ShinさんのPA工作室

※ ないモノねだりこそ開発の原点だ ※ 

過去記事への時系列アクセス【記事一覧】 からどうぞ (量は膨大ですヨ)
過去記事(お蔵)へのキーワード検索
【ブログ内検索】 からどうぞ

【お役立ち記事へのショートカット集2】
(2013年9月~2015年8月)

お役立ち記事へのショートカット
(2009年6月開設~2013年8月)

ご注文により製作を承っているマイクロホンは次の通りです

fet fetⅡi fet3 (旧measurement-fetⅡ)fet V が対象、カプセルはいまや貴重品となった「WM-61A」を使用、違いのわかる方だけにお贈りするホンモノの「パナソニック」、詳細お問合せください。

⇒このブログは2016年4月12日、開始以来通算500万アクセスに達しました、読者の皆様に深く感謝申し上げます。


ファンタム式パナ改マイクは今やメジャーな現場でも高評価活躍中のハンドメイド業務用マイクです。

fet i
はさんしん(沖縄三線)PA用として開発したクリップオン向け超小型マイクです。
あらゆる楽器に適合、「生音がそのまま大きくなる」と皆さま言われます。PAを意識させないその音はめずらしいです。
ファンタム式パナ改マイクについては『1323 :ファンタム式パナ改マイクの魅力はこれだ(設計思想)』 『「1014:ファンタム式パナ改マイク」って何だ?その進化を追う』 又は『1048:Shinさんのマイクロホン開発挑戦記(第一編)』 でご確認下さい人気のfetⅡ 2SK30で製作できるよう開発しました。
2013年秋発見した某社の単一指向性カプセル はヨーロッパの名マイクに匹敵すると言われています。
名物の定番、マイクロホン改造:CM5PDM57XM8500ECM8000C-1、の改造チューニング法は「 1109 :禁断!「激安マイク CM5 の定番化改造」を材料費0円で」 「1042 :このブログを参考にマイクの改造をなさる方へ」 にて。リボン型 R144は前編  後編 で高級マイクに大変身。
★2,380円(アマゾン)の中華超激安マイクXX800、700、
簡単な改造で世界レベルのマイクに変身、ノイマンと真正面から対抗できるとんでもない実力を持ちます。
PA(SR): ビッグバンドJAZZ PAにこだわりあり。 一般PAの延長では自滅する。PAの原点から、最初から考え直しましょう。 「過ぎたるは及ばざるよりひどい」、オペできないなら生音で。

ハイビスカス(私のこと) 私がさんしん 沖縄 を始めたのは2010年夏「島唄ライブツアー」の音響きっかけ、唄者や沖縄のスタジオエンジニアの方にはいつもお世話になっています。fetⅡi はこの中から生まれました。 (Shin 


2016.5.01 巻頭文更新



テーマ:

【目的】あの名機に充実した低域の獲得と更なる本質的チューニング。


話題となって久しくすでに定番化が見られるAMAZONの超激安コンデンサマイク高級化改造。

皆様、無事に改造され、価格からは考えられないパフォーマンスに満足されている方、もっとやりたい方それぞれでしょう。


1609:総集編 http://ameblo.jp/shin-aiai/entry-12138466195.html でご案内の通り、改造パターン1~3までそれぞれ特徴・キャラクターがありますのでご自分にあった改造で良いと思います。

葉っぱ この改造には次の3種類があります。

タイプ数字1良質なコンデンサマイク 

http://ameblo.jp/shin-aiai/entry-12115618790.html


タイプ数字2 海外高級コンデンサマイク

http://ameblo.jp/shin-aiai/entry-12123022225.html


タイプ数字3 世界の名機と勝負できる最高クオリティのコンデンサマイク

http://ameblo.jp/shin-aiai/entry-12125583894.html


多くの方のご意見は「素晴らしくいい音だ、低域不足を除けば・・・」に尽きるようです。


「ならば! 」・・・・と


1.普通にドレイン接地・ソースフォロワで

①カプセル受けFET ドレインから次段へ・・・ソース接地

②カプセル受けFETソースから次段へ・・・ソースフォロワ

この両者切替比較を簡単にできるようにドレイン負荷抵抗2.2kΩを残しておりました。


単純ですがソースフォロワでこのマイクを生かすかぎりドレイン側の2.2kΩは不要につき短絡します。

これによって約3dB以上ゲインがUPすると同時に低域も増強されます。


(回路図)



(実体写真)

この方法をお薦めします。





2.カプセルと結合デバイスの本質を探ってみた。

コアな研究がお好きな方以外にはお薦め出来ませんが・・・


重箱のスミを突き始めたところ、「ハッと」気がついたことがあります。

「直流バイアス・コンデンサ型」、「FET外付けエレクトレット・コンデンサ型」ともにインピーダンス変換デバイスとの接続法が2通りあることについてです。


カップリングコンデンサを使うものと直接接続するものが適時使用されていますが、この意味やいかに。


FETまたは真空管との直結は好ましくないだろう、という発想(成極電圧またはエレクトレットチャージ電圧によるゲート電圧の振られ?を心配)から強引にコンデンサによって「隔離」したが。

