり、 また、かさこ塾もお勧めです。 さらに! 来週末の5月29日には、自分が好きなことに注力している人たちのお祭りがあります。 そう!かさこ塾フェスタです。 200人以上いる塾生のうち、49人が集まって、自分たちの好きなことを発表する場、 来場者に楽しんでもらう場です。 要は大人の文化祭! 私も健康ブースを出していますので、ぜひ遊びに来てください。 ↓↓詳細は以下から↓↓ ※5月29日のかさこ塾フェスタ2016に出展します。そこで体験をやるので、ぜひご来場ください。※ 「好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ2016」 HP:http://festa.kasako.jp/2016/ 日程:2016.5.29(日) 11:00~18:30(※一部ブースは18:00) 会場:CST飯田橋(〒102-0071 東京都千代田区富士見2-3-14 CSTビル) ※3Fと4Fが会場となります ※会場はJR飯田橋駅西口(神楽坂寄りの出口)下車徒歩1分の場所です 概要: 「好きを仕事に」をコンセプトに自ら培ったブログ術を啓蒙・伝授しているカメライターでありブロガーのかさこ氏が塾長として開講している「かさこ塾」の卒業生達が、 各々の「好きなこと」を様々なジャンルで、そしてそれぞれのスタイルで表現していく「好きをチカラに人と出会い、そして繋がっていく市場」です。 入場料:無料 気功 ブログランキングへ

      5
      テーマ:
  • 19 May
    • 時には人とぶつかることの大切さ

      「こどもとな学園」での気づき第4談。 今日は、人とぶつかることの大切さについて。 「人とぶつかる」という表現をすると、「意見の対立」を連想したかと思いますが、 今回は、正に、物理的に「ぶつかる」こと。 こどもとな学園の2日目の午前中、インドの国技である「カバディ」を体験。 一般社団法人 日本カバディ協会の常務理事・事務局長である河合さんと、日本代表選手の方に来ていただき、体験をさせて頂きました。 (http://www.jaka.jp/) カバディを簡単に表すと、「鬼ごっこ+レスリング」みたいな感じです。 攻撃側(1人)は、相手の陣地に入ると「カバディ」と言い続けながら、守りの人にタッチをします。 タッチをして、守りから捕まることなく自陣に生還したら、タッチした分だけポイントが入ります。 また、守り手は、タッチされても、攻撃者を逃がさなければポイントになります。 そのため、守り手は逃がさないように、タックルしたり、掴んだりと、プレーは荒々しく、過熱する競技です。 ちなみに、男性に限らず、女性のチームもあるそうです。 もちろん今回は子どももいるので、あくまでも体験で特別ルールでやりました。 相手を取り囲むようにしたり、軽く掴んだらOK!という具合に。 大人の男共ときたら、もう盛り上がりますよね! THE男の勝負!といった競技です。 が、しかし、子どももいるので、そこは熱くなり過ぎずで。 とは言うものの、子どもにとっては、大人のプレッシャーは大きいもの。 また、人に掴まれる、囲まれる等の経験が最近の子どもは少ないためか、 びっくりしてないてしまう子も。 私たちが小学生の頃は、クラスメイト同士で、押し合ったり、ぶつかり合ったり、乗っかりあったりなんてのは日常茶飯事でした。 もちろん、危うい面もありましたが、子どもなりに、「この一線は超えたら危ないな」みたいなものはあったように思います。 (それでも、全国的に見たら事故もあったことでしょう。) 何も子どもに限りませんが、大人も人とのぶつかり合いが少ないように感じました。 とはいえ、毎朝の通勤ラッシュでは、嫌というほど、ぶつかり、押し合いますが(笑) まぁ、それとは違った意味で、人と触れる、人に触れるということが大事なんだろうなと。 カバディは激しい競技でしたが、原始的で、奥が深い競技だなと感じました。 タグを取り合うミニ・カバディのようなものも協会では体験会として実施しているそうです。 また6月末には大会もあるそうなので、一度生で見てみたいなと思います。 日本ではまだまだマイナーな競技ですが、一度体験するとけっこうはまり人多数だと思います。 ぜひ一度、体験会へ参加してみてはいかがでしょうか。 HP:http://hari-ku-indah.wix.com/shoku-kenkoh ※5月29日のかさこ塾フェスタ2016に出展します。そこで体験をやるので、ぜひご来場ください。※ 「好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ2016」 HP:http://festa.kasako.jp/2016/ 日程:2016.5.29(日) 11:00~18:30(※一部ブースは18:00) 会場:CST飯田橋(〒102-0071 東京都千代田区富士見2-3-14 CSTビル) ※3Fと4Fが会場となります ※会場はJR飯田橋駅西口(神楽坂寄りの出口)下車徒歩1分の場所です 概要: 「好きを仕事に」をコンセプトに自ら培ったブログ術を啓蒙・伝授しているカメライターでありブロガーのかさこ氏が塾長として開講している「かさこ塾」の卒業生達が、 各々の「好きなこと」を様々なジャンルで、そしてそれぞれのスタイルで表現していく「好きをチカラに人と出会い、そして繋がっていく市場」です。 入場料:無料 気功 ブログランキングへ

