男女、年齢問わず、肌荒れは嫌ですよね。
思春期に出るニキビや、大人になってから出る吹き出もの。
その原因ははっきりいって、人それぞれです。

肌の汚れ、逆に洗い過ぎ、石鹸・洗顔料が肌に合っていない、便秘、食生活が良くない、仕事等のストレス、生活・職場環境(埃っぽいや乾燥しすぎ等)・・・

肌荒れの原因を上げたらキリがありません。

そのため、単に石鹸や洗顔料を変えたら良いという訳でもないですし、
エステに通っていればツルツル、プルプルの肌になるとも限りません。

そう言ってしまえば、話はお終い。
なので、肌荒れの原因として大きい要因である、洗顔料とストレス、腸内環境についてご紹介します。

【洗顔料】
洗顔の主な目的としては、「皮脂や汗、埃、化粧などを落として、肌がターンオーバーしやすい環境を作る」ことです。
ターンオーバーとは、簡単に言うと肌の新陳代謝のことで、新しい肌が内部から生まれて、押し上げれて角質化し、最後は垢となって外に剥がれ落ちることです。
表皮(肌の表面)に汚れが溜まっていると、このターンオーバーがスムーズに行われないということです。
かといって、ゴシゴシ洗えば良いということではなく、肌の細胞は敏感なため、痛みやすいので、気を付けましょう。
また、洗顔料が「強すぎる」と、敏感な肌にとって必要なバリアである角質まで落とし過ぎてしまいます。
健康番組等で「泡で洗いましょう」というのも、手のひらでゴシゴシしてしまうと肌への刺激が強すぎて痛めてしまうからです。

個人的には無添加の天然石鹸がお勧めです。
しかし、女性はお化粧を落とさなければなりませんよね。
化粧品も千差万別ですが、やはり「落ちにくい」をうたう商品は、「化粧が落ちないためにいろんな化学成分が添加」されています。
仕事中にお化粧が崩れるのも女性にとっては問題だとは思いますが、あまりにも落ちないメイクも考えものです。

肌に負担の少ない化粧品、落としやすい化粧品と化粧落とし、そして石鹸等、普段お使いのものを見直してみると良いでしょう。
(お勧めの天然石鹸はこちら


【ストレス】
ストレスの原因は人それぞれです。
一概にこれ!ということはありません。
人によっては家事がストレスかもしれませんし、
職場環境や人間関係がストレスになっている人もいます。

過度なストレスは自律神経を乱し、それによって血液やリンパの巡りが悪くなり、
肌の細胞への酸素交換や栄養補給が滞ることで、肌荒れが起きます。

ストレスに関しては一概にこうしたら良いというのは難しいものです。
しかし、要点としては、副交感神経を働かせる。
つまりリラックスする時間を作るということです。

その一つが睡眠です。
睡眠の質を上げることでストレスが軽減されます。

では、どうしたら質の良い睡眠が出来るか。
いくつかある方法の中でお勧めなのが、就寝前の深呼吸と背中スリスリです。

深呼吸は特に、吸う事より「吐く」ことを意識しましょう。
肺から息を吐ききってしまえば、あとは吸う以外ありません。
人は吸うことは無意識に行っていますが、吐くことは意識しないと吐ききれないものです。

そして、手の届く範囲で良いので、背中や腰をさすること。
背中が緊張していると人は寝つきが悪くなります。
日中、緊張した背中をさすることで、背中の筋肉が緩み、さらには心も緩みます。

さらには、操体法がお勧めです。
操体法をすると身体のバランスが整えられるだけでなく、心の緊張もほぐれるのでぐっすり寝られます。
これまでも操体法の体験をした人からは、「ゆっくり寝られた」、「翌朝すっきり起きれた」等の感想を頂きました。
操体法体験会で、もはや笑うしかない状態とは???~身体だけでなく心も軽くなったという感想が嬉しい~

【腸内環境】
よく「お肌は内臓を映す鏡」とも言われます。
肌荒れの原因の一つに便秘があります。
腸内に便が溜まることで、便が腐敗と発酵します。
それによってアンモニアをはじめとする有害物質が発生し、
有害物質は腸壁から吸収され、血液中に溶け出して全身へ巡ります。
全身を巡った有害物質は、汗や皮脂などの形を借りて毛穴などから体外へ放出されます。
そのお陰で有害物質を体内に溜め込まずに済むのですが、
「口臭がする」のも実はこうした便秘による有害物質の影響もあったりします。

また、肌の細胞には、肌に溜まった汚れや余分な水分を排出する機能がありますが、
有害物質の排出に手間を取られてしまうと、通常の肌細胞の働きだけではお肌の新陳代謝が追いつかなくなります。
汚れを取り除ききれずに肌荒れの原因となり、どんどん肌の状態が悪くなってしまいます。

さらには、腸内環境の悪化は自律神経を乱します。
先ほどの【ストレス】でも書いたように、自律神経が乱れると新陳代謝が悪くなります。
新陳代謝が悪くなれば、免疫力も落ち、肌の細胞への酸素や栄養補給が滞り、肌荒れとなります。

では、腸内環境を整えるにはどうしたら良いか?
一つは食生活の改善です。
脂っこいものを減らす、加工食品を減らす、糖分の摂り過ぎに注意する等。
また腸内環境を整えるのに良いのは、海藻類やゴボウ、きのこ類等。
ヨーグルトも良く見かけますが、日本人は乳製品を分解する酵素が少ないため、その効果は人によってまちまちだと思います。

あとは、寝起きの白湯もお勧めです。
起きたら温めのお湯をコップに一杯。

手前味噌ですが、私は女性や美容関係のお仕事の人から肌を褒められます。
肌は実年齢よりマイナス7~10歳くらいに見られます。

私は氣功をしていることで新陳代謝が上がり、肌の調子も良いのだと思います。
皆さんも氣功をされたら良いのにな~っと思いますが、
まずは日々の生活の中で出来ることからやってみてはいかがでしょうか。

HP:http://hari-ku-indah.wix.com/shoku-kenkoh
AD