ShinさんのPA工作室

※ マイクロホンは発展途上のデバイスです※ 

過去記事への時系列アクセスは【記事一覧】 からどうぞ
過去記事(お蔵)へのキーワード検索
【ブログ内検索】 からどうぞ 


ご注文により製作を承っているマイクロホンがあります)

fet fetⅡi fet3 など、カプセルはいまや貴重品となった秋月の「WM-61A」使用、どうぞお問い合わせください。


NEW !
テーマ:

Brüel & Kjærのシステムによる無響室測定データはマイクロホンの物理的特性の一部を表すあくまでも参考データであることを決して忘れてはなりません。


マイクロホンの能力は無響室でサイン波をスイープさせて拾った結果で得られるデータでは「ある一面」を知るヒントにはなってもこれをもってマイクの特性を決定付けるのはきわめて危険なことを私達は経験してきました。

それはかつて国産マイクメーカーすべてが陥った誤り、「いつか来た道」。



【第1章】


日本のマイクロホンの進化発展を決定的に阻害していたのはコレだ。
 
※実用マイクロホンハンドブック(CQ出版 1967年)

※マイクロホンハンドブック 第2版(日本放送協会 1973年)

※オーディオデータマニュアル(オーム社 1987年)  以上より抜粋


その後、BTS規格は1991年に廃止され、JIS-C5502(マイクロホン)の規定からはいつのまにかこのテンプレートが消え去り、かつてこのバカげた規定があったことすら今現在Web上で探すことは私にはできないほど隠れ去った。


等級により価格は大きく異なり当時BTSスケールから惜しくも外れた製品はJISスケールで救済する構図が成り立っていた。

「音質」をこんな型枠で規定して一喜一憂していた日本メーカーやBTS(放送技術規格)の方向性は海外から大笑い。


しかし折からの「国産品愛用」という国策キャンペーンがそんな国産マイクを甘やかした。


その結果マイクロホンに対する哲学・美学は西欧から半世紀の遅れをとり、いまだに追いつかない。有力メーカーの撤退・廃業が更にそれを大きくしている。



えっ SM58は安物、下位マイクだって?

アナウンス用マイクはBTS-1級である必要があったがSM58はこの特性から「BTS-3級」or「JIS3種」を余儀なくされた、「あまり音の良くないマイク」に分類されたいわゆる安物・低品位マイク。


海外(欧米)では・・・この言い方も古いが、マイクロホンはその国の言語と音楽に浸り、晒され、試され、じっくりチューニングの完成した優秀な製品が続々生み出される中、日本では正弦波、ホワイトノイズ、果ては現在でも「明珍火箸(みんちんひばし)を叩いた音で最終チェックをやっている」と自慢する老舗マイクメーカー(S)、案の定凋落しか道はなかった。


ちょっと待て、今まで何を作って売っていたのだ、欧米から何を学んできだのだ。


【第2章】

良いマイクロホンと出会うため
「マイボイス・リアルタイムモニター」のススメ


男声を条件に、マイクロホンの素性を一発で判断する方法があります。


ヘッドホンによる「自分の声のリアルタイムモニター」です。

これはShinがこれまでおこなってきたマイク開発や改造チューニングなどマイクロホン評価のすべてに用いてきた実績のある手法ですので是非ご紹介したい。



自分の声は自分がいちばん知らない」と一般には言われています。

それは自分自身が聴く自分の声は頭蓋・骨格・胸骨・腹胸などを通して自身が感じているからです。


一方他人に聴かれている声は伝達経路が自身とは異なります。


しかし本当に細部までわかり得るのは「マイボイス・リアルタイムモニター」がダントツの判断能力を備えていることを私の経験から申し上げておきます。


・ヘッドホンをつけた瞬間におおかたの周波数応答性が見えます。


・「マイボイス」の発声は「It's fine today」および「It's fine today Test!」ネイティブに発声します。(それをスペアナで監視すると数10HZ~15kHZ程度まで分布しており、一般的な教科書とは異なりきわめて広帯域な音源であることがわかります

(ジャパニーズ英語発音ではまったく役にたちません)



(日本語親和性について)