それが原因なのか違うのか、どちらにしても結果だけはハッキリ出ている。


BM800搭載カプセルのコンデンサとしての容量は、大きさ・形状のよく似たECM(UEM-16)にならって17PFと仮定し、結合容量はこの形式のマイクの平均値(470PF)をメドにした。


問題はこのコンデンサの種類による音質の適正な変化とその良し悪しです。




◎その結果やいかに


豊かな低域とさらに「ファット」な音質を獲得です。


今回のサンプルは「タイプ数字3の改造品」に手を加えました。

①ツェナーダイオード撤去、 ②ソースフォロワ出力、 ③耐震ジェル(エラストマー)、同軸ケーブル使用の防振。


上記の改造をおこなったBM800を使いました。

http://ameblo.jp/shin-aiai/entry-12125583894.html



【回路】

今回の改造は赤色部分です。


WIMA FKP-2 100V 470PFを追加した様子です。

各種コンデンサを変えてテストしまくった果てなので汚くなっていますが・・・


(ECM~FET間にカップリングコンデンサ挿入)



波形:«測定法が不適切なため波形は削除しました》


コンデンサはWIMA FKP-2 100V 470PF使用

ローがすっきり伸びました。




(ECM~FET間直結)=元のまま(タイプ数字3の改造品)の特性

波形:«測定法が不適切なため波形は削除しました》


200HZ以下が典型的にロールオフされています。



(コンデンサの選択)

(コンデンサ種類で激変するのだが・・・・・) 容量=470PF

① ニッセイフィルムコン @60円

子音が汚れ、高域にささくれ立つようなひずみ感あり


② 双信電機シルバードマイカ @300円(伝説の名コンデンサ)

中高域は透明感あり、硬めの音質、低域伸延はない。


③ 無名メーカー円板型セラコン@15円

出力レベルが下がり、やせた音、ホワイトノイズが激増。


④ WIMA FKP-2 (メタライズド・ポリプロピレン)@60円

低域が伸び一瞬「ハッ」とするファットな高音質。


ムラタ積層セラミック、Linkman MFコン、ポリエステルフィルム、FRAD-Erectronics フィルムコン、マルツのマイカコン、マイラコンなどについても音質評価を行いましたが好ましいものは皆無でした。



◎ここでもWIMAのコンデンサは絶対的に不動であった。


(コンデンサ追加で確実に音質変化は確認できるが、好ましい例はほとんどないようです)




なぜ どうしてこんな現象が起こるのでしょう?


ECMカプセルOUT~FET-G間にカップリングコンデンサを入れた回路


この解説らしきものはまず見当たらないが、Shinの察するところ下記のことが思い当たるが疑問も多い。


1.バックプレートにかかっている成極電圧がFETのゲートに加わり、ゲートリーク電流の不適切な変化によるFETの不適切動作を避けることが目的のDCカットに効果があった為か?

しかしECMではチャージ電荷は「分極電荷」なので外部回路には関係ないはずだが。


2.バックプレートからの出力信号がダンプされても超高抵抗(100MΩ~1GΩ以上)なので直結でも大きく特性を落とすことはないはずだが、この程度の「抵抗負荷」でもダイアフラムの振幅が抑制されるか・・・


Shinの考察では後者で何かが発生しているとしか考えにくいのですが、この実態をご存知の方、ぜひ教えてくださるようお願いします。



(結論)

単に低域を延ばすためには上記1.のドレイン抵抗2.2kΩ短絡が適切です。


カプセルと次段デバイスとの関係を探りながらの音づくり実験の向きには上記2.の方法を。

この場合繰り返しますが、10種類のコンデンサをテストしています、別なコンデンサで同じ結論を得るのは非常に難しい、ここが「音響チューニング」の妙味です。


                                  以上


(お知らせ)
fetⅡ、fetⅡi、fet3など、ご注文により人気機種の製作を承っておりますのでお問い合わせください (オリジナル・パーツで製作)  
(Shinの「ファンタム式パナ改マイク」は従来通りPanasonic WM-61A使用です)