      3
      2
      テーマ:
  • 18 May
    • 自分では気が付かないところに他人から評価がある~キャンプファイアから学ぶこと~

      「そふてぃのキャンプファイア術に関心した!」 「火のクロージングが良かった。」 (光を撮るカメラマン・さんちゃん撮影) 前回、前々回に引き続き「こどもとな学園」での1コマ。 (「作る」という小さな成功体験が子どもを育てる~こどもとな学園その1~ ) (命の使い方=残りの人生の時間~こどもとな学園その2~) 私がこの企画に携わることになった、一番最初のきっかけは「キャンプファイア」。 というのも、1泊2日の合宿形式である「こどもとな学園」。 1日目の夜のプログラムとしてキャンプファイアをやりたいとのことで、 無人島サバイバル合宿でスタッフをしていた私に、そのご縁からお手伝いの要請が来ました。 残念ながら、去年、一昨年は天候不順(強風?)によりキャンプファイアが出来ず、 今年も半ば諦めていたところ、実施可能と施設側からのお達し。 3年目にして、やっと「火の神」の出番と相成りました。 人数は30人ちょっとだし、時間も60~90分程度ということで、小ぶりのキャンプファイア。 ですが、はじめは勢い良く、そして燃え具合を見つつ、徐々に火を小さくして、最後まで燃え尽くすのが私流。 実は、キャンプファイア後に、一人で熾火(おきび)をぼぉ~っと眺めているのが好きです。 熾火がチラチラ紅く燃え、パチパチと音がし、ほんわりと明るく燃える。 なんとも幻想的で贅沢な瞬間。 小学1年生の頃からキャンプをしてきた私にとっては、火は身近で特別なもの。 ご飯を炊いたり、調理をしたり、皆で火を囲んでわいわい。 火はいろんなものを与えてくれます。 さて、そんなキャンプファイア。 実は、日本ゆめ教育協会代表理事の菅野(James)さんによると、私のファイアのやり方が意外だったそうな。 Jamesさんもご自身が企画する子どもキャンプでもキャンプファイアをするそうですが、 大きな火を思いっきり上げて盛り上げ、ゲーム等が終わるまでガンガン火を焚いて、 燃え尽きなければ水等で消化することが多いからだそうな。 ファイアのやり方は人それぞれ、企画の内容次第なので、どれが正解ということはありません。 ただ、私のファイアのやり方は、自然や物を大切にすること、儚さ等、メッセージ性や学ぶがあると言って頂きました。 私自身、そうした想いは確かにありましたが、そこまで意識してやっていませんでした。 他人から言われて気が付く自分への評価。 意識していなかった分、そうした評価は大変嬉しいものでした。 菅野さんが企画するキャンプでもやって欲しいとのお声がけも頂きました。 嬉しい限りです! キャンプファイアから学ぶことは沢山あります。 特に最近は、子どもに限らず大人も火を扱ったことがない人が多いです。 そういえば10年近く前、親子防災キャンプでは、30~40代のお父さん達が、カマドに火をくべることが出来ず、 カレー作り体験が全く進まなかったことがありました。 (もちろん、ある程度様子を見た後、丁寧に指導させて頂きました。) 当然、街中では火を出すことは出来ません。 都会で一般の人が火を使うとすれば、年に1回やるかどうかのBBQくらいなものでしょうか。 ましてや子どもは、火を見たこともない子もいるかもしれません。 そう、今や調理をするのもガスではなくIHだからです。 火は人間が生きていくためにとても重要なものであると同時に、時には恐い面もあります。 人が扱う道具は全てそうです。 便利であると同時に、使い方や扱い方を誤れば大参事に繋がりかねません。 火を使うことは、小さい頃から慣れておく必要があると私は思います。 下手に過保護になるからこそ、火傷や家事等の事故に繋がるからです。 それは大人も一緒。 「扱い方を知らないこと」が危ういのです。 キャンプファイアは、参加者が盛り上がるための道具だけでなく、 「火」というものを考え、その特性を知り、使い方を学ぶためのものでもあると思います。 もっと、身近に火をくべることが出来る場が欲しいな~!!っと思ってやまない今日この頃です。 巻を割って、火をくべ、その火を囲み人が集う。 そんな場所を作りたい。 火を囲むと人の心は和み、本音が出てきやすくなります。 火を見て、火を囲み、火を愛でれば小さな悩みはどこへやら。 あぁ、キャンプファイアしたくなってきた! HP:http://hari-ku-indah.wix.com/shoku-kenkoh ※5月29日のかさこ塾フェスタ2016に出展します。そこで体験をやるので、ぜひご来場ください。※ 「好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ2016」 HP:http://festa.kasako.jp/2016/ 日程:2016.5.29(日) 11:00~18:30(※一部ブースは18:00) 会場:CST飯田橋(〒102-0071 東京都千代田区富士見2-3-14 CSTビル) ※3Fと4Fが会場となります ※会場はJR飯田橋駅西口(神楽坂寄りの出口)下車徒歩1分の場所です 概要: 「好きを仕事に」をコンセプトに自ら培ったブログ術を啓蒙・伝授しているカメライターでありブロガーのかさこ氏が塾長として開講している「かさこ塾」の卒業生達が、 各々の「好きなこと」を様々なジャンルで、そしてそれぞれのスタイルで表現していく「好きをチカラに人と出会い、そして繋がっていく市場」です。 入場料:無料 気功 ブログランキングへ