母音言語である日本語表現力は私の場合「FM東京」の看板番組であった城達也による「ジェットストリーム」の一節を読み上げるテストをこれに加え、マイクロホンの「日本語親和性」として大切なファクターにしております。

https://www.youtube.com/watch?v=xWYjaKBuzXI  (テスト例)



(このテストで判断できること)手持ち・スタンドそれぞれで。


・ピークやディップなども違和感として感ずることができます。


・マイクを2本使わなくても「逆相」マイクは一瞬で判別できます。


・100dB/A程度までの高音圧テストは簡単にできます。


・マイクのA/B比較によって対象となるマイクのモデリングが詳細にできます。

・ヘッドホン音量は大きめである必要があります。

・指向性テスト、近接効果の出方、タッチノイズ・ハンドリングノイズ、吹かれ、


・総じてマイクロホン性能のほぼ全容が判断できます。



(必要な条件)

1.音質判断を的確に行うためにダイナミック型、コンデンサ型、リボン型それぞれ代表的なリファレンスマイクの用意が必要です。


2.PCと音響解析アプリ(visual analyzer、WaveSpectraなど無償アプリで十分)


3.ヘッドホン(私はSONY MDR CD900STを代々使用)、これはリファレンスになる道具ですので自分の好みで選ぶべきではありません。




モニターヘッドホンのリファレンス、SONY MDR-CD900ST



邪道なのか理にかなっているのかは私にはなんとも言えません。


ボイスは「言魂・言霊(コトダマ)」が宿るのか・・・・・

これまで数々のマイク鳴き合わせで自信を持って激安マイク(改)を参加させたり無鉄砲なこともあらかじめ結果がわかるほどです。


ダイナミックマイクのモデリング・チューニング、自作リボンマイクのBベロ モデリング、過去には「ファンタム式パナ改マイク」の設計などすべてこの方法によって音作りしておりますのでかなり高度な音声判断が可能なワザであることには間違いないといえます。





                                  以上


(お知らせ)
fetⅡ、fetⅡi、fet3など、ご注文により人気機種の製作を承っておりますのでお問い合わせください (オリジナル・パーツで製作)  
(Shinの「ファンタム式パナ改マイク」は従来通りPanasonic WM-61A使用です)


モノ作り日本もっと元気出せ   



【おことわり】

★ここで公開している回路・写真・説明文などは音響家の方、アマチュアの方でハンドメイドまたは試験評価なさる場合の参考として考えております。


★製作物・加工物の性能・機能・安全性などはあくまでも製作される方の責任に帰し、当方(Shin)ではその一切を負いかねます。


★第三者に対する販売等の営利目的としてこのサイトの記事を窃用する事は堅くお断り致します。

★情報はどんどん発信していきます。ご覧いただき、アレンジも良し、パクリも結構です、Shinさん独特のこだわりと非常識を以て音響の世界を刺激してまいります。 


                             
ShinさんのいたずらPA工作室
ShinさんのPA工作室 管理人  Shin-2

ご意見やご質問はこちらから宜しくお願いいたします
メール
メールはこちらから sound_ai@xk9.so-net.ne.jp   

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ハムフェア2016(2016.8.20~21)が注目されています。



2016年8月20日(土)・21日(日)東京ビッグサイトで開催
●開催時間 20日(土)10:00~17:00  21日(日)10:00~16:00

http://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-3_Ham-Fair/Ham-Fair.htm


Shinの所属する「音創り研究会」のブースはいつも展示・販売で注目のマトです。

無線屋なのか、音屋の範疇なのか

あるジャンルで国内トップを走るグループです。

毎年行列のできる「音創り研究会」ブース

   

今年も販売します。音創り研究会のブースは中央通り沿いのC-021です。


販売品のご紹介

・DMS-07GTbis  12SN7(GT管)の真空管マイクアンプキット
・DRM-02 リボンマイクキット(弩級トランスTRM-1付)
・TRM-1 リボンマイクトランス(リボンマイクのグレードアップ用弩級トランス)
・ハンドPTTスイッチ(完成品)
・中華マイクBM-800 改造部品セット
・バッチコンコア(TDK)
・MIC100ケーブルセット(ICOM DIN-8Pin版、KENWOOD DIN-13Pin版)
・中古品 ダイナミックマイクやマイクアンプ等