モノ作り日本もっと元気出せ   



【おことわり】

★ここで公開している回路・写真・説明文などは音響家の方、アマチュアの方でハンドメイドまたは試験評価なさる場合の参考として考えております。


★製作物・加工物の性能・機能・安全性などはあくまでも製作される方の責任に帰し、当方(Shin)ではその一切を負いかねます。


★第三者に対する販売等の営利目的としてこのサイトの記事を窃用する事は堅くお断り致します。

★情報はどんどん発信していきます。ご覧いただき、アレンジも良し、パクリも結構です、Shinさん独特のこだわりと非常識を以て音響の世界を刺激してまいります。                                


                             
ShinさんのいたずらPA工作室
ShinさんのPA工作室 管理人  Shin-2

ご意見やご質問はこちらから宜しくお願いいたします
メール
メールはこちらから sound_ai@xk9.so-net.ne.jp

AD
いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おわび


記事1614 において測定法及び回路条件に誤りがありました。


同記事は削除して訂正とさせていただきます。

読者の皆様にはたいへんご迷惑をお掛けしました。

重ねてお詫び申し上げます。



現在、この内容を活かしつつそれに代わる記事を準備中です、いましばらくお待ち下さい。


2016年5月21日  管理人 Shin

AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

血まなこになって探してももう手に入らないあの幻のFET、 2SK330に 突然の朗報を受けた。


このGWの真っ只中、読者のNさんからコメントの書き込みがあり、ビックリしました。

それによれば「2SK330と同サイズのFETが有力部品店にある」という情報です。


これまでファンタム式マイクロホンクラフトを支えてきたFETだが生産終了品ゆえ2~3年前を最後に残在庫ですら姿を消した。


私は2SK30を使った代替提案をおこなったり小型サイズ(TO-92s」で代替の効くFETのご紹介もおこなってきましたが先細りははげしく、もはやこれまで、とあきらめ始めていた矢先の出来事。


なんと現行品だ!、長崎は諫早市の半導体メーカー

「イサハヤ電子」の製品。

昨年発表された「2SK2880」がそれだ。

https://www.idc-com.co.jp/search/search/Pdf/ja/4/2SK2880


周回遅れの孤高のランナーが先頭に 長崎のイサハヤ電子 」と新聞記事にもなっている。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD170B0_Y3A710C1000000/

三菱系の半導体を手がけてきた数年前、国内半導体メーカーが「ルネサスエレクトロニクス」に合流する中、それには加わらずアナログ半導体に特化する独自の道を選んだことが時流に乗った注目の中堅半導体メーカーです。


Nさんのコメント書き込みに返信するや、「マルツ電波」に即注文、翌日10個の2SK2880が届いた。

マルツ電波から届いた2SK2880


TO-92s型のマイクロサイズである点が大きな決め手。


耐圧表記法がやや異なりVgdo-50Vと、K330がVgds-50Vに対してほぼ同様と判断すれば問題ないだろう。


IdssランクもABCDE表示で購入したのは「D」ランク、これは2SK330の「GR」ランクに相当。


特に「低雑音」という表記もないがそれは2SK330も同じこと、これを使ったファンタム式パナ改マイクは圧倒的に高いSN比のマイクとして好評価をいただいています。



(比較資料):2SK330、2SK30データシート







ペンチ まずは使ってみよう

テーピングされて、足はややガニまたにフォーミングされている。




ピンアサインも2SK330と同一、ガニまたであろうと気にする必要ナシ




何の問題もなくいつも通りの基板が完成。


「音」・・・2SK330との違いはまったく感じられず、いつものWM-61A改「ファンタム式パナ改マイク」の音。



【回路図と電流比較】  

初めて2SK2880使用のfetⅡ用試験回路


I0 =全電流)

2SK2880(D)使用のマイク:2.02mA

2SK330(GR)使用のマイク :2.16mA

2SK30(GR) 使用のマイク:2.35mA


いずれのFETでも音質変化は感じられません。

新しいFET、2SK2880は従来のFETと完全互換できることが確定しました。


これから「ファンタム式パナ改マイク」を自作されるかたは無条件で現行品である2SK2880を使用されることをお勧めします。


このたびの貴重な情報をくださったNさんに心よりお礼申し上げます。


                            Shin



(お知らせ)
fetⅡ、fetⅡi、fet3など、ご注文により人気機種の製作を承っておりますのでお問い合わせください (オリジナル・パーツで製作)  
(Shinの「ファンタム式パナ改マイク」は従来通りPanasonic WM-61A使用です)


モノ作り日本もっと元気出せ   



【おことわり】

★ここで公開している回路・写真・説明文などは音響家の方、アマチュアの方でハンドメイドまたは試験評価なさる場合の参考として考えております。


★製作物・加工物の性能・機能・安全性などはあくまでも製作される方の責任に帰し、当方(Shin)ではその一切を負いかねます。


★第三者に対する販売等の営利目的としてこのサイトの記事を窃用する事は堅くお断り致します。

★情報はどんどん発信していきます。ご覧いただき、アレンジも良し、パクリも結構です、Shinさん独特のこだわりと非常識を以て音響の世界を刺激してまいります。                                 




                             
ShinさんのいたずらPA工作室
ShinさんのPA工作室 管理人  Shin-2

ご意見やご質問はこちらから宜しくお願いいたします
メール
メールはこちらから sound_ai@xk9.so-net.ne.jp

AD
いいね!(16)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。