      4
      テーマ:
  • 17 May
    • 命の使い方=残りの人生の時間~こどもとな学園その2~

      昨日に引き続き、先週末の「第3回こどもとな学園」について。 (昨日の記事はこちら→「「作る」という小さな成功体験が子どもを育てる~こどもとな学園その1~」) 今日は、脱サラして、奥さんと幼稚園児の娘さんを連れて約1年間かけて世界一周してきた山村宗太さんのご講演を紹介。 商社等の複数の企業に勤め、家族が起きる前に出勤し、家族が寝た後の深夜に帰宅するという生活をしていたという山村さん。 家族との時間がないことや、働き方、人生について考えた末、 「5年後」について書き記す日記を始め、2009年に5年後(2014年の1月1日)に家族と世界一周旅行を始めると書き記し、それに向けていろいろと動き出したそうです。 脱サラをして、家族を連れて世界一周をしよう!なんていう人は、一体どんな人なんだろうと思っていたのですが、 個人的に山村さんと話をしていた時、山村さんは「僕は平凡な人生を生きてきた」とおっしゃったのが驚きでした。 大学に行き、就活し、企業に勤め・・・ 特に特筆することをしてきた訳ではないとのこと。 意外。 余談ですが、私が氣功を始めた主な理由の1つが、「自分の特技を持ちたいから」でした。 小学生の頃から、何をしても「THE平均」。 一通りのことを満遍なく出来るけど、突出しているものもない。 健康オタクであったことと、自分の身体を使った何かを求めていたところ、氣功と出会い、 その中でも治療という分野に興味を持ち、氣功を習い始めました。 そんな話を山村さんにしたら、「僕も平凡タイプだった!」と。 何か、会って直ぐに親近感が沸きました。 さて、山村さん。 1年間の旅で感じたいろんなエピソードを話してくださいました。 健康について、家族との絆について、世界の面白文化、生きるということ・・・ 中でも印象的だったのが、 「命の使い方=残りの人生の時間」ということと、 「家族と本気で向き合うためには、逃げ道を無くす」ということ。 残りの人生の時間を意識することが大事だというのは、いろんな方がおっしゃています。 私自身そう思います。 しかし、その一方で目の前のことで精一杯な自分がいるのも確かです。 目の前の業務。 次のイベントまでに仕込まねばならぬ準備。 資料の作成。 日々の氣功の修練・・・ 決して分単位で生活しているわけではないので、時間的余裕がないわけはありません。 しかし、「自分の命の時間の猶予を考える」という時間をわざわざ取るということをしてこなかったなと思いました。 正直なところ、こうしてブログを書いている今も、「残された時間を意識すること」がどういうことか、 どうしたら良いのか分からないでいます。 自分自身の課題の一つとして改めて考える必要があるなと感じました。 そして、もう一つ。 「家族と本気で向き合う」ということ。 私はまだ独身なので、家族というと生みの親や兄弟、親戚等です。 氣功や治療等の話題は、友人や興味を持ってくれた人にすることが多く、家族を始めとした身近な人にはほとんどしてきませんでした。 氣功等に限らず、悩みや人生について等、家族や身近な人に相談することが少なく、 友人にすることが多いなと改めて気がつきました。 もっと家族や身近な人と、腹を割って話すことも必要なのかなと。 それには、「逃げ道を無くす」という手段も確かに必要かもしれないなと思いました。 こうしたことは、なにも世界一周しないと気が付けないことではありません。 人それぞれの経験の中で、いろんな気づきがあるのだと思います。 しかし、ただ流されるままの毎日では、そうした気づきも少ないのでしょう。 劇的に生活を変えることはありませんが、意識して、生活や環境を変えてみるのだ大事だなのかなと。 気功 ブログランキングへ

      1
      テーマ:
  • 16 May
    • 「作る」という小さな成功体験が子どもを育てる~こどもとな学園その1~

      先週末の5月14~15日は「第3回こどもとな学園」でした。 3年目となる今年のテーマは「人間ってすごい!」。 「こどもとな(KoDoMoToNa)」とは、 「子どもはいろんな大人の背中から学び、大人はいろんな子どもと遊びながら子ども心を取り戻す。」場で、 大人も子どもも関係なく、共に学び・遊びます。 (http://kodomotona.com/) 今年も学校の授業を模して、社会の授業では家族で世界一周した山村宗太さんの講演、 技術(図工)の授業としてNHKの「わくわくさん」として有名な久保田雅人さんの「作って遊ぼう!」、 体育では、日本カバディ協会の河合事務局長と日本代表選手によるカバディ体験、 理科の授業は薬剤師(薬剤師・小説家志望)のキム兄による実験、 そして、総合学習として日本ゆめ教育協会の菅野知良(James)さんの夢発見の授業と、 盛り沢山で濃い内容でした。 本ブログで、数日に亘って、各授業の内容や学びを整理&紹介していこうと思います。 今日ご紹介するのは、「わくわくさん」こと久保田雅人さんの「作って遊ぼう!」について。 (※ワークショップの詳細や完成品、ご本人の写真等は、著作権等の関係上、ご紹介出来ません。) この日は、牛乳やジュース等のパックを使った工作でしたが、 工作の内容よりも何よりも、久保田さんの人を惹きつける、参加者の意識をグッと掴む妙技にまず感服。 その話し方や、フレーズの使い方に、子どもも大人もすっかり「わくわくさん」の世界に引き込まれました。 子どもも大人も、久保田さんのトークに、いちいち、ついついリアクションをしてしまう。 その話術・妙技は、なんとも文章で表現し切れません。 さて工作。 なんといきなりパック1つから3つもの遊具を作ってしまいました。 全く無駄が出ない。 今回、久保田さんの授業を受けて痛感したことは、最近の子どもも、大人も、 「自ら作り出す」ということを経験していないということ。 子どもに与えるおもちゃといえば、既製品がほとんどではないでしょうか? 工夫して作り上げたもので遊ぶ。 「作る」というプロセスとその達成感は、一つの成功体験になります。 小さな成功体験を小さいころから積み上げる事で、経験が積み重なることはもちろん、 工夫する思考が育まれ、心も育っていくのだろうなと。 既製品を買い与えることは楽かも知れませんが、そこから得る学びは、作り出すことで得られるそれと格段の差があるように思います。 また、作る過程においてはいろんな道具を使ったり、いろんな作業があります。 道具を使うことを覚える、道具を使うことで出来ることの幅が広がる。 学校の授業では、さも当たり前のように図工の授業がありましたが、 大人になるに従って、作り出すことをやめ、「既にあるものを利用する」という考えになっていたように自分自身感じました。 久保田さんのワークショップでは、子どもはもちろん、私を含めた大人がきゃっきゃ言いながら盛り上がりました。 特に牛乳パックで作ったボールやロケットが、教室中を縦横無尽に飛び交っていました。 私にも幼稚園に入ったばかりの姪っ子がいるので、さっそく一緒に作って遊んでみようと思います。 作ること自体が遊びであり学びですね。 明日は、奥さんと幼稚園児の娘を連れて世界一周した山村さんのお話しをご紹介。 HP:http://hari-ku-indah.wix.com/shoku-kenkoh ※5月29日のかさこ塾フェスタ2016に出展します。そこで体験をやるので、ぜひご来場ください。※ 「好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ2016」 HP:http://festa.kasako.jp/2016/ 日程:2016.5.29(日) 11:00~18:30(※一部ブースは18:00) 会場:CST飯田橋(〒102-0071 東京都千代田区富士見2-3-14 CSTビル) ※3Fと4Fが会場となります ※会場はJR飯田橋駅西口(神楽坂寄りの出口)下車徒歩1分の場所です 概要: 「好きを仕事に」をコンセプトに自ら培ったブログ術を啓蒙・伝授しているカメライターでありブロガーのかさこ氏が塾長として開講している「かさこ塾」の卒業生達が、 各々の「好きなこと」を様々なジャンルで、そしてそれぞれのスタイルで表現していく「好きをチカラに人と出会い、そして繋がっていく市場」です。 入場料:無料 気功 ブログランキングへ

      4
      テーマ:
  • 12 May
    • 東洋医学は日本が一番遅れている?!