(Shinさんの販売品ご紹介)

ハムのフェアなんですが、「まあいいでしょ」ということで

いずれも僅かな量です、買えたらラッキー。

※すぐ売り切れる事をご承知ください。



【驚異!数袋のみですが当時の価格のまま、奇跡的に買えるのはあなたかも。】

(お一人さま1袋限定)

★もう絶対手に入らない貴重品 WM61A (パナソニック)2個入り 200円  (数袋)
★61A代替は純正で、WM-62PC(パナソニック)4個入り100円 (数袋)


【Shinさん厳選、優秀な中口径単一指向性ECMカプセル】 

優秀な単一指向性カプセルはそれなりに高価です。

UEM-16   16φ      @ 900円  5個 サンケンSU-16同一特性、JAZZ録音最適、広範な帯域で20dB近い背面のキレ、PAで力を発揮します。
EM-17UE 17φ   @1000円  5個  UEM-16を使いやすくユニット化したもの  
UEB-5261 10φ(フォーリーフ)  @ 900円  5個 AKG C391B酷似音 クラシック録音向き 
UEB-5361  13.7φ(フォーリーフ)  @ 900円  5個 AKG C451B酷似音 楽器録音、PA向き、ピアノ、楽器収音にサイズを超えた抜群のパフォーマンス
VC-20  20φ           @ 200円  5個  汎用中口径単一指向性、使い方、貴方次第。


【高性能21φ大口径無指向性ECMカプセル】
EM23   21φ   (プリモ)    @3,000円 2個



電球・mauそうそう、ECM専用FETってまず入手できないでしょ、「UEM-16「VC-20」「EM23」お求めの方に2SK1109をお付けします。




【音創り研究会販売品のなかで特にお薦め】 これも売り切れご免

・DRM-2 リボンマイクキット

メーカー製を超え現在の国内最高クラスのリボンマイクになりました。

音響チューニングにはShinが手を加えて味付けとさらに感度UPを実現)


・TRM-1 リボンマイク専用高品位トランス

こだわりのコア材と1:50の高巻線比(普通1:37程度)、1次側コイルはなんと4本取りのぶっとい弩級特注トランスはMadeinJapan、トランスの匠による数種類からさらに厳選した作品。

海外 Lundahl、EDCORとは徹底的に試聴を繰り返した集団開発による自信の超一級品。


・中華マイクBM-800 改造部品セット
改造ブームの火付け役、Shin監修による改造キットです、改造のポイントは私から直接ご案内できます。



その他:Shin直近の「懸架式古典デザインマイク」と「BM700大口径化」の現物を展示予定です。


Shinは両日ともブースにおりますので詳細はお尋ねください。

アマゾン激安マイク改造についてもお役にたてるようスタンバイして皆様のお越しをお待ちしております。


Shin(JA1SLX)



(お知らせ)
fetⅡ、fetⅡi、fet3など、ご注文により人気機種の製作を承っておりますのでお問い合わせください (オリジナル・パーツで製作)  
(Shinの「ファンタム式パナ改マイク」は従来通りPanasonic WM-61A使用です)


モノ作り日本もっと元気出せ   



【おことわり】

★ここで公開している回路・写真・説明文などは音響家の方、アマチュアの方でハンドメイドまたは試験評価なさる場合の参考として考えております。


★製作物・加工物の性能・機能・安全性などはあくまでも製作される方の責任に帰し、当方(Shin)ではその一切を負いかねます。


★第三者に対する販売等の営利目的としてこのサイトの記事を窃用する事は堅くお断り致します。

★情報はどんどん発信していきます。ご覧いただき、アレンジも良し、パクリも結構です、Shinさん独特のこだわりと非常識を以て音響の世界を刺激してまいります。 


                             
ShinさんのいたずらPA工作室
ShinさんのPA工作室 管理人  Shin-2

ご意見やご質問はこちらから宜しくお願いいたします
メール
メールはこちらから sound_ai@xk9.so-net.ne.jp   

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

5年前、固有鳴き対策をおこなった:大口径?コンデンサマイク C-1 に「活!」の記事を書きBEHRINGER  のこのマイクを改造チューニングしたことがあります。

