1ヶ月ほど前前から、夜明け間に「ホ~ホケキョ♪」とウグイスが鳴き始めました。
夢う通の中今年も良い鳴き声で鳴いているな~っと、ひと時の幸せ。

ウグイスにも当然個性があり、鳴き声も一羽ずつ異なるようで、私の家の周りには2~3羽のオスがいる様子。
ホーホケキョと鳴くのは縄張りの印だそうなので、あまりいくつもの鳴き声は同じような場所からは聞こえないのだと思いますが。

去年も2~3羽近くにいた様子ですが、そのうち1羽は鳴き声があまり上手ではありませんでした。
(※人間界的に)
その鳴き声が「ホーホケっ」って感じで、何度鳴いても「キョ」が言えてなかったのです。

なんとなく、こちらとしては中途半端な感じだなと思いながら聞いていました。

そして今年、そういえば、去年の下手っぴくんの声がしないな~っと思っていました。
そんなことを相方さんに話したら、
「きっと今鳴いている上手なのがそうだよ。」と。

そうか!

「男児三日合わずば括目して見よ!」
と言われるくらい。
まして、繁殖、子孫繁栄がかかっている訳だから、ウグイスも必死なはず。
練習に練習を重ねて上手になっているはずだよね。

成長できているのかどうか、自分自身分からず、
「一歩進んで二歩下がる」ようなところも否めませんが、
そんなことを言っている間に、ウグイスを見習って、行動あるのみ!ですよね。


下手っぴだった鳴き声も今では立派な美しい鳴き声を発するウグイスくん。
彼を見習って久しぶりに会った人に、いや、3日振りに会う人にも、
「お!なんかこの前と少し雰囲気が違うぞ。」と思われるよう、日々精進!

HP:http://hari-ku-indah.wix.com/shoku-kenkoh

AD