      私は氣功や操体法等を始めとした東洋医学を基とした治療に携わっています。 これらは、薬等に頼らず、自己免疫力を高めることによって、健康な心身を目指すものです。 薬と違い副作用もありません。 何よりも、自ら積極的に健康を求める姿勢や意識になるという点が大きいかもしれません。 さて、大まかに東洋医学と西洋医学という呼ばれ方をしていますが、 面白いことに、欧米では近年は東洋医学が注目され、日本では西洋医学がもっぱらの主流です。 私は海外ドラマ(主にアメリカ)や映画が好きで良く観るのですが、 その作中に「レイキ」という単語を目(耳)にすることがしばしばあります。 (※画像はNCIS・LAの一場面) レイキとは、簡単に言うと氣功の一種で、手のひら(労宮)から氣を出して、患部に当てる(氣を送る)ことで、 その悪いところを癒すという療法です。 元々は日本で生まれ培われた療法で、明治期にはその効果の高さから大変流行り、名人の下には全国から患者が訪れたそうです。 しかし戦後、いろんな思惑により西洋医学が主流となり、レイキは排斥されてしまいました。 当事、レイキを学んでいたハワイの日系人の方が、ハワイでレイキを広めたことで、また近年になって日本に逆輸入という形で戻ってきたという経緯があります。 現在、ハワイを始めとするアメリカ国内では、レイキによるヒーリング(治療)が盛んで、 そうしたクリニックはそこら中に、当たり前にあるそうです。 欧米においても、原因不明の症状が増えてきたことによって、東洋医学の療法に大変注目が集まっており、 富裕層ほど、そうしたものに興味を持っているという話も聞いたことがあります。 これほど科学が発展した現代社会においても、解決できない症状、病状が沢山あります。 実は、そうしたものを氣功で解決出来たという事例は大変多いのです。 私自身も、腎臓を患い、お医者さんからは「君は一生頻尿と付き合わねばならない!」 と宣言された友人に、氣功を10分ほど施したことがあります。 すると、翌朝には15年ぶり以上に大量の尿が出たといったことがありました。 この様に西洋医学では解決できないものも、東洋医学の療法では解決できることが沢山あります。 しかし、高度経済成長期などに、霊感商法などが流行ったこともあってか、そうしたものに抵抗を感じるような風潮があります。 欧米でもそうした詐欺はあるのだとは思いますが、 欧米は特に結果主義のところがあるのか、ちゃんと少々が緩和したら認められるような気質です。 その結果、レイキは欧米では着実に定着し、一般市民から富裕層まで広く認知されているのだと思います。 日本で生まれ(中国やインドが起源のものもありますが)、培われてきた東洋医学の思想や療法が日本では認められず、 欧米では認知されているというのは残念な気持ちになります。 ちなみに、ロシアでは、「超能力療法(?)」なるものが国から認可されているそうです。 私は決してアンチ西洋医学・アンチ薬ではありません。 西洋医学の療法も場合によっては大変有効な手段です。 しかし、心身の健康という根本を考えた時に、東洋医学の思想と療法は、生活に根付き、日々自分自身が健康であろうとする積極的な姿勢を生み出すものです。 数字ばかりに目がいきがちな現代日本社会ですが、「結果」を客観的に見れば、東洋医学の療法でちゃんとした結果が出ています。 追いつけ追い越せ欧米! でも、実は灯台基暮らしで、ちゃんと結果が出る有効な手段は元々日本にもあったものですよっと。 東洋医学の普及は、日本が一番遅れているのかも知れません。 HP:http://hari-ku-indah.wix.com/shoku-kenkoh ※5月29日のかさこ塾フェスタ2016に出展します。そこで体験をやるので、ぜひご来場ください。※ 「好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ2016」 HP:http://festa.kasako.jp/2016/ 日程:2016.5.29(日) 11:00~18:30(※一部ブースは18:00) 会場:CST飯田橋(〒102-0071 東京都千代田区富士見2-3-14 CSTビル) ※3Fと4Fが会場となります ※会場はJR飯田橋駅西口(神楽坂寄りの出口)下車徒歩1分の場所です 概要: 「好きを仕事に」をコンセプトに自ら培ったブログ術を啓蒙・伝授しているカメライターでありブロガーのかさこ氏が塾長として開講している「かさこ塾」の卒業生達が、 各々の「好きなこと」を様々なジャンルで、そしてそれぞれのスタイルで表現していく「好きをチカラに人と出会い、そして繋がっていく市場」です。 入場料:無料 気功 ブログランキングへ