(前編)1145: http://ameblo.jp/shin-aiai/entry-11067431959.html  

(後編)1146: http://ameblo.jp/shin-aiai/entry-11068067288.html  として書きましたが中途半端になっているのを思い出しました。


時は流れすでにBEHRINGER C-1に「大口径」という表現はメーカーHPに残るのみ、成田でも消され、値段は2倍以上となった。

いまや「激安」とは言えなくなったが中身だけは変わらず。


もはやアマゾンの2,380円のマイクと比べてさえ何のとりえもないマイクになってしまっているか、と思う一方この数年間に膨大な本数が普及されていると聞く。


5年前の記事では保留事項になっていますが、あの盛大なノイズと違和感のある音色さえ改善できたらとりあえず多くの方が救われる。

う一度調べることにした。


 
BEHRINGER C-1


この比較録音をおこなった際、C-1のあまりにも劣悪な音質にいまさらながら驚いたので「ダメマイク」の見本としてこの録音を加えたが説得力は抜群だ。

https://www.youtube.com/watch?v=xWYjaKBuzXI


1.盛大な「サーノイズ」は何だ?

2.アナウンス音が腑抜けで変な音、これは何だ。

3.気になる赤LEDはなんのために必要なのか?


この3点にスポットをあてて解明することにした。



(結果わかったこと) 

ばくはつ : LEDから出る盛大なノイズで音を汚している


驚く  : カプセル~FET結合コンデンサ「円盤型セラコン」が「変な音」の主な原因だった。


ショック  : 赤色LEDを1.7Vツェナーダイオード代替として何とECM電源の安定化に使っていた。



(原因がわかれば対策は終わったようなもの)

はなまる LEDを撤去、1.1~1.2kΩ1/4W金属皮膜抵抗と交換。

     びっくりまーくこの作業で高抵抗、510MΩの裏パターン付近は絶対素手で触れないようご注意。


はなまる カプセル結合コンデンサ(470PF)の撤去・直結    

 はなまる ECMカプセルのバッフル穴は全部ふさいだほうが俄然良くなります。

       (セロハンテープを少しづつ切ってふさぐとすぐわかります)

(作業)

ごく簡単な作業です。




 





 




取り外したLEDとセラコン(まともな製品ならこんなパーツは使わない)



(結果)

「サー」ノイズは大きく減少、シワクチャ紙の向こうからしゃべった位相ズレのようなシオれた音は消滅。

ストレートな「カラッとした音」に変わった。(48V時全電流2.3mA)


低域の足りなさはカプセルの能力、あきらめるしかありません。


(ところで)

ハッキリ言います、このマイク5,980円でしたっけ?

設計不良のカタマリのようなこのマイク、ここまで改善しても音質グレードは上に記した程度、これ以上手をかけても意味ナシ、これで使えなければ廃棄ですね。

じゃー「C-3」だったら?


もうやめておきましょう、改造した2,380円のAMAZON超激安中華マイクの足元にも及びません、時のながれです。



終了、お疲れさまでした。


                                 以上


 

(お知らせ)
fetⅡ、fetⅡi、fet3など、ご注文により人気機種の製作を承っておりますのでお問い合わせください (オリジナル・パーツで製作)  
(Shinの「ファンタム式パナ改マイク」は従来通りPanasonic WM-61A使用です)


モノ作り日本もっと元気出せ   



【おことわり】

★ここで公開している回路・写真・説明文などは音響家の方、アマチュアの方でハンドメイドまたは試験評価なさる場合の参考として考えております。


★製作物・加工物の性能・機能・安全性などはあくまでも製作される方の責任に帰し、当方(Shin)ではその一切を負いかねます。


★第三者に対する販売等の営利目的としてこのサイトの記事を窃用する事は堅くお断り致します。

★情報はどんどん発信していきます。ご覧いただき、アレンジも良し、パクリも結構です、Shinさん独特のこだわりと非常識を以て音響の世界を刺激してまいります。 


                             
ShinさんのいたずらPA工作室
ShinさんのPA工作室 管理人  Shin-2

ご意見やご質問はこちらから宜しくお願いいたします
メール
メールはこちらから sound_ai@xk9.so-net.ne.jp  
AD
コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。