      6
      テーマ:
  • 11 May
    • ~節約術~自動車税はクレジットカード払い&Tポイント

      今年の自動車税を納付しました。 「無理のない節約」が好きな私は、自動車税を「クレジットカード&Tポイント」で、 スズメの涙程度ですが、節約払いしています。 その方法は簡単! ヤフーの公共料金払いのページから、自動車税納付を選択して、画面の案内に沿って操作すること2~3分。 あっという間に手続き完了です。 (こちら→http://koukin.yahoo.co.jp/) 私の場合、政府が「古い車はエコじゃない!」というアホな政策により、 自動車税は45,400円です。 それにクレジット決済の手数料が324円。 計45,724円です。 ちなみに、コンビニ等で現金払いの場合は、自動車税の45,400円のみです。 え!?節約してないじゃん!! 【節約術1】 クレジットカード払いによるマイルやポイント 私の場合、クレジットカードの使用により飛行機のマイルが溜まるようになっています。 昨年度までは出張等で飛行機によく乗っていたので、マイルに変換することで、 出張のマイルと、カードのマイルで、年に1回くらいは無料で国内線の往復くらいは出来ます。 【節約術2】 Tポイント 私は、アンケートに回答することでTポイントが貯まるという会員に登録しています。 (1アンケートにつき1~5ポイント程度です。) また、その他でも、ガソリンスタンドや買い物などでTポイントを貯めています。 これらによって年間1,500~2,500ポイント程度貯まります。 1年間で貯まったこのTポイントも併せて自動車税を払っています。 なお、ヤフーに勤めている友人が、災害時にTポイントで寄付できる仕組みを作って以来、 私は災害時の寄付はTポイントを活用することが多く、貯めたTポイントうちの半分くらいは寄付に回っています。 (現金での寄付もしています。) そのため、今年私が納めた自動車税は、 45,400円+324円-1,210円(Tポイント分)=44,514円でした。 手数料の324円を考えても、クレジットカード&Tポイントでの納付で、 「ちょっとだけ節約」でした。 自動車税の納付期限は5月31日までです。 皆さんお忘れなく。 HP:http://hari-ku-indah.wix.com/shoku-kenkoh ※5月29日のかさこ塾フェスタ2016に出展します。そこで体験をやるので、ぜひご来場ください。※ 「好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ2016」 HP:http://festa.kasako.jp/2016/ 日程:2016.5.29(日) 11:00~18:30(※一部ブースは18:00) 会場:CST飯田橋(〒102-0071 東京都千代田区富士見2-3-14 CSTビル) ※3Fと4Fが会場となります ※会場はJR飯田橋駅西口(神楽坂寄りの出口)下車徒歩1分の場所です 概要: 「好きを仕事に」をコンセプトに自ら培ったブログ術を啓蒙・伝授しているカメライターでありブロガーのかさこ氏が塾長として開講している「かさこ塾」の卒業生達が、 各々の「好きなこと」を様々なジャンルで、そしてそれぞれのスタイルで表現していく「好きをチカラに人と出会い、そして繋がっていく市場」です。 入場料:無料 気功 ブログランキングへ

      3
      テーマ:
  • 09 May
    • GW中は好転反応の日々でした

      GWが明けましたね。 今朝の電車はどこも少なからず遅延があったみたいですね。 連休明けの出勤は心身共に辛いものがありますよね。 さて、皆さんはGWはいかがお過ごしでしたでしょうか? ゆっくりされた方、遠出された方、いろいろだと思います。 私は。。。 ゆっくりしていました。 というのも、この10日間はずっと好転反応だったからです。 毎年そうなのですが、会社の業務上、年度末+4月は激務で、4月の後半にやっと落ち着くというスケジュールです。 そのせいか、GWにどっと疲れが来ると言うか、ふっと力が抜け、それまで溜まっていたものが噴き出すイメージです。 今年特に、幼少期に溜まっていたものが出たらしく、一見すると「風邪」のような鼻水や咳が止まらずにいました。 (※風邪ではないので、このGW中に私と直接会った人も風邪がうつったりはしていませんので、ご心配なく。) 実は、幼少期(小学校1年生くらい)まで、時折、喘息がありました。 薬等は必要ではありませんでしたが、寝るときに少し胸を高くしないと息苦しい感じがありました。 また、大学生の頃までは、数年に一度、3~4日程度長引く風邪をひいていました。 私は風邪をひくこと自体が珍しかったので、長引くと辛かった思い出があります。 このGWは、この「長引く風邪」に似た症状でした。 風邪ではないのですが、それまで溜まっていた邪気が好転反応により噴き出したので少々辛かったです。 風邪と好転反応の見分けも難しいところではありますが、今の私の心身の状態では、 一般的な風邪はなかなかひきません。 (寒い中、裸でいる等しない限り) 邪気が抜けてくると、心身の状態が良くなっていきますが、それと同時に、それまで溜まっていたものが一気に出るということもあります。 これを機に、もう一段階レベルアップしたい私です。 HP:http://hari-ku-indah.wix.com/shoku-kenkoh ※5月29日のかさこ塾フェスタ2016に出展します。そこで体験をやるので、ぜひご来場ください。※ 「好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ2016」 HP:http://festa.kasako.jp/2016/ 日程:2016.5.29(日) 11:00~18:30(※一部ブースは18:00) 会場:CST飯田橋(〒102-0071 東京都千代田区富士見2-3-14 CSTビル) ※3Fと4Fが会場となります ※会場はJR飯田橋駅西口(神楽坂寄りの出口)下車徒歩1分の場所です 概要: 「好きを仕事に」をコンセプトに自ら培ったブログ術を啓蒙・伝授しているカメライターでありブロガーのかさこ氏が塾長として開講している「かさこ塾」の卒業生達が、 各々の「好きなこと」を様々なジャンルで、そしてそれぞれのスタイルで表現していく「好きをチカラに人と出会い、そして繋がっていく市場」です。 入場料:無料 気功 ブログランキングへ

      6
      テーマ:
  • 06 May
    • イベント初出展!~誰もがこれる入場無料イベント「かさこ塾フェスタ」~

      人生で初めて自分の名前で出展します! 「好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ2016」 HP:http://festa.kasako.jp/2016/ ぜひその様子を見にご来場ください。 総勢49名の面白く、変な大人が集結します。 会社で働きながら占い師をやっている人。 肩書がいくもあってどれが本職か分からない人。 耳つぼセラピストの人。 家族の思い出を聞きまくって整理してくれる人。 皮と金具が好き過ぎてカバン・皮製品の職人になっちゃった人。 などなど。 いずれも自分が好きな事を本職や副業等として実践している人達です。 そんな人達の作品を見たり、体験してみたり、話を聞いてみたり出来る場が「かさこ塾フェスタ」です。 私もその一員として出展します。 当日は主に無料の健康相談と健康法体験のブースを出します。 健康法体験は、操体法の体験や電磁波の影響を体感してみようという内容です。 特に女性の場合、美容や美顔、小顔に興味のある方は、美顔氣功も体験して頂けますので、お楽しみに。 (※もちろん男性もOKです!最近は美容男子という言葉も有りますしね。) その他にも、天然石鹸や天然ハチミツの販売もあります。 以前から気になっていたけど、なかなか予定が合わなかった。 フェイスブックやブログでは見ていたけど、実際に体験してみたかった。 などなど、初めての方でも気軽にお越しください。 「実は、ブログで書いていたあの記事の内容が気になっていた。」等も大歓迎です! ぜひ私やいろんな面白い大人たちに会いに「かさこ塾フェスタ」にご来場ください。 HP:http://hari-ku-indah.wix.com/shoku-kenkoh ※5月29日のかさこ塾フェスタ2016に出展します。そこで体験をやるので、ぜひご来場ください。※ 「好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ2016」 HP:http://festa.kasako.jp/2016/ 日程:2016.5.29(日) 11:00~18:30(※一部ブースは18:00) 会場:CST飯田橋(〒102-0071 東京都千代田区富士見2-3-14 CSTビル) ※3Fと4Fが会場となります ※会場はJR飯田橋駅西口(神楽坂寄りの出口)下車徒歩1分の場所です 概要: 「好きを仕事に」をコンセプトに自ら培ったブログ術を啓蒙・伝授しているカメライターでありブロガーのかさこ氏が塾長として開講している「かさこ塾」の卒業生達が、 各々の「好きなこと」を様々なジャンルで、そしてそれぞれのスタイルで表現していく「好きをチカラに人と出会い、そして繋がっていく市場」です。 入場料:無料 気功 ブログランキングへ

      7
      テーマ:
  • 05 May
    • 愛車のリコール~今年も税金徴収の時期がやってきた~

      先週末、ずっと放置していた愛車のリコール修理をしてきました。 内容はエアバックのシステム。 平成25年にも不具合があり、リコールがありましたが、再度問題が見つかったとのことで、システムユニットの交換ということでした。 (※ヴォルツを愛用の皆さんリコールお済みですか?) 作業自体は1時間ちょっとで終了。 初めてシフトレバー周りのパネルの裏を見ました。 全然、構造的なものは分かりませんが。 車は本当にメンテナンスに時間や手間、費用がかかります。 「若者の車離れ」と言われて久しいですが、車両本体、駐車場代、メンテナンス代、そして何重にもかけられた税金・・・ そらぁ、カーシェアやレンタカーの世の中になりますって。 今回の三菱自動車の燃費改算に関しても、結局のところは、「チェック機能があやふや」、「抜け道だらけ」ってことが露呈しただけのこと。 その一方で政府は、新しい車への買い替えを促すために、杓子定規的に「10年、15年以上経った車は燃費が悪いだろうから課税!」なんていうアホなことをしよる。 以前にも記事にしましたが、私の愛車はいろんなメンテナンスをしています。 氣功的なメンテナンスもしています。 そのおかげで、好条件(渋滞のない高速道路で時速90キロ走行)の場合、約16キロ/リットルの燃費です。 ヴォルツはカタログ値でさえも約12キロ/リットルです。 通常であれば高速道路でも10キロ/リットル、下道であれば7~8キロ/リットル程度でしょう。 かたや最新のハイブリット車であっても運転の仕方やメンテナンス次第では、私の愛車よりも燃費が劣ります。 (ハイブリットのSUV車で、10キロ/リットル程度の車もあります。) そろそろ今年も車に関する税金徴収のお知らせが来るころですね。 HP:http://hari-ku-indah.wix.com/shoku-kenkoh ※5月29日のかさこ塾フェスタ2016に出展します。そこで体験をやるので、ぜひご来場ください。※ 「好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ2016」 HP:http://festa.kasako.jp/2016/ 日程:2016.5.29(日) 11:00~18:30(※一部ブースは18:00) 会場:CST飯田橋(〒102-0071 東京都千代田区富士見2-3-14 CSTビル) ※3Fと4Fが会場となります ※会場はJR飯田橋駅西口(神楽坂寄りの出口)下車徒歩1分の場所です 概要: 「好きを仕事に」をコンセプトに自ら培ったブログ術を啓蒙・伝授しているカメライターでありブロガーのかさこ氏が塾長として開講している「かさこ塾」の卒業生達が、 各々の「好きなこと」を様々なジャンルで、そしてそれぞれのスタイルで表現していく「好きをチカラに人と出会い、そして繋がっていく市場」です。 入場料:無料 気功 ブログランキングへ

      3
      テーマ:
  • 04 May
    • トイレに行くというリスクマネジメント~トイレは行ける時に行くべし!~

      普段の生活の中で、トイレに行けるうちに、ちゃんとトイレに行っていますか? 「そんな子どもじゃあるまいし。」と思ったあなた、本当にトイレに行っていますか? こんな経験ありませんか? 朝、満員電車で出勤中、途中でお腹が痛くなる。 もう我慢できない! 次の駅で降りよう。 しかし、乗っているのは急行電車。 次の駅までが遠い。 必死に己と戦う。 やけに時間が経つのが遅い。 限界に達するのが先か、電車がホームに着くのが先か。 でも、ホームについたところで、トイレは、前か後ろか? ・・・ もう、拷問レベルですよね。 はたまた、「混雑により列車が遅れています。皆様のご到着が遅くなりご迷惑をおかけ致します。」 なんてアナウンスが入った時には、車掌室に乗りこんでやろうか!くらいな勢いでしょう。 電車や車等の限定空間でトイレに行きたくなった時にはもう最悪です。 私はプライベートや出張で、車での長距離移動が珍しくありません。 また長距離バスや夜行バスにも乗ることもたまにあります。 そうした際、サービスエリア等に寄った際は、必ずトイレに行きます。 その時、大してトイレに行く必要がなさそうであってもです。 車の場合、いつ渋滞に巻き込まれるか分かりません。 渋滞情報を見て全く渋滞がなくても、自分たちの数分前を走る車が事故をするかも知れません。 (そんなことないよう願うばかりですが) 車という限定空間でトイレに行けない。 こんな恐ろしいことはありません。 (ちなみに、愛車には緊急用に簡易トイレを常備してあります。) そしてこれは、災害時にも言えることです。 災害時に困ることの一つがトイレです。 それこそ、電車に乗っている時に、事故や災害があったら、しばらく車内から出られないかも知れません。 トイレを我慢するのは本当に苦痛です。 なので、小まめにトイレに行くことをお勧めします。 女性の場合、なかなか恥ずかしくてそうもいかない場合もあるのかもしれませんが、 限定空間でもしもの場合を考えたら、そんなもの屁でもありませんって。 また特に女性は、トイレを我慢しがちな傾向があり、膀胱炎になりやすいという面もあります。 日頃から我慢せずトイレにいきましょう。 また男性は、女性とデートや食事をする際、それとなくトイレを勧めてください。 言いにくい場合は、男性が自ら「ごめん、ちょっとトイレ行くわ」と言えば良いのです。 トイレを見かけたらトイレに行く。 ちょっと極端かもしれませんが、それくらいの心つもりでいた方が良いかもしれません。 HP:http://hari-ku-indah.wix.com/shoku-kenkoh ※5月29日のかさこ塾フェスタ2016に出展します。そこで体験をやるので、ぜひご来場ください。※ 「好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ2016」 HP:http://festa.kasako.jp/2016/ 日程:2016.5.29(日) 11:00~18:30(※一部ブースは18:00) 会場:CST飯田橋(〒102-0071 東京都千代田区富士見2-3-14 CSTビル) ※3Fと4Fが会場となります ※会場はJR飯田橋駅西口(神楽坂寄りの出口)下車徒歩1分の場所です 概要: 「好きを仕事に」をコンセプトに自ら培ったブログ術を啓蒙・伝授しているカメライターでありブロガーのかさこ氏が塾長として開講している「かさこ塾」の卒業生達が、 各々の「好きなこと」を様々なジャンルで、そしてそれぞれのスタイルで表現していく「好きをチカラに人と出会い、そして繋がっていく市場」です。 入場料:無料 気功 ブログランキングへ

      3
      テーマ:
  • 03 May
    • 誰もが健康は大事だと分かっていても何もしていない現実

      「健康は大事、とわかっていながら健康のためにしていることは何一つない。 まだ不摂生を嫌いになれない。不摂生への執着を捨てきれない。そんな44歳。」 (前田健氏のツイッターより) このつぶやきに対して、1270件のリツイートと、813件のイイネがついています。 それだけ、共感する人がいる人がいるということですね。 つまり、前田さんのツイッターだけでもこれだけの人が共感するということは、 おそらく、もっと多くの人が、「健康は大事だと分かっていても、何もしていない」ということなのでしょう。 先日、「医者も薬も万能じゃない!と言いきったお医者さん~免疫力を上げる自助努力が大事~」でも紹介しましたが、 お医者さんや薬は万能ではありません。 (上記の記事にあるように、お医者さんご自身がそうおっしゃっていますし。) 「風邪ひいたらとりあえず薬のめば良いや。」と思っていませんか? お医者さんや薬剤師さんの中には、風邪をひいても薬を飲まないという方は少なくありません。 試しに、「医者・薬剤師・風邪・薬飲む?」等のワードで検索してみてください。 いつか記事が出てきます。 いつもの枕詞ですが、私は決してアンチ西洋医学・アンチ薬な訳ではありません。 時と場合により大変有用な手段です。 しかし、日頃、何も自分で健康管理をしておらず、何か症状が出た時だけ、安易に薬等に頼ろうとする考え方を懸念しています。 病気の症状は、何かしらの原因があっての「結果」です。 残念なことに、薬や西洋医学のアプローチ方法の多くが、原因ではなく、結果に対してのアプローチ(対症療法)です。 (※全て対症療法だとは言いませんが。) 例えば、風邪。 風邪とはそうしたウィルス等があるのではなく、熱や鼻水、くしゃみ、咳等が出る症状全般に対する総称です。 また、それに対する薬も、症状を押さえる作用があるだけであって、根本的な解決にはなっていません。 良くお医者さんから、「薬を飲んで、あとは“静養してくださいね”。」と言われませんか? あくまでも、症状を緩和し、後は「自己免疫力任せ」なのです。 ちなみに、風邪を治す薬が発明されたらノーベル賞ものだそうです。 風邪薬のCMでも、「風邪が鼻から来る人にはコレ!」といったCMがありますが、 あれも、鼻水や鼻づまりを緩和するだけで、後は自己免疫力で頑張ってね!という薬です。 では、その症状(結果)の原因は何か? そこには多くの要素があります。 身体や内臓の歪み、低体温、電磁波、食事、職場環境、住環境・・・ 複数の要素が絡まってその症状は起きています。 複数の要因が絡まったり、蓄積した結果、症状として現れます。 つまり、イメージでいうと、マイナスのポイント制度です。 日々、心身の健康に気を使っていなければ、いずれ大きな症状が現れる可能性は大きいことでしょう。 私がまず大事だと考えるのは、そうした健康への意識を変えることです。 「健康は一日にして成らず」 「健康は他力本願では得られない」 心身の健康への考え方、自宅で出来る健康法等を学ぶ教室(道場)を開いています。 興味のある人はお気軽お問い合わせください。 最後になりましたが、前田健さんのご冥福をお祈りします。 HP:http://hari-ku-indah.wix.com/shoku-kenkoh ※5月29日のかさこ塾フェスタ2016に出展します。そこで体験をやるので、ぜひご来場ください。※ 「好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ2016」 HP:http://festa.kasako.jp/2016/ 日程:2016.5.29(日) 11:00~18:30(※一部ブースは18:00) 会場:CST飯田橋(〒102-0071 東京都千代田区富士見2-3-14 CSTビル) ※3Fと4Fが会場となります ※会場はJR飯田橋駅西口(神楽坂寄りの出口)下車徒歩1分の場所です 概要: 「好きを仕事に」をコンセプトに自ら培ったブログ術を啓蒙・伝授しているカメライターでありブロガーのかさこ氏が塾長として開講している「かさこ塾」の卒業生達が、 各々の「好きなこと」を様々なジャンルで、そしてそれぞれのスタイルで表現していく「好きをチカラに人と出会い、そして繋がっていく市場」です。 入場料:無料 気功 ブログランキングへ

      5
      テーマ:
  • 02 May
    • 医者も薬も万能じゃない!と言いきったお医者さん~免疫力を上げる自助努力が大事~

      「皆勘違いしてるけどね、医者も薬も万能じゃないのよ。」 「薬飲んだからって直ぐに良くなるとも限らないし。」 「だから、患者さん自身が免疫力を上げる努力が大事なの!」 ネットのコラムに、『耳鼻科で耳垢の除去をしてもらったら快感だった!』というような記事を見つけ、 ちょっと気になり興味本位で自宅近くの耳鼻科に行ってみました。 すると、診察中のお医者さんが患者さんに対して、没頭の言葉で患者さんを諭していた。 声だけしか聞こえなかったので、まだ見ぬ(顔を合わせていない)お医者さんでしが、 「まともなお医者さんだな~」っと思いながら、待合ベンチでその様子に聞き耳を立てながら順番を待っていました。。 以前からもご紹介していますように、私は決してアンチ西洋医学、アンチ薬な訳ではありません。 時と場合によっては有効的な手段です。 しかし、皆さんが思っているように安易に薬を服用することには懸念しています。 それ以前に自分で出来ることが沢山あるからです。 このお医者さんがおっしゃるように、薬は万能ではないし、さらに言うなれば「症状を誤魔化すもの」です。 薬に頼る以前に、自分自身で自己の免疫力を上げる努力が必要です。 ではどうしたら免疫力が上がるのか? 一つは、体温を上げることです。 免疫力の一つの指標である白血球は体温が36度以上でその機能が活性化します。 風邪をひいたときに熱が出るのは、体温を上げることで白血球の働きを活性化するためです。 そのため、ちょっと平熱より体温が高いからといって直ぐに解熱剤を飲んでしまうと、 せっかく白血球が頑張ろうとしてるのを阻害してしまいます。 体温を上げるためには、手っ取り早く身体を温めるものを食べる。 温かいもの、生姜などなど。 もっと深いレベルになると、細胞内にあるミトコンドリアを活性化させることが免疫力を上げるのに手っとり早い方法です。 ミトコンドリアとは、細胞内でエネルギー(ATP)を生みだしており、ミトコンドリアが活性化することで、 細胞分裂が活性化し、ひいては免疫細胞も活性化します。 では、ミトコンドリアを活性化させるにはどうしたら良いか? ミトコンドリアのエネルギー源である『電子』を供給することです。 そのためにはビタミン類を摂取すること。 もしくは電子を直接的に細胞に供給することです。 細胞に直接電子を供給する方法としてはライザブがお勧めです。 ライザブについてはこちら。 で、結局、私の耳垢問題はどうなったかというと、 「じゃ、耳の中を診てみるね~・・・」 「なんも問題ないね! 耳掃除もする必要ないからね。」 終了・・・ 「君の場合、全く問題ないから、気になるんだったらまた10年後くらいにでもおいで。」 笑! 「でも、このまんま帰すのも悪いし、せっかくだから、鼻と喉も診てあげよう!」 「鼻は少し鼻炎持ちそうだけど、鼻水、鼻づまりある?」 私「ないっす!」 「喉も問題ないし、何もない!」 「うーん、、、アドバイスすること無いな~」 「あ、ヘッドホンやイヤホンはするかね?」 私「しません」 「賢い! あんなものは難聴になるだけで、愚か者のすることだ!」 「君に話すことはもう何もない!」 診察、終了~~~ と、健康体だということを確認して終わりました。 診察料850円。 ま、このブログのネタになったと思えば良いっかw なかなか実直で面白い先生でした。 HP:http://hari-ku-indah.wix.com/shoku-kenkoh ※5月29日のかさこ塾フェスタ2016に出展します。そこで体験をやるので、ぜひご来場ください。※ 「好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ2016」 HP:http://festa.kasako.jp/2016/ 日程:2016.5.29(日) 11:00~18:30(※一部ブースは18:00) 会場:CST飯田橋(〒102-0071 東京都千代田区富士見2-3-14 CSTビル) ※3Fと4Fが会場となります ※会場はJR飯田橋駅西口(神楽坂寄りの出口)下車徒歩1分の場所です 概要: 「好きを仕事に」をコンセプトに自ら培ったブログ術を啓蒙・伝授しているカメライターでありブロガーのかさこ氏が塾長として開講している「かさこ塾」の卒業生達が、 各々の「好きなこと」を様々なジャンルで、そしてそれぞれのスタイルで表現していく「好きをチカラに人と出会い、そして繋がっていく市場」です。 入場料:無料 気功 ブログランキングへ

      5
      テーマ:
  • 30 Apr
    • 浅草で和菓子を買うならここ!~どら焼きがお勧め~

      スイーツ男子かつ餡子男子の私です。 そんな私がお勧めする「どら焼き」は浅草にあります。 浅草寺さんの雷門の向かい側にある「龍昇亭 西むら」さんです。 (http://www.asakusa.gr.jp/shop/nishimura.html) 1854年の創業で、162年の歴史をもつお店です。 こちらの看板メニューは「栗むし羊かん」ですが、その他にも「東京カステラ」や「桃山」等、いろんな和菓子がそろてっており、 餡子男子にはたまらないお店です。 その中でもお勧めなのが「どら焼き」。 餡子が美味しいのはもちろん、記事がしっかりしていて、食べ応えもあります。 ゴールデンウィークに浅草寺さんにお参りの際に、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。 HP:http://hari-ku-indah.wix.com/shoku-kenkoh ※5月29日のかさこ塾フェスタ2016に出展します。そこで体験をやるので、ぜひご来場ください。※ 「好きを仕事にする見本市 かさこ塾フェスタ2016」 HP:http://festa.kasako.jp/2016/ 日程:2016.5.29(日) 11:00~18:30(※一部ブースは18:00) 会場:CST飯田橋(〒102-0071 東京都千代田区富士見2-3-14 CSTビル) ※3Fと4Fが会場となります ※会場はJR飯田橋駅西口(神楽坂寄りの出口)下車徒歩1分の場所です 概要: 「好きを仕事に」をコンセプトに自ら培ったブログ術を啓蒙・伝授しているカメライターでありブロガーのかさこ氏が塾長として開講している「かさこ塾」の卒業生達が、 各々の「好きなこと」を様々なジャンルで、そしてそれぞれのスタイルで表現していく「好きをチカラに人と出会い、そして繋がっていく市場」です。 入場料:無料 気功 ブログランキングへ

      3
      テーマ:

プロフィール

氣功師のぐち

性別:
男性
お住まいの地域:
神奈川県
自己紹介:
健康をテーマに、「一般的な人」でも実践できる健康法や食についてご紹介します。 【健康について】...

続きを見る >

読者になる

AD

ランキング

総合ランキング
266 位
総合月間
281 位
健康づくり
5 位
健康・医療
6 位

ランキングトップへ

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。